イタリア
イタリア観光
南北にブーツのような形をした国は世界遺産の宝庫

【北イタリア】ピエモンテ・ブラのスローフードな1日

取材・写真・文:

フィンランド在住

2018年10月4日更新

968view

お気に入り

写真:Globe Hopper

北イタリア・ピエモンテ州の小さな街ブラは、地産地消で美味しいものをゆっくり味わう”スローフード”運動の発祥地。歩いて回れる範囲に、スローフードを知り、味わい、買えるスポットが点在しています。

この記事の目次表示

イタリアのおすすめツアー
【学生専用】◆ホテルの無料アップグレード◆★☆イタリアツアー人気No.1!王道3都市ローマ&フィレンツェ&ベネチア☆★ フリープランで自由に楽しむ!リーズナブルに周遊する6泊9日間【現地午前中着/成田夜発/滞在時間重視のフライト♪】
82,800円~295,800円
【学生専用】◆ホテルの無料アップグレード◆★☆イタリアツアー人気No.1!王道3都市ローマ&フィレンツェ&ベネチア☆★ フリープランで自由に楽しむ!リーズナブルに周遊する6泊9日間【現地午前中着/成田夜発/滞在時間重視のフライト♪】
82,800円~295,800円
【学生専用】◆ホテルの無料アップグレード◆ 【成田夜発】 ...*ローマ×ベネチア×バルセロナ*... 歴史・ショッピング・観光が楽しい3都市! リーズナブルなホテル宿泊 8日間
101,800円~315,800円

スローフードとは?

"スローフード"や"スローライフ"という言葉、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。スローフード運動はイタリアに初のマクドナルドがオープンすることになった1986年に、グローバルなファストフードチェーンによって、地元の食の伝統や文化が衰退するのではと危機感を抱いた人々の手により始まりました。

  • 写真:Globe Hopperスローフード本部の建物

地元の、季節の旬の食材を使った料理を、家族や友人とゆっくり囲むことを提唱し、それにより在来種植物の保全や食文化の多様性の継承をはかるという、美味しくて楽しい社会運動です。今では150カ国以上10万人以上の会員を持つ、この国際的なムーブメントの本部がイタリア・ピエモンテ州の小さな街・ブラにあるのです。

ブラで1日過ごすなら

ブラの街には、スローフードを知り、味わい、買えるスポットがいくつもあります。ブラに1日立ち寄るなら、こんなプランはいかがでしょう?

朝のコーヒーならここ - Bottega Delle Delizie

1日のはじめは、朝8時から営業の Bottega Delle Delizie (ボッテガ・デッレ・デリツィエ)で。レトロな雰囲気の店内で、一箇所のコーヒー豆農園から買い付け、ブレンドを行わない”シングル・オリジン”の豆を丁寧にハンドドリップで淹れてくれます。

  • 写真:Globe Hopper

ドリッパーはハリオ、ケメックス、エアロプレスの3種類から選ぶことができ、同じ豆を2種類のドリッパーで淹れ、味比べをすることのできるテイスティング・セットもあります。ドリッパーが違うと随分味わいも変わるもの!

  • 写真:Globe Hopper

イタリアでコーヒーといえば、エスプレッソマシンで淹れたものが主流ですが、ドリップコーヒーが恋しくなった時にもおすすめです。また、店主のこだわりで選んだ地元産のスイーツやリキュールも売っているので、おみやげ探しにもいいかもしれません。

ボッテガ・デッレ・デリツィエ
イタリア / カフェ・喫茶店
住所:Via Pollenzo 6 Bra, Italy地図で見る
電話:+39 0172 44178
Web:https://www.facebook.com/Bottega-delle-Delizie-266...

