沖縄
沖縄
琉球時代の遺跡が人気の、美しい海に囲まれた島々

宮古島から伊良部島へ!絶景を巡るドライブツアー

2018年6月28日更新

164view

お気に入り

宮古島の沖合に浮かぶ伊良部島。近年、宮古島と伊良部島とを結ぶ伊良部大橋の開通により、宮古島と車で直接行き来が可能になった注目の観光スポットです!今回はそんな伊良部島でおススメしたい絶景ドライブスポットを紹介していきます。

この記事の目次表示

伊良部島の最北端!美しいサンゴの海が楽しめる白鳥崎へ

  • 白鳥崎

沖縄と言えば、まずはやっぱりエメラルドブルーに輝く綺麗な海が見たい!ということであれば、是非、伊良部島の最北端にある白鳥崎を目指しましょう。宮古島から伊良部大橋を渡って車でおよそ20分。駐車場から海岸へと下りれば、ご覧の通り素晴らしい南国の海の景色が目の前いっぱいに広がります!

ちなみに、こちらの白鳥崎周辺は西海岸公園として遊歩道なんかも整備されており、美しいサンゴの海を左手に見ながら、のんびりと散策を楽しむことも可能です。歩いて行くと少し距離がありますが、次の段落で紹介するフナウサギバナタまで向かうことも出来ますので、是非とも沖縄の煌めく海の風景と長閑な離島の雰囲気を五感で感じてみてください。

白鳥崎
沖縄 / 自然・景勝地
住所:沖縄県宮古島市伊良部 白鳥崎

サシバをかたどるユニークな展望台!フナウサギバナタ

  • フナウサギバナタ

続いて紹介するのは、やはりこちらも素晴らしい景色を望むことが出来るフナウサギバナタと呼ばれる展望台です。白鳥崎からは距離にしておよそ2㎞ほどで、歩いて来ればおよそ20分の道のり。展望台のすぐ目の前には駐車場もありますので、車であれば白鳥崎からものの数分で到着することが可能です。

地元の方言で、「船を見送る岬」という意味を持つフナウサギバナタですが、その名前の通り、広い大海原を見渡すにはまさにうってつけのロケーションの所にある展望台で、北東方向には宮古島の西平安名崎や池間島まで見渡すことが出来ます。

  • フナウサギバナタ~遠景~

そして、こちらの展望台で非常にユニークなのが段落初めの写真にもあった通りサシバという実際に存在する鳥を基に作られたその展望台の形です。大きな鳥が両翼を広げ、まさに今から飛び立とうとしている様子をそのままかたどったこちらの展望台は、遠くから見ると、まるで本物の鳥がそうしているかのように見えるほどとってもリアル!

実際はこちらのサシバのだいたいお腹あたりから美しい沖縄の海の景色を眺めるような格好となるフナウサギバナタですが、是非ともそのリアルな展望台の形にも注目して訪れてみると、また違った楽しみが味わえるかもしれません。

フナウサギバナタ展望台
沖縄 / 展望・景観
住所:沖縄県宮古島市伊良部字前里添588-1
電話:0980-78-6250

島民の生活を支えた古井戸!サバウツガーからの景色が素晴らしい

最後に紹介するのは、島の西側に位置する佐良浜港の近くにあるサバウツガーという観光スポットです。ここで言う“ガー”とは、「井戸」のことを指し、古くからこの地に暮らす島民の生活用水を支えてきた史跡になります。

  • サバウツガーへと下りる階段

こちらの断崖絶壁に設けられた123の階段を下ると、実際に昭和の時代まで使われてきた井戸の様子を確認することが出来、昔はこの険しい階段の往復を、島の女性たちが井戸の水を汲みに1日3~4回繰り返していたそうです。

崖の下まで延々と続く、こちらの階段を下って井戸を見学して帰って来ると、当時の女性たちの苦労の一端をほんの少しでも感じることが出来るかと思いますが、サバウツガーへと下る断崖絶壁の上から眺める海の景色もまた格別。

  • サバウツガーの崖の上から見た景色

崖の上には、写真でも分かる通り東屋なんかも設けられていて、サンゴが群生する美しい伊良部島の海を見渡せるとともに、この断崖絶壁の高さからでも海の底がくっきりと確認出来るくらいに透き通った美しい海の景色を楽しむことが出来ますので、展望スポットとしてもサバウツガーはおススメです!

サバウツガー
沖縄 / その他スポット
住所:沖縄県宮古島市伊良部字前里添
Web:http://www.city.miyakojima.lg.jp/kanko/bunkazai/mi...

美しいビーチも楽しめる伊良部島!

今回の伊良部島の絶景スポットを巡るドライブの旅はいかがでしたでしょうか?白鳥崎にフナウサギバナタ、そしてサバウツガーと、景色の良い眺望スポットをメインに紹介してきましたが、伊良部島には渡口の浜や佐和田の浜など、沖縄らしいエメラルドブルーの海を感じることの出来る美しいビーチもたくさんあります。

伊良部大橋の開通により、宮古島で車を借りて、気軽に回ることが出来るようになった伊良部島。宮古島だけを回るのはもったいないくらいに、素晴らしい絶景がアナタを待っていますので、是非とも伊良部島へドライブに出掛けましょう!

伊良部島
沖縄 / その他スポット
住所:沖縄県 伊良部島
伊良部大橋
宮古島 / 観光名所
住所:沖縄県宮古島市平良久貝 伊良部大橋

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年6月24日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

宮古島の絶景ビーチに出会う!ドライブ旅のススメ

沖縄県の離島である宮古島では、“南国”というイメージにピッタリ当てはまるような素晴らしいビーチが盛りだくさん!今回は、そんな宮古島の中でも特におススメしたい絶景...

【宮古島】ウミガメも魚も珊瑚も!シュノーケリングするならここに行け!

綺麗な海に囲まれた宮古島諸島に行ったら、やっぱりシュノーケリングしたい!いろんなビーチがあるけれど、一体どこに行くのがいいのだろう?そんなあなたにオススメ!数あ...

【沖縄】海の青さに感動!石垣島の絶景スポット5選

ハイサイ!今回沖縄在住ライターのSekakoiがご紹介したいのは、南国の楽園・石垣島の絶景スポット。石垣島の魅力と言えば、透きとおる「青い海」ですね!沖縄本島か...

沖縄本島の穴場!?南部のおすすめスポット5選!

みなさんは沖縄へ旅行したことはありますか?沖縄の観光地といえば、「美ら海水族館」やリゾートホテル、ビーチがある北部が賑わっています。しかし、沖縄本島南部(那覇か...

宮古島のシンボル「まもる君」に出会うドライブ旅

宮古島と周辺の島々を結び、エメラルドグリーンの海の上をどこまでも一直線に伸びる橋。宮古島はただ車でドライブをするだけでも魅力的な島です。そんな島をさらに魅力的に...



この記事を書いたトラベルライター

日本全国を駆け巡る国内旅行専門の旅ブロガー
どうもみなさまこんばんは。個人で「日本全国旅そうだんBlog」という旅ブログを営んでいるてっぴいと申します。関東在住の20代で、休日や祝日は主にサイクリングやドライブを通じて西へ東へ飛び回っています。学生時代には自転車の荷台にテントや寝袋などの荷物を山ほど積んで、2週間や3週間、長期の旅に出掛けていたこともありました。現在はドライブや旅先でのサイクリングが中心ですが、そんな私が今まで見てきたこと、体験してきたこと全てひっくるめて、国内旅行の魅力について紹介していけたらと思いますので、よろしくお願いします。
http://cyclingtour587.blog.fc2.com/

手ぶらでラクラク日帰りサイクリング!房総半島南端の街・館山で楽しむ海の絶景

千葉県にある房総半島南端の街・館山市。例年1月~3月上旬頃にかけて沿道に菜の花が咲き乱れる房総フラワーラインや『南総里見八犬伝』で知られる里見氏の居城・館山城な...

【愛知】知多半島の美しい海の景色を巡る絶景ドライブの旅!

愛知県にある知多半島。対岸に位置する渥美半島とともに、三方を海に囲まれた風光明媚な観光名所でもあります。名古屋などの大都市圏からも近くアクセス良好で、気軽に日帰...

伊勢志摩絶景ドライブ!美しい海を感じるパールロードの展望台巡り

三重県伊勢市・鳥羽市・志摩市などに跨る志摩半島。リアス式海岸と呼ばれる複雑な海岸線が、幾つもの小さな入り江のような地形を造っており、美しい海の景色を楽しめる人気...

茨城県にある人気の紅葉スポット!花貫渓谷徹底散策ガイド

茨城県高萩市にある花貫渓谷。同じ県北エリアにある大子町の袋田の滝や、常陸太田市にある竜神大吊橋、そして県南部の筑波山と並んで、茨城県を代表する人気の紅葉スポット...

埼玉県唯一の「日本の滝百選」!丸神の滝の絶景に出会う旅

皆様は「丸神の滝」という滝をご存知でしょうか?埼玉県小鹿野町にある落差76mの滝で、埼玉県では唯一「日本の滝百選」にも選ばれています。両神山の麓、いわゆる秩父の...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?