カナダ
カナダ観光
スケールの大きい自然や美しい自然を感じられる国

【ナイアガラの滝】をいろんな角度から楽しもう!

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:18ヶ国

2018年3月12日更新

1,106view

お気に入り

写真:まき子

「ナイアガラの滝」はただ正面から観るだけでもすごいですが、楽しみ方はそれだけではありません。周囲はとても拓けていて、ナイアガラの滝をより綺麗に見られる工夫があったり、大瀑布の水しぶきを浴びるような楽しいツアーもたくさん。その中でも「せっかく来たらこれは押さえておくべき!」という、4つの楽しみ方をご紹介します。

この記事の目次表示

「ナイアガラの滝」はアメリカ?カナダ?

とても有名な大自然「ナイアガラの滝」ですが、その楽しみ方をご紹介する前に、少し予備知識を。「ナイアガラの滝」はアメリカとカナダ、どちらにあるかご存知ですか?

実は両国にまたがっているんです。というのも、「ナイアガラ川」がアメリカとカナダの国境線だから。

  • 写真:まき子

写真向かって右の一番有名な「カナダ滝」はカナダ側、中央の「ゴート島」から左にある「アメリカ滝」と支流の「ブライダルベール滝」がアメリカ側。

この3つの大瀑布を総称して「ナイアガラの滝」と言います。

色んな角度から楽しめるのは断然カナダ側!

  • 写真:まき子

「ナイアガラ川」が国境なのでこの写真の場合は川の向こうがアメリカ側、手前がカナダ側となりますが、ご覧の通り、川の流れの関係上、滝は3つともカナダ側に向いて落ちています。すなわち、有名な絶景を堪能したいなら断然カナダ側がオススメ!今回ご紹介する4つの楽しみ方も、カナダ側からです。

1:大瀑布の洗礼を受けよう!【Hornblower Niagara Cruises(ホーンブロワー ナイアガラクルーズ)】

  • 写真:まき子

まず最初にご紹介するのは、ナイアガラの滝を観るアトラクションの中でも一番人気の''【
Hornblower Niagara Cruises(ホーンブロワー ナイアガラクルーズ)】。''アメリカ滝、ブライダルベール滝、カナダ滝に、これでもか!というくらい接近してくれます。

  • 写真:まき子

まず最初に「アメリカ滝」に近づきますが、この時点でもう想像以上の水圧や水しぶきに圧倒!

  • 写真:まき子

更にその後の「カナダ滝」では何がなんだかわからないくらい、暴風と水しぶきに翻弄され、ずぶ濡れになります。

  • 写真:まき子

でも、ただ濡れるだけではありません。下から見上げる圧倒的な滝の光景にきっと感動します。

なお、乗船する際にポンチョを渡してもらえますが、顔はびしょ濡れになる覚悟を!カメラも防水対策をしっかりしてくださいね。

より詳しい情報や、船上のベストポジションの押さえ方などは、ぜひ関連記事をご参照ください。

【関連記事】これは痺れる!ナイアガラの滝を下から見上げる「Hornblower Niagara Cruises」

定番のツアーは「Voyage to the Falls Boat Tour」です。料金は下記の通りです。

  • 大人(13歳以上) $25.95CAD(約2,500円)
  • 子供(5〜12歳)  $15.95CAD(約1,320円)
  • 幼児(4歳以下)  無料

2:滝にもっと接近!【Journey Behind The Falls (ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールス)】

  • 写真:まき子

下から滝を見上げる遊覧船もすごい迫力を肌で感じられますが、さらにそれより近くからカナダ滝を見られるのが【Journey Behind The Falls (ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールス)】。なんと、この「カナダ滝」という大瀑布を “真裏” から、そして “真横” から見ることができるんです。

  • 写真:まき子

案内された場所からエレベーターで下に降りると坑道のようなトンネルがあり、何箇所か滝の裏側を見るポイントがあります。

  • 写真:まき子

とは言っても、滝の裏側から見えるのは「大量の水」だけ…視界は真っ白です。「なんだぁ…これだけかぁ…」と思う方もいるかもしれませんが、一番の見所は裏側ではなく真横です!

  • 写真:まき子

坑道を抜けるとテラスがあり、その“真裏”にこの大瀑布!この迫力はものすごいです!圧倒的な音と水しぶき、体の芯まで振動がきます。滝の裏側はガックリな光景かもしれませんが、テラスに来たら「よかった!」と思えるに違いありません。

  • 写真:まき子

なお、ここでもポンチョは渡されるのですが、風向きによってはビショビショに。ずぶ濡れ覚悟でお楽しみください。

料金は下記の通りです。

  • 大人(13歳〜) $13.15CAD(約1,100円)
  • 子供(6〜12歳) $8.55CAD(約940円)
  • 幼児(〜5歳) 無料

3:滝の落ち際が目の前に!【Table Rock (テーブル・ロック)】

  • 写真:まき子

上記の「Journey Behind The Falls (ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールス)」の入口がある周辺は、インフォメーションセンターやレストランがあり、ちょっとした広場になっています。

  • 写真:まき子

ここでおすすめなのが【Table Rock (テーブル・ロック)】。特に料金などはかからず、自由に散策できます。

  • 写真:まき子

Table Rockにも広々とした展望台があり、ナイアガラの滝のまさに “落ちぎわ” を一番近くで見えるスポットです。

  • 写真:まき子

十分に高い柵はありますが、水の流れを眺めていると、ついつい自分も吸い込まれて行くような感覚に…それくらいすごい水量というのを見ながら実感できます。

テーブルロック
カナダ / 自然・景勝地
住所:Table Rock welcome center地図で見る

4:236mの上空から見る壮大な光景!【SKYLON TOWER(スカイロン・タワー)】

  • 写真:まき子

ナイアガラの滝をあちこちで楽しんでいると、どこからでも見えるのが【SKYLON TOWER(スカイロンタワー)】。周囲の建物と比べても群を抜いて高くそびえ立っていて、1965年に完成以来、ナイアガラの滝の周辺では「ランドマーク」的な存在です。

  • 写真:まき子

このタワーには展望台があるわけですが、そこまでのエレベーターにびっくり!ガラス張りのタワー外付け で、236mを52秒 で登ります!これだけで一種のアトラクション(笑)。

ですが、展望台からの眺めは、そんなアトラクション以上に素晴らしいものがあります!

  • 写真:まき子

壮大な滝はもちろん、ナイアガラ川の上流や下流、その周辺まで見渡せます。

  • 写真:まき子

「アメリカ滝」と「カナダ滝」の両方が一度に見渡せるパノラマは、やはりこの「スカイロンタワー」からの景色が一番だと思います。

【関連記事】絶景!ナイアガラの滝を236m上から眺める【SKYLON TOWER】

展望台に登るだけなら、料金は下記の通りです。

  • 大人(13歳以上)$15.02(約1,650円)
  • 子供(4〜12歳)$9.22(約1,020円)
  • 幼児(3歳以下)無料
スカイロンタワー
カナダ / 展望・景観
住所:5200 Robinson St, Niagara Falls, ON L2G 2A3 カナダ地図で見る
Web:http://www.skylon.com

最後に

今回は主な4つのアトラクション的な観光をご紹介いたしましたが、もちろんお金を払わなくても十分に楽しめます。ナイアガラの滝はただただ眺めているだけでも十分に癒されるんです…さすがマイナスイオン。。。特に筆者のオススメは、朝方のナイアガラの滝…余裕があったらぜひ一泊してみてくださいね。

ナイアガラの滝(カナダ滝)
カナダ / 自然・景勝地 / 滝
住所:Niagara Falls, Ontario L2G 3Y9, Canada地図で見る
電話:800-563-2557
Web:https://www.niagarafallstourism.com/

※記事内のカナダドルから日本円への換算は、1カナダドル=約83円で計算しています。

カナダの旅行予約はこちら


カナダのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

カナダのホテルを探す

カナダの航空券を探す

カナダの現地アクティビティを探す

カナダのWi-Fiレンタルを探す

カナダのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2024】カナダの人気観光スポットTOP29!旅行好きが行っている観光地ランキング

ナイアガラの滝やバンクーバースチームクロックなどのカナダの観光スポットを、トリップノートの9万2千人を超える旅行好きトラベラー会員(2024年1月現在)が実際に...


【海外】直行便で行けるオススメの旅行先12ヵ国!主要観光スポットも☆

1泊2日で行けるアジアから、ヨーロッパや北アメリカ大陸まで、直行便で行ける都市をご紹介。時間がない人や乗り継ぎが不安な海外初心者にもピッタリです。日数別でまとめ...

海外の人気滝TOP12!旅行者が行っている世界の滝ランキング

カナダ・アメリカにまたがるナイアガラの滝や、オーストラリアのバロン滝をはじめとする海外の滝を、トリップノートの8万8千人のトラベラー会員(2023年5月現在)が...

絶景の世界遺産!カナディアン・ロッキーの主要観光スポット12選とお役立ち旅情報

宝石のように美しい湖レイクルイーズやモレーンレイク、北極圏に次ぐ最大規模のコロンビア大氷河など、雄大な自然が広がる「カナディアン・ロッキー」。世界自然遺産に登録...

【カナダ】トロントと言ったらココ!定番の楽しみ方8選

カナダ屈指の大都市トロント!せっかく楽しむなら、ここは行くべき!という定番スポットを、留学経験があり、2016年・2017年と立て続けに訪問しているトロント大好...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

【大丸神戸店】デパ地下で楽しくお買い物!神戸土産にもぴったりな名物13選

神戸観光の人気エリア、旧外国人居留地にある【大丸神戸店】は、神戸元町を象徴する建物として鎮座しており、地元人も観光客もショッピングや飲食に訪れる人気スポット。そ...


【岡山県・西粟倉村】ただの田舎じゃないその魅力とは?!

かつて市町村合併が進んだ中、あえて「村」として生きる道を選んだ岡山県の「西粟倉村」。今、ここには若く発想力も豊かでエネルギッシュな人たち、ローカルベンチャーを目...


シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...

日本ではできない体験!アメリカでガン・シューティング【GILBERT INDOOR RANGE】

日本では一般人が実弾の入った銃を撃てる機会はほとんどありませんが、アメリカでは初めての人でも実弾でガン・シューティングができる射撃場がたくさん!屋内の射撃施設「...

車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります