イタリア
イタリア観光
南北にブーツのような形をした国は世界遺産の宝庫

◎イタリア◎世界遺産めぐりを楽しむ!イタリア7泊9日周遊コース

2018年10月12日更新

357view

お気に入り

2018年の世界遺産登録数ランキング1位のイタリア。国内には54の世界遺産があります。見どころ満載の国だからこそ、ツアーではなく自分のペースで巡ってみませんか?筆者のおすすめモデルコースにあわせて、街ごとの見どころや、都市間の移動についてご紹介いたします。

この記事の目次表示

モデルコース

  • 1日目:昼の飛行機で日本を出発し、ローマで乗り換え、夜ベネチアに到着
  • 2日目:(終日)ベネチア観光
  • 3日目:(終日)ブラーノ島・ムラーノ島観光
  • 4日目:(午前)ベネチアからフィレンツェへ電車で移動/(午後)フィレンツェ観光
  • 5日目:(終日)フィレンツェ観光
  • 6日目:(午前)フィレンツェからピサへ電車で移動/(午後)ピサからローマへ電車で移動
  • 7日目:(終日)ローマ観光
  • 8日目:(午前)ローマ観光/(午後)ローマから飛行機で日本へ移動
  • 9日目:昼日本に到着

【1日目】日本を出発/夜ベネチアに到着

14:00成田空港発のアリタリア航空便に乗ります。飛行時間約13時間、19:00にローマ フィウミチーノ空港に到着。ベネチアに着くのは遅い時間になるので、乗り継ぎの間に夕食を済ませておくことをお勧めします。

20:50発のアリタリア航空便に乗り、21:55にベニス マルコ・ポーロ国際空港へ到着。ベニス マルコ・ポーロ国際空港からベネチア本島のローマ広場までバスで約30分です。ベネチアは治安が良く夜遅くまで人通りがありますが、充分気をつけてホテルに向かってください。

【2日目】ベネチア観光

ベネチアは「ベネチアとその潟」という登録名で世界遺産に登録されています。水の都と呼ばれており、400以上の橋が100以上の島を繋ぐ、迷路のような街です。

サン・マルコ広場は世界一美しい広場と称されており、サン・マルコ寺院、世界最古のカフェ等、見どころが集まっています。鐘楼の上からの景色は、息をのむ美しさです。

  • サン・マルコ寺院(Basilica di San Marco)
  • サン・マルコ広場(Piazza San Marco)
  • 世界最古のカフェ フローリアン(Caffe Florian)
  • サン・マルコの鐘楼(Campanile di San Marco)からの景色
  • サン・マルコの鐘楼(Campanile di San Marco)からの景色

商業施設が集まるエリアにあるリアルト橋は、橋の上も店が並ぶ賑やかなところです。橋そのものも立派で見応えがありますが、橋からの景色はベネチアらしさが凝縮された美しい景色です。

  • リアルト橋(Ponte di Rialto)
  • リアルト橋(Ponte di Rialto)からの景色
  • リアルト橋(Ponte di Rialto)からの夜景

有名な観光スポットだけでなく、何気ない街並みも趣深いです。地図を持たず、迷い彷徨うのも楽しみ方の一つです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
★イタリア・ベネチア★フォトスポット7選
サンマルコ広場
イタリア / 観光名所
住所:Piazza San Marco, 30100 Venezia,Italy
電話:041 5298711
サン・マルコ寺院
イタリア / 社寺・教会
住所:Piazza San Marco, 328, 30100 Venezia, イタリア
カフェ・フローリアン
イタリア / カフェ・喫茶店
住所:Piazza San Marco, 57, 30124 Venezia VE, Italy
電話:041 520 5641
Web:https://www.caffeflorian.com/en/
サン・マルコの鐘楼
イタリア / 展望・景観
住所:Campanile di San Marco
リアルト橋
イタリア / 観光名所
住所:Sestiere San Polo, 30125 Venezia,Italy

【3日目】ブラーノ島・ムラーノ島観光

ブラーノ島・ムラーノ島も、世界遺産「ベネチアとその潟」の一部です。レース編みとカラフルな建物が有名なブラーノ島、ベネチアングラス発祥の地・ムラーノ島、どちらもヴァポレットという水上バスで行くことができます。ツアーでなくても日帰りで簡単に行くことができるので、足を伸ばしてみてください。

  • ブラーノ島(Burano)
  • ムラーノ島(Murano)
  • ムラーノ島(Murano)
ブラーノ島
イタリア / その他スポット
住所:Burano,Italy
ムラーノ島
イタリア / その他スポット
住所:murano,venezia

【4日目・午前】ベネチアからフィレンツェへ電車で移動

ベネチアのS.Lucia(サンタ・ルチーア)駅から、フィレンツェのS. M. Novella(サンタ・マリア・ノヴェラ)駅まで、乗り換えなしの高速列車でだいたい2時間です。2等車両が€51(約6,600円)で、1時間に1〜2本電車はあります。

バスでもいけますが、値段は約半分におさえられるものの、時間は倍かかりますので、この日程で行くのであればトレンイタリアが運行する高速列車・フレッチャロッサに乗った方が良いと思います。

【4〜5日目】フィレンツェ観光

フィレンツェは「フィレンツェ歴史地区」として世界遺産に登録されている街です。「花の都」や「天井のない美術館」と称されている通り、ルネサンスの華やかな雰囲気がそのまま残っており、芸術があふれています。

フィレンツェの象徴・ドゥオモやヴェッキオ橋、ルネサンス絵画を鑑賞できるウフィッツィ美術館、映画『インフェルノ』の舞台となったヴェッキオ宮殿など、見どころたっぷりです。

  • サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(Cattedrale di Santa Maria del Fiore)
  • グラツィエ橋(Ponte alle Grazie)から見たヴェッキオ橋(Ponte Vecchio)
  • グラツィエ橋(Ponte alle Grazie)から見たヴェッキオ橋(Ponte Vecchio)
  • ウフィツィ美術館(Galleria degli Uffizi)の回廊
  • ボッティチェリ作・ヴィーナス誕生 ウフィツィ美術館(Galleria degli Uffizi)にて
  • ヴェッキオ宮殿(Palazzo Vecchio)
  • ヴェッキオ宮殿(Palazzo Vecchio)の五百人大広間
  • ヴェッキオ宮殿(Palazzo Vecchio)からみたサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(Cattedrale di Santa Maria del Fiore)
サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
イタリア / 社寺・教会
住所:Piazza del Duomo, Firenze
グラツィエ橋
イタリア / 建造物
住所:Ponte alle Grazie, 50125 Firenze FI, イタリア
ポンテ・ヴェッキオ橋
イタリア / 観光名所 / 建造物
住所:Ponte Vecchio,50125 Firenze,Italy
ウフィツィ美術館
イタリア / 博物館・美術館
住所:Piazzale degli Uffizi, 6, 50122 Firenze
電話:+39 055 23885
Web:http://www.uffizi.com/
ヴェッキオ宮殿
イタリア / 建造物
住所:Piazza della Signoria, Florence, Italy

次のページを読む

イタリアの旅行予約はこちら

イタリアのホテルを探す

イタリアの航空券を探す

イタリアのパッケージツアーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年7月21日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

これぞ世界遺産!景観の美しいヨーロッパの街並み10選

ヨーロッパの旧市街は、中世の美しい街並みを保持しているところが多く、世界遺産に登録されている地区も多数あります。今回は、景観の美しいヨーロッパの世界遺産の街を厳...

【トリノ】1日で回る北イタリアのトリノ〜見どころからお土産まで〜

イタリアの北部に位置するトリノは、冬季オリンピックが開催された地としても知られた街です。イタリアの中でも比較的裕福な地域で治安も良い方だと言われていて、実際に訪...


『ローマの休日』ロケ地を巡って街歩き

映画『ローマの休日』は、オードリー・ヘプバーンが主演で1953年に制作された映画ですが、今でも世界中の人々を魅了し続けている有名な映画です。この映画によってとて...

イタリア・ピサは斜塔だけじゃない!ドゥオモ広場をとことん楽しもう

イタリアのピサといえば、有名なのはピサの斜塔。著しく傾いたピサの斜塔を背にして片手を出し、遠近法を利用した遊び心のある写真を撮る。どのガイドブックを見ても紹介さ...


レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」を2倍楽しむ!【ミラノ】

レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」と言えば、世界でも有名な絵画の一つではないでしょうか。みなさんも歴史や美術の授業、またはテレビなどで一度は見たことがある...

この記事を書いたトラベルライター

なんにもないおひとりさまトラベラー
< ゆる〜いBlog、はじめました >

旅先で感じた良いこと悪いこと・旅費を抑える節約術・おすすめ周遊ルート・超個人的にオススメしたい街や食べ物やモロモロのこと・伝わればOKのお役立ち英会話・フォトスポットの座標系などなど、tripnoteの記事よりもゆる〜く書いていきます。

----------------------------------------

2010年に大学を卒業し、どこにでもいるような普通の会社員をしながら、仕事の合間で少しでも休みができると弾丸ひとり旅に出かけていました。

ものすごく英語が喋れるわけでもなく、ものすごくお金があるわけでもなく、ものすごく地理や歴史に詳しいわけでもなく・・・そんな何にもない私ですが、少しの好奇心とエイやっ!の気持ちで数十カ国巡って数え切れないほどの絶景を見てきました。

興味があるのが、建築物・街並み・大自然・植物・飛行機電車など、詳しくないのは食べ物と買い物とビーチリゾートです。

一人海外旅行をやってみたいけどなかなか思い切れない、という人のきっかけになれればと思っています。
https://liberitravel.com

【大阪】中崎町の雑貨&アクセサリーショップ7選

大阪といえば食べ歩きのイメージが強いと思いますが、ここ中崎町はおしゃれなカフェや雑貨屋が集まるエリアとして人気があります。大阪駅から歩いて行けるエリアなので、百...

★ベトナム・ホイアン★フォトスポット7選

ベトナム中部・世界遺産の街「ホイアン」。かつて貿易で栄えたこの街は、夜になるとランタンの光に包まれます。ウエディングフォトを撮るベトナム人カップルも多くいるこの...


◎ポルトガル◎初めての個人旅行に!ポルトガルの7泊9日周遊コース

治安が良く物価も安い、歴史的な街並みやのどかな自然が魅力的なポルトガル。ツアーだとコースが決められてしまいますが、個人旅行なら行きたいところだけに時間を使うこと...

【大阪】千住博&チームラボコラボレーション展「水」を楽しもう

夏といえば、海・山・花火大会・BBQと、外でのアクティビティのイメージが強いかもしれませんが、暑いのは苦手で、できるだけ外には出たくない方もいらっしゃるかと思い...


★オランダ・アムステルダム★フォトスポット7選

水の都として知られる、オランダの首都アムステルダム。運河地区は世界遺産に登録されており、中世の街並みがそのまま残っています。日本からヨーロッパ各国を訪れる際に、...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でイタリアの音声ガイドを聴く

イタリアの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?