埼玉
埼玉観光
経済的に発展しながら、自然も豊か

関東屈指の優しい神様とここだけの名巧の作【秩父神社】

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:47都道府県

2018年7月16日更新

1,644view

お気に入り

埼玉県秩父市には、関東でも有数のパワーの強い神様たちが住んでいるとされており、中でも特に有名なのが秩父三社と言われています。今回ご紹介する「秩父神社」も、秩父三社の1つ。「秩父神社」は女性的で優しい包み込むようなパワーを持つ神社と言われていて、三社巡りの一番最初に訪れるのにうってつけの神社でもあります。また江戸時代に活躍した彫刻家の左甚五郎(ひだりじんごろう)の作を残す神社としても有名です。

この記事の目次表示

秩父三社の中でも優しい神様

秩父神社(ちちぶじんじゃ)は、埼玉県の秩父市にある神社です。「三峯神社」と「宝登山神社」、そして今回ご紹介する「秩父神社」の3つを合わせて、秩父三社と呼ばれています。

  • 秩父神社

秩父三社の中でも、特に「三峯神社」が持つパワーは男性的なビリビリするパワーと言われていて、少し気弱になっている時に行ってしまうと体調を崩したりするので、逆に行かないほうが良いと言われているくらいの強いパワーです。

一方、「秩父神社」は女性的な優しい包み込むようなパワーと言われているので、体調を崩したりするのが心配な方は、まずは秩父神社から参拝したほうがいいでしょう。そんなわけもあって、秩父三社の中で一番最初に訪れるのにうってつけなんです。

名工の作が贅沢にあしらわれた社殿

さて、秩父神社は、神様のパワー以外に、人間の技もすごいんです。

皆さんは、左甚五郎(ひだりじんごろう)という彫刻家をご存知ですか?江戸時代に活躍した彫刻家です。そのドラマチックな人生から落語や講談になってしまうほど人気のある人物。彼の代表的な彫刻は日光東照宮の「眠り猫」という作品です。昔からTVや旅行雑誌で日光東照宮を紹介するときは、必ずでてくる鉄板の作品ですよね。

  • 日光東照宮の眠り猫

そんな左甚五郎の作品が秩父神社にも複数あるんです。さて、それでは社殿を正面から左回りに見ていきましょう。

子育ての虎

秩父には、荒川の源流が流れています。関東の一級河川である荒川。昔から、関東の水源として大事にされていました。江戸時代には、徳川家康が荒川を守るため、この秩父神社の社殿を建てたと言われています。

  • 社殿

ということで、ここ秩父神社は徳川家康ゆかりの神社でもあります。徳川家康は、虎が好きだったんです。なぜならば彼は寅年生まれだから。ということで、秩父神社の社殿にも虎が施されています。

それがこちらの「子育ての虎」で、左甚五郎の作品です。右側から、小さい虎が子供、その近くにいる大きいのがお母さん。左がお父さんです。写真を見て「あれ?」と思いませんか。子供は虎の柄なのに、お母さんはなぜかヒョウ柄。

それは、今のように動物園や写真で虎を見ることができなかった当時、ヒョウ=メスの虎として伝わっていたからなのです。そのため、ヒョウ柄の虎が彫刻や絵で表現されたものは日本各地でしばしば見られます。

お元気三猿

「見ざる・言わざる・聞かざる」で有名な日光東照宮にある三猿。あちらは、してはいけないこと3つ、という感じで、少し抑圧された負の雰囲気がありますよね。

  • 日光東照宮の三猿

ところがこちらは、「よく見て・よく聞いて・よく話す」ということで、一転して明るい雰囲気。日光東照宮の三猿と区別して「お元気三猿」と呼ばれています。

  • お元気三猿

もともと「見ざる・言わざる・聞かざる」は、中国から伝わってきた教え。それがもっと土地の気質にあった感じで工夫されたものが「お元気三猿」です。こっちのほうが、ちょっととぼけた描写で親しみがわきますね。

ちなみに秩父神社の女性の神様は「元気」をつかさどる神様。そういうこともあって「お元気三猿」なのかもしれませんね。このお元気三猿が描かれた絵馬も、かわいいんですよ!

  • 絵馬

ね。思わずお家に持ち帰って飾りたくなるキュートさ。秩父神社は絵馬のクオリティが高い神社でもあります。

北辰の梟(フクロウ)

フクロウって、首がぐるーっと回りますよね。フクロウは270度も首を回すことができるそうですが、こちらのフクロウも、顔は正面を見ていますが、体は後ろを向いています。

  • 北辰の梟

顔を向けているほうが北側です。中国の伝承では、北側には魂を統括する位の高い神様がいると考えられてきました。その神様が「北辰」と言われているので、このフクロウは「北辰の梟」と呼ばれています。

  • 顔と体の向きが逆の梟

つなぎの龍

こちらも左甚五郎の作品です。

  • つなぎの龍

昔、秩父の地域にはあばれんぼうの龍がいました。その龍があばれた時には、なぜか秩父神社の龍の彫刻に水たまりができていたそう。もしや、この彫刻の龍があばれまわっているのでは?と思った人々が、この彫刻の龍を鎖でつなぎとめたところ、龍が現れなくなったんだそう。だから「つなぎの龍」です。

  • 本物の鎖にからまれた龍

写真でもお判りいただけますか?龍のまわりに、本物の鎖が巻き付いています。今でも龍を押さえているんですね。彫刻で彫られた龍があまりにイキイキしていたので、魂が入ってしまったのではないか?という当時の人の畏敬が込められた逸話です。

まだまだ沢山の彫刻が

今回は逸話がはっきりと伝えられている代表的な彫刻をご紹介しましたが、社殿のまわりにはこれら以外にも沢山の彫刻が施されています。人物や花鳥風月が彩色豊かに彫られ、社殿を荘厳にしています。

  • 彫刻

次のページを読む

夏休みの格安航空券をskyticketで検索

埼玉の旅行予約はこちら

埼玉のパッケージツアーを探す

埼玉のホテルを探す

埼玉の航空券を探す

埼玉の現地アクティビティを探す

埼玉のレンタカーを探す

埼玉の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年7月13日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


日本一の花火に日本三大花火も!日本の有名花火大会12選

日本の夏の風物詩と言えばやっぱり花火大会!日本一打ち上げ数の多い花火大会や、日本三大花火大会をはじめ、各地で度肝をぬく花火大会が開催されています。一度は行きたい...


2020年初詣におすすめ!【全国47都道府県別】初詣の人出トップ寺社一覧

全国47都道府県ごとに、もっとも初詣客の多い寺社を一挙にご紹介!2019年の初詣は、たくさんの人が新年の開運祈願に訪れる、人気の寺社へ初詣に出かけてみませんか?

10月のイベント・行事48選!一度は足を運びたい全国のおすすめイベント特集

10月は秋の花火大会やグルメフェス、見頃を迎えるコスモスやコキアのイベントが各地で開催され、早いところではイルミネーションも始まる時期です。10月に行われる全国...

フォトジェニックな冬の景色に出会えるおすすめ旅行先19選!

雪や氷に覆われた冬ならではの景色や、真っ暗な冬の夜に浮かび上がる幻想的なイルミネーションに、真っ白な雪にオレンジ色の灯りが点る各地のかまくら祭りなど、フォトジェ...

風鈴祭り&風鈴市11選!涼やかな音色で日本の夏を感じよう

風鈴の短冊に願い事を書いて奉納したり、さまざまな風鈴を展示販売するなど、日本の夏を涼やかに感じる「風鈴祭り」。この記事では、日本全国で開催されている風鈴祭りを1...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...


【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...

【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

湘南を代表する観光スポット「江の島」。どメジャーな観光スポットですが、意外にもガイドブックでは紙面の都合からか、江の島の見どころを収めきれていないんです。実際に...

どメジャーなのに謎だらけ?鎌倉大仏の謎に迫る旅

「鎌倉」と言えば多くの人が連想するのが、青銅色の巨大な大仏様ではないでしょうか?そんな鎌倉のシンボル的な存在でありながら、実はいつ誰が何のために建造したものなの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?