イタリア
イタリア観光
南北にブーツのような形をした国は世界遺産の宝庫

【フィレンツェ】絶対食べておきたい郷土料理5選とおすすめレストラン

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:30ヶ国

2019年9月11日更新

8,864view

お気に入り

写真:WAKI

「イタリア料理」と一口に言っても、地域それぞれに大きな特色の料理があるイタリア。ルネサンスの中心の人気観光都市フィレンツェでも、絶対食べておきたい郷土料理があります。外せない5品と、筆者が実際に足を運んで「ここは美味しい!」と思ったお店を紹介します。

この記事の目次表示

絶対食べておきたいフィレンツェ郷土料理

1. ビステッカ・フィオレンティーナ

  • 写真:WAKI

まず、フィレンツェと言って一番に出てくるのが「ビステッカ・フィオレンティーナ」。フィレンツェ特産のキアーナ牛を使い、塩・コショウ・オリーブオイルで味をつけ炭火で焼いたステーキです。

トラットリアなどでは、グラム表示で提供されます。大体2人前~シェアできる分量です。

是非店員さんに、おなかの空き具合や他の注文とも合わせて分量を相談してみてください。フィレンツェのトラットリアの店員さんは観光都市だけあって、日本人の接客にもなれており、日本人の食事量が現地人に比べて少ないことも知っています。

焼く前に「このお肉を焼くよ?」と確認されることが多いです。この時は、あまりの大きさにびっくりするかもしれませんが、骨の部分をのぞくと食べる量は減りますのでご安心を。普段は魚派の筆者ですが、本場フィレンツェで食べるTボーンステーキは格別で、ぺろりと平らげてしまいました。

2. トリッパ

  • 写真:WAKI

フィレンツェを代表するB級グルメ。日本では臭みが気になってトリッパに苦手意識を持つ方も、現地のトリッパはトマトとしっかり煮込まれ臭みもありません。ぜひ一度トライしてみてください。

3. 白インゲン豆料理

  • 写真:WAKI

フィレンツェの住民は、他のエリアのイタリア人から「豆星人」とニックネームがつくほど、豆類が大好き。スープに入れたり、シンプルに煮込んだりして頂きます。

郷土料理のお店でも「店の自慢の一品」として、白インゲン煮込みを紹介していることが多いです。日本だと付け合わせとして頂くイメージがありますが、こちらでは立派な一品。

4. リボリータ

  • 写真:WAKI

肌寒くなる季節に訪れるなら、オススメなのがパン入り野菜スープのリボリータ。

トスカーナ地方の家庭では、固くなったパンと冷蔵庫の残り物の野菜を煮込んで作る、便利で簡単な節約料理として定番だとか。地元の味をぜひ試してみてください。

5. パッパルデッレとフィレンツェ名産のソースのパスタ

  • 写真:WAKI

パッパルデッレとは、幅広の平面パスタのこと。フィレンツェ含むトスカーナ地方でよく用いられるパスタです。また、この地方は緑が豊かで自然に囲まれています。ソースは是非、ノウサギのソースやポルチーニ茸など、山の恵みと併せて食べてみてください。

ここで食べられる!おすすめレストラン

トラットリア・マリオ

中央市場の近くに位置する、地元民ご用達の大賑わいのお店。店内には地元サッカーチーム、フィオレンティーナのユニフォームが飾られています。

ランチ時のみの営業で、予約はできません。観光シーズンには、オープンと同時に満席になりますので時間に余裕をもって向かいましょう。

  • 写真:WAKI
  • 写真:WAKI
  • 写真:WAKI
  • 写真:WAKI
トラットリア・マリオ
イタリア / 洋食・西洋料理
住所:Trattoria Mario, Via Rosina, フィレンツェ イタリア地図で見る
Web:http://trattoria-mario.com/

トラットリア・カサリンガ

イタリアのおふくろの味が楽しめるトラットリア。店内は広く、いつも賑わっています。メニューも豊富なので、大人数で行ってシェアしても楽しめます。

デザートが人気のようで、筆者が訪れた際は、ショーケースのプリンが飛ぶように売れていっていました。

  • 写真:WAKI
  • 写真:WAKI
  • 写真:WAKI
  • 写真:WAKI
トラットリア・ラ・カサリンガ
イタリア / 洋食・西洋料理
住所:Via dei Michelozzi, 9/R, 50125 Firenze FI, イタリア地図で見る
Web:http://www.trattorialacasalinga.it/

リストランテ・ファジオリ

日本のグルメ雑誌にも何度か登場したことのある有名店。けれど観光客向けではなく、ちゃんと地元の人でもにぎわっています。筆者が訪問した時には、地元3世代ファミリーでの誕生日会が開かれていました。

「リストランテ」の名称ですが、カジュアルな雰囲気です。‘Fagioli’の名前の通り、豆料理が自慢ですが、もちろんTボーンステーキも絶品!もう一度フィレンツェに行く際は、ぜひ再訪したいと思っているお店です。

クレジットカードでの支払いはできないので、現金を持参していきましょう。

  • 写真:WAKI
  • 写真:WAKI
  • 写真:WAKI
リストランテ・デル・ファジオリ
イタリア / 洋食・西洋料理
住所:Corso dei Tintori, 47-red, 50122 Firenze FI, イタリア地図で見る

チカローネ

地元料理にちょっと手が加わった、おしゃれな盛り付けやアレンジのお料理が楽しめます。店内の雰囲気もこだわりがあり、インスタ映えも狙えるので女性におすすめのお店です。

  • 写真:WAKI
  • 写真:WAKI
  • 写真:WAKI
  • 写真:WAKI
  • 写真:WAKI
チカローネ
イタリア / 洋食・西洋料理
住所:Via delle Belle Donne, 43, 50123 Firenze FI, イタリア地図で見る

\紹介されたスポットに立ち寄るなら/
イタリアの旅行予約はこちら

イタリアのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

イタリアのホテルを探す

イタリアの航空券を探す

イタリアの現地アクティビティを探す

イタリアのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


イタリアで何食べる?各都市で食べ逃せない代表料理

美食の国イタリア。そんなイタリアを訪れる際には、ご飯をメインに旅行される方も多いのではないでしょうか。ですが「イタリア料理」とひと口に言っても、各地域で育まれて...


今、隠れた魅力に溢れた南イタリアのプーリアを訪れるべき5つの理由

プーリアはブーツのかたちをしたイタリアのかかとの部分にある州です。同じ南イタリアでもつま先の部分のナポリ辺りに訪れる人は多いですが、プーリアはあまり知られていま...

【イタリア・ベニス】イカスミパスタとベリーニカクテル発祥の店へ!

街全体が世界遺産であり、歴史と芸術にあふれた街、水の都ベニス。観光だけではなく、新鮮な地元の魚介類をふんだんに使ったお料理も大変有名です。その中でも代表的なベニ...

南イタリア・ナポリの名物スイーツご紹介!絶対食べたいローカルグルメ

「イタリアは南に行くほど、食事が安く、美味しくなる」といわれます。ナポリもその例にもれず、美味しいグルメが盛り沢山。ポンペイ遺跡やカプリ島の青の洞窟に行く際にナ...

行かなきゃ損!食べなきゃ損!なシチリア島の絶景&絶品グルメ

地中海最大の島、イタリア・シチリア島。島の東側にあるカターニア空港から車で約1時間半、セレブの観光地として有名なタオルミーナとそこから北へ5kmの距離にある小さ...

この記事を書いたトラベルライター

美味しいご飯と自然を求めて旅行中
学生時代はでゆるっと一人旅、働き始めてからはグルメ旅と大自然アドベンチャー旅をしています。

予定はきっちり・下調べはばっちりする派です。
最近は「(教会・美術館など)観る旅」から「(食べる・登る・泊まるetc..なんでもやってみる)体験する旅」にシフト中。

これが知りたかった!という細かいけれど大事な情報や、知らなくても良いけれど知っていると旅がワクワク!するような面白いトピックをお伝えできればと思います。
tripnote他、料理・グルメWEBサイトにてコラム執筆中。

【南イタリア】ナポリ&アマルフィ海岸の定番・こだわり・おもしろ土産7選

旅の思い出を持ち帰る、お土産。今回は、ナポリやアマルフィ海岸を中心に、南イタリアらしい「定番土産」、センスあふれる「こだわり土産」、街で見つけた「おもしろ土産」...


【イタリア・カプリ島】陸路で行く青の洞窟!待ち時間なしで楽々!

一度は行ってみたい、カプリ島の青の洞窟。小舟の上での長い待ち時間が有名ですが、陸路で青の洞窟を目指せば、海路よりも短い待ち時間で入れます。陸路で攻める青の洞窟へ...


【イタリア】愛らしい陶器の街、ヴィエトリ・スル・マーレをお散歩してみよう

アマルフィ旅行を計画中のあなた!王道ルートから、ちょっと足を延ばしてみませんか?南イタリアのレストランで食事をすると、ポップでカラフル、ワクワクする絵柄の食器を...

南イタリア・ナポリの名物スイーツご紹介!絶対食べたいローカルグルメ

「イタリアは南に行くほど、食事が安く、美味しくなる」といわれます。ナポリもその例にもれず、美味しいグルメが盛り沢山。ポンペイ遺跡やカプリ島の青の洞窟に行く際にナ...

【イギリス・スコットランド】定番・こだわり・おもしろ土産7選

イギリス北部に位置するスコットランド。グレードブリテン構成国の一つですが、ロンドン含む「イングランド」とは歴史や文化が異なります。ということで、せっかくスコット...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

アプリ「Pokke」でイタリアの音声ガイドを聴く

イタリアの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります