大原・鞍馬・貴船・八瀬
大原・鞍馬・貴船・八瀬観光
山里の雰囲気やパワーを感じる京都市の最北エリア

【京都】SNSで話題のスポット「瑠璃光院」の春と秋の特別拝観!見どころやアクセス、混雑回避は?

取材・写真・文:

2018年11月12日更新

296view

お気に入り

写真:Emmy

ここ数年インスタ映えする絶景写真で話題となっている「瑠璃光院」。普段は非公開ですが春と秋の年二回特別公開しており、その絶景見たさに観光客が絶えません。秋の紅葉が有名ですが春の青もみじもおすすめで、日本情緒溢れた庭園の美しさに誰もが魅了されることでしょう。気になる瑠璃光院の見どころや御朱印、アクセスや混雑回避についてもご紹介します。

この記事の目次表示

「瑠璃光院」とは

比叡山の麓にある「瑠璃光院」は、岐阜市に本坊を置く「浄土真宗無量寿山光明寺」の支院で、本尊は阿弥陀如来です。もともと別荘として造営されたもので、1万2,000坪の敷地に数寄屋造りの建物と日本庭園を有します。

  • 写真:Emmy

八瀬の自然に囲まれひっそり佇む「瑠璃光院」はしばらく非公開でしたが、ぜひ公開してほしいという声があがり、近年春と秋のみ一般公開されるようになりました。

苔むした参道

  • 写真:Emmy

それでは中へ入りましょう。山門をくぐるとそこは別世界。苔の絨毯が美しい黄緑色の世界が広がります。

  • 写真:Emmy
  • 写真:Emmy

上を見上げればもみじが重なり、自然に囲まれた参道はとても気持ちが良いです。100種以上の紅葉が植えられているそうです。

  • 写真:Emmy
  • 写真:Emmy

十三重の石塔が目を引きます。書院に辿り着くまでの間に、静かな雰囲気に包まれ心が穏やかになる参道です。


書院二階へ

  • 写真:Emmy

池にかかる石橋を渡ると書院があります。

書院を入ると、靴を脱ぎビニール袋へ入れてもらいます。靴はなくさないように自分で持っての拝観となります。目の前に階段があるので、まずは階段を上るよう誘導されます。

  • 写真:Emmy

まずは上った先にある右手の窓から、八瀬の眺めを一望できます。京都市街とは全く違う、静かで雄大な景色です。

絶景の窓もみじ

そして左に目を向けると、話題の絶景スポットが目の前に。青もみじが窓の外一面に広がり、ため息がでる美しさです。

  • 写真:Emmy

そして念願のこの絶景を写真に収めることができます。カメラ素人でも、一眼レフカメラを持っていなくても、こんな素敵な写真を撮ることができるんですよ。

なぜこのような写真が撮れるの?

混雑するのになぜ人が入らず、綺麗に反射した写真が撮れるのか疑問に思う人も多いはず。実は窓の手前に黒い大きな机が置かれており、引いて見るとこのようになっています。

  • 写真:Emmy
  • 写真:Emmy

机にカメラやスマホを置くと、もみじが綺麗に黒板に反射した写真を撮ることができます。そして二階の窓からだからこそ、もみじの葉がたくさんの景色を見ることができるんですね。

混雑時は机の周りは人で埋まってしまいますが、順番を待てば誰でもこの写真を撮ることができるので安心してください。

様々なアングルで写真を撮ろう

カメラを置く位置を変えれば、色々な写真を撮ることができます。どこから撮ってもベストショットで、幻想的な写真を撮ることができます。

  • 写真:Emmy
  • 写真:Emmy
  • 写真:Emmy

机が置いてない場所は、窓際まで近づくことができます。

  • 写真:Emmy

ここの窓際は隠れた写真スポットとなります。シルエットが綺麗に出るので、こんな写真を撮ることができますよ。

  • 写真:Emmy

(筆者が訪れたのは10月下旬、午後の2時頃でした)

写経体験もできる

  • 写真:Emmy

入り口で白い袋をもらえますが、その中にはパンフレット、写経セット(用紙、見本、ボールペン)が入っています。写経コーナーがありますので、せっかくなので写経してみましょう。

  • 写真:Emmy

見本をなぞるだけなので初心者でも安心です。皆さん心を落ち着かせ、真剣に写経していました。

  • 写真:Emmy

写経した用紙は、一階に奉納する場所があります。

書院一階「瑠璃の庭」

二階を堪能したら、一階に降ります。浄土の世界を表した「瑠璃の庭」が目の前に、美しい額縁庭園となっております。

  • 写真:Emmy

二階でじっくり写真撮影する人が多いため、一階は比較的混雑が少ないです。太陽の光を浴びた苔の絨毯が瑠璃色に輝くことから、この名前が名づけられています。

  • 写真:Emmy

ここでは1,000円でお抹茶を楽しめます。この特等席に座って、特別な時間を過ごすことができます。

  • 写真:Emmy

縁起の良い「臥龍の庭」

廊下渡り書院の奥に進むと「臥龍の庭」が見える広間へ。天に駆け昇ろうとする龍を水の流れと石組で表した池泉庭園。

  • 写真:Emmy

こちらではお茶のサービスがあります。ぜひゆっくり腰を下ろしてくつろいでみて下さい。このお庭は眺める人の心を開放し、昇運の兆しをもたらすと言われています。

茶庵「喜鶴亭」

最後の広間は三条実美公ゆかりの由緒ある茶室です。茶室からは裏庭が見えますが、窓枠から覗く景色がまた風情があります。

  • 写真:Emmy
  • 写真:Emmy

日本人がほっとする眺めです。

八瀬名物「かま風呂」

日本式蒸し風呂の原型である八瀬のかま風呂も見ることができますので、興味がある方は見学していって下さいね。

御朱印は?

書院一階の阿弥陀如来像を祀っている場所で御朱印を頂けます。御朱印は珍しいセルフサービス式となっており、書置きの紙に朱印を三ヶ所押し、日付も自分で書きます。ちょっと緊張しますが、自分で御朱印を作成できるのは滅多にできない経験かも。料金は「こころざし」となり、賽銭箱が置かれています。

混雑回避のために、出口までにもう一か所御朱印を頂ける場所があります。(混雑時のみの場合もあり)


瑠璃光院情報

  • 秋の特別拝観期間 2018年 10/1~12/10
  • 春の特別拝観期間 例年4月中旬~6月中旬
  • 拝観料 一般2,000円 学生1,000円 (近隣にあるルイ・イカール美術館にも入場可能)
  • 時間 10:00~16:30(閉門17:00)
  • 駐車場なし

一般的な拝観料に比べてぐっとお高いですが、それでも来てよかったと思える景色に出会えますよ。

ルイ・イカール美術館
大原・鞍馬・貴船・八瀬 / 博物館・美術館
住所:京都市左京区上高野東山71-21
Web:http://icartmuseum.com/

次のページを読む

大原・鞍馬・貴船・八瀬の旅行予約はこちら

大原・鞍馬・貴船・八瀬のホテルを探す

大原・鞍馬・貴船・八瀬の航空券を探す

(関西空港)

(伊丹空港)

大原・鞍馬・貴船・八瀬のパッケージツアーを探す

大原・鞍馬・貴船・八瀬の現地アクティビティを探す

大原・鞍馬・貴船・八瀬のレンタカーを探す

大原・鞍馬・貴船・八瀬の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年11月10日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

冬の旅行に!12月・1月・2月の冬旅におすすめな国内旅行先14選

雪の季節にしか見られない絶景や冬空に映えるライトアップなど、寒い冬だからこそ楽しめるスポットが国内にはたくさんあります!12月・1月・2月の冬旅におすすめな国内...

2018京都紅葉の名所&穴場20選!10月・11月・12月が見頃時期のおすすめ紅葉スポット

東福寺や嵐山、永観堂など人気の紅葉名所から、混雑を避けて紅葉を満喫できる穴場まで紅葉スポット20カ所を厳選!例年の見頃時期を元に、10月・11月・12月の月別で...


冬の京都旅におすすめ!冬こそ行きたい観光スポット10選

冬の寒さが厳しい京都ですが、寒い時期は観光客も減り、他の季節よりゆったり観光が楽しめます。冬だからこそ見られる絶景や冬だけの限定イベントなど、冬の京都観光におす...

京都で恋愛成就を祈願する!縁結び神社&寺院ガイド13選

いろいろなお願い事があるけれど、やっぱり女性が叶えたい願い事のナンバー1は良縁!たくさんの神社やお寺がある京都で、とくに縁結びや夫婦円満にご利益があるとされる神...


【京都】子連れでもバッチリ楽しめる!お薦めスポット6選

大人の町のイメージが強い京都ですが、最近は子供も楽しめるスポットが充実してきています。「京都は行きたいけど子供がいるから・・」と躊躇している子連れトラベラーの皆...

この記事を書いたトラベルライター

✿ かわいいと不思議と古いものが好き ✿
旅が人生のモチベーション。年々好奇心だけが向上していく30代。
普段は平凡な社会人。

ひとり旅の魅力を知ってから、ネットや写真を見て「ここ行きたい!」と胸打たれた場所へ。念入りな下調べ、計画は欠かせない慎重派。宿を決めない自由旅は憧れ。

メジャーな場所より、あまり人が行かないスポットに惹かれます。
可愛い街並みはもちろんのこと、
摩訶不思議な光景、大自然、秘境、
古い建築物、遺跡、お城やお寺 etc…

訪れた国は現在27ヶ国、国内は37都道府県。
海外も好きだけど日本も好きです。

主にひとり旅やフリーの旅人を意識して、詳しい記事を心掛けています。
ガイドブックに載っていないようなスポットの魅力や、マイナー情報をお伝えできたらと思います!

【イギリス】『ハリー・ポッター』ロケ地巡り!ファン必見のロンドン近郊完全版!

本場イギリスの『ハリー・ポッター』のロケ地。フォトジェニックなファン必見の名所を、ロンドン、そしてロンドンからアクセス可能なオックスフォード、コッツウォルズから...

【ポルトガル】女子旅にぴったり!ポルト観光おすすめ1日コース〜あの『魔女の宅急便』のモデルになった街〜

リスボンに次ぐ第二の都市ポルト。実はここポルトも『魔女の宅急便』のモデルとなったと言われているんです。それも納得、ドロウ川沿いの丘に立ち並ぶカラフルな家々は映画...


ここはテーマパーク!?エストニア・タリン旧市街が楽しすぎると話題!!

バルト三国のひとつであるエストニア共和国。城壁でぐるりと囲まれたタリン旧市街には、14~15世紀の街並みが色褪せることなく息づいています。城壁の門をくぐると、そ...

まるで絵本の世界!!街全体が世界遺産ラトビアの首都「リガ」に行くべき7つの理由

リガってどこ?ラトビアってどこだっけ?とイメージがわかない人も多いはず。ラトビアはバルト海に面し、ロシアに隣接するバルト三国のひとつです。首都のリガは新市街と旧...


【イギリス】ロンドン土産はこれで決まり!老舗スーパーM&S(マークス&スペンサー)のオリジナル商品がプチプラでおしゃれ♡

ロンドン旅行者必見のおすすめお土産!イギリスを代表する老舗スーパーM&S(マークス&スペンサー)のオリジナル商品は、おしゃれで品質も良くロンドンっ子や女性観光客...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?