三重の定番・観光スポットならココ!23選

316

view
   2018年1月16日更新

まずは抑えておきたい三重県の定番!日本の神社の総本山として信仰される「伊勢神宮」はもちろん、イルミネーションが人気の「なばなの里」、地中海リゾート「志摩地中海村」、そして「赤目四十八滝」をはじめとする景勝地・・・。これらの観光スポットとあわせて、伊勢うどんや赤福など三重グルメの有名店もご紹介しています。

【1】なばなの里

冬のイルミネーションが話題!四季折々の花が美しいテーマパーク

毎年10月中旬〜5月上旬ごろまで開催されるイルミネーションは国内最大級のスケールの誇り、今や「なばなの里」の冬の風物詩。

しかしイルミネーションだけではありません!四季折々に咲き誇る広大な花畑や、世界から集めたベコニアの競演が美しい「ベコニアガーデン」、地ビールが楽しめるレストランなど見どころたっぷりです。

なばなの里

三重 / テーマパーク・レジャー / 観光名所

 

住所:三重県桑名市長島町駒江漆畑270

電話:0594-41-0787

Web:http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/index.html...

【2】二見興玉神社

縁結びや夫婦円満、交通安全などにご利益あり

伊勢神宮から車で約20分。お伊勢参り前にお清めをした「浜参宮」という慣わしが伝わる場所です。

猿田彦大神が祀られており、境内の随所に猿田彦大神のお遣いであるカエルの置物が。また神社の沖合700mには「夫婦岩」という二対の岩があり、鳥居の役割を担うほか、大海原を背景にうつくしい風景がみられます。

二見興玉神社

三重 / 社寺・教会 / 観光名所

 

住所:三重県伊勢市二見町江575

電話:0596-43-2020

【3】伊勢神宮内宮

日本の総氏神様として信仰される天照大御神を祀ります

外宮に対し、伊勢神宮もうひとつの正宮である内宮には、皇室の御祖先であり、日本の総氏神のように信仰される天照大御神(あまてらすおおみかみ)が祀られています。

境内には、天照大御神を祀る「皇大神宮」をはじめ数々の別宮があるほか、五十鈴川の「御手洗場」や、川にかかる「宇治橋」などの見どころがあ多い。また内宮の門前には、みやげ屋や飲食店などが軒を連ねる「おはらい町」や「おかげ横丁」など活気ある町が広がります。

伊勢神宮内宮

三重 / 社寺・教会 / 観光名所

 

住所:三重県伊勢市宇治館町1

電話:0596-24-1111

Web:http://www.isejingu.or.jp/

【4】おかげ横丁

江戸時代から明治時代の門前町が再現されています

おはらい町の中央あたりにあり、江戸時代から明治時代の街並みを再現しています。”おかげ”という名前は、赤福がおはらい町で300年も商いを続けてこられたのもお伊勢さんの「おかげ」という感謝の気持ちと、江戸時代に庶民に流行した「おかげ参り」の故事にちなんで名づけられたそう。

「こんにゃくようかん」や「だんご屋のだんご」などの食べ歩きを楽しむほか、横丁内には、神恩太鼓の演奏が開かれる太鼓櫓や、神話を映像と和紙人形で楽しめる神話の館もあります。

おかげ横丁

三重 / 町・ストリート / 観光名所

 

住所:三重県伊勢市宇治中之切町

Web:http://www.okageyokocho.co.jp/

【5】神明神社 石神さん

女性の願いをひとつだけ叶えてくれる人気のパワースポット!

全国から女性の参拝者が後を絶たない、女性に嬉しいパワースポット。海神の娘である玉依姫命(たまよりひめのみこと)が祀られており、女性の願いをひとつだけ叶えてくれると言われています。

手作りのお守りも可愛いと人気で、ストラップ型のお守りには、名産の真珠がついています。

神明神社 石神さん

三重 / 社寺・教会

 

住所:三重県鳥羽市相差町1385

電話:0599-33-7453

【6】伊勢神宮外宮

”お伊勢参り”は、外宮から内宮の順に参拝するのが慣わし

約2,000年の歴史があり、日本の神社の総本山として信仰される「伊勢神宮」。伊勢神宮は内宮と外宮の2つのお宮からなり、「外宮」には衣食住をはじめ産業の守り神である豊受大御神(とようけおおみかみ)が祀られています。

境内には豊受大御神を祀る「豊受大神宮」をはじめ、いくつもの別宮があるほか、平清盛のエピソードが残る「清盛楠」、パワースポットの「三ツ石」など多くの見どころが多い。

伊勢神宮外宮

三重 / 社寺・教会 / 観光名所

 

住所:三重県伊勢市豊川町279

電話:0596-24-1111

Web:http://www.isejingu.or.jp/

【7】志摩地中海村

地中海沿岸を旅している気分のリゾート施設

英虞湾(あごわん)に面した場所に一志、地中海沿岸のリゾートをモチーフにしたリゾート施設。スペイン人デザイナーが手掛けた街並みは、地中海の雰囲気そのままに、まるで欧州へ旅しているような気分にさせてくれます。

約10,000坪の広い敷地内にはヴィラスタイルの宿泊施設から地中海レストラン、スポーツ施設まで揃い一日中楽しめます。敷地内は無料で入れるため、気軽に行けるのも嬉しいですね。

志摩地中海村

三重 / 観光名所

 

住所:三重県志摩市浜島町迫子2619番地1

電話:0570-085-399

Web:http://www.puebloamigo.jp/

冬のヘルシンキは思っているほど寒くない!うっすら雪景色の美しい街に佇む2つの寺院をご紹介♪
https://tripnote.jp/finland/helsinki-winter-trip

風情のある街並みが残る3つの茶屋街や兼六園など、見どころが多い金沢の定番はココ!
https://tripnote.jp/kanazawa/teiban-spot-kanazawa

【8】鳥羽水族館

生き物の種類数日本一!ジュゴンに会えるのは日本でココだけ

約1,200種類、30,000点を飼育し、生き物の種類数日本一をほこる巨大水族館。アシカやセイウチ、ペンギンなどショーを繰り広げるアイドルたちはもちろん、人魚伝説のモデルといわれる「ジュゴン」を国内で唯一見ることができます。

館内には、眼下に広がる鳥羽湾の風景を眺めながら食事ができるレストランや、お土産屋さんも充実。

鳥羽水族館

三重 / 公園・動植物園

 

住所:三重県鳥羽市鳥羽3-3-6

Web:http://www.aquarium.co.jp/

【9】おはらい町

伊勢神宮参拝後に、食べ歩きもやお土産さがしを楽しんで

伊勢神宮・内宮の宇治橋前から五十鈴川に沿ってつづく、約800mのストリート。石畳の通りの両側にはお土産屋さんやレストラン、カフェなどが軒を連ね、たくさんの人で賑わいます。

中央の「おかげ横町」は江戸から明治期の町並みを再現したエリアで、約50店が集合。伊勢を代表する名物「赤福」の本店をはじめ、寄り道したいお店がたくさんあります。

おはらい町

三重 / 町・ストリート / 観光名所

 

住所:三重県伊勢市宇治中之切町、宇治今在家町

【10】四日市コンビナート

工場夜景の聖地!きらめく宝石のような工場の夜景が楽しめます

”日本夜景遺産”にも認定された四日市コンビナートの夜景を眺めるなら、四日市港ポートビル14階の展望室うみテラス14がベストスポット。眼下にきらめく四日市コンビナートを見ることができるのはここだけです。また海上から夜景を工場夜景を鑑賞できる「夜景クルーズ」も人気。

四日市コンビナート

三重 / 観光名所

 

住所:三重県四日市市

Web:http://kanko-yokkaichi.com/night-view/

【11】志摩スペイン村パルケエスパーニャ

異国情緒たっぷり!伊勢志摩を代表するテーマパークでスペイン気分

約34haもの敷地内には、スペインの街並みがシティ・大地・海・祝祭の4つエリアに分けて再現され、さまざまなスペインの魅力に触れることができます。

27種類のユニークなアトラクションや、スペインの陽気な音楽とともに練り歩くパレードなど見どころ盛りだくさん。もちろんレストランやショップも充実しています。

志摩スペイン村パルケエスパーニャ

三重 / テーマパーク・レジャー

 

住所:三重県志摩市磯部町坂崎

電話:0599-57-3333

Web:http://www.parque-net.com/

【12】鈴鹿サーキット

子どもから大人まで楽しめる、乗り物レジャーランド

世界的にも名前が知られ、F1日本グランプリをはじめとする有名なレースが開催されるサーキット。国際レーシングコースを走ることができるアトラクションほか、「ゆうえんちモートピア」には30種類ほどの楽しい乗り物アトラクションが揃います

。園内にはそのほかホテル、温泉、レストランなど様々な施設があり、一日を通して楽しむことができます。

鈴鹿サーキット

三重 / 体験・アクティビティ / テーマパーク・レジャー

 

住所:三重県鈴鹿市稲生町7992

電話:059-378-1111

Web:http://www.suzukacircuit.jp/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年1月12日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。

旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。

https://tripnote.jp

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!