ペルー
ペルー観光
行きたい世界遺産1位の空中都市マチュピチュ

【ペルー・クスコ】グルメ情報6選!可愛いアルパカの串焼き&おしゃれカフェ&叩いて食べるフルーツ!?

取材・写真・文:

大阪在住
訪問エリア:17ヶ国

2018年2月22日更新

2,134view

お気に入り

クスコは、多くの観光客がマチュピチュに行く前後に立ち寄る場所です。今回はクスコに1週間ほど滞在した中での、食べてほしいグルメ、行ってほしいレストランやカフェについてご紹介します。王道なものと、穴場的なものをご紹介しているので、ぜひクスコに行かれる際には参考にしてください。

この記事の目次表示

ペルーのおすすめツアー
《1名様追加代金不要!ひとり旅》【ペルー3泊6日間】■マチュピチュ遺跡観光付き!安さ重視「スタンダードクラス」宿泊/日本語ガイド送迎付き
277,000円~490,000円
《成田-米国間はJAL機材》【ペルー3泊&ニューヨーク2泊8日間】■マチュピチュ遺跡&クスコ市内観光付き!安さ重視「スタンダードクラス」宿泊/ガイド送迎付き
293,000円~523,000円
卒業旅行やグループ旅行にもおすすめ!*4名様以上で1名様あたり5000円引き*【ペルー5泊8日間】■マチュピチュ遺跡観光2回&ナスカの地上絵遊覧飛行付き!安さ重視「スタンダードクラス」宿泊/日本語ガイド送迎付き
259,000円~466,000円

おすすめレストラン&カフェ情報

【1】人気レストラン:美味しくて店内が可愛い!パチャ・パパ(Pacha Papa)

  • 【クスコ パチャ・パパ(Pacha Papa)】手前:ワンプレートに盛られた料理、奥:焼き立てパン

観光本にも紹介されている人気レストランです。場所はアルマス広場から徒歩5~10分くらいにあり、サン・ブラス教会の向かいにあります。

一番人気は写真のワンプレートに盛られたパチャ・パパというメニューで、クスコの名物が一度に味わえるという、なんとも嬉しい一品です!ロコト・レジェーノや、大きなアルパカ肉の串焼き、ジャガイモ等々が食べられて、48ソル(約1,800円)。

店内奥には大きな窯があり、その窯で焼かれたアツアツの焼き立てパンも一緒についてくるのも嬉しいです。ただ、あの可愛いアルパカの肉はなかなか歯ごたえがあり、かたい牛肉という感じです。

ザ・観光客向けのレストランだけあって、価格はそれなりにしますが、その分、味やボリューム、接客も満足のいくものです。

  • 【クスコ パチャ・パパ(Pacha Papa)】店内は屋外にある。全体的にこだわりがあちらこちらに見られる。

お店は屋外にあり、真っ青な空の下で食べるスタイルです。賑やかなアルマス広場から少し離れていることもあり、心地よい風を感じながらゆったりとした気分で過ごすことができるでしょう。

  • 【クスコ パチャ・パパ(Pacha Papa)】紅茶のカップや調味料の入れ物がオリジナル感があり可愛い

お店の内装や小物にこだわりが随所に見られます。紅茶のカップもお店オリジナルで可愛い。

パチャ・パパ
ペルー / 中南米料理
住所:Carmen Bajo 120 Cusco 08000地図で見る
電話:084241318
Web:http://www.cuscorestaurants.com/restaurant/pachapa...

【2】おしゃれカフェ:店内まるごとアート!ヨーロピアンを感じるラガルトゥ・カフェ(Laggart Cafe)

  • 【クスコ ラガルトゥ・カフェ(Laggart Cafe)】椅子やソファもバラエティに富んでおり、どこに座るかも悩ましい!
  • 【クスコ ラガルトゥ・カフェ(Laggart Cafe)】壁一面、隙間なく描かれています。
  • 【クスコ ラガルトゥ・カフェ(Laggart Cafe)】光が差し込む明るい店内。

トリップアドバイザーでも評価が4.5と高いラガルトゥ・カフェは、サン・ブラス地区にあります。アルマス広場から徒歩10~15分程度、石畳の坂を上っていくと、お店の前に、お洒落にLaggart Cafeと書かれているので、それを目印に探してみて下さい。

店内に一歩足を踏み入れると、そこはまるで別世界。至る所にアートが描かれています。隙間ないくらい壁に直接描かれているのですが、ごちゃごちゃしている感じがなく、お洒落にPOPに店内を彩っております。

メニューは軽食があり、温めなおしてくれるのも嬉しいです。おすすめはエンパナーダ。筆者が過去南米に行ったときには各国、各お店のエンパナーダを食べましたが、個人的にはここのエンパナーダが一番のおすすめです。(※「エンパナーダ」については後述します)

ラガルトゥ・クラブ・カフェ・カルチュラル
ペルー / カフェ・喫茶店
住所:San Blas, Cusco 0, Peru地図で見る

おさえておくべきグルメ

【3】ドリンク:ペルーに来たなら一度は味わうべきピスコサワー

  • 【クスコ ピスコサワー】ペルー代表のアルコールドリンク

ピスコサワーは、クスコというよりペルーを代表するアルコールドリンクです。ブドウの蒸留酒ピスコ、卵白、レモン、砂糖を入れてシェイクしたカクテルで、卵白を入れている為できる上部にある白いもこもこした泡は、まるでビールの泡のよう。

けっこうしっかりアルコールがきいておりますが、とっても美味です!ぜひペルーでの最初の一杯は、ピスコサワーでSalud(サルー!= 乾杯!)

【4】お手軽グルメ:南米に来たら食べ比べしたいエンパナーダ(Empanada)

  • 【クスコ エンパナーダ】南米各地で食べられるが、生地や具は各国、お店により様々。

言うならば、美味しい総菜パンです。中に肉or野菜orチーズ等が入っており、お店にはたいてい3種類用意してあります。南米各地で食べられますが、国によって名前が異なっており、また、サイズ、形、味、食べ方も違います。

ボリビアでは小ぶりで甘め、エクアドルでは調味料と合わせて食べたりします。ペルーでは写真のような形が主流で、大きさも日本のカレーパンサイズ。

1つ約120円程度なので、小腹がすいたときにはピッタリ!お店により個性があるので、自分のお気に入りのエンパナーダを見つけてみてはいかがでしょうか。

【5】珍しいフルーツその1:「世界三大美果」の一つと称されるチリモヤ(Chirimoya)

  • 【クスコ チリモヤ(Chirimoya)】ペルー原産のフルーツ、「世界三大美果」の一つ。
  • 【クスコ チリモヤ(Chirimoya)】皮は柔らかく、子供でもすぐむけちゃいます。

ペルー原産のフルーツ、チリモヤ。見た目は龍のうろこのように堅そうですが、柔らかいです。外側を洗って、パカッと中を開けて一粒一粒食べます。中は真っ白で、みかんの房のようにくっついています。ちぎるのも簡単です。

食感もやわらかく、味も甘く、いくらでも食べられます!日本にもさまざまな果物はありますが、そのどれとも似つかない印象を受けます。でも、とにかく美味。ぜひ市場で買って食べてみてほしいフルーツです。

【6】珍しいフルーツその2:剥き方&食べ方が面白い絶品なグラナディーラ(Granadilla)

  • 【クスコ グラナディーラ(Granadilla)】角にぶつけて殻にひびを入れていきます。
  • 【クスコ グラナディーラ(Granadilla)】堅くて分厚い殻をパリパリと取っていきます。
  • 【クスコ グラナディーラ(Granadilla)】別名、スウィートパッション。中身はまるでカエルの卵のような見た目・・・。

日本ではなかなか手に入らない希少なフルーツ。ソフトボール程の大きさで、チリモヤと打って変わって皮がカチコチに堅いです。角にコンコンとぶつけて、ゆで卵の殻をむく要領で皮を取っていきます。

ある程度皮を取ったら、あとは白い所に口をつけて中身を吸いながら食べます。中身の部分の見た目はカエルの卵のようなかんじで筆者的には無理なのですが、食べると絶品。

トゥルンとした透明なやわらかい食感と、その中に入っている黒いカリカリした種の食感が絶妙で美味しいです。甘さと酸味もちょうどいい!チリモヤと一緒に、ぜひ食べてほしいフルーツです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ペルーの食べ物は調味料が似ているのか、日本人にも合うと思います。アルパカの串焼きは、まさに日本の焼き鳥のような感じです。市場では、日本で見かけないフルーツもあります。ぜひ観光だけではなく、グルメも楽しんでください。

【関連記事】
【ペルー・クスコ】マチュピチュと一緒に行くべき遺跡おすすめスポット6選

【ペルー・クスコ】街並み一望!王道&穴場な絶景スポットや観光ポイント5選!

ペルー旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばペルーのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でペルーのすべてのツアーをみる>>

ペルーの旅行予約はこちら

ペルーのパッケージツアーを探す

ペルーのホテルを探す

ペルーの航空券を探す

ペルーの現地アクティビティを探す

ペルーのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年2月20日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【美食の国】ペルー・リマのおすすめレストラン3選とおすすめペルー料理

ペルーは、今世界が注目する美食の国ということをご存知ですか?今回は「ペルーに行って、美味しいペルー料理を食べてみたい」というあなたに向けて、ペルーの首都リマでお...


【ペルー】ぜひ食べて!森のカスタードクリームにカチコチの皮!?プロ絶賛のレアな果物「チェリモヤ」「グラナディラ」

筆者が南米のペルーを訪れた際に初めて出会ったフルーツで、衝撃を受けた絶品フルーツをご紹介します。日本ではなかなかお目にかかれない稀少かつ高級なフルーツですが、現...

ペルー紀行への玄関口、リマを一日で楽しむおすすめスポット&グルメ5選

南米の中でもマチュピチュ、ナスカの地上絵、クスコなどインカ帝国の残した数々の歴史と遺産を有し、観光客を魅了し続ける国ペルー。その玄関口は首都、リマです。ペルー紀...

【美食の国ペルー】 醤油味から未知の食材まで!一押しグルメ5選

「マチュピチュ」や「ナスカの地上絵」で有名なペルーは、世界に名だたる美食の国でもあります。海鮮やお醤油を使った料理も多く、日本人にも馴染みやすいものがある一方、...

この記事を書いたトラベルライター

穴場&王道なtripが大好き★
南国の宮崎生まれ、宮崎育ちです!
宮崎(高校まで)→大阪&フィジー(大学)→宮崎(就職)→東京(転職)→大阪(転勤)と居住も様々!
仕事では地方にあちこち行っております。

旅は、大学時代に国内外バックパッカーを始めたのがきっかけで、
今でも一人や友達と旅行に行っています。
大学の卒業旅行では、世界一周航空券を使って、
2か月間弾丸一人バックパッカーを実行!

今も毎年海外旅行に年に2~3回行ってます。
2019年GWはタイに行ってきました。

一人旅は、現地人や同じ旅人同士との交流が生まれやすいので大好き。
友人や家族旅行ももちろん大好き。

宮崎や海外の情報をこれから掲載していくので
よろしくお願いします^^

【ペルー・クスコ】街並み一望!王道&穴場な絶景スポットや観光ポイント5選!

マチュピチュに行かれる際に訪れる都市、クスコ。メインはマチュピチュ!という観光客も、せっかくクスコに立ち寄るのであれば楽しまなきゃ損!ということで、今回は、歩い...


【台北】観光客急増中!今しか見れない奇岩スポット「野柳地質公園」

台湾大好きっ子に必見!奇岩がゴロゴロと並ぶなんとも魅惑的な景色が広がる「野柳地質公園」。5年後にはなくなるかもしれない岩があったり、「ここどこの国?!」なんてい...

【グランドキャニオン・2019年最新情報】基本情報&おすすめの回り方を伝授

グランドキャニオン国立公園にある「サウス・リム」と「ノース・リム」はどっちがおすすめ?最寄り空港はどこ?園内を移動する無料シャトルバスがある?等の基本をご紹介。...

【京都】京都Love女子が教える、ハズさない厳選お土産を買えるお店7選

京都が大好きで、8年も通い続ける友人と小旅行した際に紹介してもらった、絶対買いたい絶品お土産。そんな京都Love女子が教える、おすすめ土産を買えるお店を7店紹介...

【宮崎】海辺の期間限定イベント「青島ビーチパーク」で夏を満喫!

2018年で4年目を迎える期間限定イベント、青島ビーチパーク(AOSHIMA BEACH PARK)!宮崎市内から車で約25分、空港から車で約20分の場所に位置...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?