愛媛
愛媛観光
道後温泉・しまなみ街道が有名な、柑橘類の一大産地

松山駅からもアクセス抜群!明治時代の町並みが残る愛媛県・内子をめぐる

取材・写真・文:

訪問エリア:43都道府県

2016年7月13日更新

1,047view

お気に入り

写真:やまざき にんふぇあ

愛媛県・内子は江戸時代の後期から明治にかけ、木蝋の生産で栄えてきました。財をなしたかつての豪商の屋敷が今でも残り、江戸時代~明治時代で時がとまったような町並みが特徴です。行政と住民が一体になって町並みと文化を守ろうとする姿勢は国からも高く評価されており、同県の松山や長野県・松本など名高い観光地と並んで平成26年度文化庁長官表彰(文化芸術創造都市部門)」にも選ばれました。今回は、そんな愛媛県・内子の見所を紹介します。

この記事の目次表示

明治時代の町並みが残る町、内子

  • 写真:やまざき にんふぇあ

内子駅から歩いて30分ほどのところには国の重要伝統的建造物群保存地区に指定された町並みがあり、木蝋の生産で栄えていた往時の雰囲気が今でも残っています。長さは600メートルほどで、のんびりと散策するにはちょうど良い長さです。

  • 写真:やまざき にんふぇあ

「駅から30分も歩くの?」とお思いの方もいるかもしれませんが、道中も保存地区に指定されていないだけで、懐かしい町並みであることに代わりはありません。さらに、途中にはこれから紹介するような面白いスポットも点在しています。ぜひタクシーなどは使わずに、徒歩でのんびりと保存地区を目指しましょう。

八日市・護国の町並み
愛媛 / 町・ストリート / 観光名所 / 女子旅 / 一人旅
住所:喜多郡内子町内子地図で見る
電話:0893-44-5212(八日市・護国町並保存センター)

創建100周年!大正天皇即位を祝って建てられた芝居小屋・内子座

  • 写真:やまざき にんふぇあ

まず、内子に訪れた時絶対外せないのは何といっても木造2階建ての芝居小屋・内子座です。1916年に大正天皇の即位を祝い建てられました。

  • 写真:やまざき にんふぇあ

ここでは花道やすっぽん(小型のセリ)、回り舞台のある舞台、その下の奈落まで歩き回って見学することできます。

一度老朽化により取り壊されそうになりましたが、周辺住民の働きかけにより保存が決定し、1985年に改修が施されました。2015年に重要文化財に指定され、2016年には創建100周年を迎える今注目のスポットです。

内子座
愛媛 / 建造物 / エンターテイメント / 観光名所 / 女子旅 / 雨の日観光 / 冬のおすすめ観光スポット
住所:愛媛県喜多郡内子町内子2102地図で見る
電話:0893-44-2111
Web:https://www.town.uchiko.ehime.jp/site/uchikoza/

本物の元商家を活用!「商いと暮らし博物館」

  • 写真:やまざき にんふぇあ

商いと暮らし博物館は,江戸時代~明治時代の本物の商家を活用しています。当時の様子を小道具や人形を使ってリアルに再現しており、懐かしい雰囲気の建物の中をめぐっていくだけで自然と当時の商家の暮らしぶりが分かる作りになっています。

  • 写真:やまざき にんふぇあ

例えば入り口は薬局になっており、主人と丁稚の人形が店番をしています。中に入ると生活スペースになっており、一家が食事をしています。そこでは当時の食事を見て学べるだけでなく、例えば「丁稚は食事の時畳に上がれず土間にイスをおいて食卓に交じる」など当時の細かい常識までリアルに再現されています。

暮らしやすそうな1階から2階に上がるとそこは丁稚の生活スペースになっています。丁稚の部屋は薬局の倉庫もかねており、1階の家族の部屋と比べるとだいぶ殺風景です。丁稚の人形に近づくと彼の独り言が聞こえてきます。彼の口ぶりからは、丁稚という立場ゆえの気苦労と、いつか身を立ててやるという強い意志が感じ取れます。

丁稚以外の人形からも、近づくと時代を感じさせる会話や独り言を聞くことができます。細かく作られた小道具の効果も相まって、当時の家庭をのぞき見ているような感覚を味わえるスポットです。

商いと暮らし博物館
愛媛 / 博物館 / 穴場観光スポット / 雨の日観光
住所:愛媛県喜多郡内子町内子1938地図で見る
電話:0893-44-5220
Web:http://www.we-love-uchiko.jp/spot_center/spot_c5/

