藤沢市

絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:47都道府県

2021年1月19日更新

46,938view

お気に入り

この記事の目次表示

江島神社 辺津宮[11:35-11:50]

江の島には、その名もズバリ「江島神社」があるんです。江島神社は3つのお宮があって、エス力ー1区を降りて最初に着くのがここ「辺津宮」。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto辺津宮

ここでは、田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)をお祀りしています。まわりを海に囲まれた江の島ならではの、水系の神徳を持った神様です。

さらに境内には、「銭洗白龍王」が。エスカー1区の出口わきにある池には、厳しい顔した龍がいます。ここにはザルが置いてあって、ここでお金を洗うと金運UPすると言われているんですねー。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto銭洗白龍王
  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoザルとお金

江の島の近くには、こちらも超有名観光エリアの鎌倉があります。鎌倉にも、その名もズバリの「銭洗い弁天」があります。こちらもお金を水で洗って金運UPのパワースポット。江の島は龍、鎌倉は弁天様なわけですね。

【関連記事】お金を水で洗って収入UP!?鎌倉「銭洗弁天」

ところで江島神社には、特徴的な社紋があちこちに掛けられています。この紋様は「向かい波三つ鱗」と呼ばれています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto向かい波三つ鱗

その昔、北条時政(北条政子のお父さんです。)が江の島にやってきて、「一族が繁栄しますように。」とお祈りしました。すると、空から弁財天があらわれて「願いを叶えてあげましょう。」と言ったあと、大きな大きな蛇になって、海に消えていきました。蛇は消えてしまいましたが、そこには3つの鱗が落ちていたそうです。

時政はこれを家紋にしたんだそうですよ。江島神社の社紋は、この伝説にちなんだものなんですね。

さて、江島神社は恋愛成就のパワースポットとしても有名!ピンクにハート♡の絵馬が人気。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto絵馬

境内隅にある絵馬掛けには、みんなの思いがズッシリ、所狭しと並んでいます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto絵馬掛け
江島神社 辺津宮
藤沢市 / 神社
住所:神奈川県藤沢市江の島2丁目3−8地図で見る
電話:0466-22-4020
Web:http://enoshimajinja.or.jp/hetsumiya/

日本三大弁財天の弁天様[11:50-12:00]

辺津宮と同じエリアに、八角形の特徴的な形をしたお堂があります。こちらは「奉安殿(ほうあんでん)」。通常は入場料200円ですが「eno=pass」で割引サービスが受けられ、100円で入れます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto奉安殿

奉安殿のお堂内には、日本三大弁財天のひとつとして有名な妙音弁財天(みょうおんべんざいてん)と、神奈川県の重要文化財である八臂弁財天(はっぴべんざいてん)が祀られています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto弁財天

残念ながら、写真撮影禁止!でも、妙音弁財天は一度見たら、絶対忘れないほど印象的。ここの弁天様は、とっても珍しいスッポンポンなんです。丸みを帯びた体に、抜けるような真っ白な肌。女性的な美しさをこれでもか!と全身から漂わせている弁天様です。

ところで弁財天は琵琶を持っていることから、音楽・芸能の神様としても有名。奉安殿の周りには芸能人が奉納した旗がいくつも立っていますよ。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto
江島神社 奉安殿
藤沢市 / 建造物
住所:神奈川県藤沢市江の島2丁目3−8 辺津宮地図で見る
電話:466-22-4020
Web:http://enoshimajinja.or.jp/gosaijin/

中津宮広場から見るヨットハーバー[12:00-12:15]

奉安殿を出て海側に歩いていくと、季節の花々が美しい広場が現れます。絶好の撮影スポットで、みんなお花に囲まれて写真撮影を楽しんでいます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto広場

この広場、「中津宮広場」の奥には、ウッドデッキにベンチが置かれた休憩スペースがあるんですが、ここから江の島のヨットハーバーが一望できるんです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto休憩スペース
  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoヨットハーバー

いかがですか?絵はがきみたいな景色ですよね。夜もカッコいいので、遅い時間に訪れる機会があったら、ぜひ写真を撮ってみてください。その際、三脚をお忘れなく!

中津宮広場
藤沢市 / 展望・景観 / 展望台
住所:神奈川県藤沢市 江の島1-9-15地図で見る

再び工ス力ーに乗車[12:15-12:20]

ウッドデッキのちょうど裏手には、次の工ス力ーの入り口が。こちらは工ス力ー2区。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto2つめの工ス力一入口

こちらも当然「eno=pass」で乗ることができます。江の島は傾斜のきつい山のような感じなので、本当にエスカーがあるとラクチンです。

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2022最新】全国の人気水族館TOP35!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館をはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの7万5千人の旅行好きトラベラー会員(2022年1月現在)が実際に行っている順にランキン...


関東のデートスポット35選!カップルのお出かけにおすすめ

展望や食事が楽しめる東京スカイツリーや、ライトアップもロマンチックな横浜赤レンガ倉庫、「天空のペンギン」が人気のサンシャイン水族館など、カップルで行きたいデート...

日帰りで楽しむ!関東近郊の女子旅おすすめスポット30選

イギリスのお城を移築した「ロックハート城」や、『ラピュタ』の世界を思わせる「猿島」、ムーミンバレーパークも人気の「メッツァビレッジ」など、日帰りで楽しめる関東近...

【2022最新】日本の人気の島・離島TOP47!トラベラーが行っている島ランキング

広島の宮島や沖縄の古宇利島、山口の角島をはじめとする日本の島の中で、トリップノートの7万5千人の旅行好きトラベラー会員(2022年1月現在)が実際に行っている順...

日本のおすすめパワースポット24選!全国の最強パワースポット特集

日本の総氏神のように信仰される天照大御神をお祀りする伊勢神宮や、”願いが叶うパワースポット”として有名な来宮神社、全体が最強パワースポットと言われる皇居など、日...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...


【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...


【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...

天下の難所・箱根旧街道をちょっとズルしてハイキング【神奈川・箱根】

箱根といえば日本でも有数の温泉地です。平日・休日問わず、多くの観光客が訪れます。日本の温泉地ランキングでは、常に上位に挙がるほど人気で定番ともいえるエリア。その...

どメジャーなのに謎だらけ?鎌倉大仏の謎に迫る旅

「鎌倉」と言えば多くの人が連想するのが、青銅色の巨大な大仏様ではないでしょうか?そんな鎌倉のシンボル的な存在でありながら、実はいつ誰が何のために建造したものなの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります