アイルランド
アイルランド観光
アイリッシュウイスキーやギネスビールで知られる国

アイルランドのアートシーンを牽引!アイリッシュデザインで人気沸騰中の街・キルケニー

取材・写真・文:

島根在住
訪問エリア:35ヶ国

2016年9月27日更新

841view

お気に入り

写真:aka-region

アイルランドはもともと水産業や農業で国を建ててきましたが、最近では観光業に注力してきています。中でもデザインを切り口に地方の街おこしとブランド化を推し進め、近年ではアイルランド各地のアートやクラフト巡りを目的とした観光客を惹きつけています。今回は、アイルランドのアート・クラフトのものづくりの発祥地として人気沸騰中のキルケニー州にご案内します。

この記事の目次表示

アイルランドのおすすめツアー
━♪アイルランド×イギリス周遊♪━中心部&駅チカのモダンな3つ星ホテルにご宿泊!伝統の街並みとアイリッシュパブが魅力の【ダブリン】&王室の文化香る華麗な大都市【ロンドン】周遊8日間【羽田深夜発/カタール航空利用】
149,800円~317,800円
━♪壮大な自然とケルト文化の国アイルランドへ♪━市内中心部で観光地に近い!スタイリッシュな4つ星ホテルにご宿泊!伝統の街並みとアイリッシュパブが魅力の【ダブリン】7日間【羽田深夜発/カタール航空利用】
117,800円~287,800円
―*スコットランド×アイルランドをめぐる!*―市内中心部&駅チカのモダンな4&3つ星ホテルにご宿泊!荘厳な街並みがフォトジェニックな古都【エジンバラ】×伝統の街並みとアイリッシュパブが魅力の【ダブリン】周遊7日間【成田発/KLMオランダ航空利用】
164,800円~377,800円

工芸の街・キルケニー(Kilkenny)とは?

  • 写真:aka-regionキルケニー市の街並み

キルケニー州はアイルランド南部に位置し、人口 2.4万人(2011年)でキルケニー市が州都となっています。キルケニー市は昔から工房が多く分散し、アイルランドのアートシーンを牽引してきました。現在は新旧の工房が織り交ざり、アイルランドのデザイン・クラフト協会本部も置かれ、経済不況から回復しつつあるアイルランドで、デザインによって再び街を興そうというエネルギーに溢れています。

  • 写真:aka-regionキルケニー城の裏にあるアイルランドデザイン協会本部

インスピレーションの源泉・キルケニー城

13世紀初頭に建てられたキルケニー城が市の中心に位置しています。その後600年間もの長い間、バトラー家の邸宅として使用されました。当時のアイルランドにしては煌びやかでファッショナブルなルネッサンスの輝きを放つことで名高いマナーハウスでした。

キルケニー地域の文化繁栄の象徴でもあったキルケニー城は、最後の城主が1967年にたった50ポンド(現在の貨幣価値では約11万円)でキルケニー市の人々に引き渡し、現在では市やアイルランドの遺産を管理する公共団体が美しさを保全し、管理しています。

  • 写真:aka-regionキルケニー城外観

城のまわりには柵のない広大な芝生の庭があり、常緑のアイルランドだけあっていつでもきれいに手入れされています。城へは入場料を払えば入ることが可能で、順路に沿って自由に見て回ることができます。城の内部は一部改修された部分もありますが、建立当時の面影を残す古めかしい部分もあります。

  • 写真:aka-regionキルケニー城の内部は自由に見て回ることができる(有料)

一番のハイライトは、一面濃いピンク色の壁面に見事な大きな絵画が飾られているホールです。その美しい空間にうっとりとしてしまいます。

  • 写真:aka-regionキルケニー城のホール
キルケニー城
アイルランド / 建造物
住所:The Parade, Kilkenny City, Ireland地図で見る
Web:http://www.kilkennycastle.ie/

デザイン協会本部での常設展

キルケニー中心部に威厳たっぷりに存在するキルケニー城。城の裏庭にはアイルランドデザイン・クラフト協会(Design & Crafts Council of Ireland)の本部があります。こちらでは小さいながらもシンプルな空間を利用して、テーマ性のある展示を定期的に行っています。デザインの本拠地としてここから全国各地へクラフト・アート情報を発信しています。

  • 写真:aka-regionアイルランドデザイン協会本部での常設展
  • 写真:aka-region
  • 写真:aka-region

2015年にはID2015というキャンペーンを政府観光庁などと共に1年間かけて行ない、国内外で企画展を行なったり、アイルランドと海外デザイナー同士の交流の場をつくってアイリッシュデザインの魅力を発信しました。

ナショナル・クラフト・ギャラリー
アイルランド / 博物館・美術館
住所:Castle Yard, Kilkenny, Ireland地図で見る
Web:http://www.nationalcraftgallery.ie/

デザインセンター

デザインセンターはデザイン・クラフト協会本部に隣接しています。ここはアイルランド各地から届いた最新のデザインから定番商品までが揃うおみやげショップです。

  • 写真:aka-regionキルケニー・デザイン・センター内のおみやげショップ。

1階には陶器や毛織物、アクセサリーやポストカード、オーナメントなど品揃えがよく、見ているだけで楽しいお店です。

ショップ2階にはアメリカのバスケットボール杯NBAの優勝トロフィーにも使われているウォーターフォード・クリスタルや、今や日本にも進出し、国内7つほどの百貨店にも店舗を構え幅広い支持を受けるブランドOrla Kiely(オーラ・カイリー)など、アイルランドが誇る世界に名高い商品がずらり。

また1階にも2階にもそれぞれカフェ、カジュアルレストランがあり、買い物や観光の合間に一息つくのもよいでしょう。

  • 写真:aka-regionデザインセンターのカフェで一息
キルケニー・デザイン・センター
アイルランド / 雑貨・インテリア / お土産
住所:Castle Yard, Kilkenny, Ireland地図で見る
Web:http://www.kilkennydesign.com/

工房を身近に感じられる「キルケニー・デザイン・トレイル」

MADE in Kilkennyと題し、キルケニー州内にある工房同士を繋いで人々に工房やショップを訪れてもらおうという取り組みがあります。それがキルケニー州府による「キルケニー・デザイン・トレイル」です。

ガラスや革、陶器、紙、ジュエリー、籠編みに石彫刻等10のカテゴリーごとに工房やキルケニーの仕事人を紹介しています。カテゴリーによって工房数はそう多くはないものもありますが、キルケニー原産の材料を使用し、世界にも通用する個性的な作品を生み出しています。

  • 写真:aka-regionキルケニー州は陶器が有名

中でも層が厚いのが陶器です。キルケニー州の老舗陶器メーカーのニコラス・モスに継ぐ新しい窯元がいくつも現れつつあります。例えば、馬好きが高じて馬の毛を使って模様をつけた陶器Claire Molly、水色や白い色のシンプルな陶器が使いやすいRosemarie Durrがその代表格です。

また、個性的なキャンドルを作る工房 Moth to a Flameはキルケニー市郊外の村にあります。工房も見学することができ、キャンドル職人の情熱までもが伝わってきます。併設のショップには、自然からインスピレーションを得た美しい色のキャンドルが並びます。

  • 写真:aka-regionキャンドル工房のmoth to a flame
  • 写真:aka-region

アイルランドの旅行予約はこちら

アイルランドのパッケージツアーを探す

アイルランドのホテルを探す

アイルランドの航空券を探す

アイルランドの現地アクティビティを探す

アイルランドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年9月26日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【アイルランド・ダブリン】ローカル電車DARTで巡る沿線の個性光る街12選

DART(ダート)は、アイルランドの首都ダブリンの南北をダブリン湾に沿って走るローカル電車です。美しい車窓からの風景だけでなく、沿線には個性的で素敵な街が並んで...

ハリーポッター&スターウォーズのモデル!?アイルランド最古の大学、トリニティ・カレッジ

アイルランドの最高学府「トリニティ・カレッジ」。創設400年を越える由緒ある大学でありながら、観光客向けに広く開放されており、威厳のある佇まいが多くの人を魅了し...


『スター・ウォーズ』最新作他あの有名映画の隠れロケ地を巡る、アイルランド周遊スポット5選!

アイルランドがロケ地となった映画やドラマ...あなたはいくつご存知でしょうか?2017年12月公開の映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』、アメリカの人気ドラ...

ヨーロッパの「窓」のある風景20選!

旅に出ると素敵な街並みの写真を撮ったり、散策してみたくなりますよね。「窓」から覗く風景は、窓枠が額縁のように風景が切り取られてより美しく見えたりします。また、そ...


アイルランドで訪れるべき王道スポット厳選10選

2017年に日本との外交関係樹立60周年となるヨーロッパ西端の島国・アイルランド共和国。音楽、デザイン、ビジネス、政治など様々な面で独自の文化を保有し、日本での...

この記事を書いたトラベルライター

暮らすように旅をする
aka-regionです☘
計4年間、ヨーロッパ(フィンランド、アイルランド)で住んでいる間に見聞きしたこと、経験したことを紹介します。旅のテーマは、「暮らすように旅をする」。旅のある暮らし方、ライフスタイル、文化に関する情報を発信していきます!

♬Countries & Areas: Europe (アイルランド、フィンランド他),日本(島根、山陰地方、東京他)
♬Hobbies: アイリッシュフィドル、水泳
♬Speciality: 島好きです!
http://akaregion.blogspot.jp/

【保存版】フィンランドのお土産厳選10選!

北欧デザインにサンタクロース、森の中でのウォーキングにサウナ。こんなキーワードを聞くだけで、ほのぼのとしたおとぎ話の世界が思い浮かぶフィンランド。日本から直行便...

【保存版】ポルトガルのお土産・厳選10選!

ポルトガルはヨーロッパの西端に位置し、地中海性気候の穏やかな気候で過ごしやすく、食もおいしく古い街並みが美しい国です。カステラやカルタ、天ぷらなどポルトガルと日...


【保存版】オランダのお土産・厳選10選!

ヨーロッパ北西部にあるオランダ王国は、チューリップ畑に水車といった田園風景や運河沿いの家々の街並みが代名詞的存在の牧歌的な国です。また画家レンブラントやフェルメ...

【保存版】デンマークのお土産・厳選10選!

北欧にあるデンマークはデザイン大国として有名で、近年日本でも注目度がアップしている国の一つです。丁寧な暮らしをするデンマークの人たちが生んだ、人が使いやすい機能...


【保存版】アイルランドのお土産・厳選10選

イギリスの西に位置する小さな島国アイルランド。日本よりも北にありますが暖流の影響で1年を通して温暖な気候の過ごしやすい国です。伝統とモダンカルチャーが共存する首...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?