藤沢市

【藤沢宿】東海道五十三次の宿場町をじっくりみてみよう

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:47都道府県

2021年9月9日更新

129view

お気に入り

写真:えいぶゆう/TossyPhoto

江戸時代に本格的に整備された東海道五十三次。そのなかのひとつである藤沢宿を他よりもディープに詳しくご紹介してきます!歴史好きにはお勧めですよ!

この記事の目次表示

東海道五十三次とは?

どこかで一度は耳にしたことがあるはず「東海道五十三次(とうかいどうごじゅうさんつぎ)」。東海道というと、その昔々に整備された道かな~という認識は、世間一般ではあると思うのですが、そもそも「東海道」がどういう区分かをご存知でしょうか。

古代の日本において、五畿七道(ごきしちどう)っという地域のブロック分けがありまいた。これは、すごーく昔の行政区分です。

この五畿七道(ごきしちどう)が、いまも使われている地域ブロックの総称、例えば東海、北陸、山陽、山陰など、そういった言い方はこの五畿七道が元ネタになっています。

東海道は、名称に「海」が入っているので、なんとなくお分かりになるかもしれませんが「うみつみち」とも言われてました。風光明媚な感じがしますよね。そんな海が多い道だったので、当時の様子がわかる浮世絵でも海が多く登場します。

現代人が認識している東海道はいつできた?

前述したように、古くから東海道という定義は確立されていましたが、我々、現代人にとって有名になった街道としての東海道は、江戸時代に五街道として制定されてからです。

江戸時代に交通網ががっつり整備され、一般の人の往来も活発になっていきました。それによって、文献や浮世絵など後世の我々が目にすることができる資料が多いことも、我々現代人が認識する「江戸時代の東海道」の定着に一役かったのではないでしょうか。

昔々なので、移動手段は馬や徒歩。現代のように街灯があるわけでもなく、ポータブルのライトがあるわけでもないため、夜の移動というのは基本的に危険を伴うものでした。そこで日中歩ける距離で、休む場所がないと困るわけです。

ということで、宿場ができました。とはいっても、庶民の移動を優先して作られたわけではなく、裏事情としては、軍事利用として整備されたとも言われています。

藤沢宿とは

そんな宿場町のひとつである藤沢宿。今回は藤沢宿に焦点をあて、かなりディープに紹介します。藤沢は全国でも有数の観光地である江ノ島がありますが、当時も江ノ島参拝は大流行していました。

そんな背景もあって、江ノ島に参拝するために、とある偉人が残した軌跡も史跡として残っています。その史跡は藤沢駅の周辺に点在していますので、現在でも見て回ることができます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto藤沢駅

それでは行ってみましょう!なかなかここまでディープに紹介している記事はないので、必見ですよ!

JR 藤沢駅
藤沢市 / 駅
住所:神奈川県藤沢市南藤沢21-1地図で見る

庚申堂(こうしんどう)

知らないと通りすぎてしまうほど、街中にひっそりとあるお堂が庚申堂(こうしんどう)です。庚申という言葉は、きっと皆さん馴染みがないかもしれません。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto庚申堂(こうしんどう)

中国の道教に庚申信仰というのがありました。この信仰のなかで、「三尸説(さんしせつ)」という教えがあり、日本では、それをベースに仏教、密教や日本の民間のさまざまな信仰がまざった複合信仰となっています。

その信仰のなかでは、人間のカラダには生まれもって「三尸(さんし)」という三匹の虫がいる、とされています。それらは病気を引き起こす元になっています。

  • 出典:commons.wikimedia.orgunknown (Chinese) - scanned from ISBN 4-05-602048-5., CC-PD-Mark from Wikimedia Commons
  • 上尸(じょうし) → 人間の頭の中に住み、首から上の病気を引き起こす
  • 中尸(ちゅうし) → 人間のお腹の中に住み、内臓の病気を引き起こす
  • 下尸(げし) → 人間の足の中に住み、腰から下の病気を引き起こす

3匹の虫は、人間が死ぬことで、カラダの外に出て自由になるので、常々人間の寿命を縮めようと頑張っています。普段は、体内から出ることができない彼らですが「庚申の日」と定められた特定の日だけ、人間が眠っている間に体内から出ることが出来ます!

