三重
三重観光
古くからの巡礼の地であり、日本を代表する高級ブランド牛の生産地

【三重・なばなの里】お花☆グルメ☆地ビール!昼も見どころたくさん!

取材・写真・文:

訪問エリア:45都道府県

2020年2月28日更新

3,939view

お気に入り

写真:mikish

三重県にある【なばなの里】と言えばその壮大なイルミネーションでご存じの方が多いのではないでしょうか。イルミネーションの電球数では長崎県にあるハウステンボスに続いて全国2位を誇る場所なのですが、実は夜だけではなく昼間もすごく楽しいスポットなのです。ここでは、なばなの里の日中の楽しみ方をご紹介します。

この記事の目次表示

なばなの里って??

  • 写真:mikish

三重県桑名市にある「長島リゾート」のうちのひとつで、年間を通してお花を楽しむことができる施設です。東海地区最大級のお花畑(13,000坪!)があり、季節ごとにたくさんの美しいお花で彩られます。ちなみに"なばな"とは、三重の伝統野菜の洋種アブラナとのこと、なんだとか。

お花畑以外にも、地ビール園や温泉、グルメなど、お楽しみが盛り沢山!デートはもちろんのこと家族旅行にもとっても、おすすめの施設なのです。

園内はほとんどのエリアがベビーカー対応ですし、お手洗いにはおむつ替え台もしっかり用意されていますので、小さいお子様連れの方も安心してお出掛けくださいね。

いざ!ベゴニアガーデンへ!

「なばなの里」へ来たなら、絶対見ておきたい場所がベゴニアガーデンです。「なばなの里」の入場チケットとは別に入場券(1,000円)が必要ですが、とっても感動しますよ!

  • 写真:mikish

ガーデンへ入場してすぐに目の前に広がるお花の景色は圧巻。世界で最も美しい花とも言われる、ベゴニアの大輪の花が壁一面に並びます。

この温室は、高温多湿を嫌うベゴニアの栽培のために、最新の設備を用いて完璧な環境を維持しているそうです。ひとつのお花の寿命はたった7日~10日間しかなく、繊細なお手入れを必要とするベゴニアですが、ここへ来ればいつでも満開で見ることができます!!

  • 写真:mikish

大人の手のひらほどもある大輪の花が、ずらりと並びます。

  • 写真:mikish
  • 写真:mikish

ベゴニア以外にも、季節ごとに違う花が満開で展示されていますので、何度行っても新鮮な景色を楽しめるのです。

  • 写真:mikish

またベゴニアガーデンの最後に見られる美景がこちら!池に贅沢に浮かべられたベゴニアの可愛さと、水面に映った空間の美しさに圧倒されること間違いなし。また、池のほとりには二脚のオシャレな椅子がありますので、ラブラブなお二人はここで写真を撮ることをお忘れなく♡

  • 写真:mikish写真撮影はこちらでどうぞ!

なお、池を見た後すぐのホールに綺麗なお手洗いがあり、おむつ替え台も完備されています。なばなの里内のお手洗いは混雑することもありますので、ベゴニアガーデンを出る前に済ませておくと安心です。

  • ベゴニア栽培の難しさと、ベゴニアガーデンの詳細についてはこちら
ベゴニアガーデン
三重 / 植物園 / 女子旅 / インスタ映え
住所:三重県桑名市長島町駒江漆畑270地図で見る
Web:http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/index.html...

天気が良い日はベゴニアガーデンの敷地内にあるバラ園でスイーツを♡

  • 写真:mikish

ベゴニアガーデンの敷地内にあるバラ園では、バラや珍しいベゴニアの香りのソフトクリームを食べられます。また、期間限定のスイーツがあることも!

春と秋には咲き誇る800種4,000本のバラを愛でながら、最高のリラックスタイムを過ごせそうですね。バラ園は屋外ですが、ソフトクリームの他にも屋内カフェがありますので雨の日にはそちらでどうぞ。

ランチに''海老かき揚げ丼''はいかが?

なばなの里にはイタリアンから中華まで、全部で7つのレストランがありますが、中でも一度は食べておきたいのが海老かき揚げ丼。【芭蕉庵】で食べられます。

こちらのお店、店内は静かな落ち着いた佇まいで、高級感のあるお蕎麦屋さんといったイメージです。静かと聞くとパパママは不安になられるかもしれませんが、大丈夫!お子様と一緒だと、優先的に座敷席へ案内してくださいます。

静かな雰囲気のテーブル席とは離れた場所に座敷席はありますので、ファミリーも安心してゆっくりとお食事を楽しんでくださいね。

  • 写真:mikish

こちらが海老かき揚げ丼!サクサクに揚がったかき揚げにぷりっぷりの海老がたっぷり。優しいお味の自家製タレとの相性も抜群!そっと添えられたししとうも良いアクセントになっており、あっという間に完食してしまいますよ。

お蕎麦屋さんならではの、美味しい蕎麦とのセットメニューもあります。ただし、食の細い女性ならかき揚げ丼だけで満腹になるかもしれません。そんなボリュームたっぷりの一品です。

芭蕉庵
三重 / 和食 / そば / ランチ
住所:三重県桑名市長島町駒江漆畑270地図で見る
電話:0594-41-0772
Web:https://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/restauran...

次のページを読む

三重の旅行予約はこちら

三重のパッケージツアーを探す

三重のホテルを探す

三重の航空券を探す

(中部国際空港)

(県営名古屋空港)

三重の現地アクティビティを探す

三重のレンタカーを探す

三重の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年4月19日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2021】12月の国内おすすめ旅行先28選!冬・年末の旅行にぴったりな観光地特集

12月はイルミネーションに雪景色など、全国各地で冬ならではの絶景に出会えるシーズン。雪見温泉も格別な時期です。12月の週末や年末旅行におすすめの国内旅行先をご紹...


【2020年版】全国の人気遊園地・テーマパークTOP53!みんなが行った遊園地・テーマパークランキング

2020年にトリップノートのトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に訪れた全国の遊園地・テーマパークランキング【2...

【2020年版】みんなが行った国内の人気観光スポットランキングTOP50!

2020年の1年間にトリップノートアプリでトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に行った国内の人気観光スポットラン...

【2020年版】全国の人気神社・お寺TOP60!旅行好きが訪れた寺社ランキング

2020年にトリップノートのトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に訪れた国内の寺社ランキング【2020年版】をご...

【2021最新】全国の人気水族館TOP36!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館をはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っている順にランキン...

この記事を書いたトラベルライター

[国内97温泉地滞在]温泉旅をこよなく愛する子連れトラベラー
私にとって、未知なる場所へ行くことは最高の楽しみです。
目的地へ向かう道中も含めて、旅行が大好き。
そこで出会う人、景色、そして食べ物、すべてに心ときめきます。

大学卒業後は温泉に夢中になり、一日でも休みがあれば温泉旅行へ。
仕事帰りに夜行バスに乗って日本国内を周りました。

現在は1児の母として育児に奮闘しながら、のんびり家族旅行を楽しんでいます。

育児に頑張るママさんパパさん方へも
疲れた心と体を癒す旅行の情報をお伝えできれば幸いです。

【豊田市】鞍ヶ池公園にある無料動物園のクセがすごい!デートにもファミリーにもおすすめ

東海環状自動車道のハイウェイオアシスでもあり、アクセス良好な愛知県豊田市立鞍ヶ池公園は、ボート池・動物園・芝生広場・植物園など盛りだくさん。カップルにもファミリ...


共通語は英語!?クラブメッド石垣島で海外リゾート気分を満喫しよう!!

フランス発のリゾート、クラブメッドをご存知でしょうか?オールインクルーシブ(つまり滞在中は食べ放題&飲み放題&遊び放題)のリゾートです。沖縄県にあるクラブメッド...


【愛知】絶景ありグルメありブランコあり!日間賀島で遊びつくそう!

ご存知でしょうか?日本三大都市のひとつ名古屋市からたったの1時間強で行ける離島、日間賀島(ひまかじま)。昔から、近海でたくさん獲れるタコとフグがとても美味しいこ...

【豊田市】夏の香嵐渓で「流しそうめん」と森林浴!三州足助屋敷で過ごす涼しい週末

東海地方が誇る紅葉の超名所「香嵐渓(こうらんけい)」が、実は夏も楽しめるスポットだということをご存じでしょうか?流しそうめんなどのイベントも盛りだくさん、家族み...

【沖縄】ジャグジーから満天の星空も!カヌチャリゾートで過ごす休日

今度の大連休はリゾートへ行こう!という時にまず思いつくのが沖縄ですよね。今回は、沖縄県に数あるリゾートホテルの中でも広大な敷地面積を誇る「カヌチャベイホテル&ヴ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります