スリランカ
スリランカ観光
世界有数の紅茶の産地でありアーユルヴェーダの本場

ここだけは訪れておきたい、スリランカの世界遺産4選

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:35ヶ国

2020年3月23日更新

2,099view

お気に入り

写真:sosuke

インドの横、南アジアに属する島国スリランカ。長かった内戦が終わり、現在では観光スポットとして日本をはじめ世界中から観光客の集まる場所となりました。そんなスリランカには東西南北様々な表情を見せてくれる観光スポットがたくさん!自然から遺跡、ビーチまで、それぞれの旅のスタイルに合わせて楽しめる国なんです。そんなスリランカには現在8つの世界遺産があるのですが、その中でも「ここを見ずしてスリランカを語るべからず」と言える定番の世界遺産を4つご紹介します。

この記事の目次表示

1. シギリヤロック

  • 写真:sosuke

スリランカ旅行で欠かせない場所といえばやはりここ。スリランカの中央に位置するスリランカを代表する遺跡、シギリヤロックです。もともと溶岩が固まってできた岩山でしたが、5世紀にシンハラ王朝のカッサパ1世がこの頂上に王宮を築きました。

カッサパ1世の政権自体は495年、シギリヤロック頂上の王宮が築かれてから僅か11年で幕を閉じてしまいましたが、今ではその遺跡が世界遺産として登録され、世界中からくる観光客を魅了しています。

  • 写真:sosuke頂上では遺跡とともにシギリヤの雄大な自然を眺めることができます。

高さ370メートルの岩山の頂上からの景色はまさに絶景で、雄大なシギリヤの大パノラマを堪能することができます。麓から頂上までは約30分〜1時間の道のりで、道中では有名なフレスコ画であるシギリヤレディを見ることもできます。

道中は人1人しか通れないような道もあり、朝10時頃には大変混雑をします。雄大な景色をゆっくりと楽しみたい方は、ぜひオープンする朝7時から登られることをお勧めします。

シーギリヤ・ロック
スリランカ / 遺跡・史跡 / 観光名所
住所:Central Province, Matale District, Sigiriya 21120, Sri Lanka地図で見る
電話:+94 776507253
Web:http://seelanka.net/sigiriya/#_=_

2. ダンブッラの黄金寺院(石窟寺院)

  • 写真:sosuke

スリランカ随一の観光名所であるシギリヤから車で約40分で到着する世界遺産の石窟寺院です。スリランカには多数の石窟寺院が存在しているのですが、その中でも最も保存状態が良いと言われるのがこちらの黄金寺院なんです。

中は全部で5個の洞窟に分かれており、それぞれ作られた時代と内装が異なりますが、黄金寺院のそもそもの歴史は紀元前3世紀まで遡ります。途中途中の修繕はありつつも、それほどの歴史がありながらこれほどまでに状態がよく残っている石窟寺院は稀だそうです。

石窟の中に入ると壁一面の絵画と安置された無数の仏像を見ることができ、その荘厳な雰囲気と圧倒的な静けさについつい見入ってしまいます。

ちなみに石窟寺院までは10分ほど階段を上る必要があるので、歩きやすい格好で行かれることをお勧めいたします。

ダンブッラ石窟寺院
スリランカ / 観光名所 / 社寺・教会
住所:Sigiri Road, Inamaluwa, Dambulla, Sri Lanka地図で見る

3. ゴールの要塞都市

  • 写真:sosuke

スリランカ一の大都市、コロンボからインド洋沿いを南に120km進むとあるのが、ゴール。英語ではGalleと書かれるのですが、現地の方々はゴールと発音するため、その呼び名が定着しています。

スリランカ随一のリゾート都市としても知られる南国の街ゴールですが、中でもその名を広く知らしめているのが、要塞都市と呼ばれるインド洋に突き出した出島のような旧市街の街並み。1600年代にオランダやポルトガルの支配下にあった時代に作られたのですが、周囲数キロの島を高さ6m〜20mの城壁が囲むまさに要塞のような街なんです。

  • 写真:sosukeゴールの旧市街の様子

城壁内はコロニアル様式の建物が並ぶ南ヨーロッパのような街並みが広がり、カフェやホテル、教会まで様々な施設が凝縮されています。要塞内は南北に600mほどの広さなので、街歩きをするにも最適。南国の風に吹かれて少し違ったスリランカの表情を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

ゴールの要塞
スリランカ / 遺跡・史跡 / 観光名所
住所:Galle,Sri Lanka地図で見る

4. キャンディの仏歯寺

  • 写真:sosuke

スリランカの中部に位置するスリランカの古都キャンディ。スリランカ仏教の聖地としても知られ、スリランカの人たちにとっては日本でいう京都のような位置づけの街なのだそう。そんなキャンディに位置する仏歯寺こそがキャンディを聖地と言わしめたる所以なんです。

「キャンディの仏歯寺を見ずしてスリランカを語るべからず」と言われるほどの名所で、その正式名称をダラダー・マーリガーワ寺院と言います。その昔インドより持ち帰られたブッダの犬歯が納められていると言われており、1日3回あるプージャーという儀式の際にはその歯が納められている祭壇の扉が開き、多くの信者たちが祈りやお供え物を捧げます。

このプージャーの際には非常に多くの人が列を成して祈りを捧げており、スリランカ仏教徒の信仰心の深さと、この寺の重要度を伺うことができます。勿論、観光客でもプージャーには参加でき、お祈りをしたりお供え物をすることも可能ですが、現地の人々の邪魔にならないよう、謙虚な気持ちで参加を心がけましょう!