地元の季節の食材を味わいつくす - Osteria del Boccondivino

ランチあるいはディナーには、スローフード本部ビルの1階にあるOsteria del Boccondivino(オステリア・デル・ボッコンディヴィーノ)がおすすめです。メニューには、地元の生産者さんから届けられた食材をつかった料理や地元のワインが並び、昼でもボトルを開けてゆっくりと食事を楽しむお客様でいっぱい。

  • 写真:Globe Hopper地元の農家から直送の旬の野菜のグリルと、水牛のモッツアレラチーズ

仔牛の生産が盛んなこの地域の名産である生ソーセージや仔牛のタルタル、水牛のチーズや、卵黄をたっぷり使った風味豊かな手打ちパスタのタヤリンなど、ピエモンテにきたら食べておきたいものは、ここに来ればすべて食べることができるといっても過言ではありません。

  • 写真:Globe Hopper手打ちパスタのタヤリン

ゲートを出た横にはスローフード本部が運営する本屋さんがあり、スローフード運動についての本、スローフードに加盟するイタリア全土のレストランガイドや、レシピブックを買うこともできます。

  • 写真:Globe Hopper
オステリア・デル・ボッコンヴィーノ
イタリア / 洋食・西洋料理
住所:Osteria del Boccondivino Via Mendicità Istruita, 14 12042 Bra CN地図で見る
電話:0172 425674
Web:http://www.osteriadellarco.it/boccodivino/ita/oste...

おやつには老舗で絶品ジェラートを - Converso

ブラ近郊は、ヘーゼルナッツの産地。おやつにはヘーゼルナッツを使った素朴な味のトルタ(ケーキ)やジェラートがおすすめです。

  • 写真:Globe Hopper

1838年創業のConverso(コンヴェルソ)のジェラートはスローフード本部のスタッフもおすすめする地元の名店。

  • 写真:Globe Hopper

顔を近づけるとふわっと漂うヘーゼルナッツの香りと、なめらかな舌触り。大人も子供もみんな大好きなジェラートは、スモールサイズでもたっぷりの盛りで1.5ユーロ(約196円)。もちろんお腹に余裕のある人は2種盛りもできますよ!

バル・パスティチェリア・コンヴェルソ
イタリア / スイーツ
住所:Via Vittorio Emanuele II, 199 - 12042 - Bra (CN)地図で見る
電話:0172413626
Web:http://www.converso.it/

おみやげ探しにぴったり、ブラの”道の駅” !? - LOCAL

Conversoから駅の方へ向かっていくこと2分、駅からは徒歩3分のところに、ブラを発つ前に寄り道したいお店があります。

  • 写真:Globe Hopper

LOCALという名の通り、お野菜、ハムやサラミ、野菜、お米やパスタ、小麦粉、ワインなど、いろいろな地元の生産者さんの商品を集めたお店は、地元の人も日常の買い物に訪れる落ち着いた雰囲気。肉製品や要冷蔵の商品はお土産には難しいですが日持ちのするパスタや、ヘーゼルナッツのクリームなどは日本へのお土産にもぴったりです。

  • 写真:Globe Hopper地元のオーガニック農家で育てている古代種の麦をひいて作った小麦粉

どうしてもチーズやハムを食べたい時には、お店で焼いたパンやフォッカチャに、ケースのなかの好きなチーズやハムを挟んでサンドイッチをオーダーすることができます。美味しい街の思い出を、帰りの電車の車内で再度噛み締めるのもいいかもしれません。

  • 写真:Globe Hopper
ローカル・ブラ
イタリア / スーパーマーケット
住所:Via Cavour, 45 12042 Bra (CN)地図で見る
電話:0172 054012
Web:http://www.bottegalocal.org/

ブラへのアクセス

時間帯により、ルートは様々ありますが、トリノを経由してだいたい2時間半くらいの道のりです。

  • ミラノ中央駅(Milano Centrale) 〜トリノ・ポルタ・スサ(Torino Porta Susa)まで1時間半、乗り換えてブラ(Bra)まで約40分。いずれも2nd class で14.40ユーロ(約1,888円)。
  • ミラノ中央駅(Milano Centrale) 〜トリノ・ポルタ・ヌオヴァ(Torino Porta Nuova)まで約2時間、トリノ・ポルタ・ヌオヴァ(Torino Porta Nuova)からは時間帯によりブラ(Bra)直行電車と、カヴァレルマッジョーレ(Cavallermaggiore)経由の電車があり、いずれも2nd class で14.40ユーロ(約1,888円)。

※ミラノ中央駅(Milano Centrale) からトリノ・ポルタ・スサ(Torino Porta Susa)まで特急列車を使うと、ミラノ〜トリノ間は約1時間、運賃34ユーロ(約4,457円)。しかし乗り換えで待つので、目的地のブラまでいく所要時間はあまり変わらないでしょう。

イタリア旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばイタリアのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でイタリアのすべてのツアーをみる>>

イタリアの旅行予約はこちら

イタリアのパッケージツアーを探す

イタリアのホテルを探す

イタリアの航空券を探す

イタリアの現地アクティビティを探す

イタリアのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年10月5日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【イタリア】ベネチアに現存する世界最古のカフェ「フローリアン」

イタリア・ベネチアのサンマルコ広場にある名所「カフェ・フローリアン」は、「世界最古のカフェ」「カフェラテの発祥地」としても有名です。お店や料理はどうなっているの...


【イタリア・ベニス】イカスミパスタとベリーニカクテル発祥の店へ!

街全体が世界遺産であり、歴史と芸術にあふれた街、水の都ベニス。観光だけではなく、新鮮な地元の魚介類をふんだんに使ったお料理も大変有名です。その中でも代表的なベニ...

ミラノから1時間!コモ湖が綺麗な穴場街レッコ日帰り旅行

イタリア旅行といえばローマやフィレンツェ、ヴェネツィア、ミラノなど沢山の観光地がありますが、ミラノへ訪れたら日帰り旅行におすすめなレッコという街があります。イタ...

石畳のお洒落でカラフルな街イタリア・ベッラージオで湖眺める街歩き

イタリアにあるコモ湖の街ベッラージオ。透き通ったブルーの湖を前に、カラフルな外壁のレストランやホテル、ショップなどが立ち並んでいるお洒落な観光地です。ぶらぶらと...

古代ローマ時代の温泉地!イタリア・シルミオーネの遺跡&レストラン

イタリアで一番大きな湖、ガルダ湖。ガルダ湖の周囲には景色のよい素敵な街がいくつもあり、その中のひとつ、シルミオーネは古代ローマ時代に温泉保養地として栄え、現在で...

この記事を書いたトラベルライター

旅の楽しみは、気の向くままの寄り道とその土地の美味しいもの、そして昼からの”ちょっと一杯”
父の転勤について国内6拠点で育った根無し草。アメリカ・アリゾナ出身の夫、南アフリカ・ヨハネスブルク在住の妹、トルコとメキシコにも親族ができ、と気づけばボーダーレスな根無し草に。自身も2017年に東京を飛び出してフィンランドへ。

国内・海外ともに、旅の目玉をひとつ決めたら、地図と交通ルートをザックリ掴んであとは現地の直感まかせ、そんな時間に追われすぎないヴァケイションが好きです。そして、日々の生活を離れる旅ならではの楽しみといえば、明るいうちからの”ちょっと一杯”。昼酒・昼呑みトラベラー目線の情報もたくさんお届けできたらと思っています!

【台湾】リピーターにおすすめ!高雄から行ける極上ビーチ・墾丁

日本から週末や3連休でも気軽に行ける距離で、食べ歩き、温泉、茶藝館に渓谷ハイクまで、楽しみかたも多彩な人気の旅先、台湾。台北や九份といった王道の行き先から始まり...


最高のおもてなし列車!?「リゾートしらかみ」号でゆく夏の東北

旅の最中だからこそ、普段できない”ちょっと昼から一杯”をしたい昼呑み派トラベラーにとって、車旅行は腰が重い。でも、車でないとアクセスしづらい場所にも行きたい…。...

【オランダ】アムステルダム "街中ブルワリー"のすすめ

ワイナリー、蒸留所、酒蔵…。お酒の仕込みをするところって街から離れたところにあると思いこみがちですが、世界のあちこちでトレンドになっているクラフト・ビールは、マ...

【オランダ】アムステルダム再開発地区のヒップな立ち寄りスポット

アムステルダムといえば運河、美術館、王宮エリアなど旧市街の観光地が定番ですが、建築やデザインでも世界を牽引するオランダ、実は割と新しい再開発地区に訪れたいヒップ...

【北イタリア】車で行こう!アグリ・ツーリズモで巡るピエモンテの小さな村々

日本にも田舎にしかない風景があるように、海外でも車だからこそ行ける場所、体験できることがあります。今回は、イタリアで盛んな”アグリ・ツーリズモ”で、ワインやチー...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でイタリアの音声ガイドを聴く

イタリアの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?