イスラエル
イスラエル観光
観光のハイライトは旧市街が世界遺産のエルサレム

イスラエル最高峰の地中海料理のレストラン「Claro;」【テルアビブ】

取材・写真・文:

イスラエル在住
訪問エリア:15ヶ国

2019年1月31日更新

384view

お気に入り

写真:がぅちゃん@イスラエル

イスラエル・テルアビブの最先端フードモール「サロナマーケット」の目の前にある、地中海料理(地中海系イスラエル料理)のレストラン「Claro;」の詳細を紹介します。

この記事の目次表示

「Claro;」の概要

「Claro;(クラロ)」はテルアビブの最先端フードモール「サロナマーケット」の目の前にある地中海料理のレストランです。イスラエルの有名シェフの一人「Ran Shmueli」によって経営されており、テルアビブで人気の高いレストランの一つです。 店名の「Claro;(クラロ)」はスペイン語だそうで、英語で「clear」の意味があるそうです。

ちなみにイスラエルは地中海沿岸の国なので、地中海料理というのはイスラエルらしい料理ともいえます。

なお、サロナマーケットには Ran Shmueli がマネージメントする別のレストランである、ロティサリーチキンの専門店「KUKU RIKU」があります。

「Claro;」の様子

外観

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

草に囲まれており、屋敷のような雰囲気の建物です。

中の様子

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

店の中は天井が高く、とても広々としています。学校の体育館に入った時のような感覚がありました。

厨房

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

オープンキッチンで調理している様子をまじまじと観察することができます。厨房の人はたまに話しかけてくれるので、料理の説明や世間話などもしてくれました。

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

厨房の人が調理に使う食材が目の前に並んでいます。 グリルした魚の水分を抜いたりするために寝かせていたり、ひと皿に使うバターの量が惜しみなかったり、当然ではありますが、家庭の料理とは違うな…なんて考えながら料理を待てます。料理が好きな人は厨房付近に座ると楽しいかもしれません。

「Claro;」の メニュー

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル
  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

一枚の紙に、肉・魚・パスタなど、イスラエルの地中海×中東のレストランらしいメニューが並びます。英語とヘブライ語のメニューがありました。

※店員さん曰く、平日の昼(イスラエルでは日曜〜木曜)に提供しているビジネスランチがお得だと言うことだったので、ビジネスランチを利用しました。ビジネスランチのメニューはメイン一品の金額でドリンク1つと前菜1つがついてくるという内容です。 デザートは追加で36シェケル/1,080円です。

ドリンク

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

食前酒のカクテル類は、各種揃っています。

  • 約30シェケル/900円〜

前菜

パン

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル
  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

パンにはザアター(Za'atar )という中東のスパイスがかかっています。付け合わせのソースは2皿あります。白いサワークリームにはスクッグ(Skhug / Skhoog / Zhug)という中東のチリソース、左は「Matbuka」という中東のパプリカ風味のサルサソースです。

あえて日本で例えるならば、米に海苔、醤油&もみじおろし付きのような感じです。パン1品だけでそつなくイスラエルらしさ(地中海×中東)を詰め込めるというメニューのアイデアが面白いです。

イスラエルのレストランでは、パンの付け合わせに何がついてくるかでそのお店の指向がざっくりですが感じられることがあります。タヒーニ(ごまペースト)の場合は中東寄り、トマト系の場合はヨーロッパ(地中海寄り)です。(しかしもちろんこの限りではありません)

  • 18シェケル/540円

グリーンサラダ

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

見栄えも美しく爽やかなサラダでした。レモン風味のソースで提供されます。皿と食材の色彩&造形のバランスを狙ったかのような見栄えで目でも楽しめます。

  • 54シェケル/1,620円

焼きイカ

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

イスラエルのレストランの前菜によくあるメニューです。一般的に「Grilled/Seard Calamari」などと表示されています。

  • 69シェケル/2,070円

メイン

ポークチョップ

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

文句なしに美味しいポークチョップです。 日によって提供されるグラムが決まっています。 この日は400グラムでした。

余談になりますが、イスラエルはユダヤ教国家として知られておりユダヤ教の食のルール「コーシャ」にのっとると豚は食べてはいけないのですが、豚を提供するお店は普通に存在します。エルサレムでもテルアビブでも、ポークチョップがあるレストランはあります。

  • 100グラム42シェケル/1,260円

牛串ステーキ

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

ギリシャや中東のレストランのように肉が串焼きで提供されることは多いです。なお、このお店にはステーキもあります。

野菜を丸ごと炭火で焼いて素材本来の旨味を楽しむ、といった食べ方は地中海料理の特徴の一つですが、 「Claro;」では特にそのスタイルを実践しているように思いました。付け合わせの野菜がメインに匹敵する美味しさです。何をどう工夫すればただの野菜からこの味が出るのか、素人の私には分かりませんでした。

  • 135シェケル/4.050円

デザート

チーズケーキ

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

外見はイチゴのショートケーキのようにも見えます。ベリー系のソースと共に提供されます。

  • 48シェケル/1,440円

チョコ

  • 写真:がぅちゃん@イスラエル
  • 写真:がぅちゃん@イスラエル

「truffle balls」という種類のチョコのお菓子を巨大化させたような一品です。「King Size Truffle」名付けられていました。豪快に割って食べます。

  • 58シェケル/1,740円

「Claro;」のおすすめポイント

地中海料理ですが、イスラエルの料理をわかりやすくあえて短絡的にヨーロッパ系と中東系にわけた場合の、ヨーロッパ系イスラエル料理として最高峰のクオリティだと思います。格式高い高級レストランというわけではないので、 カジュアルな使い方ができるのも魅力です。

個人的には、イスラエルの美味しいレストランをオススメされた時に、まず名前を出したくなるようなレストランです。

クラロ
イスラエル / 洋食・西洋料理
住所:Ha'arbaa st 23, Tel Aviv-Yafo地図で見る
Web:http://clarotlv.com/

※記事内のイスラエル通貨シェケルから日本円への換算は、1シェケル=30円で計算しています。

イスラエルの旅行予約はこちら

イスラエルのパッケージツアーを探す

イスラエルのホテルを探す

イスラエルの航空券を探す

イスラエルの現地アクティビティを探す

イスラエルのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年1月31日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【イスラエル】安倍首相に靴を出した炎上シェフのレストラン「Segev Concept」

日本の安倍首相がイスラエルを訪問した際の会食で提供したメニューが物議を醸したイスラエル人シェフ「Segev Moshe」氏。彼がマネージメントするアジア系フュー...


イスラエルのフムスなら「Hummus Habayit」がおすすめ【テルアビブ】

イスラエルの料理といえばフムス/hummus。今回は「イスラエルで2番目に美味しいフムス」を謳うテルアビブの「Hummus Habayit」を紹介します。フムス...

【イスラエル】テルアビブで最高クラスの日本食レストラン「Ya Pan」

実はイスラエルのテルアビブは、人口比ですし屋の数が世界3位。事実上世界屈指の日本食激戦区・テルアビブで人気上位のレストラン「Ya Pan(ヤパン)」を紹介します...

【イスラエル】ロスチャイルド家が生んだ町「ジフロンヤコブ」の本格アメリカ料理店「Gringo」

ロスチャイルド家出身のフランス人「エドモンド・ベンジャミン・ロスチャイルド」によって誕生した町「ジフロンヤコブ(Zikhron Ya'akov)」。そんなイスラ...

【イスラエル・テルアビブ】コーシャ料理のステーキハウス「Goshen」

イスラエル・テルアビブの中心地、老若男女に人気のナハラ・ビンヤミン通り(Nachlat Binyamin)にある、コーシャ料理のステーキハウス「Goshen」。...

この記事を書いたトラベルライター

京都出身のゲイライター
テルアビブ在住のネイティブ京都人。京都市立芸術大学を卒業後、米国人の同性パートナーとドイツのベルリンに移住し、ライターとして活動を開始。イギリス・カナダ・ドイツで暮らした経験がある。note→ https://note.com/gauchan_jp ブログ→
https://gauchan.xyz/profile/

【ドイツ】定番だけ厳選したベルリンのおすすめ観光地11選+みどころ

ドイツの首都ベルリン。実際に3年間住んだ経験を元に、旅行者におすすめなベルリンの定番観光地を11件厳選し、 各地のみどころと共に紹介します!


「イスラエル料理」の徹底解説と定番メニュー43品

イスラエルで実際に住んで得た知見を元に、イスラエル料理の定義(具体的に何がイスラエル料理と呼べるのか?)などの説明に加え、現地の定番料理を43品厳選して紹介しま...


【ドイツ】今やハンブルグの観光名物!伝説の風俗街「レーパーバーン」

ドイツ・ハンブルクのザンクトパウリ地区に存在する巨大歓楽街レーパーバーン(Reeperbahn)は、今やB級スポットとして大人気の観光地。「飾り窓」や「ビートル...

【イタリア】ベネチアに現存する世界最古のカフェ「フローリアン」

イタリア・ベネチアのサンマルコ広場にある名所「カフェ・フローリアン」は、「世界最古のカフェ」「カフェラテの発祥地」としても有名です。お店や料理はどうなっているの...

遊ぶならここ!京都最大の繁華街・四条河原町の代表エリア4つ

京都で遊べる繁華街といえば四条河原町ですが、実際はどんなところか? 遊ぶところはどこなのか? 京都出身の筆者が、特に人気の代表エリア4つを紹介します。

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?