都内で楽しむ都会のオアシス!デートにもピッタリな東京の庭園3選

393

view
   2017年5月19日更新

なにかと忙しい毎日を過ごす中で「ココロとカラダのデトックスのために旅に出たい!」そんな気持ちになることありませんか?でも、なかなか出かける時間がとれず、あきらめがちになったりしますよね。そこでおすすめしたいのが、東京都内の庭園。デートにもピッタリな庭園をピックアップしてご紹介します。

1.圧巻の敷地面積を誇る東京随一の庭園「浜離宮恩賜庭園」

「浜離宮恩賜庭園(はまりきゅうおんしていえん)」は、都会のど真ん中にある風光明媚な庭園。老若男女問わず高い人気を誇ります。

抜群の好立地で、都営大江戸線の「築地市場駅」と「汐留駅」、ゆりかもめの「汐留駅」、JR山手線・京浜東北線・東京メトロ銀座線・都営浅草線の「新橋駅」、JR山手線・京浜東北線の「浜松町駅」各駅からアクセス可能です。

大きな特徴は、「潮入の池」や「鴨場」をもつ江戸時代の代表的な大名庭園であるということ。特に、浜離宮恩賜庭園にしか現存しない由緒正しき様式を用いた「潮入の池」は、海水を導いているため潮の満ち引きによって池の趣が変わるというもので、必見です!

庭園一帯に四季折々の花々が植樹されており、1年を通して美しい光景が堪能できることもポイント。初めて訪れる庭園としてもおすすめですよ!

明治維新ののちに皇室の離宮に指定されただけあり、随所に格式ある景観が配された庭園内では、お茶席「中島の御茶屋」も要チェック。季節限定の抹茶セット(510円〜)がほっこり気分を盛り上げてくれます。

また、売店「濱見世」では、三色だんご(130円)や将軍おかき(180円)、オリジナル手ぬぐい(1,200円)などを販売しています。おうちに帰ってからのお楽しみのために買い求めてみて。

浜離宮恩賜庭園

東京 / 公園・動植物園

2.パリの街角のような清澄白河の代表格「清澄庭園」

カフェ好きさん、雑貨好きさんにもおすすめしたい庭園といえば「清澄庭園(きよすみていえん)」。

都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」から徒歩3分の位置にあり、東京の奥座敷的な立地ながら、「訪れる価値のある時間が過ごせる」と年々人気が沸騰しています。

周辺にはおしゃれなカフェや雑貨屋、図書館などが立ち並び、その光景はパリの街角のよう。デートや女子会、ひとりでゆっくりなど、どんなシーンにも最適で、庭園のみならず街そのものがワクワク感たっぷりです!

そんな周辺環境にも恵まれた「清澄庭園」は、泉水・築山・枯山水を主体にした、明治の庭園を代表する「回遊式林泉庭園」。江戸時代の大名庭園に採用された様式が明治時代の造園に受けつがれ、これをベースにした「清澄庭園」によって近代的な完成を果たしたと伝えられています。

庭園内は、三つの中島を配した池「泉水」をはじめ、石を飛び飛びに置いた「磯渡り」、大正天皇の葬儀に使用された葬場殿を移築した「大正記念館」、松尾芭蕉のもっとも有名な句を刻んだ「芭蕉の句碑」など、撮影スポットも多彩。

川と海に近いため、多くの野鳥が訪れるので、たわむれる様子に遭遇できたらシャッターチャンス!庭園から街並みまで、すべてを満喫できるとっておきのおすすめです。

清澄庭園

東京 / 公園・動植物園

3.日本と中国が融合した個性が光る「小石川後楽園」

「小石川後楽園(こいしかわこうらくえん)」は、近隣にある「東京ドーム」などと並び、文京区を代表するスポットとして知られています。

都営大江戸線・JR総武線・東京メトロ東西線・有楽町線・南北線の「飯田橋駅」、東京メトロ丸の内線・南北線の「後楽園駅」からアクセス可能です。

池を中心にした「回遊式築山泉水庭園」で、江戸時代初期の作庭に際し、明の儒学者、朱舜水(しゅしゅんすい)の意見が取り入れられました。

中国の教え「天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」から命名され、中国各地の景勝を模しており、ひと味違った景観が楽しめる個性豊かな庭園です。

庭園の中心にある池「大泉水」や、中国の景勝地・廬山(ろざん)に似ていることから名づけられた築山「小廬山」、明の儒学者、朱舜水の設計により完成した「円月橋」など、日本と中国が融合した造りは「小石川後楽園」ならでは。散歩がてらゆっくり歩くのにちょうどいい広さです。

こちらも年間通して季節の花々が楽しめるので、フォトジェニックな一枚が撮れそう。周辺の神田川沿いや東京ドーム近辺にはグルメスポットもあり、充実した時間が過ごせますよ!

小石川後楽園

東京 / 公園・動植物園

東京都内だからこそ味わえる、ちょっとぜいたくな時間を

遠方まで出かけなくても、東京都内で気軽に楽しめる別世界は、ちょっとぜいたくなひとときを運んでくれます。そこかしこがインスタグラム映えする撮影スポットなので、パシャパシャ撮りためてしまいそう!

歴史に触れるのもヨシ、グルメとともにほっこりするのもヨシ、思い思いの過ごし方を満喫してみて。

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年3月30日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
ライター兼フォトグラファー

Nikon一眼レフとiPhoneを愛する東京生まれ東京育ちのライター兼フォトグラファー。
写真と雑貨とおいしいごはんとサッカーとスポーツと桜と青空が大好物です。

トリップノートでは、東京食べ歩き・東京街歩きを中心に、誰もが楽しめて幸せになれるグルメやスポットを、写真と文章でわかりやすく楽しく面白く、“田中視点&田中テイスト”でお届けします!

http://blueazure.jp/sacchi/

同じテーマの記事

【トラベルライターアワード2016 受賞結果発表】2016年、特に人気を集めた記事&活躍したライターさんを発表します!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!