イタリア
イタリア観光
南北にブーツのような形をした国は世界遺産の宝庫

【イタリア】必見!オルヴィエートの地下洞窟探検ツアー

取材・写真・文:

オーストラリア在住
訪問エリア:36ヶ国

2019年6月21日更新

482view

お気に入り

写真:Booboo56

美しい天空の街オルヴィエート。この街の地下にもう一つの都市といわれる場所があるのをご存知ですか?今回はこの地下都市の様子が見られるツアー「Orvieto underground Tour」をご紹介します。

この記事の目次表示

断崖絶壁の丘に造られた要塞都市、オルヴィエート

  • 写真:Booboo56

イタリア中部にある「オルヴィエート」は、火山灰が固まってできた凝灰岩の崖の上に広がる街。離れたところから眺めると、その姿がはっきりとわかります。

地下都市の発見

1970年後半、この断崖に亀裂が入り、街の地下に洞窟があることが発見されました。これをきっかけに、地下洞窟の発掘が始まり、近年までに1,200以上の洞窟があることがわかっています。

  • 写真:Booboo56

オルヴィエートの地図。赤くなっているところが地下洞窟です。これだけあると、「街の下にもう一つの街がある」と言われるのも納得がいきます。

地下洞窟ツアー「Orvieto underground Tour」

この洞窟が見学できるガイド付きツアーが、「Orvieto underground Tour」です。ツアーは1日4回の予約制。ガイドは英語かイタリア語で、予約時にどちらの言語のツアーに参加するか聞かれます。入場料は€7(¥850)、所要時間は約1時間です。

通常のツアー開催時間は11時、12時15分、16時、17時15分だそうですが、予告なく変更されることがあるので、予約時に確認してくださいとのことでした。

  • 写真:Booboo56

大聖堂の前にあるこのオフィスでツアーの予約をします。ツアーの始まる前に行けば、当日でも予約可能です。

洞窟内部

ガイドさんの説明を聞きながら、洞窟を進んで行きます。洞窟の壁面は凝灰岩でできており、爪で強くこするとボロボロと崩れるぐらい柔らかさ。こんなに脆い土壌だから穴を掘るのも簡単だったのだろうと想像できます。

  • 写真:Booboo56

洞窟に入って初めに現れるのが、中世の頃に使われたオリーブの搾油所です。

冬場はかなり寒くなるオルヴィエートですが、洞窟内は年間を通じて18度前後で、オリーブオイルを絞るのにも、保管するのにも最適な温度だそうです。

  • 写真:Booboo56
  • 写真:Booboo56

井戸

  • 写真:Booboo56

こちらは井戸。3000年以上前、この地方の先住民族エトルリア人がこの洞窟を掘りはじめました。この街の下は凝灰岩の水はけが良い地質のため、雨水は地上に残らず、凝灰岩のさらに下の地質にたまります。そのため地下水を得るためには深い井戸を掘る必要があったそうです。この時代に造られた井戸は全て長方形で、人間が入れる最小限の大きさだとか。

紀元前2世紀にローマ人に征服されてしまうこの街ですが、この井戸のおかげで水が確保でき、崖の上にとどまることができるようになったため、ローマ軍の侵略に2年以上も対抗することができたと考えられています。

鳩の巣

  • 写真:Booboo56

こちらは別の洞窟の光景。この穴はみんな鳩の巣なんです。こうやって巣を与えてやれば、鳩はここから外に出て自分で餌を採ってきますから、餌を与える必要はありません。そしてここで子供を産み、育ててくれます。そして、そのヒナが食べごろになったら、食用として売りに出していたそうです。

  • 写真:Booboo56

確かに崖の下に降りないで、動物性タンパク質を摂取できる素晴らしいアイデアです。ちなみに今でも鳩料理はオルヴィエートの名物です。

オルヴィエート・アンダーグラウンド(チケット売り場)
イタリア / その他スポット
住所:Piazza Duomo, 23 05018 Orvieto Italy地図で見る
電話:0763ー344891(347ー3831472)
Web:http://www.orvietounderground.it/

この記事を書いたトラベルライターから一言

3000年前から人の手だけで掘り進められた空間が複雑に入り組む様子は、まさに地下都市!。細かいことがわからなくても(英語かイタリア語だけですが、ガイドさんの説明は上記で解説したような感じです)、感動すること間違いなしです。

  • 写真:Booboo56

凝灰岩は火山灰の固まった物なので、触れると白いホコリが洋服につきます。写真のように狭いところもたくさんあるので、歩きやすい靴、汚れてもいい服で行くといいかもしれません。(Booboo56)

イタリアの旅行予約はこちら

イタリアのパッケージツアーを探す

イタリアのホテルを探す

イタリアの航空券を探す

イタリアの現地アクティビティを探す

イタリアのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年6月21日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【イタリア】ポンペイ観光の2大裏名所!「売春宿」と「男根」

世界遺産&イタリアの観光名所、ポンペイ。ヴェスヴィオ火山の噴火によって滅ぼされた古代都市として有名ですが、今回は、数あるポンペイ見所の中でも裏名所として人気な「...


ヨーロッパの人気観光スポットTOP55!旅行好きが行っている観光地ランキング

ローマのコロッセオやパリのエッフェル塔などのヨーロッパの観光名所の中で、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行ってい...

ヨーロッパの人気のお城・宮殿TOP30!旅行好きが行っているお城&宮殿ランキング

バッキンガム宮殿やノイシュバンシュタイン城などヨーロッパの城・宮殿の中から、トリップノートの6万3千人の旅好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行って...

ヨーロッパ・世界遺産の美しい街並み10選!

ヨーロッパの旧市街は、中世の美しい街並みを保持しているところが多く、世界遺産に登録されている地区も多数あります。今回は、美しいヨーロッパの世界遺産の街を厳選して...

『ローマの休日』ロケ地を巡って街歩き

映画『ローマの休日』は、オードリー・ヘプバーンが主演で1953年に制作された映画ですが、今でも世界中の人々を魅了し続けている有名な映画です。この映画によってとて...

この記事を書いたトラベルライター

頭の中は食べることばかり、元バックパッカー 
観光というより、暮らすように旅できるオーストラリア・クイーンズランド州にあるサンシャインコーストの魅力をお伝えしたくて、トラベルライターになりましたが、なかなか思うような記事ができず奮闘中。
旅行の目的は「食べること!」、旅行先で出会った美味しいものもご紹介していきたいと思っています。

【シンガポール】チャンギ空港の新施設「ジュエル」

施設・サービスの充実ぶりで「世界一の空港」の名をほしいままにしてきたチャンギ国際空港ですが、2019年4月17日に新施設「ジュエル」がオープンして更にパワーアッ...


スペイン行ったら、これ食べよ! バルのおすすめタパス8選

スペインのグルメ体験といえば「タパス」。タパスと言ってもいろいろあって、何を食べるか迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか?そんなあなたのために、スペイ...


【オーストラリア】「これが地球?」の景色が広がる地下都市、クーバーペディ

荒涼とした景色が好きな人なら絶対気に入る「クーバーペディ」。オーストラリア内陸部にある人口3千人あまりの街です。ここの魅力は風景だけではありません。この記事を読...

1日で立山黒部アルペンルートを通り抜けるモデルコース!紅葉シーズンにもおすすめ

世界でも有数の山岳観光ルート、立山黒部アルペンルート。季節によって、いろいろな楽しみ方がありますが、今回は紅葉を楽しみながら、長野県側で前泊し、富山県側に通り抜...

【オーストラリア】テイクアウェイの定番フィッシュ&チップスの種類とオーダー方法

ファーストフードにもいろいろありますが、英国領だったオーストラリアでは、イギリス料理の「フィッシュ&チップス」と「ミートパイ」がファーストフードの代表格です。そ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

アプリ「Pokke」でイタリアの音声ガイドを聴く

イタリアの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります