アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

アメリカ最先端ファストフード!モモフク創業者のフライドチキン屋・フク(ボストン)

取材・写真・文:

イスラエル在住
訪問エリア:15ヶ国

2019年3月30日更新

520view

お気に入り

写真:がぅちゃん@イスラエル

アメリカ料理としてのファストフード・フライドチキンを、アジアの要素で表現したフク/Fuku。モモフク創業者/アメリカで最も注目されるアジア系シェフの1人「David Chang」プロデュースの、話題のお店の紹介です。

この記事の目次表示

アメリカのおすすめツアー
[先着50名様限定価格]《女子旅におすすめ4ッ星ホテル★》【N.Y.3泊xラスベガス2泊周遊7日間】グラマシーパーク徒歩圏内のブティックホテル『フリーハンド・ニューヨーク』&2018年リニューアル!立地抜群『パークMGM』
132,800円~342,800円
[先着50名様限定価格]《女子旅におすすめ4ッ星ホテル★》【N.Y.3泊xラスベガス2泊周遊7日間】グラマシーパーク徒歩圏内のブティックホテル『フリーハンド・ニューヨーク』&2018年リニューアル!立地抜群『パークMGM』
132,800円~342,800円
★期間限定フラッシュセール★《女子旅におすすめ》【NewYork2泊×LosAngeles2泊6日間】グラマシーパーク徒歩圏内の4つ星ブティックホテル「フリーハンド・ニューヨーク」&お洒落な内装が可愛くて好評「フリーハンド・ロサンゼルス」
133,000円~276,000円

ファストフード店「フク」の概要

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

「フク(Fuku)」はアメリカの有名シェフ「デビッド・チャン(David Chang)」がプロデュースするフライドチキンサンドイッチ専門のレストランです。アメリカの東海岸地域(NY1店、ボストン2店)で3店舗展開しています。

商品の内容としてはケンタッキー(KFC)に似ていますが、アジア料理(特に韓国料理)にインスパイアされた内容のフライドチキンが特徴的なお店です。

デビッド・チャン(David Chang)

デビッド・チャンは韓国系アメリカ人のシェフで、現在アメリカで最も有名なアジア人&シェフのうちの1人と言える人物です。アメリカを中心に世界展開するレストラン「モモフク(Momofuku)※」の創業者でもあります。

Esquire誌の「21世紀もっとも影響力のある75人」では、政治家のヒラリー・クリントン、フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグらとともに選出されています。

デビット・チャン本人がアジア人であるためか、作る料理もアジア系と思われがちですが、あくまでもアジアをルーツにした「アメリカ料理」がコンセプトなのが彼の料理の面白いところだと言えます。

メディアの出演も多く、最近では2018年のネットフリックスのオリジナルシリーズ『アグリーデリシャス(Ugly Delicious)』が話題を呼んでいます。(動画の1:42では、デビット・チャンが日本語を話しています)

※モモフク(Momofuku)

「フク」 の母体とも言えるレストランの「モモフク(Momofuku)」は、日清食品の創業者でチキンラーメンやカップヌードルの開発者である日本人「安藤百福(あんどうももふく)」にちなんでつけられています。「motherfucker(=クソが)」に音が似ていることも偶然ではないと言われています。

ちなみにモモフクはボストンでも高めのレストランといった印象だそうです。それを踏まえて「フク」をあえてを日本で例えるなら、「あの叙々苑が韓国仕込みのポップなハンバーガーショップを始めた」といった感覚とでもいいましょうか。

すでにケンタッキー(KFC)で知られているように、フライドチキンというアメリカのフォーマットにアジアのスタイルを落とし込んだ店、という見方をしても面白いファストフード店が「フク」なのではと思います。

ファストフード店「フク」の様子

外観

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

今回紹介する「フク」はボストンの「シーポート(Seaport)」という洗練されたお店が集うエリアにあります。「フク」も負けず劣らずスタイリッシュな外観で、おしゃれなファッションブランドのお店のような外観です。

内装

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

内装はオレンジと白で統一されていて清潔感があるポップな空間で、ワクワクするような雰囲気があります。

レジ前

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル
  • 写真:がぅちゃん@イスラエル
  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

ケンタッキーやマクドナルドと同じように、レジで注文し、商品を受け取るスタイルです。ガードレール格納式ベルトや看板にも「フク」のデザインが施されています。

ドリンクコーナー

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

ドリンクを注文してから自分で入れるのもアメリカ式です。 烏龍茶、ゆずのレモネード、ピーチティーがあります。(ちなみにモモフクのロゴは桃です)

デビッド・チャンは日本に住んでいたこともあり、日本の食文化に対して造詣が深い人物で、「ウーロン茶」「ゆず」など日本の定番メニューを採用しているのも特徴的です。

ロゴは日本語

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル
  • 写真:がぅちゃん@イスラエル
  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

店員は皆「フク」と日本語のロゴがデザインされたユニフォームを着ています。お持ち帰りのバッグにはローマ字で「Fuku」とデザインされています。

ファストフード店「フク」のメニュー

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

メニューはレジのスクリーン2画面にまとめられています。 チキンサンドイッチ類、フライドチキン類、サラダ類、サイドメニューとあります。

スパイシーフライドチキンサンドイッチ

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル
  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

「スパイシーフライドチキンサンドイッチ(Spicy Fried Chicken Sandwich)」は、辛めに味付けされたフライドチキンが挟まれたシンプルなサンドイッチです。マクドナルドのチキンタツタをグレードアップさせたような味です。

  • 8ドル/880円

鉄板焼きチキンのサンドイッチ

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

「フラットトップ(Flat Top)」という名前のメニューで、鳥のもも肉の鉄板焼きに人参のコールスローがトッピングされています。

  • 9ドル/990円

スパイシーフライドチキンの特製サンドイッチ

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

「BOS」と書かれたメニューで、スパイシーフライドチキンにかぼちゃのフライ(squash rings)や特製の辛いソースがトッピングされたボリュームのあるメニューです。

  • 10ドル/1,100円

ファストフード店「フク」のおすすめポイント

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

誤解を恐れず単純化すれば「韓国風味のケンタッキー」といった内容です。辛いジャンクフードが好きな人には強くおすすめしたいです。しかし味はKFCと比較するのが申し訳ないほど美味しいです。

ただし「フク」の魅力はそれだけではありません。地元のアメリカ人に「アメリカ料理のファストフード」として消費されている様子自体も興味深いです。

「アジア系アメリカ人がアメリカ料理を作ったらこうなる」という、多様なアメリカ料理の振れ幅の一端を垣間見ることができます。

たかがフライドチキンといえどハッとする気づきがあるようなお店なので、アジア人(特に日本人)にとっては一見の価値があると思います。

以下の人に特におすすめ

  • 現代のアメリカ料理に興味がある人
  • 唐揚げや辛いジャンクフードが好きな人
  • ケンタッキーと韓国料理を知っている日本人

※記事内のアメリカドルから日本円への換算は、1ドル=110円で計算しています。

フク
アメリカ / ファストフード / ハンバーガー
住所:43 Northern Ave Boston, MA 02210地図で見る
Web:https://eatfuku.com/

アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのパッケージツアーを探す

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカの現地アクティビティを探す

アメリカのWi-Fiレンタルを探す

アメリカのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年12月6日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...


サンフランシスコ在住者がおすすめする名物グルメ・レストラン10選

人口比に対してレストランの軒数が世界一ともいわれる美食の街・サンフランシスコ。サンフランシスコ在住の筆者が、お財布への負担も考慮しながら、サンフランシスコで食べ...

シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...

超話題沸騰中!ニューヨーク5番街・ティファニー本店4Fの魅力♪

ニューヨークの5番街にあるティファニー本店は、4Fのホーム&アクセサリー売り場が一新され、2017年11月10日にはティファニー初のオリジナルカフェ「ザ・ブルー...

ニューヨーク・最新&定番の喜ばれる絶品チョコレートお土産ガイド♪

ニューヨークのチョコレート土産というと、ニューヨークらしいパッケージがセンス良く、空港で手軽に買える「アスターチョコレート(Astor Chocolate)」や...

この記事を書いたトラベルライター

テルアビブ在住のゲイライター
日本、イギリス、カナダ、ドイツに住んでいたことがあります。詳細はブログにて。
http://gauchan.xyz/profile/

【東京】日本最大級の変態イベント「デパートメントH」の詳細と参加方法

東京・鶯谷にある「東京キネマ倶楽部」で毎月開催される日本屈指のアングライベント「デパートメントH」。「変態の夜会」「デパH」「デパチ」とも呼ばれるその詳細につい...


【ドイツ】今やハンブルグの観光名物!伝説の風俗街「レーパーバーン」

ドイツ・ハンブルクのザンクトパウリ地区に存在する巨大歓楽街レーパーバーン(Reeperbahn)は、今やB級スポットとして大人気の観光地。「飾り窓」や「ビートル...

【ドイツ】定番だけ厳選したベルリンのおすすめ観光地11選+みどころ

ドイツの首都ベルリン。実際に3年間住んだ経験を元に、旅行者におすすめなベルリンの定番観光地を11件厳選し、 各地のみどころと共に紹介します!

【イタリア】ベネチアに現存する世界最古のカフェ「フローリアン」

イタリア・ベネチアのサンマルコ広場にある名所「カフェ・フローリアン」は、「世界最古のカフェ」「カフェラテの発祥地」としても有名です。お店や料理はどうなっているの...

日本語メニュー有!バルセロナを代表するピンチョスバルのチェーン店「チャペラ」

スペイン・バルセロナに3店舗、マドリードに1店舗を展開する人気ピンチョスバル「チャペラ(Txapela)」。店内の様子やおすすめメニューなど、チェーン店とは思え...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?