青森
青森観光
自然景勝地を多く有する、日本一のりんご生産地

【青森】一度は行きたいロマンと歴史溢れる温泉宿4選

取材・写真・文:

宮城在住
訪問エリア:32都道府県

2021年2月25日更新

411view

お気に入り

青森県内にはなんとも風情がある秘湯がたくさんあり、古くから湯治客を癒してきました。今回は、中でも温泉ファンがこぞって訪れる人気の温泉宿4つをご紹介します。人生で一度はこんな温泉宿に泊まってみたい!そんな願いを、一歩前進させてみませんか?

この記事の目次表示

1.浴底から源泉が湧き出る【蔦温泉】

平安時代から続く秘湯「蔦温泉」は、源泉がプクプクと足元から湧き出す「源泉湧き流し」と呼ばれるスタイルで、空気に触れることなく源泉に浸かることのできる珍しい温泉です。数種類ある浴室は、それぞれがこじんまりとしており、男女入れ替え制もしくは男女別で楽しむことができます。

  • 写真:dory趣ある蔦温泉外観

周辺には八甲田山系の豊かな自然やブナ林を満喫できる蔦七沼トレッキングコースが整備されており、運動後に日帰り温泉として浸かるのもおすすめです。また、宿から数分のところには、赤く染まる沼で有名になった蔦沼もあります。

紅葉が美しいことでも有名で、シーズン中には予約困難な宿になっているため、紅葉時期の宿泊を検討する際には早めの予約がオススメです。

  • 出典:www.flickr.com紅葉が始まった蔦沼。全体が赤くなった見頃の早朝は湖面さえも真っ赤に染まる。
蔦温泉旅館
青森 / 温泉旅館 / ホテル / 日帰り温泉
4.7 (118件の口コミ)
料金(目安):16,150円〜43,888円
宿泊時間:15:00〜10:00
住所:青森県十和田市大字奥瀬字蔦野湯1地図で見る
電話:0176-74-2311
Web:http://tsutaonsen.com/

2.贅沢なヒバの香りを楽しむ【酸ヶ湯温泉】

「酸ヶ湯温泉」といえば、総ヒバ造りの大浴場「ヒバ千人風呂」という混浴の大浴場が有名です。柱一本ないヒバ造りの異空間が圧倒的で、まるで時代を跳び越えたかのような気持ちになり、初めて見る者を驚かせます。160畳もの浴室には源泉が異なる4つの浴槽があり、湯治客を癒し続けてきました。

300年以上にわたってたくさんの人々を癒してきた酸ヶ湯温泉。湯治客の中には、世界的に有名な版画家の棟方志功や、世界最高齢エベレスト登頂者となった登山家の三浦雄一郎なども名を連ねています。

  • 出典:www.flickr.com冬は豪雪地帯として知られている

標高925mにあるため、夏の暑い日でも20度を上回ることが少なく過ごしやすい気候ですが、逆に冬は豪雪地帯として知られており、付近の道路が雪によって通行止めになることもしばしばあります。

毎年春には雪の回廊を歩くイベントが行われるなど、冬場はより一層秘境感がある、歴史溢れる温泉宿です。

酸ヶ湯温泉
青森市 / 日帰り温泉 / 紅葉 / 雨の日観光 / 冬のおすすめ観光スポット
住所:青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢50地図で見る
Web:http://www.sukayu.jp/

3.海岸と一体化した絶景露天風呂【黄金崎不老ふ死温泉】

西津軽地方、世界自然遺産・白神山地の麓にある「不老ふ死温泉」は、日本海を目の前に、しかも波打ち際ギリギリにある絶景露天風呂が有名な温泉宿です。高潮の際は閉鎖されてしまうほどの距離にある露天風呂は、海岸と一体化しています。この露天風呂を目当てに、日本全国各地からお客さんが訪れています。

  • 日本海を目の前に絶景が広がる

荒々しい日本海の絶景、潮風を感じながら浸かる温泉は格別ですが、照明がないために、入浴時間は日の出から日没までと限定されています。日帰り入浴もできますが、16時までとなっており、それ以降~日没までは宿泊者限定の時間帯になります。日本海に沈む夕日と移り変わる空の景色を眺めながら、極上の時間を楽しめます。

  • 空気に触れると赤褐色に変わる鉄分を多く含む泉質

景色もさることながら、温泉の色も特徴的です。湧き出た瞬間は透明ですが、鉄が多く含まれているため、空気に触れると酸化して赤褐色になるという泉質を持っています。

  • 写真:doryマグロをはじめとする新鮮な地元深浦産の海鮮も魅力

また、地元深浦町で水揚げされたマグロなど、新鮮な地元食材を使った料理も魅力の一つです。人気のため予約が取りにくい宿ではありますが、一生に一度は訪れたい温泉宿です。

黄金崎不老ふ死温泉
青森 / 日帰り温泉 / 春のおすすめ観光スポット / 秋のおすすめ観光スポット / 冬のおすすめ観光スポット / インスタ映え
住所:青森県西津軽郡深浦町大字舮作字下清滝15−1地図で見る
電話:0173-74-3500
Web:http://www.furofushi.com/

4.デジタルデトックスで心身リラックス【ランプの宿青荷温泉】

  • 写真:doryランプの宿青荷温泉の帳場

昭和4年に開湯された「青荷温泉」は、青荷渓谷の豊かな自然を楽しめる、風情のある秘湯です。宿には電気がなく、ランプの明かりだけで一夜を過ごします。もちろん部屋にテレビはなく、さらに携帯電話の電波すら届きません。

自然の音だけがこだまし、日常から完全にシャットダウンされた場所で、デジタルデトックスも体験できる温泉宿になっています。

  • 写真:dory山の幸を贅沢に味わう晩御飯

夜になると、ランプの灯りが暗闇を優しく照らしてくれます。山の幸の美味しいご飯と4つのお風呂を存分に楽しんで、心も体もスッキリできる癒しの温泉宿です。

ランプの宿青荷温泉
青森 / ホテル / インスタ映え
3.9 (34件の口コミ)
料金(目安):9,720円〜20,250円
宿泊時間:15:00〜10:00
住所:青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1-7地図で見る
電話:0172-54-8588
Web:https://www.aoninet.com/pc-index.html

青森の旅行予約はこちら

青森のパッケージツアーを探す

青森のホテルを探す

青森の航空券を探す

(青森空港)

(三沢空港)

青森の現地アクティビティを探す

青森のレンタカーを探す

青森の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2021年2月24日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


東北の人気温泉TOP25!旅行好きが行っている温泉地ランキング

銀山温泉に秋保温泉、浅虫温泉郷や東山温泉などをはじめとする東北の温泉の中で、トリップノートの6万4千人の旅行好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行っ...


【青森】奥入瀬渓流・十和田湖観光2日間のモデルコース

青森県のシンボル的存在の十和田湖。湖の周囲が1,000メートル級の山々に囲まれ、大自然を満喫できるエリアです。この記事では、そんな十和田湖エリアを観光する際にお...

青森県のおすすめ温泉16選!下北・津軽・南部地方の秘湯&名湯ガイド

青森県は全国でもトップクラスの温泉地数を誇る、知る人ぞ知る湯どころで、秘湯・名湯が揃っています。青森県でおすすめの温泉を下北・津軽・南部(三八上北)の3つのエリ...

全国の人気温泉TOP50!旅行好きが行っている温泉ランキング

有馬温泉や下呂温泉、草津温泉をはじめとする全国各地の有名温泉地の中で、トリップノートの6万3千人を超える旅行好きトラベラー会員(2020年8月現在)が実際に行っ...

広さ約22万坪!古牧温泉「星野リゾート青森屋」で過ごす贅沢な時間

青森県三沢市にある古牧温泉「星野リゾート 青森屋」は、この地を代表する一大リゾート施設。広大な敷地にはオリジナリティ溢れる温泉をはじめ、有形文化財の「旧渋沢邸」...

この記事を書いたトラベルライター

まだ知らないイロドリミドリな世界へ
学生時代からふつふつとしていた旅欲を満たすため、年々フットワークが軽くなり国内外問わずあちらこちらにすぐ顔出します!元海外在住、元外資系豪華客船員が学んだ旅のこと、食べ物のこと、アートのこと、景色のこと、楽しく旅するノウハウをお伝えします!
http://irodorimidori.blogspot.jp

【オーストラリア】ジブリだらけ!モデルスポットをめぐる最強の聖地巡礼リスト

オーストラリアはジブリファンにとって生唾モノのモデルスポットがいくつも点在しています!ジブリファンでなくても行きたくなってしまう、フォトジェニックなジブリの世界...


【香川】これでバッチリ!アートを巡る直島観光モデルコース

見どころの多いアートな場所「直島」ですが、どういうルートでめぐるか、どこを優先的にみるべきなのか迷いがちです。くまなく直島を楽しむために、効率的に直島をまわるプ...


見たい!行きたい!世界のグラフィティ・アートスポット7選

グラフィティ・アートをご存知ですか?路地裏や建物などの外壁にスプレーやペンキで書かれているストリートアートです。落書き、イタズラのように受け取られがちですが、お...

【モロッコ】人気上昇中の旅先で絶対に食べたい絶品モロッコ料理BEST5

今、女子旅人気急上昇の旅先であるモロッコは、どこを切り取ってもフォトジェニックな異文化の香り漂うエキゾチックな国です。そんなモロッコで食べられる本場のモロッコ料...

【仙台】お土産に迷ったらコレ!老舗揃いの仙台銘菓5選

東京から新幹線でたったの1時間半で行ける仙台。旅行や出張で来たら買って帰りたい手土産ですが、思い浮かぶのはやはり「萩の月」でしょうか?いやいや、仙台には歴史ある...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります