青森
青森観光
自然景勝地を多く有する、日本一のりんご生産地

青森県の人気観光スポットTOP25!旅行好きが行っている観光地ランキング

取材・写真・文:

2019年10月29日更新

3,130view

お気に入り

弘前城や奥入瀬渓流、三内丸山遺跡など、青森県の数ある観光スポットの中で、トリップノートの3万8千人を超える旅行好きのトラベラー会員(2019年6月現在)が実際に行っている青森県の人気観光地ランキングをご紹介します!

この記事の目次表示

1位:弘前城(弘前市)

陸奥弘前藩初代藩主の為信によって計画され、二代目信牧(のぶひら)によって慶長16年(1611年)に築城された弘前市のランドマーク。東京ドーム約10個分を超える広さに、三重の濠(ほり)と土塁(どるい)に囲まれた6つの郭から構成されています。

城内には天守閣、櫓(やぐら)3棟、城門5棟が現存し、国の重要文化財に指定されているほか、城跡は、国の史跡に指定を受けた江戸時代の名城。

展望台からは、天気がよければ弘前城天守と岩木山のコラボを楽しむことができます。

弘前城
弘前 / 建造物 / 観光名所
住所:青森県弘前市下白銀町1地図で見る
電話:0172-33-8739
Web:http://www.hirosakipark.jp/

2位:弘前公園(弘前市)

弘前城を囲む形で整備されている弘前公園。日本で屈指の桜の名所として知られており、4月下旬からゴールデンウィークにかけて開花を迎え、連休中の旅行先として毎年人気です。ソメイヨシノを中心にシダレザクラ、八重桜など約2,600本もの桜が咲き誇り、夜にはライトアップも行われます。

桜の時期のみならず、夏には青葉、秋には紅葉、そして冬には真っ白な雪景色と、一年を通して楽しめます。

弘前公園
弘前 / 公園・動植物園 / 観光名所
住所:青森県弘前市下白銀町1地図で見る
電話:0172-37-5501
Web:http://www.hirosakipark.jp/

3位:十和田湖(十和田市)

青森県と秋田県にまたがり、奥入瀬渓流とともに青森を代表する特別名勝・十和田湖。コバルトブルーの美しい湖で、周囲は約47km、水深は約326.8mあり日本で第3位の深さを誇ります。標高1,000mほどの御鼻部山展望台から、十和田湖とその周辺の自然豊かな風景を大パノラマで眺められます。新緑や紅葉シーズンはもちろん、冬の雪景色に囲まれた十和田湖も幻想的でおすすめです

また十和田湖南部の休屋エリアに建てられた、高村光太郎作のブロンズ像「乙女の像」は十和田湖のシンボル的存在です。

十和田湖
青森 / 自然・景勝地 / 観光名所
住所:青森県十和田市奥瀬字十和田湖畔休屋486地図で見る
Web:http://towadako.or.jp/towadako-oirase/

4位:奥入瀬渓流(十和田市)

奥入瀬川の子ノ口(ねのぐち)から焼山まで、全長約14kmにわたって続く「奥入瀬渓流」。観光ポスターなどでよく目にする「阿修羅の流れ」や、3つの流れの合流地点で面白く美しい表情をみせる「三乱の流れ」、”ジャパニーズ・スモール・ナイアガラ”とも呼ばれる「銚子大滝」など、見どころが点在しています。新緑は5月から6月、紅葉は10月上旬に色付き始め、10月中旬から下旬頃に見頃を迎えます。

奥入瀬渓流
青森 / 自然・景勝地 / 観光名所
住所:青森県十和田市奥瀬字栃久保183地図で見る
電話::0176-51-6770(十和田市役所観光商工部観光推進課観光企画係)
Web:http://www.aptinet.jp/Detail_display_00000339.html

5位:三内丸山遺跡(青森市)

史跡の宝庫である青森県のなかでも、特別史跡の「三内丸山遺跡」は、日本最大級の規模を誇る縄文集落跡です。展示室では出土品が展示されているほか、発掘の様子を映像で紹介し、土器の復元作業も見学できるようになっています。

また、遺跡内を分かりやすく案内してくれるボランティアガイドによるツアーは、予約なしで参加できます。体験教室もあり、大人も子どもも楽しく学べるスポットです。

三内丸山遺跡
青森市 / 遺跡・史跡 / 観光名所
住所:青森県青森市三内丸山地図で見る
電話:017-781-6078(内丸山遺跡 縄文時遊館)
Web:http://sannaimaruyama.pref.aomori.jp/

6位:青森市文化観光交流施設 ねぶたの家ワ・ラッセ(青森市)

青森の夏の風物詩である「青森ねぶた祭」。「ねぶたの家ワ・ラッセ」には実際に祭りに出陣した大型ねぶたが展示されており、お祭り期間以外でもねぶたを見ることができます。

また、1日に3回行われる「おまつり体験」ではねぶた囃子の生演奏にあわせて跳人体験ができるほか、骨組みに紙を貼るねぶた制作の工程の一つ、「紙はり」の体験も毎日2回行われています。

青森市文化観光交流施設 ねぶたの家ワ・ラッセ
青森市 / 博物館・美術館 / 体験・アクティビティ
住所:青森県青森市安方1-1-1地図で見る
電話:017-752-1311
Web:http://www.nebuta.jp/warasse/

7位:A-FACTORY(青森市)

青森ベイブリッジ向かい、ウォーターフロントに位置する「A-FACTORY」は、青森の特産物・地域文化の発信基地として、多種多様な土産品を揃えています。センスのいいアイテムが多く、気の利いたお土産さがしにぴったり。

また施設内には青森県産りんごを使ったシードルの鋳造工程を見学・テイスティングできる工房や、青森県の食材を使った料理がいただけるレストランも併設しています。

A-FACTORY
青森市 / お土産
住所:青森県青森市柳川1-4-2地図で見る
電話:017-752-1890
Web:http://www.jre-abc.com/wp/afactory/index/

8位:青森県観光物産館 アスパム(青森市)

地上15階、高さ76mの正三角形(「AOMORI」の「A」をイメージした形)をした商業ビルです。

物産プラザでは青森県のお土産を種類豊富に揃え、その他「津軽こぎん刺し」の実演や体験ができる「あおもり体験ホール」、青森県の観光映画を約20分間上映する「青い森ホール」、そして13階には展望台があり、下北半島や津軽半島、むつ湾などの景色を見渡せます。

青森県観光物産館 アスパム
青森市 / 展望・景観 / お土産
住所:青森県青森市安方一丁目1番40号地図で見る
電話:017-735-5311
Web:http://www.aomori-kanko.or.jp/web/

9位:青森県立美術館(青森市)

三内丸山遺跡に隣接するモダンな建物の「青森県立美術館」。臣匠シャガールが描いた「アレコ」の舞台背景が常設展示されているほか、県出身画家の棟方志功、奈良美智、阿部合成など個性豊かな作家の作品を一作家一部屋で展示し、ゆったりと鑑賞できます。

「青森県立美術館」のシンボルといえば、奈良美智による巨大な犬のモニュメント「あおもり犬」。あおもり犬の置かれたエリアは美術館の入場券を持っていなくても入ることができるので、美術館を鑑賞しない方でもぜひあおもり犬と記念撮影をしてみてくださいね。

青森県立美術館
青森市 / 博物館・美術館 / 観光名所
住所:青森市安田字近野185地図で見る
電話:017-783-3000
Web:http://www.aomori-museum.jp/ja/

10位:十二湖・青池(西津軽郡深浦町)

白神山地のなかにある33の湖沼を総称して「十二湖」と呼ばれています。なぜ33あるのに、12なのか?それは崩山から眺めると見ることができる湖沼が12であることから名付けられたと言われています。

中でも、まだ解明されていない魅惑の青さをもつ「青池」が絶景スポットとして人気。季節や時間帯によって異なる表情を見せてくれるので、何度も訪れたくなってしまいます。

十二湖
青森 / 観光名所 / 自然・景勝地
住所:青森県西津軽郡深浦町十二湖青池ほか地図で見る
Web:http://www.shirakami-visitor.jp/sansaku_tozan/jyuu...

11位:十和田市現代美術館(十和田市)

アートによる街づくりプロジェクト「Arts Towada」計画の拠点として2008年に開館しました。奈良美智や草間彌生、オノ・ヨーコ、山本修路など世界で活躍するアーティストの作品が、美術館の中だけでなく、敷地内のいたるところに展示されています。

とくに目を引くのが、美術館の入り口に展示されている、韓国のチェ・ジョンファによる作品「フラワー・ホース」。色鮮やかな花々があしらわれた、全長5.5mの巨大な作品です。

十和田市現代美術館
青森 / 博物館・美術館 / 観光名所
住所:青森県十和田市西二番町10-9地図で見る
電話:0176-20-1127
Web:http://towadaartcenter.com/

12位:青森魚菜センター(青森市)

通称「古川市場」と呼ばれる青森魚菜センター。青森駅から徒歩5分強という好立地で、その日の朝に獲れた鮮魚やおかずを取り扱っており、1960年代から地元住民の台所として愛されてきました。

「青森魚菜センター」を訪れたらぜひ食べたいのが、名物の「のっけ丼」。近海で獲れたばかりの食材を好きに組み合わせて、安くてうまい自分だけの海鮮丼を作ることができます。

青森魚菜センター
青森市 / 魚介・海鮮料理
住所:青森市古川1-11-16地図で見る
電話:017-777-1367(のっけ丼案内所017-763-0085)
Web:https://nokkedon.jp/

13位:白神山地(西津軽郡深浦町)

白神山地とは青森県から秋田県にかけて広がる、標高1000m級の山岳地帯。ブナの原生林が生い茂る森の中には、樹齢400年とも言われる巨木「マザーツリー」や神秘の池、大迫力の滝など、自然が育んだ神秘的な世界が広がります。

1993年には屋久島などと共にユネスコ世界自然遺産に日本で初めて登録され、国内外問わず知られるようになりました。日本では、ジブリ映画『もののけ姫』の主人公・アシタカの故郷のモデルとなったことでも話題になり、多くの観光客が訪れています。

白神山地
青森 / 自然・景勝地
住所:青森県西津軽郡深浦町ほか地図で見る

次のページを読む

夏休みの格安航空券をskyticketで検索

青森の旅行予約はこちら

青森のパッケージツアーを探す

青森のホテルを探す

青森の航空券を探す

(三沢空港)

(青森空港)

青森の現地アクティビティを探す

青森のレンタカーを探す

青森の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年12月27日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


春の国内旅行におすすめの観光地45選!春がベストシーズンの旅先ガイド

春は桜をはじめとする花が開花し、過ごしやすい気候から野外でのイベントも増えてくる季節。旅行にはもってこいの時期です。春の国内旅行におすすめの観光地を厳選してご紹...


【2020】2月の国内おすすめ旅行先42選!冬の旅行にぴったりな観光地特集

2月は北はまだまだ雪深く、この時期ならではの雪や氷のイベントが開催されている一方で、南は梅や早咲きの桜が開花し始める時期です。2月の週末旅行におすすめの国内旅行...

【オーストラリア】ジブリだらけ!モデルスポットをめぐる最強の聖地巡礼リスト

オーストラリアはジブリファンにとって生唾モノのモデルスポットがいくつも点在しています!ジブリファンでなくても行きたくなってしまう、フォトジェニックなジブリの世界...

三途の川の先の世界を疑似体験!?青森の霊場「恐山」

本州北の果て、青森県下北半島にある霊場・恐山。“三途の川”や“地獄”、“極楽”を彷彿とさせる風景が広がり、まるで死後の世界を疑似体験するようです。この記事では、...

フォトジェニックな冬の景色に出会えるおすすめ旅行先19選!

雪や氷に覆われた冬ならではの景色や、真っ暗な冬の夜に浮かび上がる幻想的なイルミネーションに、真っ白な雪にオレンジ色の灯りが点る各地のかまくら祭りなど、フォトジェ...

この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

【2019】京都のおすすめお土産46選!旅ツウが選んだ京都でしか買えないお土産特集

京都らしい定番の和菓子に最新スイーツ、まだあまり知られていない隠れた名品など、旅行ツウのトラベルライターが選んだ京都でしか買えないおすすめのお土産をご紹介します...


【2019】北海道で買うべきお土産53選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

大人気スイーツから海鮮、チーズやヨーグルトといった北海道らしいグルメに、旅の記念になる雑貨まで、旅行ツウのトラベルライターが選んだ、北海道でしか買えないおすすめ...

春の国内旅行におすすめの観光地45選!春がベストシーズンの旅先ガイド

春は桜をはじめとする花が開花し、過ごしやすい気候から野外でのイベントも増えてくる季節。旅行にはもってこいの時期です。春の国内旅行におすすめの観光地を厳選してご紹...

2019秋の旅行に!9月・10月・11月の国内おすすめ旅行先・観光地49選

秋(9月・10月・11月)におすすめの国内旅行先を月ごとにご紹介!3連休や週末旅行にぴったりな旅先を全国から厳選しました。紅葉名所や人気のイルミネーションスポッ...

2019夏休み旅行に!7月・8月の国内おすすめ旅行先・観光地24選

夏(7月・8月)の時期ならではの見どころが揃ったおすすめの国内旅行先を全国から厳選しました。夏休み、お盆休みなどの旅行にもぴったりな旅先がきっと見つかります!

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?