じゃこ天に鯛飯。愛媛グルメを味わえる「りんすけ」

  • 写真:やまざき にんふぇあ

「りんすけ」では、愛媛名物のじゃこ天と鯛飯を味わえます。

じゃこ天は小魚を骨ごとすりつぶして油であげた練り物です。さつまあげなどの練り物より歯ごたえや魚本来の旨みが強く、おつまみに最適です。

  • 写真:やまざき にんふぇあ

鯛飯は、みりんの入った甘いたれをつけた鯛の刺身を乗せて卵を落としたものです。こちらもたれと卵がよく合い、普通の海鮮丼よりも箸が進みます。

りんすけ
愛媛 / 郷土料理 / ご当地グルメ・名物料理 / ランチ
住所:愛媛県喜多郡内子町大字内子甲1138-1地図で見る
電話:0893-44-2816
Web:http://www.cnw.ne.jp/~utupun/rinsuke.html

終わりに

松山駅から予讃線の特急宇和海で30分、普通電車でも1時間ちょっとのところにある昔懐かしい町、内子。道後温泉や松山城などとも組み合わせやすいので、愛媛観光の際はぜひ訪ねてみてくださいね。

関連リンク

内子町公式観光サイト「内子さんぽ」

愛媛の旅行予約はこちら

愛媛のパッケージツアーを探す

愛媛のホテルを探す

愛媛の航空券を探す

愛媛の現地アクティビティを探す

愛媛のレンタカーを探す

愛媛の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年7月13日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


全国の人気ご当地グルメ47選!お取り寄せもできる都道府県別の名物グルメ特集

旅行の楽しみの一つ「ご当地グルメ」。この記事では全国47都道府県ごとに、人気の名物グルメを厳選してご紹介します。いずれのご当地グルメもお取り寄せもできますよ。


愛媛の人気観光スポットTOP30!旅行好きが行っている観光地ランキング

道後温泉本館や松山城、しまなみ海道などをはじめとする愛媛県の観光スポットの中で、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年8月現在)が実際に...

【2021】10月の国内おすすめ旅行先31選!秋の連休に行きたい観光地特集

10月は、北日本や標高の高い場所を中心に紅葉が各地で見頃を迎え、早いところではイルミネーションイベントも始まる時期です。10月の連休や週末におすすめの国内旅行先...

一度は見てみたい!日本の絶景あじさいスポット13選

梅雨の時期をあざやかに彩るアジサイ。15万株ものアジサイが咲き誇るスポットや、一面ブルーの光景が堪能できるスポットなど、一度は見てみたいアジサイの絶景スポットを...

国内のおすすめドライブスポット・コース55選!車でのお出かけを楽しもう

絶景ドライブを楽しめる角島大橋や、富士山の眺めが見事な箱根スカイラインに西伊豆スカイライン、四季折々に花々が咲き誇る房総フラワーラインなど、車でのお出かけにおす...

この記事を書いたトラベルライター

一人旅好きのブロガー
国内で一人旅ばかりしているブロガーです。メジャーではないけどマニアックすぎない、「もっと評価されるべき」スポットを中心に紹介します。個人ブログやツイッターで今までに訪れた場所について書いたり、ここではない某所でもトラベルライターとして活動したりしているので、ぜひ参考にして頂ければと思います。
http://85irimusume.doorblog.jp/

寿司に神社に恐竜まで!福井駅周辺の面白スポット4選

東尋坊や永平寺などの観光地が有名な福井県。日本総合研究所が2016年に発表した情報によると、日本で1番幸福度が高い県とされています。そんな意外な実力を隠し持つ福...


3億年かけて作られた神秘の洞窟、山口県・秋芳洞

山口県美称市に広がる日本最大級のカルスト台地、秋吉台。元はサンゴ礁だった石灰岩が、3億年以上もの時をかけて堆積してできた奇跡の風景です。さらに秋吉台の下には、大...


城崎温泉から渡し船で行く!柱状節理が広がる不思議な洞窟「玄武洞」

近畿地方を代表する温泉、城崎温泉。そこから車で10分ほどのところに、大量の石柱が建ち並んでいるように見える奇妙な洞窟、玄武洞があります。今回は、城崎温泉から気軽...

鯉が泳ぐ城下町。「山陰の小京都」島根県・津和野を歩く

「山陰の小京都」の異名を誇る島根県・津和野。津和野藩亀井氏の治めていた城下町であり、鯉の群れが泳ぐ水路、1,000の鳥居を持つ稲荷神社、畳敷きの教会、西周や森鴎...

【北海道】日本の最果て。「宗谷岬」と「ノシャップ岬」を訪ねる

日本最北に位置する市、稚内市。その先端である宗谷岬は、一般人が立ち入れる場所としては日本の最北端です。今回は、日本の最果てと言っても過言ではない宗谷岬と、宗谷湾...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります