フランス
フランス観光
多くの人が憧れる世界トップクラスの観光大国

【フランス】ワインの里・ブルゴーニュ地方の小さな街を巡るモデルコース!

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:35ヶ国

2019年10月18日更新

5,371view

お気に入り

この記事の目次表示

2. ブドウ畑の広がる「黄金の丘」の中心地「ボーヌ(Beaune)」

  • 写真:aka-regionワイン畑が続くブルゴーニュの田園風景

「黄金の丘」を意味するCôte-d'Or(コート・ドール)と呼ばれる丘陵地帯にあるボーヌは、まわりをブドウ畑によって囲まれており、緑の多い美しい街です。ディジョンからボーヌへは鉄道で約20分程度と、車窓から見えるブドウ畑を眺めながら手軽に日帰り旅も楽しむことができます。

ボーヌのおすすめスポット①:Hospices de Beaune(オスピス・ド・ボーヌ)

  • 写真:aka-regionHospices de Beaune(オスピス・ド・ボーヌ)

15世紀にパリやフランドル地方の施療院に影響を受け、貧しい人々のための病院として使用されました。今も当時の病棟がそのまま残されており、「貧しき者の宮殿」として観光客に人気のスポットとなっています。

  • 写真:aka-region昔の病室も見学することができる
  • 写真:aka-region教会に昔の病室が並ぶ

建立された時代、百年戦争後のフランスでは、ペスト(黒死病)が大流行しており、貧困にあえぐ人々が収容されていました。天窓の美しい教会には患者のためのベッドが置かれ、調剤室や厨房など、当時の面影を残しながら現代にまでその様子を克明に伝えています。中庭からは、美しいカラフルな屋根と病院の外観を見ることができます。

  • 写真:aka-region昔の薬局も再現されている
  • 写真:aka-region厨房の様子

ワインの街・ボーヌにある慈善病院として、とてもユニークなのがワインもつくる慈善病院だったということです。慈善病院といえどももちろん、スタッフの給料や施設維持費など資金はかかります。そこで、病院の出資者のニコラロランが所有するブドウ畑を使用して、ワイン製造会社を募り競売にかけ、その資金をもって運営費に充てていたようです。

ワインの街の慈善病院。ぜひ15世紀のボーヌの街に、タイムスリップしてみませんか?

オスピス・ド・ボーヌ
フランス / 建造物
住所:Rue de l'Hôtel Dieu, 21200 Beaune地図で見る

ボーヌのおすすめスポット②:ワイン市場

オスピス・ド・ボーヌのはす向かいにあるのがワイン市場Le Marché aux Vinsです。こちらはブルゴーニュワインの情報集積地のような場所になっており、施設内を回るツアーで3~12種類のブルゴーニュワインをテイスティングすることができます。

  • 写真:aka-regionボーヌのワイン市場(売店)

館内ツアーでは、ブルゴーニュのワイン畑やブドウの種類、ワインと食のペアリングについても学ぶことができます。なお、料金はテイスティングできるワインの数や種類によりますが、40分間のツアーで5種類のワインの試飲で€12(約1,400円)、45分間に7種類の試飲ができるツアーで€17(約2,000円)などとなっています。

Le Marché aux Vins
フランス / ドリンク
住所:7 Rue de l'Hôtel Dieu, 21200 Beaune地図で見る
Web:http://www.marcheauxvins.net/
ボーヌ
フランス / 町・ストリート
住所:Beaune,France地図で見る

3. 14世紀の面影を残す絵葉書のように美しい村「スミュール・アン・オーソワ(Semur-en-Auxois)」

  • 写真:aka-region時が止まったようなスミュール・アン・オーソワ(Semur-en-Auxois)の村

ディジョンから119番バスで約1時間半のところにあるのが丘の上の街スミュール・アン・オーソワ(Semur-en-Auxois)です。電車とバスを乗り継いで行くこともできますがディジョンからのバスは、途中いくつかの駅に寄りながらも直行なので便利です。

  • 写真:aka-regionスミュール・アン・オーソワ(Semur-en-Auxois)への道中の風景

アルマンソン川のほとりにあるのどかな街で、川のせせらぎを聞きながら川辺を歩いたり、丘の上の要塞だった街を歩くのも気持ちがよいですよ。

  • 写真:aka-region川沿いから村を見上げて撮影

スミュール・アン・オーソワのおすすめスポット:The Joly Bridge

人口4,500人の小さな街、スミュール・アン・オーソワは、6箇所の門がありそれぞれ異なる表情を見せてくれます。中でも、The Joly Bridgeという橋から眺める街並みは格別で、赤い石瓦の家々が丘の上にそそり立っているのを見ることができ、圧巻です。

  • 写真:aka-regionスミュール・アン・オーソワ(Semur-en-Auxois)全景

街の中心は、夏であれば訪れる観光客が多くいますが、それ以外の季節は住人がひっそりと暮らしているだけで、開いているお店もそう多くはありません。ただ、今も昔も変わることのない石畳の道や川のせせらぎをゆったりとした環境で楽しむことができます。大きな街の喧騒とはまた一味違う、味わいのある旅ができることでしょう。

  • 写真:aka-regionどこを切り取っても絵になるスミュール・アン・オーソワ(Semur-en-Auxois)の村
The Joly Bridge
フランス / 建造物
住所:The Joly Bridge,,Semur-en-Auxois地図で見る
スミュール・アン・オーソワ
フランス / 町・ストリート
住所:Office de Tourisme 2, place Gaveau 21140 SEMUR-EN-AUXOIS France地図で見る
Web:http://terres-auxois.fr

まとめ

いかがでしたか?

首都パリからも程近いブルゴーニュ地域は、パリからの小旅行にも最適で、のんびりとした田園風景を楽しみながら歴史ある建物や食文化に触れられる最適の旅行先です。

ぜひ旅の参考にしてみてくださいね。

フランスの旅行予約はこちら


フランスのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

フランスのホテルを探す

フランスの航空券を探す

フランスの現地アクティビティを探す

フランスのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


南仏プロヴァンス・訪れてほしい美しい村9選と体験したい3つのこと

「365日中、300日晴れる」と言われる南仏プロヴァンスは、ぜひ訪れてほしいオススメの場所。小さな村1つ1つが可愛らしく、どこを見てもフォトスポット。水車のある...


【2024】ヨーロッパの人気観光スポットTOP56!旅行好きが行っている観光地ランキング

ローマのコロッセオやトレビの泉、パリのエッフェル塔などヨーロッパの観光名所を、トリップノートの9万2千人を超える旅行好きトラベラー会員(2024年1月現在)が実...

【2024】ヨーロッパの人気のお城・宮殿TOP33!旅行好きが行っているお城&宮殿ランキング

バッキンガム宮殿やノイシュバンシュタイン城などをはじめとするヨーロッパの城・宮殿を、トリップノートの9万2千人を超える旅行好きトラベラー会員(2024年1月現在...

【ヨーロッパ】世界遺産の美しい街並み10選!

ヨーロッパの旧市街は、中世の美しい街並みを保持しているところが多く、世界遺産に登録されている地区も多数あります。今回は、美しいヨーロッパの世界遺産の街を厳選して...

地中海の宝石「モナコ」の半日観光モデルプラン!ニースから日帰りOK

高級カジノやF1世界選手権のレースで有名なモナコは、南フランスの人気観光地「ニース」からバスで約40分!ニース観光と合わせて、地中海の美しく小さな国モナコも歩い...

この記事を書いたトラベルライター

暮らすように旅をする
aka-regionです☘
計4年間、ヨーロッパ(フィンランド、アイルランド)で住んでいる間に見聞きしたこと、経験したことを紹介します。旅のテーマは、「暮らすように旅をする」。旅のある暮らし方、ライフスタイル、文化に関する情報を発信していきます!

♬Countries & Areas: Europe (アイルランド、フィンランド他),日本(島根、山陰地方、東京他)
♬Hobbies: アイリッシュフィドル、水泳
♬Speciality: 島好きです!
http://akaregion.blogspot.jp/

【保存版】フィンランドのお土産厳選10選!

北欧デザインにサンタクロース、森の中でのウォーキングにサウナ。こんなキーワードを聞くだけで、ほのぼのとしたおとぎ話の世界が思い浮かぶフィンランド。日本から直行便...


【保存版】ポルトガルのお土産・厳選10選!

ポルトガルはヨーロッパの西端に位置し、地中海性気候の穏やかな気候で過ごしやすく、食もおいしく古い街並みが美しい国です。カステラやカルタ、天ぷらなどポルトガルと日...


【イギリス】ハリーポッター誕生の地を巡る、魅惑の街エディンバラ!

『ハリーポッター』の物語が書かれた街が、英国スコットランド地方の州都エディンバラにあります。作者のJ.K.ローリングがペンを握り、1杯のコーヒーを飲みながら物語...

【保存版】スウェーデンのお土産・厳選10選!

北欧スウェーデンには、手芸・工芸(クラフト)や、クラフト・ジン(酒)など「つくる」ことにこだわったお土産が多くあります。今回は、デザイン大国スウェーデンで質や独...

【保存版】アイルランドのお土産・厳選10選

イギリスの西に位置する小さな島国アイルランド。日本よりも北にありますが暖流の影響で1年を通して温暖な気候の過ごしやすい国です。伝統とモダンカルチャーが共存する首...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります