鳥取
鳥取観光
砂丘で知られ、漫画家・水木しげる氏の関連スポットが人気

【鳥取】手軽にアクティブ登山を満喫!巨石と絶景を楽しめる三角山へ

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:25都道府県

2019年5月21日更新

1,008view

お気に入り

写真:SaoRi

鳥取市用瀬(もちがせ)町に連なる用瀬アルプスと呼ばれる山の一つ、三角山(みすみやま)。標高508mと低山であるにも関わらず、体全体を使って岩肌を登っていくアクティブな登山を楽しめます。今回は、三角山山頂までのコースや、見どころについて詳しくご紹介していきます。登山初心者の方の実力試しや、手軽にハードな山登りを楽しみたい方に特にオススメなので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

この記事の目次表示

三角山とは?

鳥取市用瀬町にある標高508mの三角山は、猿田彦が祀られ、古くから多くの修験者が修行に訪れる神聖な山です。

  • 写真:SaoRi

長閑な用瀬町の街並みの背後に、北から三角山・おおなる山(標高648m)・洗足山(標高743m)と連なっており、「用瀬アルプス」と呼ばれ、縦走することも可能です。

  • 写真:SaoRi

用瀬アルプス縦走ルート以外にも、景石城跡(標高325m)からのルートなど、三角山には様々な登山コースがありますが、今回は駐車場やお手洗い、登山届提出に便利な用瀬町総合支所を起点とした下記コースについてご紹介します。

①用瀬町総合支所→②女人堂→③中鳥居(なかどりい)→④仙行者(せんのぎょうじゃ)→⑤三角山神社本殿(山頂)
※個人差はありますが、パンフレットなどの紹介によると往復約3時間のコース
  • 写真:SaoRi

では、さっそく詳しくご紹介していきます。

①用瀬町総合支所

今回のスタート地点である用瀬町総合支所は用瀬駅から徒歩約5分の位置にあります。

  • 写真:SaoRi用瀬総合支所

こちらの用瀬町総合支所はJRで訪れた方にとってはもちろんのこと、車で訪れた方にとっても大変便利です。広い駐車場があり、登山の際にはこちらに車を停めていくことができ、お手洗いも利用させて頂けます。

また、入口前には登山届出所が設けられており、用紙や筆記用具が用意されているほか、用瀬山系周辺登山ガイドマップなども置かれています。

  • 写真:SaoRi

登山届を提出し、準備ができたら、ガイドマップや道標をみながら2番目の目的地である女人堂に向けて歩きだしましょう!

用瀬町総合支所
鳥取 / その他スポット
住所:鳥取県鳥取市用瀬町用瀬832地図で見る
電話:0858-87-2111

②女人堂

用瀬町総合支所から女人堂までは約20分で、住宅街を抜けていきます。

  • 写真:SaoRi

住宅街はもちろんアスファルトの道で、途中、在原行平などの歌碑も楽しめます。

  • 写真:SaoRi

ほどなくして、三角山神社の鳥居が出てきて、周囲も木々に囲まれ始めますが、歩きやすい散策道が続いているので、楽な道のりかと思います。

  • 写真:SaoRi

左手側に最上山道場が見え、更に鳥居をくぐり、歩を進めていくと、「三角山 女人堂」に到着です。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

三角山は、戦前までは女人禁制のしきたりがあったため、現在でもこちらの女人堂が残っています。他にも、三角山や三角山神社本殿、三角山にまつわる伝説などについても紹介されているので、せひ読んでみて下さいね。

  • 写真:SaoRi

また、この先は山頂を含めお手洗いがないので、心配な方はこちらで寄っていかれるといいかと思います。

  • 写真:SaoRi

じっくりと三角山の歴史に触れた後には、3番目の目的地である中鳥居へと向けて、また歩きだしましょう!

③中鳥居

女人堂を過ぎると、一気に山道へと変わります。

  • 写真:SaoRi

女人堂のすぐ先には、三角山神社山頂本殿の遥拝所があります。

  • 写真:SaoRi

小さく三角山の頂がみえるので、ゴール地点を確認するのにもいいですし、山頂まで行けない方はこちらでお参りができます。

遥拝所を過ぎて、少しすると、岩肌が剥きだしとなった道に変わります。

  • 写真:SaoRi

これまで通ってきた道に比べると多少歩きづらさは感じられるかと思いますが、中鳥居までは岩肌に凹凸があったり、石段状になっているところもあり、今回のコースにおいてはまだまだ歩きやすい方です。

ただ落ち葉や細かい砂などで滑りやすくなっているので、注意しながら登っていって下さいね。

  • 写真:SaoRi

歩み進めていくと、木でできた鳥居が見えてきます。こちらが中鳥居です。

  • 写真:SaoRi

女人堂から山頂本殿のおよそ1/3の位置にあたります。この付近から奥宮の神域(結界)であり、その入口と考えられている場所です。

鳥居をくぐり、神域へと進んでいきましょう!

次のページを読む

鳥取の旅行予約はこちら

鳥取のパッケージツアーを探す

鳥取のホテルを探す

鳥取の航空券を探す

(鳥取空港)

(米子鬼太郎空港)

鳥取の現地アクティビティを探す

鳥取のレンタカーを探す

鳥取の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年5月21日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【鳥取】中国地方第2の高峰「氷ノ山」!登山初心者でも登れる氷ノ越コースを徹底紹介!

中国地方で第2位の標高を誇る「氷ノ山(ひょうのせん)」。第2位の標高ときくと少し構えてしまうかもしれませんが、氷ノ山には複数の登山コースがあり、今回はそのなかで...


【鳥取・船上山】ド迫力!絶壁の突端 「千丈のぞき」でスリルと絶景を堪能しよう!

鳥取県琴浦町にある「船上山」は、数キロに渡って続く屏風岩と呼ばれる断崖絶壁で有名です。麓や登山道から見る屏風岩もとても見応えがあるのですが、なんと山頂からはその...

難所と絶景の繰り返し!【鳥取県】帝釈天出現霊場・摩尼山に登ろう

鳥取市にある摩尼山(まにさん)は、喜見山 摩尼寺(きけんざん まにじ)の境内を成す標高357mの山です。山中では帝釈天出現の立岩や奥の院跡地などが見られる他に、...

【鳥取】日本三百名山の1つ!初心者にもオススメの「扇ノ山・河合谷コース」を徹底紹介!

鳥取県と兵庫県にまたがる標高1,310mの山「扇ノ山」。関西百名山や日本三百名山にも選ばれている名山で、県内外の多くの登山者に親しまれ続けています。今回は、複数...

【鳥取県】国指定史跡・鳥取城跡!久松山山麓から山頂まで見所ガイド

鳥取城跡が残る久松山はJR鳥取駅から車で約10分の距離にあり、市街からもその頂きがよく見えます。山麓付近は久松公園として整備されており、かつての鳥取城を十分に感...

この記事を書いたトラベルライター

転勤族ライター
子供の頃から現在に至るまでの生粋の転勤族!転勤の先々でその地ならではの良さを暮らしながら体感し、ディープに発信していきたいと思います!

特に体や足を使ったアクティブな取材が大好きなので、登山や探勝路などで出会った絶景や情報などをお伝えしていければと思います♪
https://www.one-access.work/

ハワイ限定!モニ・ホノルルでお土産にも嬉しい【日焼けスヌーピー】グッズを♡

ハワイ限定の「日焼けスヌーピー」グッズが買えるモニ・ホノルル。カップルコーデやおそろコーデで人気のTシャツをはじめ、バッグやマグカップなど、種類豊富なアイテムが...


大行列!完全数量限定・三方六の切れ端!【北海道・音更】柳月スイートピア・ガーデン

柳月(りゅうげつ)は、北海道旅行のお土産にもよく用いられる、北海道を代表する老舗菓子店の1つです。その工場である柳月スイートピア・ガーデンでは「お菓子の里 十勝...


【徳島】大秘境を満喫!小歩危・大歩危・祖谷のオススメスポット&楽しみ方8選

「大股で歩いても、小股で歩いても危険」といわれていたことからその地名がついた大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)、そして平家の落人が隠れ住んだと伝えられている祖...

【鳥取県】すなば珈琲に行ったら食べておきたい定番メニュー8選!

2014年に鳥取市内に2店舗同時オープンしたのをきっかけに、現在では鳥取県全域にわたってお店をかまえる「すなば珈琲」。平成28年に鳥取県が行った「鳥取県の観光地...

鳥取砂丘は冬がオススメ!?地元民だからこそ知っている冬の魅力!

雪がとけて春の息吹が感じられるようになる頃から少しずつ観光客が増し、ゴールデンウィークから夏過ぎまで、その数がピークに達する鳥取砂丘。そんな大人気の鳥取砂丘の冬...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります