ペルー
ペルー
行きたい世界遺産1位の空中都市マチュピチュ

【ペルー・クスコ】街並み一望!王道&穴場な絶景スポットや観光ポイント5選!

2018年3月5日更新

564view

お気に入り

マチュピチュに行かれる際に訪れる都市、クスコ。メインはマチュピチュ!という観光客も、せっかくクスコに立ち寄るのであれば楽しまなきゃ損!ということで、今回は、歩いていけて、クスコの街周辺で完結する絶景ポイントや観光地をご紹介。朝や午前中から夜までの1日の行動に沿ってご紹介しておりますので、クスコを訪れる際の参考にしてみて下さい。

クスコに行くならチェックしておきたい観光スポット

1.楽しめるスポット:野菜でか!こりゃなんだ!?魚に花屋!?珍光景が楽しい!市場(Mercado)

朝から午前中にかけては市場を訪れるのがおすすめです。クスコの街にはメインのアルマス広場から約1km離れた別々の場所に市場が2つあります。

本などで紹介されるメインの市場はサン・ペドロ市場(Mercado San Pedro)ですが、筆者が今回訪れたのは宿の近くのもう一つの市場、ワンチャック市場(Mercado de Wanchaq)の方です。ただ、どちらも市場であることに変わりはないので、どちらに行っても楽しめると思います。

  • 【クスコ 市場(Mercado)】大きな大きなチーズ!しかも裸のままで売られている!
  • 【クスコ 市場(Mercado)】手前は魚売り場、奥に見えるのが花屋。

とにかく、全く別のお店が混在していることに驚きです。大胆に並べられる様々な種類の魚、魚屋の近くには花屋、どでかすぎる野菜に初めて見るフルーツ、大きく大量に盛られたチーズの山、掲載するのを控えたほどの強烈な動物のお肉。

  • 【クスコ 市場(Mercado)】かぼちゃ。大きい!!!
  • 【クスコ 市場(Mercado)】スイカ。日本と違いラグビーボールのような形です。
  • 【クスコ 市場(Mercado)】日本でもおなじみの野菜たち。人参、キャベツ、そら豆等。
  • 【クスコ 市場(Mercado)】何やらよく分からない、野菜かフルーツ。

置いてあるもののインパクト感や、珍しい食べ物等を見たい撮りたい方は、ご自身が泊まっている宿に近い市場でいいかと思いますが、市場で何か食べたい!という方はサン・ペドロ市場をおすすめします。規模が大きいのも中央市場です。ワンチャック市場にはあまりレストラン等はなかった印象です。

市場は、海外に来た!感を満喫できますし、珍しいフルーツを買って食べるのもおすすめです。

ワンチャック市場
ペルー / 市場・朝市
住所:Mercado de Wanchaq

2.行くべきスポット:これぞクスコ!絶対1度は行くべしアルマス広場(Plaza de Armas)

  • 【クスコ アルマス広場(Plaza de Armas)】広場にある教会。
  • 【クスコ アルマス広場(Plaza de Armas)】建物側から見た広場。緑やベンチもあり、地元の人や観光客で常に賑わっています。
  • 【クスコ アルマス広場(Plaza de Armas)】緑が気持ちがいいです。夜になっても賑わっています。

アルマス広場の周辺にはレストラン、カフェ、旅行会社、お土産屋、鉄道会社が揃っているので、ここに来れば色々と完結できます。建物はスペイン式、道路は石畳なので、まるでヨーロッパに来たかのような景色を見られるでしょう。木々や植物、花壇などが綺麗に植えられており、観光客や地元の人たちの憩いの場となっています。

緑の芝生がある広場はかなり整備されていて、入ってはいけない芝生ゾーンに立ち入ると、その辺を終始ウロウロしている管理スタッフに注意を受けることになるのでお気を付けください。

アルマス広場
ペルー / 公園・動植物園
住所:Plaza de Armas,Cusco

3.写真撮影におすすめ:12角の石(La Piedra de los DOce Angulos)

  • 【クスコ 12角の石】写真撮影で人だかりが出来ているのですぐ見つけられます。

アルマス広場から北東に200m歩いたところにあるのが、12角の石です。写真のとおり、角が12個あるというので、観光名所となっています。

マチュピチュやほかのクスコ周辺の遺跡でも目にしますが、ここクスコの街でも石材建築の素晴らしさを至る所で目にします。綺麗に積み重ねて出来ている石の建築、昔の人の精巧な技術に驚きます。

組み合わせるのが複雑で難しそうな12角の石でさえ見事に積み上げられている、という点で観光名所になっているようです。

12角の石
ペルー / その他スポット
住所:La Piedra de los DOce Angulos

クスコの街並みを一望しよう!おすすめ絶景スポット

4.地元の人お墨付きの絶景ポイント!サン・ブラス展望台 Mirador de San Blas

  • 【クスコ サン・ブラス展望台 Mirador de San Blas】クスコの街を一望できます。
  • 【サン・ブラス展望台 Mirador de San Blas】街灯もお洒落。ベンチも設置されているのでのんびり寛げます。
  • 【クスコ サン・ブラス展望台 Mirador de San Blas】緑も植えられており整備されています。
  • 【クスコ サン・ブラス展望台 Mirador de San Blas】展望台にあるカエルの像

宿の管理人のご夫婦にぜひ行ってこいと何回も言われて訪れた場所が、ここ、サン・ブラス展望台です。クスコの街を一望できる絶景ポイントですが、あまり知られていないのか、ここまで来るのが嫌だからなのか、ほぼ観光客はいないに等しいです。

誰にも邪魔されずに、絶景と一緒に欲しいアングルで撮り放題なので穴場だと思います。アルマス広場からは、12角の石を通り過ぎ、坂道を徒歩約20分上りますので、高山病が落ち着いた頃に行くのが良いと思います。

この展望台に行く途中におすすめのカフェLaggart Club Cafe Culturalもあるので、行く道中に寄ってみてもいいでしょう。

サン・ブラス展望台
ペルー / 展望・景観
住所:San Blas View Point

5.夜景を見るならココでしょ!サン ブラス バックパッカー オステル(San Blas Backpacker Hostel)

  • 【クスコ サン ブラス バックパッカー オステル (San Blas Backpacker Hostel)】barから見える夜景
  • 【クスコ サン ブラス バックパッカー オステル(San Blas Backpacker Hostel)】ホットココアは砂糖が別盛り。甘さ控えめな日本人には嬉しい。

夜は夜景を楽しみましょう。このホステルに併設されている屋上にあるレストラン&Barが、ご紹介する夜景スポットです。ホステルに泊まらなくても利用が可能です。

食べ物も飲み物の充実しておりますので、レストラン使いでもいいですし、夜景を見ながら一杯飲んでもいいでしょう。屋内と屋外と分かれているので、寒い方は、屋内でガラス越しの夜景を楽しめます。

屋外といっても縦の長さはあるのですが、幅は狭いので、2人掛けのテーブル椅子はありますが、4~5人用のテーブル椅子は置けない状態です。屋内で食べ飲みして、時々外で立ち飲みしながら夜景を楽しむお客さんが多いようです。郷土料理に特化しているわけではなさそうでしたので、Bar使いや景色を楽しむ目的で訪れるのがいいかと思います。

真っ暗闇に金色の光の粒が無数にキラキラ散らばっています。写真の質が悪くて残念ですが、本来はもっと綺麗です。

サン ブラス バックパッカー オステル
ペルー / ホステル
住所:Sanblas Backpacker Hostel

まとめ

いかがでしたでしょうか?せっかく遠い日本から、地球の裏側に行くのであれば、マチュピチュ以外にも楽しみを見つけて行かれると、より充実した旅行になるかと思います。今回は1dayで楽しめるように行動範囲や時間軸を意識しながらご紹介しているので、参考にしてみて下さい。

【関連記事】
【ペルー・クスコ】グルメ情報6選!可愛いアルパカの串焼き&おしゃれカフェ&叩いて食べるフルーツ!?

【ペルー・クスコ】マチュピチュと一緒に行くべき遺跡おすすめスポット6選

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年10月11日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

コーヒーじゃないよ!標高5,200mの絶景!ペルー・レインボーマウンテン

「レインボーマウンテン」。その言葉で多くの人が缶コーヒーを思い浮かべるのではないでしょうか。これから紹介するのは、もちろんコーヒーではありません。「虹の山」。そ...

ペルー紀行への玄関口、リマを一日で楽しむおすすめスポット&グルメ5選

南米の中でもマチュピチュ、ナスカの地上絵、クスコなどインカ帝国の残した数々の歴史と遺産を有し、観光客を魅了し続ける国ペルー。その玄関口は首都、リマです。ペルー紀...

【ペルー・マチュピチュ】行く時に確認すべき7つのコト

世界遺産のひとつとして有名なマチュピチュ!人生で一度は訪れてみるべきスポットです。今回は2016年に現地を訪れた筆者が実際に体験し実感した、行く前に確認しておく...

絶叫サンドバギーや夕日鑑賞も!砂漠のオアシス、ペルー・ワカチナ

砂漠にオアシスなんて、アニメや映画の中だけの世界だと考えている人がほとんどだと思います。灼熱の砂漠の中に、ポツンと存在するオアシス。これが本当に実在するんです。...

工夫次第で快適に!秘境・マチュピチュへの行き方&楽しみ方のコツ

その構造と歴史に不可解な点が多く、世界中の人々をとりこにし続けるペルーの古代の空中都市、マチュピチュ。日本からはまさに秘境に行く旅になりますが、工夫次第で快適な...



この記事を書いたトラベルライター

出国時は1人、旅先で2人★旅先で友達作って一緒に旅する、おおざっぱ計画トラベラー
南国の宮崎生まれ、宮崎育ちです!
最近、上京してきて、日々道に迷っております!

旅は、大学時代に国内外バックパッカーを始めたのがきっかけで、
今でも一人や友達と旅行に行っています。
大学の卒業旅行では、世界一周航空券を使って、
2か月間で弾丸一人バックパッカーを実行!

一人旅は、現地人や同じ旅人同士との交流が生まれやすいので大好き。

宮崎や海外の情報をこれから掲載していくので
よろしくお願いします^^

これぞガラパゴス諸島!!魚市場にやってくるのは人間だけじゃない?

エクアドルから飛行機で約1時間半、見えてくるのはガラパゴス諸島。様々な動物が共存すると言われています。ガラパゴス諸島の中で2番目に大きい島、サンタ・クルス島にあ...

【ペルー・マチュピチュ村】受賞多数フレンチ&無料アート~村での楽しみ方伝授します~

「マチュピチュ村」。あなたはどんな所かイメージできますか?マチュピチュ遺跡は、よくテレビやガイドブック等で紹介されることがあるのでご存知の方も多いと思います。そ...

【ガラバゴス諸島・イサベラ島】自由奔放な野生のアシカと出会える島!

ガラパゴス諸島には、渡し船などを使って自力で行ける島が3つあります。そのうちの一つが「イサベラ島」。3つの島の中でも、自然や野生の動物が多く存在すると言われてい...

【宮崎】海辺の期間限定イベント「青島ビーチパーク」で夏を満喫!

2018年で4年目を迎える期間限定イベント、青島ビーチパーク(AOSHIMA BEACH PARK)!宮崎市内から車で約25分、空港から車で約20分の場所に位置...

【ペルー・クスコ】マチュピチュと一緒に行くべき遺跡おすすめスポット6選

クスコにはマチュピチュ以外にも多くの遺跡が存在していることを知っていますか?クスコの街そのものが遺跡と言われているほどなのです。それもそのはず、ペルーの首都はリ...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?