藤沢市

絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:47都道府県

2021年1月19日更新

45,752view

お気に入り

この記事の目次表示

江島神社 奥津宮[14:00-14:15]

さらに江の島の奥に進むと、石鳥居の奥に現れたのは、江島神社の3つめのお宮「奥津宮」です。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto鳥居

こちらは、多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)をお祀りしています。この神様が三姉妹の一番上のお姉さんです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto奥津宮

この立派な建物は、実は門なんです。でも我々が入れるのはここまで。でもガッカリしないでください。門自体に見どころがありますよ。

門に入ったら天井を見てください。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto八方睨みの亀

天井に亀の絵が飾られていますね。これは「八方睨みの亀」と呼ばれており、どこから見ても亀の目がこちらを睨んでいるように描かれています。

ちなみにこれはレプリカで、実物は社務所にて保存されています。

江島神社 奥津宮
藤沢市 / パワースポット / 神社
住所:神奈川県藤沢市江の島2丁目6−15地図で見る
電話:0466-22-4020
Web:http://enoshimajinja.or.jp/okutsumiya/

江島神社 龍宮(わだつみのみや)[14:15-14:25]

奥津宮のそばには、めちゃくちゃインパクトある神社があります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto龍宮

龍が、ガッシリと洞窟に乗っかったようなルックスです。この神社は「龍宮」とかいて「わだつみのみや」と読みます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto

江の島は龍に関するいろいろな伝説が残っているところですから、お祀りしているのはもちろん龍の神様。

実はこの真下は洞窟になっています。江の島は、その洞窟内に神社を作ったことで霊場として栄えたんですよ。この龍神は、その洞窟の趣意を鑑みて真上に建てられています。

江島神社 龍宮
藤沢市 / パワースポット / 神社
住所:神奈川県藤沢市江の島2-6地図で見る
電話:0466-22-4020

恋人の丘「龍恋の鐘」[14:25-14:40]

龍宮のすぐ近くには、緑生い茂る森に続くような道が。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto龍恋の鐘へと続く道

こちらの道は、「恋人の丘」に設けられた「龍恋の鐘」へと続く道です。モチロンこちらも天女と龍の伝説にちなんでつくられたもの。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto龍恋の鐘

もともと恋愛要素の強い伝説だけに、ご利益にあやかろうと連日カップルが鐘を鳴らしています。鐘の周りにはフェンスがあり、お互いの名前か、はたまた意中の人か、とにかく名前の書かれた南京錠がたーくさん!

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto南京錠

南京錠をかけると永遠の愛が叶うらしいですヨ。南京錠は近くのお店で売られています。

恋人の丘・龍恋の鐘
藤沢市 / 展望・景観 / 縁結びスポット / 展望台
住所:神奈川県藤沢市江の島2−5地図で見る
電話:0466-24-4141

稚児ヶ淵[14:40-15:00]

龍恋の鐘を出てしばらく歩くと、急に視界が開けて、遠くまで海を見渡せるようになります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto急に見える海

ここは「稚児ヶ淵」という岩場で、釣りをする人や小さな力二を追っかける子供たちで常に賑わっています。見た目はゴツゴツしていますが、わりと平らなので歩きやすく、絶好のノンビリスポットです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto岩場

ところで稚児ヶ淵には名前の由来になったこんなお話があります。

昔、鎌倉に「自休」というお坊さんがいました。この人が江の島にでかけたときに「白菊」という名の稚児に会いました。稚児とは、僧侶になるために小さいときから英才教育を受けている子供のことです。

白菊がどストライクの好みだったのか、一度見ただけなのに、自休の頭の中は白菊でいっぱい!いわゆる一目ぼれという状態。

自分の気持ちを伝えたいと何度も手紙を送りましたが、白菊から返事はありませんでした。白菊は白菊で、何通も手紙が届くので、精神的に追い詰められます。そしてこの岩場で身を投げて死んでしまうのです。

その後、自休が岩場にやってきて、島の人から白菊が身を投げる前に残した歌を受け取ります。「白菊にしのぶ里の人とはば 思い入り江の島とこたヘよ うきことを思い入り江の島かげに すてる命は波の下草」と書かれていました。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto稚児ヶ淵

現代風に言うと、「白菊を訪ねてくる人がいたならば、思い詰めて江の島の海に入ったと答えてください。嫌なことがあったので、江の島の陰に身を投げます。」という衝撃的な内容。

これを見た自休は、自らも身投げし、白菊のあとを追ったと言われています。

このお話がもととなり「稚児ヶ淵」と呼ばれるようになりました。

稚児ヶ淵
藤沢市 / 自然・景勝地
住所:神奈川県藤沢市 江の島2丁目5−2地図で見る
電話:0466-24-4141(藤沢市片瀬江の島観光案内所)
Web:http://enokama.jp/spot/%E7%A8%9A%E5%85%90%E3%83%B6...

江の島岩屋[15:00-15:30]

稚児が淵の元気いっぱいの波を眺めながら、さらに島の奥に進むと、島の最奥にある洞窟「江の島岩屋」に到着です。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto岩屋までの道

江の島岩屋は、長い年月をかけて波の浸食でできた洞窟なんです。「第一岩屋」と呼ばれる約150mの洞窟と、「第二岩屋」と呼ばれる約55mの洞窟でできています。モチロンここも「eno=pass」で入れるエリア。

洞窟の入り口は狭いのですが、入ると意外に広くてびっくりします。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto洞窟内部の広々とした空間

なんとここでは、足元を照らすために口ーソクを貸してくれるんです。(ただし、ゴールデンウィークやお盆など混雑が予想されるときは、安全に配慮して貸し出しは中止されることがあります。)

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto口ーソク

洞窟の奥に進むと石像が立ち並んでいます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto石像

江の島岩屋の見どころは、江島神社の発祥の地とされる古い石の祠群。ここがルーツとなって今の江の島の賑わいに繋がっているわけですね。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto

そして、富士山とつながっているという穴も必見ですよ。ちなみに富士のふもとにある鳴沢氷穴には、江の島につながっていると言われる「地獄穴」がありますよ!ぜひ両方行ってみてくださいね。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto富士山に繋がっているという穴
江の島 岩屋
藤沢市 / 自然・景勝地 / パワースポット / 女子旅 / 穴場観光スポット / 一人旅 / 夏のおすすめ観光スポット
住所:神奈川県藤沢市江の島2地図で見る
電話:0466-24-4141(藤沢市片瀬江の島観光案内所)
Web:http://www.fujisawa-kanko.jp/spot/enoshimaiwaya.ht...

ちょっと遅めのご飯で混雑回避[15:30-16:30]

さあ、たっぷり観光した後はいよいよ江の島グルメです。江の島と言えば「しらす丼」。しらす丼が食べられるお店はいくつかありますが、地元民に評価の高い「魚華 (うおはな)」でいただきます!

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto外観

店内は海を見渡せる2階、3階席と、海風をそのまま感じられるテラス席があるんです。毎日多くの人が訪れますが、店員さんの手慣れた客さばきて、いつもあまり待つことなくお店に入れます。

この日頼んだのは、生しらす、釜揚げしらす、ねぎとろの乗った3色丼。1,290円で名物のしらすが生と釜揚げの2パターン味わえちゃうんです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoしらす丼

ただし、生しらすは1〜3月頃は禁漁期間なので食べられません。また海が荒れて漁ができないときも食べられませんので、食べられたらラッキー、食べられなかったら、ぜひまた来てくださいね!

海旬処 魚華 二号店
藤沢市 / 魚介・海鮮料理 / ご当地グルメ・名物料理
住所:神奈川県藤沢市江の島1丁目1−3−6地図で見る
Web:http://www.uohana.com/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2022最新】全国の人気水族館TOP35!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館をはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの7万5千人の旅行好きトラベラー会員(2022年1月現在)が実際に行っている順にランキン...


日帰りで楽しむ!関東近郊の女子旅おすすめスポット30選

イギリスのお城を移築した「ロックハート城」や、『ラピュタ』の世界を思わせる「猿島」、ムーミンバレーパークも人気の「メッツァビレッジ」など、東京から日帰りできる、...

関東のデートスポット35選!カップルのお出かけにおすすめ

展望や食事が楽しめる東京スカイツリーや、ライトアップもロマンチックな横浜赤レンガ倉庫、「天空のペンギン」が人気のサンシャイン水族館など、カップルで行きたいデート...

【2022最新】日本の人気の島・離島TOP47!トラベラーが行っている島ランキング

広島の宮島や沖縄の古宇利島、山口の角島をはじめとする日本の島の中で、トリップノートの7万5千人の旅行好きトラベラー会員(2022年1月現在)が実際に行っている順...

鎌倉&江の島を隅々まで満喫♪1泊2日の観光モデルコース

都心から電車で1時間ほどでアクセスできる鎌倉と江の島。せっかくなら泊まってのんびり観光やグルメを楽しみたいけど、どこに行こうか迷っちゃう・・・。そんなあなたでも...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...


【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...


【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...

天下の難所・箱根旧街道をちょっとズルしてハイキング【神奈川・箱根】

箱根といえば日本でも有数の温泉地です。平日・休日問わず、多くの観光客が訪れます。日本の温泉地ランキングでは、常に上位に挙がるほど人気で定番ともいえるエリア。その...

どメジャーなのに謎だらけ?鎌倉大仏の謎に迫る旅

「鎌倉」と言えば多くの人が連想するのが、青銅色の巨大な大仏様ではないでしょうか?そんな鎌倉のシンボル的な存在でありながら、実はいつ誰が何のために建造したものなの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります