埼玉
埼玉
経済的に発展しながら、自然も豊か

【宝登山神社】知ってた?実は秩父のオールマイティなパワースポット

2018年6月15日更新

154view

お気に入り

秩父の中でもとりわけ強力なパワースポットである秩父三社。三峯神社、秩父神社ともう一つが、今回ご紹介する「宝登山(ほどさん)神社」です。日本武尊(やまとたけるのみこと)が山火事にあったときに、どこからともなくあらわれた犬が道案内をしてくれた・・・そんな伝説の残る地に創建された神社です。この伝説から火にまつわる神様もいらっしゃいますが、実はいろんな神様がいるとってもオールマイティな神社なんです。

この記事の目次表示

宝登山(ほどさん)神社って?

秩父の中でもとりわけ強力なパワースポットが秩父三社といわれています。三峯神社、秩父神社、そしてここ宝登山(ほどさん)神社の三社です。

  • 宝登山神社入口

宝登山神社を創建したのは、日本武尊(やまとたけるのみこと)。日本武尊は神話の中で、日本を津々浦々戦い歩いた神様です。これから新たな戦いに行く前に、山がご神体である宝登山に登ろうかと考えます。ところが運の悪いことに、登山中に山火事にあってしまいます。どこに逃げたらいいのか、炎で行く先も見えない時に、一匹の犬がやってきて道案内をしてくれました。

このエピソードから、火を止める山「火止山(ほどやま)」と呼ばれ、後に現在の名前である「宝登山(ほどさん)」に変わりました。「宝に登る山」ということでとっても縁起のいい名前です。

そんな伝説からか、火にまつわる神様も多いですが、実はいろんな神様がいるとってもオールマイティな神社なんです。それでは境内をご案内して参りましょう。

本殿

こちらが宝登山神社の本殿。宝登山神社の中ではとっても豪華絢爛な社殿です。とってもお金をかけたように思えますが、実はとっても苦労して造られたんだとか。

  • 宝登山神社

この本殿は、明治維新という激動の時代、経済も不安定な時代になんとか費用を捻出し、費用の可能な範囲で、できるだけ豪華に見せようと工夫をこらして造られたものです。そんな苦しい時代に造られたとは思えないほど、本殿の装飾はとっても豊か!

  • 豪華絢爛な彫刻

予算の範囲でできる限りの装飾を・・・と、本殿には様々な彫刻が施されています。平成になって、これらに彩色が施されました。

これらの素晴らしい彫刻の中には、中国の逸話がモチーフになっているものもあります。その彫刻と、モチーフとなっている中国の逸話をいくつかご紹介しましょう。

剡子(ぜんし)のお話

剡子(ぜんし)には、眼を患った親がいました。当時、目を治すには鹿の乳が薬になると言われており、両親は子供の剡子に「取ってきて欲しい」と頼みます。

  • 左右にそれぞれ逸話をモチーフとした彫刻が施されている

乳を取るためには、おびえさせないように鹿に近づく必要があります。そこで、考えた剡子は鹿の皮をまとい、群れに入っていきました。

  • 剡子のお話

「ようしうまくいくぞ!」と思ったのもつかの間、そこに猟師がやってきます。あわや剡子を矢で射ようとしましたが、猟師に狙われていると気づいた剡子が「本物の鹿じゃないですよ。親がかくかくしかじかで目が悪いので、乳を取りにきました」と説明し、猟師を納得させ、無事乳を手に入れることができた。という親孝行のお話です。

楊香(ようこう)のお話

楊香(ようこう)がお父さんと山に行くと、目の前に虎が現れます。2人に虎が襲い掛かろうとしたとき、楊香が「どうか私を食べてください。その代わり、父を助けてください!」とわが身を犠牲にしてお父さんを助けようとしました。虎はその崇高な精神にひれふし、逃げて行ったというお話です。

  • 楊香のお話

張良(ちょうりょう)のお話

ある日、張良(ちょうりょう)の前にボロを着た老人が現れます。老人は自分の靴をポイっと放り投げると、「おい、お前取って来い」と命じました。さすがに張良はイラッとしましたが、相手は年配の人なのでぐっと堪えて靴を取ってきました。

すると老人はさらに傲慢に「履かせろ」と言って足を張良の前に差し出します。「変な人に絡まれたな~」と思いながらも、この老人につきあってやるか・・・というおおらかな気持ちで対応することにしました。

  • 張良のお話

すると、その老人が張良に貴重な兵法書を渡してドロンと消えてしまいます。そして張良は後に優秀な軍師となりました。

宝玉稲荷神社(ほうぎょくいなりじんじゃ)

倉稲魂命(うかのみたまのみこと)を祀るお宮です。稲荷信仰でよく祀られるのがこの神様。神徳は五穀豊穣を司り、「お稲荷さん」で有名な伏見稲荷大社や豊川稲荷もこの神様が祀られています。

  • 宝玉稲荷神社

そもそも稲荷とは、読んで字の如く「稲」関係の神様です。つまりは食べ物との関係が深いということ。古代の日本では「食」は「うけ・うか」と読み、食繋がりで、稲荷神社に祀られるようになったと言われています。

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年5月1日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

一度は見てみたい!日本の絶景あじさいスポット10選

梅雨の時期をあざやかに彩るアジサイは、青、紫、ピンク、白、緑、とさまざまな装いで私たちの目を楽しませてくれます。近所に咲くアジサイもいいけれど、日本には、なんと...

1位は山中湖花の都公園!トリップノートのインスタ”いいね”数BEST10(2018年5月)

トリップノートのインスタグラムに投稿された写真の中から、「いいね!」が多かった写真のBEST10をご紹介!2018年5月の1位はトリップノートトラベラーtani...

子ども喜ぶ!ユニークな体験ができる関東近郊お出かけスポット7選

今度の連休はどこ行こう?子どもが喜ぶ場所はどこ?今回は、GWや夏休みなどの連休の度にお悩みの方へオススメの、関東近郊のお出かけスポットをご紹介します。どのスポッ...

関東屈指のパワースポット!川越氷川神社の「縁むすび風鈴」を楽しもう!

都心から約1時間程度でアクセスできる川越。「小江戸」と呼ばれる人気スポットですが、ここ数年、夏のイベントとして盛り上がりを見せているのが、川越氷川神社で行われる...

冬だから会える景色がある!冬旅におすすめのスポット19選

寒い環境がつくりだす自然の絶景や、真っ暗な冬の夜に浮かび上がる幻想的なイルミネーション。真っ白な雪にオレンジ色の灯りがあたたかい気持ちにさせてくれる、各地のかま...



この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...

鎌倉の恋の神様にご縁を願おう「葛原岡神社」

鎌倉の縁結びの神様として女性参拝者に人気なのが、「葛原岡神社」。縁結びのご利益を持つ神様はたくさんいらっしゃいますが、女性に人気なのは、至る所に女子力を高めてく...

お金を水で洗って収入UP!?鎌倉「銭洗弁天」

数々の有名な神社仏閣が密集する武家の古都・鎌倉。様々なご利益のスポットがありますが、中でも異彩を放つのが「銭洗弁天」。読んで字のごとく、ここでは「銭を洗う」ので...

どメジャーなのに謎だらけ?鎌倉大仏の謎に迫る旅

「鎌倉」と言えば多くの人が連想するのが、青銅色の巨大な大仏様ではないでしょうか?そんな鎌倉のシンボル的な存在でありながら、実はいつ誰が何のために建造したものなの...

鎌倉で脅威の出世運を願うならココ!「佐助稲荷神社」

数々の有名な神社仏閣が密集する武家の古都・鎌倉。そんな鎌倉の中でも最強の出世運を誇る「佐助稲荷神社」。歴史上の超有名人をメキメキと出世させた実力を持つ神社です。...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?