仏歯寺
スリランカ / 社寺・教会 / 観光名所 / 寺
住所:Sri Dalada Veediya, Kandy 20000 スリランカ地図で見る
電話:812 234 226
Web:http://sridaladamaligawa.lk/

一度は訪れてみたいスリランカの世界遺産

いかがでしたか?スリランカで登録されている世界遺産はそれぞれ歴史的・文化的背景が異なっており、どれも回る価値のある遺産ばかり。自然の力から宗教の力、王朝の力までを体験できる素晴らしい国です。

スリランカを訪れる際にはぜひこれらの世界遺産巡りを視野に入れてみて、スリランカの文化を堪能してみてはいかがでしょう?

スリランカの旅行予約はこちら

スリランカのパッケージツアーを探す

スリランカのホテルを探す

スリランカの航空券を探す

スリランカの現地アクティビティを探す

スリランカのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年12月4日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


年末年始の海外旅行におすすめの国・都市16選!お正月は海外で年越ししよう

お正月休みに海外旅行へ出かけたいという方に、冬にベストシーズンを迎える国や、年越しのカウントダウンイベントが魅力の旅行先など、年末年始の海外旅行におすすめの国・...


ジャングルの中にそびえ立つ巨大な岩の上には、天空の城があった!感動の世界遺産、スリランカ・シーギリヤロック

スリランカが誇る世界遺産、シーギリヤロック。ジャングルに突如出現する高さ約190メートルの巨大な岩は、かつて5世紀の王が築いた天空の宮殿でした。長く続く階段を登...

元駐在員が紹介!南インドの玄関口・チェンナイから直行便で行ける観光地10選

ANAが成田からの直行便就航を2019年秋に予定し、今後益々日本との関係が深まりそうな南インドの玄関口・チェンナイ。筆者のように駐在する人や、南インド観光の拠点...

紅茶の国スリランカ!自然の息遣いを感じるヌワラエリヤと世界遺産

温暖な島として知られるスリランカといえば、ビーチを訪れたりアーユルヴェーダを体験したりする方がたくさんいらっしゃると思います。しかし、スリランカの魅力は他にもた...

人生で一度は食べたい本場カレー大国! スリランカでおすすめの過ごし方3選

みなさんはスリランカと聞いてなにを思い浮かべますか?スリランカはインドの真下、インド洋に浮かぶ島国です。70パーセントの人が仏教を信仰しており、親日国としても知...

この記事を書いたトラベルライター

タイが好きすぎるアラサートラベラー
兵庫県生まれ/ニューヨーク・千葉育ち/タイおじさん
都内でマーケのお仕事をしながら、年に4~5回海外旅行、時々出張をし、現在30カ国以上を制覇。
バックパッカースタイルも、ラグジュアリー旅行もどちらも好き。
タイが過ぎすぎて10年で30回以上訪泰。タイ語はお勉強中。

旅の醍醐味は食べること、歩くこと、人と会うこと。
世界中に"お気に入りの場所"と"会いに行ける友人"を持つことがよろこび。
夢は198カ国、全世界制覇!
普通のガイドブックでは得られない情報を皆さんとシェアできればと思います。

【決定版】お土産にも最適!現地人も太鼓判のタイのソープ&シャンプーブランド3選!!

タイの土産といえば、皆さん何を想像しますか?ドライマンゴーやタイパンツなどタイならではのお土産はたくさんありますが、実はソープやシャンプーを買って帰られる方も多...


現役アパレルマンの筆者が教える、ロンドンで必訪な古着屋3選!

世界でも有数のファッション都市として知られているロンドン。東京やニューヨークなどと並んで流行の発信地としても名高い場所ですが、実はロンドンは他のファッション先進...


本当は教えたくない...台湾リピーターの筆者が厳選する台北の必食グルメ5選!

美食の国台湾!日本からもほど近く、行かれたことがある方も多いはず。そんな台湾の首都台北には、ガイドブックには載っていないものの何度でもリピートしたくなる絶品のお...

リピーター続出!秩父の大自然を体感できる巴川オートキャンプ場へ行こう!

いよいよキャンプシーズンが到来!道具を揃えたのはいいけれども、実際どこのキャンプ場がいいんだろう?とお思いの方はきっと多いはず。キャンプに行くなら、BBQやキャ...

まるで映画の中の世界!?香港一のインスタ映えスポットをご紹介!

人気の旅先の一つである香港。中国に属していながらも行政区が異なり、独特の文化が育まれ、世界から多くの観光客を集めている観光都市です。そんな香港の国土面積は札幌市...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります