関東
関東観光
国内外問わず、多くの観光客が訪れる日本の中心エリア

【関東・棒ノ折山】令和だからこそ登ってみたい!天皇陛下お気に入りのロイヤルマウンテン

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:47都道府県

2019年6月5日更新

4,052view

お気に入り

写真:えいぶゆう/TossyPhoto

登山好きな天皇陛下が2度も登られた棒ノ折山(ぼうのおれやま)は、関東圏にあり都心からのアクセスも良く、低山ながら沢あり・鎖場ありとルートのバラエティーも多く、子供連れや登山初心者も楽しめる山です。

この記事の目次表示

棒ノ折山って?

棒ノ折山は、埼玉県飯能市と東京都奥多摩町にまたがる標高969mの低山です。低山といっても、ゴルジュ帯と呼ばれる切れ込んだ岩場があり、初心者のみならず、様々なルートを経験したい中級者へのステップアップルートとしても人気です。登山が大好きな天皇陛下も1986年6月と2005年5月に登られていて、岩場の登山を楽しまれています。実際に登ってみると、陛下が2回も同じ山に登られた理由がわかるほど、とっても楽しい山なんですよ!

さわらびの湯

本日のルートの起点となるのはバス停「さわらびの湯」。埼玉県飯能市にある温泉施設の近くにある、国際興業バスが運行するバス停です。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoさわらびの湯 バス停

このバス停付近には、農産物直売所があり、敷地内のトイレを利用することができます。登山装備の人のほか自転車を楽しむ人も多いので、トイレの横にはバイクラックもあり、アウトドアの地として整備されていることがわかります。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoバス停近くのトイレ

農産物直売所の近くには自動販売機が複数台あるので、直売所の営業時間前の早朝であっても、飲料水などを手に入れることができます。

いざ登山道へ

トイレを済ませたら再びバス停方面に向かいます。この日も多くの登山客の姿が。ツアーなども行われているようで、団体客もバス停前に集まっていました。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto登山客

バス停を出たら、坂を登るようにして舗装路を進んでいきます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto坂を登る

そこから5分ほど歩くと、視界が急に開ける場所に出ます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto坂から開かれた所へ

有間ダム

こちらが登山序盤の見どころ「有間ダム」。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto有間ダム

この有間ダムは、登山客だけでなくオートバイを楽しむライダーにも知られた存在。そのため、ダムを見渡せる一番のポイントには、多くのオートバイが停められていました。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoライダーにも人気

この有間ダム、なかなかワザモノのダムで、昭和57年に土木学会賞を受賞しています。一般的なダムは、大きな滑り台を使って水を流す方式ですが、ここは山中にトンネルを掘って、その中に水を流します。このトンネルを安全に作る設計や技術が賞の授与に繋がりました。

有間ダム
埼玉 / 自然・景勝地 / 紅葉
住所:埼玉県飯能市大字下名栗1830地図で見る
Web:https://www.pref.saitama.lg.jp/soshiki/b1005/kasen...

登山道入り口

そのままダムを回り込むように歩いていくと、本日の登山道の入り口へ到着。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto登山道入り口

実はこの登山道のすぐ真横には駐車場もあり、マイカーで訪れる登山客はここに駐車することもできるのですが、台数も限られているので前泊か(その場合は車中泊にて朝まで待機)、早朝でないと駐車するのは難しいでしょう。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto駐車場

冒頭に触れた「さわらびの湯」では、お風呂利用を前提に登山客の駐車もOKとのことで(ただし、長時間駐車することになるので、登山者向けに区画がわけられています)、マイカーの時は下山後のお風呂も楽しんでみてはいかがでしょうか?

さて、ここからしばらくは、この「棒ノ嶺」と書かれた案内板を目印に歩を進めていきます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto棒ノ嶺への案内板

次のページを読む

関東の旅行予約はこちら

関東のパッケージツアーを探す

(北関東)

(首都圏)

関東のホテルを探す

(首都圏)

(北関東)

(北関東)

(南関東)

関東の航空券を探す

関東の現地アクティビティを探す

関東のレンタカーを探す

関東の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年6月4日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


最高の展望がずっと続く山【神奈川・仏果山~高取山~宮ケ瀬湖】

神奈川県丹沢山(たんざわさん)系の仏果(ぶっか)山と高取山は、登山道のいたる所で展望が楽しめ、かつ標高差が400メートル程度と初心者やお子様連れでの登山におすす...


【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

初めての縦走チャレンジにもオススメ!陣馬山から目指す高尾山

奥高尾縦走といわれている「陣馬山~高尾山縦走」についてご紹介します!縦走ときくと、少し構えてしまう方も多いかもしれませんが、コースは整っていて、エスケープルート...

日本とは思えない!まるで古代遺跡みたいな山【神奈川・鷹取山】

神奈川県の鷹取山をご存知ですか?垂直に切り立った岩が壁のように次々と現れ、その奥にたたずむ巨大仏像が、なんだか古代遺跡のような、いにしえの雰囲気が満載の山です。...

いざアルプスへ!湘南アルプスをゆるゆる攻略【湘南・大磯】

アルプスといえば登山者の間で憧れの山。通常日本でいうアルプスとは、本家ヨーロッパの山脈ではなく、飛騨・木曽・赤石山脈の日本アルプスを指します。この日本アルプスか...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...


絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

湘南を代表する観光スポット「江の島」。どメジャーな観光スポットですが、意外にもガイドブックでは紙面の都合からか、江の島の見どころを収めきれていないんです。実際に...


【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...

【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

天下の難所・箱根旧街道をちょっとズルしてハイキング【神奈川・箱根】

箱根といえば日本でも有数の温泉地です。平日・休日問わず、多くの観光客が訪れます。日本の温泉地ランキングでは、常に上位に挙がるほど人気で定番ともいえるエリア。その...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります