高知
高知観光
坂本龍馬の出身地として知られる、カツオ漁が盛んな地域

【高知】ドラマのロケ地として話題に!1日1組限定・川辺のコテージに泊まろう!

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:28都道府県

2017年3月29日更新

3,362view

お気に入り

写真:あやか

人と自然が共生する美しい川ということから、日本最後の清流と呼ばれている、四万十川。本流に大規模なダムが建設されておらず、全長およそ196キロメートルと四国最長です。この自然溢れる四万十川の近くに、1日1組限定のコテージがあることをご存知でしょうか。その名は「川辺のコテージ」。ドラマのロケ地としても使われ、予約は半年前からでないと取れないという人気ぶり。今回はそんなコテージの魅力をご紹介します。

この記事の目次表示

川辺のコテージとは

高知県四万十市にある「川辺のコテージ」は、2012年フジテレビ系で放送されたドラマ『遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~』の中で、主人公の家として使われたことで話題となりました。

ドラマは、東京で暮らしていた主人公が派遣切りに合い、四万十市に家賃5,000円の古民家を発見、地域おこし協力隊員として移住を決意するところから始まります。この古民家のモデルになったのが「川辺のコテージ」です。

こちらのコテージには、犬も泊まることができ、2階建ての一軒家を丸ごと貸切で利用するスタイルとなっています。

  • 写真:あやか川辺のコテージ外観

オーナーである宮崎直美さんの、”こんな素敵な場所を自分たちだけで住んでいるのはもったいない!色々な人が気軽に足を運べる場所として提供したい”という思いから、宮崎さんのご家族が実際に住んでいた家屋を再利用して、コテージとして提供されています。

コテージ内には、ドラマのロケ地マップや台本、ドラマに関する新聞記事がスクラップされたものが置いてあり、ドラマファンはもちろんのこと、どこを観光しようか迷っている時にも参考になること間違いなしです。

  • 写真:あやかドラマ『遅咲きのヒマワリ』ロケ地マップ
  • 写真:あやかドラマ『遅咲きのヒマワリ』台本

築20年!四万十産天然ヒノキで造られた古民家

ドラマの主人公の家として実際に使われたこのコテージは、四万十産の天然ヒノキをふんだんに使用し、建てられました。

竹に囲まれたデッキや、「ようこそいらっしゃいませ」と書かれた手作りの可愛らしい看板が、旅行者を迎えてくれます。

  • 写真:あやかデッキ
  • 写真:あやか川辺のコテージ手作り看板

1階は、リビング、キッチンになっています。自炊できるようキッチン道具も全て揃っており、自由に使うことができます。

  • 写真:あやかコテージ内キッチン
  • 写真:あやかコテージ内リビング

階段を上がって見えてくるのが、和室の寝室です。とても広々としており、思いっきり足を伸ばしてくつろぐことができます。

  • 写真:あやか2階の寝室

そして何より、ヒノキの良い香りが漂うのが浴室です。木製の雰囲気あるヒノキ風呂で、旅の疲れを癒やすことができます。

  • 写真:あやか四万十産天然檜のお風呂
  • 写真:あやか手作りの注意書き

コテージで高知の名物を頂こう!

素泊まりでも十分楽しめる宿ですが、事前に予算を連絡すれば、夕食を準備してもらうことができます。

  • 写真:あやか鰹のたたきを始めとする高知の名物料理

筆者が宿泊した日の夕食は、土佐名物の鰹のたたきのほか、アユやエビなど川の幸が盛りだくさん。このボリュームで一人3,000円という安さです。外に食べに行くのも良いですが、こちらに泊まる際は、是非利用してみてはいかがでしょうか。

最後に

いかがでしたでしょうか。手つかずの自然が残る四万十市を訪れた際は、是非こちらのコテージを利用してみてください。

コテージから約100歩のところには、ドラマのオープニングにも使われた佐田沈下橋があります。また、ドラマ内にも度々登場する安並水車の里など、周辺にもドラマのロケ地や観光スポットも満載です。

  • 写真:あやか佐田沈下橋
  • 写真:あやか安並水車の里

さらに、予約をすればカヌー体験やBBQも出来るので、体験したい方は是非問い合わせをしてみてください。

川辺のコテージ
高知 / コテージ
住所:高知県四万十市佐田2447地図で見る
電話:090-4782-8894
Web:http://sadatinka.blog72.fc2.com
佐田沈下橋
高知 / 自然・景勝地 / 絶景 / 橋 / 女子旅 / 一人旅 / 春のおすすめ観光スポット / 夏のおすすめ観光スポット / 秋のおすすめ観光スポット / 沈下橋
住所:高知県四万十市佐田地図で見る
電話:0880-35-4171
安並水車の里
高知 / 公園 / 穴場デートスポット / 花畑(5月) / 花畑(6月)
住所:高知県四万十市安並地図で見る
電話:0880-35-4171
Web:http://www.city.shimanto.lg.jp/kanko/spot/meisho/s...

高知の旅行予約はこちら

高知のパッケージツアーを探す

高知のホテルを探す

高知の航空券を探す

高知の現地アクティビティを探す

高知のレンタカーを探す

高知の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2022】9月の国内おすすめ旅行先19選!連休に行きたい観光地特集

ようやく暑さもおさまる9月。彼岸花やコスモスなどの秋の花が咲き、早いところでは紅葉も見頃を迎えます。9月の連休にもおすすめの国内旅行先をご紹介します。


【2022】8月の国内おすすめ旅行先20選!夏休み旅行にぴったりな観光地特集

真夏の猛暑でも出かけたくなる夏でも涼しい避暑地・観光スポットや、夏は一層美しく見える絶景スポットなど、8月のお盆休みや夏休みにおすすめの国内旅行先をご紹介します...

【2022最新】日本の人気の島・離島TOP47!トラベラーが行っている島ランキング

広島の宮島や沖縄の古宇利島、山口の角島をはじめとする日本の島の中で、トリップノートの7万5千人の旅行好きトラベラー会員(2022年1月現在)が実際に行っている順...

全国の人気ご当地グルメ47選!お取り寄せもできる都道府県別の名物グルメ特集

旅行の楽しみの一つ「ご当地グルメ」。この記事では全国47都道府県ごとに、人気の名物グルメを厳選してご紹介します。いずれのご当地グルメもお取り寄せもできますよ。

全国の人気鍾乳洞・洞窟TOP22!旅行好きが行っている鍾乳洞・洞窟ランキング

秋芳洞やあぶくま洞、青の洞窟をはじめとする全国の鍾乳洞・洞窟を、トリップノートの7万7千人の旅行好きトラベラー会員(2022年5月現在)が実際に行っている順に、...

この記事を書いたトラベルライター

旅する歴女
東京生まれ、東京育ち。
茨城県の県北エリア在住。

田舎暮らしをしながら、
好きなこと(文章を書く)をして、生きています。
旅と読書と人の話を聞くことが好き。

◆経歴

介護職(訪問介護員)
  ▽
歴史編さんの調査員
  ▽
地域おこし協力隊(2021年4月〜現在)

◎2017年1月〜現在:ライター
https://ayaka17blog.com/

1日で満喫できる!尾道・しまなみ海道【生口島】のおすすめ観光プラン

しまなみ海道は、広島県尾道市と愛媛県今治市を繋ぐ全長約60キロメートルに及ぶ西瀬戸自動車道の愛称です。瀬戸内海にある6つの島を9本の橋で結び、美しい景観やグルメ...


【栃木】鬼怒川温泉エリアをのんびり観光!1泊2日モデルコース

「東京の奥座敷」といわれる鬼怒川温泉。今回この記事では、実際に筆者が体験した、鬼怒川温泉の1泊2日のモデルコースをざっくりの時間と共にご紹介します。時間がなくて...


【鬼怒川温泉】駅周辺で買える!オススメお土産5選&お土産店のご紹介

「東京の奥座敷」と呼ばれる関東有数の温泉地、鬼怒川。鬼怒川温泉駅周辺にはいくつものお土産屋さんがあります。今回この記事では、実際に筆者が購入して良かったお土産を...

【福岡】インスタ映え抜群!糸島のおすすめ観光スポット6選

福岡県の最西部に位置する糸島市。福岡市の中心部から車で約40分という距離にありながら、玄界灘に面した糸島半島は、美しい海岸線と豊かな自然が広がっています。そんな...

【栃木】車がなくても満喫できる!那須と宇都宮餃子を楽しむ日帰り観光プラン

東北新幹線や東北自動車道が通じており、都心からも日帰り可能な那須エリア。雄大な自然に囲まれ、夏は涼しく避暑地としても有名で、美術館や牧場など観光名所も沢山ありま...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります