ネパール
ネパール観光
変化に富む自然環境のなかに30以上の民族が暮らす

【ネパール】これだけは外せない!カトマンズで訪れるべきスポット5選

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:27ヶ国

2019年1月21日更新

377view

お気に入り

写真:sosuke

ネパールの首都であるカトマンズ。ネパール唯一の国際空港であるトリブバン国際空港があるほか、ヒマラヤ山脈登山の玄関口としても知られるネパール随一の都市です。そんなカトマンズは見どころいっぱいの観光都市としても有名。今回はそんな魅力溢れるカトマンズで訪れたいスポットを5つ厳選してお伝えします!

この記事の目次表示

①映画のセットのような街並み [バクタプル]

  • 写真:sosuke

バクタプルはカトマンズの中心部であるタメル地区から東に約12km進んだ場所にある、889年に設立されたネパールの古都。こちらにあるダルバール広場ネパールでもっとも美しいと言われており、観光客はもとより多くのネパール人も観光に訪れる場所になっています。

  • 写真:sosuke

数々の寺院や旧王宮が立ち並ぶバクタプルの街並みは本当に美しく、映画『ドクター・ストレンジ』の世界を彷彿とさせるような景色が広がります。バクタプルの中心地は端から端まで行っても2kmほどなので、ぜひ景色を楽しみながらの散策をオススメします。

また、バクタプル中心地へ行くには入場料を支払う必要があります。料金は1,500ルピー(約1,429円)ですが、度々値上げがされていますので、現地で直接確認した方が良いでしょう。

ダルバール広場(バクタプル)
ネパール / 公園・動植物園
住所:Durbar square, भक्तपुर 44800地図で見る
バクタプル
ネパール / 町・ストリート
住所:भक्तपुर ネパール地図で見る

②ヒマラヤ山脈のご来光を眺めに [ナガルコット]

  • 写真:sosuke

ナガルコットはカトマンズから東に17kmの場所に位置する、標高2,100mの村。ヒマラヤ山脈を眺めることができるビューポイントがあることで有名で、多くの観光客が訪れる場所です。

ビューポイントはいくつかあるのですが、そのどれからも7,000mを超える山々を眺めることができ、その景色はまさに壮大そのもの。ちなみにナガルコットでヒマラヤを眺めたいのであればサンライズの時間帯がオススメ。早朝は空気が澄んでおり、はっきりと山々を見ることができます。

出発時間や、どのビューポイント」が良いかは宿泊先や季節により多少異なるため、街中やホテルのツアーデスクで相談されるのが良いでしょう。

  • 写真:sosuke

ビュースポット付近にはだいたい早朝からオープンしているレストランがあります。標高の高いナガルコットの朝は冷えるので、このようなレストランでチャイを飲みながら焚き火を囲み暖をとってみるのも、ネパール旅行ならではの経験です。

ナガルコット
ネパール / 町・ストリート
住所:नगरकोट地図で見る

③カトマンズ旅行の中心地 [タメル]

  • 写真:sosuke

カトマンズを旅する人のほとんどが滞在先として選ぶであろうエリアがタメル地区です。カトマンズの中心地にあり、旅行者も多く様々な設備が整う便利なエリアですが、ネパールらしい雑多な雰囲気も存分に味わえるエリアです。

またタメル地区の南側には世界遺産であるダルバール広場もあり、古き良きカトマンズの雰囲気にも出会える良さを併せ持っています。

  • 写真:sosuke

前述の通りタメルは観光客を含め多くの人が在住していることから、レストランも豊富にあります。その中でも特に評価が高く、筆者もオススメをしたいお店がニューエベレストモモセンター。こちらはネパールの伝統料理であるモモの専門店なのですが、他のレストランのモモとは一線を画す美味しさで常にお客さんが絶えない人気のお店です。

ダルバール広場
ネパール / 公園・動植物園
住所:Kot Square, Kathmandu 44600, Nepal地図で見る
ニューエベレストモモセンター
ネパール / アジア料理
住所:Lekhnath Sadak, काठमाडौँ 44600地図で見る
タメル
ネパール / 町・ストリート
住所:ठमेल地図で見る

④タメルからもほど近い古都 [パタン]

  • 写真:sosuke

パタンはカトマンズの南に隣接する、229年に作られた小さな古都。別名をラリトプル(美の都)といい、美術や工芸に長けたネワール族の人々が住民の8割を占めることからその名がつけられました。また街並みが非常に美しい場所として知られており、比較的コンパクトな町は散策をするのにとてもオススメです。

パタンにもダルバール広場があり、写真のチャシン(クリシュナ)寺院を中心に王宮や寺院が密集している風景が印象的です。

  • 写真:sosuke

パタンでもう1つオススメしたいのはゴールデンテンプルと呼ばれるヒラニャ・ヴァナル・マハヴィハール寺院。12世紀にバスカル・バルマ王によって建てられた寺院は、金箔で覆われとても煌びやか。石造の寺院が多いカトマンズエリアでは珍しく、一見の価値があるスポットです。

こちらのパタンのダルバール広場には入場料が設けられており、料金は1,000ルピー(約953円)です。

ダルバール広場(パタン)
ネパール / 公園・動植物園
住所:पाटन दरबार क्षेत्र地図で見る
チャシン寺院
ネパール / 社寺・教会
住所:पाटन 44700地図で見る
ゴールデンテンプル
ネパール / 社寺・教会
住所:क्वबहा地図で見る
パタン
ネパール / 町・ストリート
住所:पाटन 44700地図で見る

⑤ここを参拝せずして帰れない!ネパール最古の寺院 [スワヤンブナート]

  • 写真:sosuke

カトマンズの中心であるタメル地区から西に約2kmほどの場所にある、ネパール最古の寺院スワヤンブナート。世界遺産として登録されたカトマンズ盆地を代表するスポットです。別名をモンキーテンプルといい、境内には多くの猿が住み着いています。

こちらは旅人のバイブルとされる、沢木耕太郎さん原作の『深夜特急』にも登場しており、ドラマ版の『深夜特急』では主人公を演じた大沢たかおさんがネパールを訪れた際、最初にこのスワヤンブナートに足を運んでいます。

小高い丘の上に建てられており、頂上までは400段ほどの石段を登る必要がありますが、頂上に建つ巨大なストゥーパ(仏塔)はとても荘厳で美しく、またカトマンズの街を一望できる眺望はきっとカトマンズ旅行を印象付ける特別なものになるはずです。

ちなみにこちらも入場料が必要で、料金は200ルピー(約190円)となっています。

スワヤンブナート
ネパール / 社寺・教会
住所:カトマンズ 44600 ネパール地図で見る
カトマンズ
ネパール / 町・ストリート
住所:काठमाडौँ地図で見る

ネパールの旅行予約はこちら

ネパールのパッケージツアーを探す

ネパールのホテルを探す

ネパールの航空券を探す

ネパールの現地アクティビティを探す

ネパールのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年1月19日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

ヒマラヤ山脈を望むネパール観光!雨季の様子と旅のおすすめアイテム

ヒマラヤ山脈で知られるネパールでは、6月~9月前半辺りまでが雨の季節です。旅には雨季を外した方がベストなものの、日本ではちょうど夏休みに当たるため、この時期しか...

ネパールの世界遺産!釈迦誕生の地「ルンビニ」で仏教寺院を観光

ネパール南部のルンビニはお釈迦様の出生地として知られており、仏教の八大聖地のひとつとして世界中から巡礼者が訪れています。1997年には世界遺産にも登録され、広大...


【ネパール】ポカラでアンナプルナの絶景を楽しもう

アンナプルナ連峰の麓に広がる町・ポカラ。どこにいても雄大な山々を一望できる町には、山並みを楽しめる絶好の展望台や、日本人が建てた高台の寺院、ヒマラヤの歴史や文化...

ネパールの世界遺産!カトマンズの名所パシュパティナートの死の儀式

ネパールの首都カトマンズは、数々の歴史的建造物が残るとともに、独自の宗教観に触れられる街です。カトマンズ盆地と呼ばれる一帯は世界遺産に登録され、カトマンズの主要...


ネパール土産にもおすすめ!カトマンズのスワヤンブナートでシンギングボウルヒーリング

ネパールの首都カトマンズには、チベット仏教の道具である「シンギングボウル」を扱うショップが多数あります。非常に安らかな音を発するため、日本ではヒーリンググッズと...

この記事を書いたトラベルライター

旅するファッションマーケター
兵庫県生まれ/ニューヨーク・千葉育ち/旅するウェブマーケター兼時々フォトグラファー
都内でファッションECのマーケターをしながら、年に4~5回海外旅行、時々出張をし、現在25カ国以上を制覇。
バックパッカースタイルも、ちょっと贅沢なラグジュアリー旅行もどちらも好き。

旅の醍醐味は食べること、歩くこと、人と会うこと。
世界中に"お気に入りの場所"と"会いに行ける友人"を持つことがよろこび。
夢は198カ国、全世界制覇!
普通のガイドブックでは得られない情報を皆さんとシェアできればと思います。

本当は教えたくない...台湾リピーターの筆者が厳選する台北の必食グルメ5選!

美食の国台湾!日本からもほど近く、行かれたことがある方も多いはず。そんな台湾の首都台北には、ガイドブックには載っていないものの何度でもリピートしたくなる絶品のお...

現役アパレルマンの筆者が教える、ロンドンで必訪な古着屋3選!

世界でも有数のファッション都市として知られているロンドン。東京やニューヨークなどと並んで流行の発信地としても名高い場所ですが、実はロンドンは他のファッション先進...


リピーター続出!秩父の大自然を体感できる巴川オートキャンプ場へ行こう!

いよいよキャンプシーズンが到来!道具を揃えたのはいいけれども、実際どこのキャンプ場がいいんだろう?とお思いの方はきっと多いはず。キャンプに行くなら、BBQやキャ...

足つぼマッサージの元祖!台湾で極上マッサージが体験できる十足健康へ!

台湾旅行の醍醐味と言えば、やはり足つぼマッサージ。今や世界に広がりを見せた台湾式足つぼマッサージですが、もちろん台北市内には観光客向けのものからローカル向けまで...


【決定版】お土産にも最適!現地人も太鼓判のタイのソープ&シャンプーブランド3選!!

タイの土産といえば、皆さん何を想像しますか?ドライマンゴーやタイパンツなどタイならではのお土産はたくさんありますが、実はソープやシャンプーを買って帰られる方も多...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?