★イタリア・フィレンツェ★フォトスポット7選

894

view
   2017年10月4日更新

トスカーナ州の州都、花の都と呼ばれるフィレンツェ。今もルネサンスの華やかな雰囲気がそのまま残っており、街そのものが美術品のようです。関連記事「★イタリア・フィレンツェ★フォトスポット7選〜ドゥオモ編〜」ではドゥオモの撮影スポットを紹介しましたので、そのほかのフォトスポットをご紹介いたします。

フォトスポット7選

ここをクリックすると、★イタリア・フィレンツェ★フォトスポット7選〜ドゥオモ編〜で紹介した写真スポットも一緒に地図に表示されます。

【1】Ponte alle Grazie(グラツィエ橋)

Ponte Vecchio(ヴェッキオ橋)はガイドブックに載っている有名な観光スポットですが、そのPonte Vecchioを正面から写真に写すことができるのがPonte alle Grazie(グラツィエ橋)です。現地の方から夕日の時間帯がとても綺麗と聞き訪れましたが、朝も昼も夜もいつ行っても見応えのある景色です。

この写真はグラツィエ橋から川沿いに歩いている途中に撮りました。この時たまたま座っていた青年も含め、写真映えするスポットです。

グラツィエ橋

イタリア / 建造物

 

住所:Ponte alle Grazie, 50125 Firenze FI, イタリア

【2】Basilica di Santa Croce(サンタ・クローチェ聖堂)

イタリアの代表的なゴシック建築の教会です。Basilica di Santa Croce(サンタ・クローチェ聖堂)の前は広場になっており、聖堂から少し離れれば全貌を写真におさめることができます。また、左右対称のデザインなので、簡単にまっすぐ綺麗な写真を撮ることができるのもオススメの理由の一つです。

サンタ・クローチェ聖堂

イタリア / 社寺・教会

 

住所:Piazza di Santa Croce, 16, 50122 Firenze FI, イタリア

Web:http://www.santacroceopera.it/

【3】Galleria degli Uffizi(ウフィツィ美術館)

イタリアにたくさんある美術館の中でも人気が高いのがこのGalleria degli Uffizi(ウフィツィ美術館)です。筆者はそれほど美術に詳しいわけではないですが、教科書で見たような有名な絵画が多く、広い館内を最後まで楽しむことができました。

展示物は目で見て楽しみ、回廊の装飾や窓からの景色は写真に撮り、歩き疲れたらベンチに座ってぼんやり天井画を眺めて見たりしてください。

■ウフィツィ美術館チケット:8€(約1,040円)
※予約手数料別途:4€(約520円)
当日券もありますが、長い列ができているので事前予約をお勧めします(現地でも予約可能)。
詳細及びチケットの予約購入はこちら
ウフィツィ美術館

イタリア / 博物館・美術館

 

住所:Piazzale degli Uffizi, 6, 50122 Firenze

電話:+39 055 23885

Web:http://www.uffizi.com/

【4】Palazzo Vecchio(ヴェッキオ宮殿)

Palazzo Vecchio(ヴェッキオ宮殿)は、2016年秋に公開された映画『インフェルノ』の舞台となっており、人気が高まっています。ルネサンス文化で埋め尽くされており、映画を見ていなくても十分楽しむことができます。

五百人大広間を上から撮りました。

この部屋には隠し扉があるそうですが、あまりに周りに溶け込んでいて、見つけられませんでした。

■ヴェッキオ宮殿入場チケット:10€(約1,300円)
■ヴェッキオ宮殿+アルノルフォの塔のセット券:14€(約1,820円)
詳細及びチケットの購入はこちら
ヴェッキオ宮殿

イタリア / 建造物

 

住所:Piazza della Signoria, Florence, Italy

【5】Piazza della Repubblica(レプッブリカ広場)

ドゥオモの南西に位置するPiazza della Repubblica(レプッブリカ広場)には、クラシカルなデザインのメリーゴーランドがあります。周りには1865年に建てられた凱旋門や、老舗のカフェもあり、どこから撮っても絵になります。

夜撮影する場合は、メリーゴーランドが止まった時を狙ってシャッターを切ると良いと思います。

雨が降った日は地面に光が反射してより幻想的な景色を見ることができます。

レプッブリカ広場

イタリア / 公園・動植物園

 

住所:Piazza della Repubblica, 50123 Firenze FI, イタリア

【6】Battistero di San Giovanni(サン・ジョヴァンニ洗礼堂)

ドゥオモのすぐ近くにある大理石で作られた正八角形の洗礼堂です。外観はシンプルですが、中に入ると、豪華なクーポラのモザイク画に圧倒されます。

この写真の下部に写っているのは、最後の審判を行うキリストとのことです。

ミケランジェロが「天国の門」と賞賛したと言われている東扉。

■ドゥオモ共通チケット:15€(約1,950円)
※共通チケットで入場できる施設(各1回)
・クーポラ
・洗礼堂
・ジョットの鐘楼
・サンタ・レパラータ教会遺構
・ドゥオモ付属美術館
※チケットは、最初の施設に入場した時から48時間有効
※クーポラへの入場は完全予約制
※チケットの詳細及び購入はこちら

住所:Piazza del Duomo, 50123 Firenze

【7】Il Mercato Centrale(フィレンツェ中央市場)

1階が市場、2階が飲食店になっています。市場はもちろんワクワクしますが、2階はフードコートのような雰囲気で、お手頃価格でワイン・おつまみ・ピザ・パスタ等が楽しめます。内装もおしゃれなイラストで飾られており写真映えしますので、ぜひ訪れて見てください。

  • 市場内の壁に描かれているイラスト
フィレンツェ中央市場

イタリア / 市場・朝市

 

住所:Via dell'Ariento, 50123 Firenze FI, イタリア

Web:http://www.mercatocentrale.it/

イタリア・フィレンツェへの行き方

イタリア国内からフィレンツェ「サンタマリアノヴェラ駅」まで電車で行く場合

  • 「ミラノ中央駅」からフレッチェロッサ(国鉄の高速列車)で約1時間45分、ICで約3時間45分
  • ヴェネツィア「サンタルチア駅」からフレッチェロッサで約2時間
  • ローマ「テルミニ駅」からフレッチェロッサで約1時間半

日本からフィレンツェまで飛行機で行く場合

成田国際空港からフィレンツェ・アメリゴベスプッチ空港(フィレンツェ・ペレトラ空港)への直行便はありません。周辺各国で乗り継ぎを行ってのアクセスとなります。フランス・オランダ・スイス等からはフィレンツェへの直行便が出ています。

フィレンツェ・アメリゴベスプッチ空港(フィレンツェ・ペレトラ空港)からフィレンツェの街までは、バスで30分程です。

【関連記事】★イタリア・フィレンツェ★フォトスポット7選〜ドゥオモ編〜

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年7月22日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
なんにもないおひとりさまトラベラー

2010年に大学を卒業し、どこにでもいるような普通の会社員をしながら、仕事の合間で少しでも休みができると弾丸ひとり旅に出かけていました。

ものすごく英語が喋れるわけでもなく、ものすごくお金があるわけでもなく、ものすごく地理や歴史に詳しいわけでもなく・・・そんな何にもない私ですが、少しの好奇心とエイやっ!の気持ちで数十カ国巡って数え切れないほどの絶景を見てきました。

興味があるのが、建築物・街並み・大自然・植物・飛行機電車など、詳しくないのは食べ物と買い物とビーチリゾートです。

一人海外旅行をやってみたいけどなかなか思い切れない、という人のきっかけになれればと思っています。

https://liberidesign.wixsite.com/liberidesign

同じテーマの記事

アプリ「Pokke」でイタリアの音声ガイドを聴く

イタリアの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!