アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

ナパバレーを世界に知らしめた【Robert Mondavi Winery】に行こう!

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:18ヶ国

2018年1月31日更新

1,397view

お気に入り

写真:まき子

【Robert Mondavi Winery】の創始者「Robert Mondavi ロバート・モンダヴィ」は斬新な発想と努力を以ってナパバレーの知名度をあげ、今でも “カリフォルニアワインの父” と呼ばれています。ワイナリーは訪問客を喜ばせる工夫がたくさんあり、見応えも満載!今回は、一番ベーシックなテイスティングもできるツアーを通して【Robert Mondavi Winery】を訪れる楽しさをご紹介します。

この記事の目次表示

アメリカのおすすめツアー
【羽田発着】《価格重視の方におすすめ!》マンハッタンスタンダードクラスのホテルに宿泊!ニューヨーク3泊5日間
94,500円~265,500円
\\最後の1泊を贅沢に過ごしたい方におすすめ♪//「ディズニー・オールスター・リゾート4泊」&人気NO.1「ディズニー・アニマルキングダム・ロッジ1泊」*ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート5泊7日間*航空会社未定
127,000円~275,000円
【羽田発着】★期間限定フラッシュセール★━♪スーペリアホテル♪━★駅チカ(51st.)×シンプルで機能的なヒルトン系列のホテル★《DoubletreeHotelMetropolitan(ダブルツリー・メトロポリタン)》に泊まる5日間│航空会社未定
120,500円~275,500円

Robert Mondavi ロバート・モンダヴィの何がすごいの?!

  • 写真:まき子

1966年に創業した【Robert Mondavi Winery ロバート・モンダヴィ・ワイナリー】は、今や世界的にも有名なナパのワイナリーで、日本でもワインが販売されています。(こちら

その創始者 Robert Mondavi ロバート・モンダヴィ への称賛の言葉は、「カリフォルニアワインの父」を代表に「ナパバレーのワインの質と知名度をあげた功労者」「今のナパバレーは彼なくしてありえない」など様々。

1960年代のカリフォルニアワインは、まだ低品質の安いワインばかりでしたが、そんな中で「カリフォルニアワインをもっと高品質に!」という変革をもたらしたのです。

では、一体全体 ロバート・モンダヴィ は具体的にどんなすごい事をしたんでしょう?!それは、ワイナリーに訪問すれば全て教えてくれます。ナパバレーに来たら、ぜひ足を運んでみましょう。

ツアーやテイスティングプランは豊富にあります

Robert Mondavi Winery では、様々な ツアーテイスティング のプランがあり、ロバート・モンダヴィ が行ってきたこと、そして今も引き継がれていることなど、色々教えてくれます。

今回は、一番ベーシックなツアー「SIGNATURE TOUR AND TASTING」 (90分、$40/約4,400円)を通して、Robert Mondavi Winery の素晴らしさをご紹介します。

''魅せる'' ワイナリー造り

  • 写真:まき子

門を通り抜けると長〜い一直線の道。これだけでワクワクしてしまう方も多いのではないでしょうか。

Robert Mondavi Winery では、このような「いかにワイナリー訪問者を楽しませるか?!」という拘りがあちこちに見られます。

  • 写真:まき子

一直線の道の先には修道士のモニュメントと白い建物が。これは、イタリアで発祥した フランシスコ修道会のミッション(=宣教活動とそのために建てられた施設)を表しているんだそう。

ロバート・モンダヴィの父はイタリアからの移民。ロバート・モンダヴィはアメリカで生まれ育ったとはいえ、 イタリアから持ち込んだワインの価値観 をとても大切にしていたそうです。

  • 写真:まき子

ミッションをモチーフにした白いエントランスの建物は、ワインのエチケット(ラベル)にもよく見られる Robert Mondavi Winery の象徴的な建物です。カリフォルニアならではの青い空に、この白さがとてもよく映えます。

訪問するだけでもこれだけ楽しめます!

もし「ツアーに参加する時間や費用がない」という方も、是非訪れてみてください。開放感たっぷりなワイナリーで、散策するだけでも見応え十分!

ジャズやクラシックコンサートが行われる芝生

  • 写真:まき子

エントランスをくぐると、目の前には広大な芝生が。この芝生はただ広いだけではありません。1969年から、この芝生にステージを設置し、一流のミュージシャンを招いてジャズやクラシックコンサートが度々行われています。もちろん現在も!

アートもいっぱい!

  • 写真:まき子

この芝生を囲む回廊は誰でも自由に散策できます

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

オープンになっている回廊を歩いていると、「ここは美術館?!」と思えるほど、あちこちにアートが見られます。

広大な葡萄畑も目の前に

  • 写真:まき子

駐車場のすぐ隣から、また芝生の向こう側にも広大な葡萄畑を眺めることもできます。ただ緑の畑だけではなく、差し色にバラが植えられているのも素敵です。

このような様々な仕掛けを施したのは、ロバート・モンダヴィの愛妻マーグリット。“ワインは文化の一部。文化とは音楽、アート、料理など…すべて心に響くもの” として、画家、彫刻家、写真家など一流のアーティストの展示会や、音楽祭、ワインと料理のマッチングなどを始めたそうです。

今では “ワイナリーで音楽祭” というのはよく聞きますが、Robert Mondavi Wineryで始めた当時はどれだけ画期的なことであったか!“文化とともにワインがある” という姿勢が、Robert Mondavi Winery の知名度ひいてはカリフォルニアワインの知名度を上げて行くことになったのですね。

いざ!SIGNATURE TOUR AND TASTING へ!

  • 写真:まき子

入口近くの回廊にあるインフォメーションセンターで受付を済ますと、服にとめるバッジを渡されます。ツアー参加者のしるしです。

1回のツアーに参加できるのは15名まで と少人数なのもステキです。大人数でぞろぞろ…というのはどうしてもガイドさんと距離が出てしまいますが、15人程度であればしっかり話を聞けて、ガイドさんへ質問もできます。

まずはナパバレーの地理を知る

  • 写真:まき子

Robert Mondavi Winery の理念は「ワイン自体を知ってもらうには、まずワイナリーに訪れる人の理解を深めること」ということで、最初は小さな部屋に通され、地図を見ながらナパバレーはどんな地形で、どんな土壌で、どんな葡萄が育ち、いかにワイン造りに適しているかを語ってくれます。

面白いのは「Microclimate マイクロクライメート」。ちょっと場所が違うだけで気候や土壌など葡萄が育つ環境が変わることを言います。

ナパバレーのような「バレー = 渓谷」特有の環境で、「マイクロ」と言われるくらい本当に小さな区画、例えば道を隔てただけで、同じ葡萄を育てていても味が変わるほど。だからこそナパバレーでは多様性のある葡萄が育つんだそう。

葡萄畑「Kalon Vineyard」で葡萄の試食

  • 写真:まき子

次は、一般客は中に入ることができない、ワイナリーのすぐ隣に広がる「Kalon Vineyard」という葡萄畑へ。

  • 写真:まき子

葡萄の木のラインには何が育っているかが石に刻まれていて、ここにもセンスの良さが感じられます。

  • 写真:まき子

訪れる時期によって景色は変わると思いますが、筆者が訪問した8月下旬では、葡萄の木は青々と茂っており、葡萄もすくすくと育っていました。

  • 写真:まき子

一旦ベンチに落ち着くと、ガイドさんが葡萄の話をしてくれます。

  • 写真:まき子

ガイドさんによって違うかもしれませんが、実が生っている時期であれば「今、ちょうどいい感じなので、つまんで食べてもOKですよ!」と促してくれます。これはChardonnay(シャルドネ)。思った以上に甘くて美味しいです。

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

左はPinot Noir(ピノ・ノワール)で、右がMerlot(メルロー)。味が全然違います。ワインの飲み比べができることはあれど、ワインの原料になる葡萄を食べ比べることは日本でもなかなか出来ないので貴重な体験です。

広大な葡萄畑を見渡す!絶好の写真スポット

  • 写真:まき子

葡萄を味わった後は「ちょっとエクササイズですよ〜!」というガイドさんに従って、建物に沿って坂をぐんぐん登っていきます。その先の光景は感動モノ!

  • 写真:まき子

「これでもか!」という広大な葡萄畑を見下ろすことができ、絶好の撮影スポットです。

次のページを読む

アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのパッケージツアーを探す

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカの現地アクティビティを探す

アメリカのWi-Fiレンタルを探す

アメリカのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年1月30日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ビルド・ア・ベア ワークショップ】で世界に1つだけのぬいぐるみ作り〜世界各地で体験できる!〜

世界に1つだけのぬいぐるみ作りができる「ビルド・ア・ベア ワークショップ」は、ユーモア&可愛いがあふれるお店。残念ながら日本店舗は撤退してしまったため、アメリカ...


日本ではできない体験!アメリカでガン・シューティング【GILBERT INDOOR RANGE】

日本では一般人が実弾の入った銃を撃てる機会はほとんどありませんが、アメリカでは初めての人でも実弾でガン・シューティングができる射撃場がたくさん!屋内の射撃施設「...

【アメリカ】大人も女子も必見!ヒューストン・NASAジョンソン宇宙センター

テキサス州・ヒューストンといえばNASAのジョンソン宇宙センターが有名。でも実際なにがあるのか?どんな楽しみ方があるのか?アミューズメント施設とあなどることなか...

見どころ満載!カラフルで独特な岩がステキ!アメリカ・ザイオン国立公園

アメリカの国立公園「Zion ザイオン」は、そびえ立つ岩の色合いがとっても独特!白やオレンジ、ココア色だったり。日本ではあまり馴染みない国立公園かもしれませんが...

世界最大のボーイング社とスタバ1号店を目指しシアトルへ行こう!

アメリカのシアトルは、マイクロソフト、アマゾン、コストコ、ボーイング社(2001年より本社はシカゴに移転)、スターバックスなど世界的に有名な企業がある先進的な都...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...


車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...

グランドサークルを効率よく巡る!一生に一度は見たい6ヶ所の大自然

日本にはない地球規模の大自然を一度にたくさん楽しめるのが、アメリカ合衆国のユタ州、アリゾナ州、コロラド州、ニューメキシコ州の4州にまたがる【グランドサークル】と...

ワシントンDCは政治の街だけじゃない!【ナショナルモール】の魅力

ワシントンDCの街の光景は、日本でもニュースや映画などでよく目にするので、馴染みがあるかもしれません。しかし、1つ1つ実際に見ると、その威厳ある佇まいや規模の大...

日本ではできない体験!アメリカでガン・シューティング【GILBERT INDOOR RANGE】

日本では一般人が実弾の入った銃を撃てる機会はほとんどありませんが、アメリカでは初めての人でも実弾でガン・シューティングができる射撃場がたくさん!屋内の射撃施設「...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?