彼らはその絶好のチャンスを生かして、閻魔大王に宿っている人間の悪事を伝えて寿命を短くしてもらうのです!まあ、、、それだと人間は困っちゃいますから、虫がカラダの外に出ていかないように「庚申の日」は夜がきても眠らないために、お祭りをしてさわいでいました。

この庚申堂はそのときの集まる場所として使われていたようです。当時のパーティ会場というわけですね。

庚申堂
藤沢市 / 神社
住所:藤沢市藤沢41-1地図で見る

江の島弁財天道標(えのしまべんざいてんどうひょう)

さて、お次は「江の島弁財天道標(えのしまべんざいてんどうひょう)」です。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto江の島弁財天道標(えのしまべんざいてんどうひょう)

名前の通りで、江ノ島に行く人が、道に迷わないように案内の道しるべとして作られたものです。

こういった、道端にある道しるべって、素通りしてしまいますが、じっくり見ると実は面白いんです。よ~く見ていただくと、この道しるべは、掘られている文字をしっかり判別することができます。これ、なんでかおわかりですか?

実は眼が不自由な方でも、識別できるようにわざと深く文字を掘ってるからです。

文字には、江の島に祀られている弁天様をあらわす梵字が掘られています。目が不自由な人でもその深く掘られた梵字をさわって、「ああ、江の島に向かっているのだな」と確認したのでしょう。

道しるべを寄贈した人が偉人だった!

目の不自由な方のために深く文字がきざまれてますが、これを寄贈した方は「杉山 和一(すぎやま わいち)」という人で、1600年代の方です。この方がなんと世界発の視覚障碍者の教育施設を作った方なんです。

この方自身が、小さい時に病気で視力を失ってしまい、しかし生きていくために手に職をつけなければならず、方々に弟子入りをしました。ところが、残念ながらこのかた、とっても不器用な方だったよう。

逸話は落語で伝わってるので、もしかしたら若干盛られているのかもしれませんが、彼は自分の不器用さを神頼みして解決しようと思い立ち、江ノ島の弁天様に参拝にきました。その時、彼は鍼術を何とか上達させたいと思っていました。弁天様にお参りしたのち、奇跡なのか木の葉に包まれた松葉が身体に触れたことで現代にも通じる鍼術を編み出したとされています。

江島杉山神社(えじますぎやまじんじゃ)とのつながり

その後、彼は鍼治療の権威となりました。不器用だった彼は弁天様のご加護もあってか、なんと徳川綱吉の病気を治すまでの腕前になりました。これはとんでもない大出世です。

彼は東京の墨田区に土地を与えられました。そこに自宅と、世界発の視覚障碍者の教育施設を作ったのです。さらにさらに、敷地内に「江島杉山神社(えじますぎやまじんじゃ)」を創建しました。

  • 江島杉山神社

江ノ島が入ってるのでおわかりですよね。江ノ島の弁天様のご加護を敷地に取り入れたんですね。

江島杉山神社
錦糸町・両国・清澄白河 / 神社
住所:東京都墨田区千歳1-8-2地図で見る
電話:03-3863-1308
Web:http://ejimasugiyama.tokyo/

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2021年9月8日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


日帰りで楽しむ!関東近郊の女子旅おすすめスポット30選

イギリスのお城を移築した「ロックハート城」や、『ラピュタ』の世界を思わせる「猿島」、ムーミンバレーパークも人気の「メッツァビレッジ」など、東京から日帰りできる、...


【2021最新】全国の人気水族館TOP36!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館をはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っている順にランキン...

神奈川デートに!カップルにおすすめのデートスポット45選

ロマンチックな夜景が眺められる名所や海の見える公園、2人で思いっきり楽しめるレジャースポットに、絶景が魅力の観光スポットまで、カップルで行きたい神奈川のおすすめ...

神奈川の人気観光スポットTOP55!旅行好きが行っている観光地ランキング

横浜中華街や鎌倉の大仏、八景島シーパラダイスなどの神奈川の観光スポットの中で、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年8月現在)が実際に行...

鎌倉&江の島を隅々まで満喫♪1泊2日の観光モデルコース

都心から電車で1時間ほどでアクセスできる鎌倉と江の島。せっかくなら泊まってのんびり観光やグルメを楽しみたいけど、どこに行こうか迷っちゃう・・・。そんなあなたでも...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...


絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

湘南を代表する観光スポット「江の島」。どメジャーな観光スポットですが、意外にもガイドブックでは紙面の都合からか、江の島の見どころを収めきれていないんです。実際に...


【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...

天下の難所・箱根旧街道をちょっとズルしてハイキング【神奈川・箱根】

箱根といえば日本でも有数の温泉地です。平日・休日問わず、多くの観光客が訪れます。日本の温泉地ランキングでは、常に上位に挙がるほど人気で定番ともいえるエリア。その...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります