アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

ナパバレーを世界に知らしめた【Robert Mondavi Winery】に行こう!

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:18ヶ国

2018年1月31日更新

3,173view

お気に入り

この記事の目次表示

見応えのある「仕込み部屋」

  • 写真:まき子

絶景の撮影スポットのすぐ隣にある扉を開けると、そこはとても大きな木の仕込タンクがズラリ!収穫した葡萄からワインへと仕込むタンクで、なんと56基もあるそうです。

  • 写真:まき子

とても大きいので、仕込みやすいようにタンク上部に階があるのですね。

  • 写真:まき子

ここから下の階へ。ガイドさん曰く、上から下へと製造工程の道を作ることで、無駄をなくしています。

  • 写真:まき子

アメリカのワイナリーの多くはステンレスタンクで仕込んでいますが、Robert Mondavi Winery ではメンテナンスの手間がかかろうとも、より美味しいワインを作るために敢えて木を使っているんだそう。

  • 写真:まき子

果皮や種などの固形物と分離させる圧搾機も見られます。

これは圧巻!木樽が整然と並ぶ熟成セラー

  • 写真:まき子

次の扉を開けると、ひんやりとした空気を感じるとともに、目に飛び込んでくる光景にびっくりします。どこまで続くんだ?と目を見張るほどの広いスペースに、整然と並ぶ木樽は圧巻です。

  • 写真:まき子

ここでもガイドさんは熱心に話してくれます。

ロバート・モンダヴィは、ここで創業する前は、別のワイナリーを両親や兄弟と経営していました。その時は大きなアメリカ杉の樽で熟成させていたそうですが、その考えを変えたのが 1962年のヨーロッパ視察 。ヨーロッパの洗練されたワインはすべて、オークの小樽 で熟成させていたのです。

この視察で、ロバート・モンダヴィはアメリカのワイン産業の未熟さにショックを受け、大きくワイン造りの思考が変わりました。

  • 写真:まき子

当時作っていた安いワインとは違う「もっとクオリティの高いヨーロッパのようなワインを作るべき」と考え、様々なタイプの樽で熟成を試み、結果的に フランス産のオーク小樽 に行き着いたんだそう。

最後はテイスティング!

ワイナリー内の見学が終わったら、いよいよお楽しみのテイスティングタイムです!

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

ツアーに参加すれば、とても趣のある建物の中でテイスティングすることができます。

  • 写真:まき子

最大15名までのツアーなので、こぢんまりとした部屋でこれまでのツアーを共にして親しくなった方達と一緒に、ゆっくり座りながらテイスティングを楽しみつつ、ガイドさんの話もしっかり聞くことができます。

ワインは3種類テイスティングできます。

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

その時々によって出されるワインは違うと思いますが、ひとつひとつ、このワインにはどんな料理が合うか…ということも教えてくれます。

  • 写真:まき子

最後の赤ワインのテイスティングには、それに合う一口サイズのおつまみも出してくれます。これがベストマッチ!

ロバート・モンダヴィという「人」に魅了される

ツアーを通して、きっと魅力を感じていただけるのは、ロバート・モンダヴィという人の人柄です。

イタリアからの移民という意識、ヨーロッパのワイナリー視察での刺激、なおかつアメリカの最新技術を導入したワイン作りなど、アメリカでのワインを想うからこそ様々な挑戦をしてきたのだと思います。

また、ロバート・モンダヴィは名門校 スタンフォード大学 出身で、専攻していたのは経営。のちに彼のマーケティング力がワイナリー発展に繋がります。

しかし、当初は次々と新しい手を打とうとするロバート・モンダヴィに、一緒にワイナリーを経営していた弟は猛反対し、次第に溝が深まって行ったそう…そして 弟と決別して 1966年に【Robert Mondavi Winery】を創立。

2008年に永眠されましたが、晩年では弟とも和解したという話を聞くと、なんだかホッとします。

大きなワイナリーとはいえ、やはり魅了されるのは「ワインの味」だけではなく「人」です。例えば今回のツアーガイドをしてくださった方。本当に Robert Mondavi Winery を愛しているんだなというのが伝わってきます。

こうして知った後に飲む Robert Mondavi Winery のワインの味はまた一段と美味しく感じるのではないでしょうか。

最後に

ツアーやテイスティングは大人気ですので、訪問前に予約した方が無難です。ホームページから予約ができます。ツアーへの参加はもちろんですが、時間に余裕を持って訪れ、ぜひ自由時間にワイナリー内を散策してみてくださいね。

ロバート・モンダヴィ・ワイナリー
アメリカ / 工場・施設見学
住所:7801 Saint Helena Highway Oakville, CA 94562地図で見る
電話:088(766-6328)
Web:https://www.robertmondaviwinery.com

アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのパッケージツアーを探す

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカの現地アクティビティを探す

アメリカのWi-Fiレンタルを探す

アメリカのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ビルド・ア・ベア ワークショップ】で世界に1つだけのぬいぐるみ作り〜世界各地で体験できる!〜

世界に1つだけのぬいぐるみ作りができる「ビルド・ア・ベア ワークショップ」は、ユーモア&可愛いがあふれるお店。残念ながら日本店舗は撤退してしまったため、アメリカ...


日本ではできない体験!アメリカでガン・シューティング【GILBERT INDOOR RANGE】

日本では一般人が実弾の入った銃を撃てる機会はほとんどありませんが、アメリカでは初めての人でも実弾でガン・シューティングができる射撃場がたくさん!屋内の射撃施設「...

【アメリカ】忘れられた地下都市!?シアトルアンダーグラウンドツアーをご紹介

スターバックス1号店やアマゾンの本社があり、産業都市であるシアトル。そんなシアトルの発祥地とされる「パイオニアスクエアの地下」には、かつてのシアトル市街地がひっ...

見どころ満載!カラフルで独特な岩がステキ!アメリカ・ザイオン国立公園

アメリカの国立公園「Zion ザイオン」は、そびえ立つ岩の色合いがとっても独特!白やオレンジ、ココア色だったり。日本ではあまり馴染みない国立公園かもしれませんが...

ナバホ族によるバスツアーが楽しい!アメリカ・モニュメントバレー

数々の映画やCMに使われてきた“これぞアメリカの原風景!”という光景が広がる「モニュメントバレー」は、360度の壮大なパノラマです!また、ここは実はアメリカ合衆...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

【岡山県・西粟倉村】ただの田舎じゃないその魅力とは?!

かつて市町村合併が進んだ中、あえて「村」として生きる道を選んだ岡山県の「西粟倉村」。今、ここには若く発想力も豊かでエネルギッシュな人たち、ローカルベンチャーを目...


シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...


日本ではできない体験!アメリカでガン・シューティング【GILBERT INDOOR RANGE】

日本では一般人が実弾の入った銃を撃てる機会はほとんどありませんが、アメリカでは初めての人でも実弾でガン・シューティングができる射撃場がたくさん!屋内の射撃施設「...

車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...

【新神戸駅】新幹線の真下を流れる「生田川」で大人も子供も楽しく水遊び♪

山陽新幹線・新神戸駅のプラットフォームの真下には、びっくりするほど澄んでキレイな「生田川」という清流が流れていて、小さなお子様から大人まで水遊びができる一帯があ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります