メキシコ
メキシコ観光
世界遺産の古代遺跡巡りやカリブ海のビーチリゾート

メキシカンドライブ!~レンタカーで気ままに行こう!遺跡とタコスとカンクンビーチ~

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:155ヶ国

2018年3月10日更新

1,306view

お気に入り

写真:toshel

メキシコのユカタン半島に点在するマヤ文明の遺跡は、大小合わせて4,400ヵ所以上にも上るそうです。未だに謎に包まれている遺跡の多くは、遠い過去の繁栄と衰退を感じさせる偉大な建築物にあふれ、訪れる人の好奇心を存分に刺激してくれます。今回は、メリダというユカタン半島の中核都市から、カンクンまでにある主なマヤ遺跡をレンタカーで巡り、その道のりにある見どころも併せてご紹介します。

この記事の目次表示

メキシカンドライブの経路

今回の旅のドライブ経路は、ユカタン半島北方にあるメキシコの「メリダ」という都市から、南方「ウシュマル」という遺跡を訪ね、その後「チチェン・イッツァ」という遺跡へ。さらに東の終点「カンクンビーチ」までおよそ800kmの道のりです。

メキシコシティよりメリダへ

日本から飛行機の直行便があるメキシコの首都「メキシコシティ」を経由し、ユカタン半島の中核都市「メリダ」まで飛びます。空路直行便でおよそ2時間前後。毎日、多くの便数があります。

メリダの空港でレンタカー

レンタカーは空港で借りることができます。AlamoやHertz、Budgetなど、世界でも有名な会社が空港にカウンターを設置しています。現金でレンタルされる場合は多額のデポジットを必要としますので、もしあればクレジットカードでの支払いがよいかと思います。

また、現地で空きがない場合もありますので、日本でWeb予約をされて行かれることをオススメします。

メリダ国際空港
メキシコ / 駅・空港・ターミナル
住所:97291 Mérida, YUC, メキシコ地図で見る

謎の多いマヤ文明

マヤ文明は、ユカタン半島を中心とした熱帯雨林のジャングルに栄えた、極めて高度な文明だったといわれています。1万年以上前から人が住み始め、紀元前3世紀ごろからすでに国家形成が始まり、9世紀ごろまで強い勢力を保持していました。その間に天文、暦、数学が発達し、文字種が4万種にも及ぶマヤ文字を使用していました。

  • 写真:toshel

最近では、マヤ暦カレンダーが有名になりました。マヤ文明での暦は周期や日数が異なるいくつかの種類の暦法があります。

■20の文字と13の数字からなる、260日周期の暦
■20日ごとの18ヶ月に5日を加えた、365日周期の暦
■紀元前3114年8月13日にあたる日を紀元とし、日数の経過を数える暦

2012年の冬至(12月21日)以降の日付が記されてないカレンダーがあり、世界が滅亡するのではないか?などともいわれておりました。映画にもなりましたね!

現代に至って尚、それほどの影響力のあるマヤ文明。早速、探訪してみましょう!

ウシュマル遺跡(世界遺産)

ウシュマル遺跡までの道

車を借りたら早速GO!!

メリダより261号線で南を目指します。

  • 写真:toshel

わりと長い道中、そして良い道とも言えませんが、途中「Uxmal」の道路標識もありますので分かりやすいです。

  • 写真:toshel

迷わずに行けば、およそ1時間。ウシュマル遺跡に到着です。

魔法使いのピラミッド

  • 写真:toshel

こちらのピラミッドは高さ36m。魔法使いのピラミッドといわれています。

ピラミッドというと、四角柱で角が鋭角なイメージがありますが、こちらのフォルムに角張った箇所はありません。丸みを帯びています。どこか女性らしいですよね。

  • 写真:toshel
魔法使いのピラミッド
メキシコ / 遺跡・史跡
住所:Carretera Federal 261 Merida-Santa Elena, Uxmal, Yuc., メキシコ地図で見る

尼僧院と大球技場

魔法使いのピラミッドの裏には尼僧院と大球戯場があります。

  • 写真:toshel

こちらの大球戯場では定期的に球技が行われていたそうで、バスケットゴールを縦にしたような石造りの輪があります。

  • 写真:toshel

2チームに分かれてここにボールを通して点数を競い合い、ゲームが白熱するほど雨が降って豊作になると信じられ、多くの市民が集まっていたようです。

しかし、このゲームは命がけ。勝ったチームのキャプテンは名誉の生贄となり、英雄として扱われたのだとか。

尼僧院
メキシコ / 遺跡・史跡
住所:Carretera Federal 261 Merida-Santa Elena, Uxmal, Yuc., メキシコ地図で見る
大球技場
メキシコ / 遺跡・史跡
住所:Carretera Federal 261 Merida-Santa Elena, Uxmal, Yuc., メキシコ地図で見る

総督の館

こちらは総督の館です。彫刻が独特ですが、全体で観ると美しいですね。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel
総督の館
メキシコ / 遺跡・史跡
住所:Carretera Federal 261 Merida-Santa Elena, Uxmal, Yuc., メキシコ地図で見る

大ピラミッド

その先へ進むと大ピラミッドです。

  • 写真:toshel

こちらは上まで登ることができます。

  • 写真:toshel

頂上からの景色は壮大なジャングル。とても静かです。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

向こうに見える魔法使いのピラミッド以外、視界を遮るものは何もありません。心地よい風が吹きます。

  • 写真:toshel

一段一段の階段が大きい上に急で高いですが、登ってみる価値ありのピラミッドです。

大ピラミッド
メキシコ / 遺跡・史跡
住所:Carretera Federal 261 Merida-Santa Elena, Uxmal, Yuc., メキシコ地図で見る
ウシュマル遺跡
メキシコ / 遺跡・史跡
住所:Carretera Federal 261 Merida-Santa Elena, Uxmal, Yuc., メキシコ地図で見る

チチェン・イツァ遺跡(世界遺産)

チチェン・イツァ遺跡までの道

一旦、メリダへ向かって北上します。そして途中で東へ向かう180D号線へ乗り換えます。

  • 写真:toshel

チチェン・イツァまで直線で行ける道もあるのですが、国道180D号線は道が良く、信号もほとんどないためドライブに最適です。

両端に永遠と続くジャングルと、遠い雲のコントラストが綺麗なうえ、あまり交通量もなく、運転も一層楽しいですよ!

  • 写真:toshel

エル・カスティーリョ

ウシュマル遺跡から早ければ2時間ほどでしょうか。マヤ文明の中心となる遺跡、チチェン・イツァ遺跡に到着です。こちらはマヤの最高神ククルカンを祀るエル・カスティーリョです。

  • 写真:toshel

ウシュマルの「魔法使いのピラミッド」と対称的で勇ましく感じられますよね。

このエル・カスティーリョは二重構造になっており、内部に同じようなピラミッドがあります。頂上には王様の石棺が安置されているそうです。

  • 写真:toshel

頂上より地上まで伸びた階段の側際は、昼夜の長さが同じとなる春分と秋分の日の夕方に胴体となって浮かび上がり、地上の蛇の顔と合体します。計算しつくされた角度が年に二度、大蛇を降臨させますよ!

  • 写真:toshel

春分や秋分の日にここへ訪ねられなくても、毎晩行われるイベントでどのように蛇が姿を現すのかを観ることができますよ!

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

エル・カスティーリョは謎が謎を呼ぶピラミッドとしても有名で、新世界の七不思議にも登録されています。

エル・カスティーリョ
メキシコ / 遺跡・史跡
住所:Chichen Itza, Mexico地図で見る

次のページを読む

メキシコの旅行予約はこちら

メキシコのパッケージツアーを探す

メキシコのホテルを探す

メキシコの航空券を探す

メキシコの現地アクティビティを探す

メキシコのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年7月19日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【テオティワカン遺跡への行き方】メキシコシティからバスで行く半日観光モデルコース

メキシコシティから僅か50kmの距離にあり、日帰り観光に最適なのがテオティワカン遺跡。事前にツアーなどを予約しなくても、北バスターミナルから出るバスを利用すれば...

【カンクンより魅力的?!】メキシコのプラヤ・デル・カルメン滞在をおすすめする理由

メキシコのリゾートに旅しようと考えた際、真っ先に思い浮かぶカンクン。でも実は、カンクンよりもおすすめのリゾートが、同じユカタン半島にあるんです。今回は、メキシコ...


【グアダラハラ】メキシコ有数のインスタ映えスポット♡トラケパケの楽しみ方8選

メキシコのグアダラハラにある「トラケパケ」は、街全体がカラフルで、メキシコでも有数のインスタ映えスポット。今回は、国内からも国外からも人気となるこの街をしっかり...

【世界遺産】メキシコのマヤ文明遺跡「チチェン・イッツァ」を巡る

マヤ文明は、「日常的に人を生贄(いけにえ)に捧げていたこと」と「精密な天文学」を併せ持っていた文明として有名です。その中でも古代都市【チチェン・イッツァ】の遺跡...


【最新&保存版】メキシコシティおすすめ観光名所9選

1990年代よりはるかに治安が改善し、公共交通機関も発達したメキシコシティ。地下鉄やメトロバスを使うことで簡単に市内の観光が可能です。今回の記事では、メキシコシ...

この記事を書いたトラベルライター

Jetsetter
行ったことのない国を中心に、毎月ひとり旅しています。これまで訪ねた155ヵ国およそ400都市の街の美しい景色、壮大な自然の風景、出会う人々との会話など、真の地元を皆様とシェアできればと思います。皆様もご一緒にそこへ旅したように感じてもらえると嬉しいです。

あと一年余りで、世界のすべての国を網羅できそうです。

レバノン観光と言えばここ!ベイルート・ビブロス・バールベックの見どころと国の背景

遠い昔、世界の中心が地中海にあった時代、レバノンは東西貿易の交差点となる重要な位置にあり、繁栄の極みにありました。古くから数多くの王様や将軍が、この土地を挙って...

宇宙に手を広げ仰ぎみる巨木群~マダガスカル島のバオバブ並木~

アフリカ大陸の東に浮かぶマダガスカル島は、世界で四番目に大きい島です。日本の1.5倍の面積を有し、そのほとんどが広大な豊かな自然に覆われた動植物の宝庫です。なか...


モンテネグロの世界遺産~小さな港町コトルの旧市街と裏山からの絶景~

イタリア半島とバルカン半島に挟まれたアドリア海は、非常に美しい地中海の内海です。そのアドリア海に面したモンテネグロには、数多くの港やビーチが点在し、中でもコトル...

砂漠の中から浮き上がったような蜂蜜色の国、地中海のマルタ共和国

マルタ島のルア国際空港に到着し、市内へ向けて走るバスの中から目にする光景は、建物が砂に埋もれてしまった砂漠をイメージするものでした。実際は、埋もれているわけでは...


ペルシャ湾の風吹く砂漠の新スポット!~アラブの香り漂うルーブル・アブダビ~

フランス、、、いえ、世界で最も有名な美術館の一つであるルーブルが、初の別館を2017年11月、中東地域にオープンさせました。UAEの首都アブダビの、ペルシャ湾に...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?