秋葉原・神田・御茶ノ水
秋葉原・神田・御茶ノ水観光
電気店やサブカルスポットが集まる秋葉原を中心としたエリア

秋葉原の絶品カレー巡礼インド・スリランカ・パキスタン・タイ・日本

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:43都道府県

2018年3月22日更新

662view

お気に入り

写真:熊猫

今や、外国人観光客が世界から集まる秋葉原。電気街からクールジャパンまで、新しい日本文化を発信する街として、連日賑わっています。秋葉原が誇る、もうひとつの文化がカレー。その店舗数は、100から150店舗と言われています。秋葉原にカレー屋さんが集まる理由は諸説ありますが、手軽に、そしてリーズナブルに食べられる点が、第一に挙げられます。近年、そのカレーも多様化しつつあります。今回は、秋葉原のカレーからアジアの絶品カレーを選び、ご紹介します。各国を巡る旅気分に浸ってみてはいかがですか。

この記事の目次表示

秋葉原カレーの源流はインドにあり

「純インド風カレーの店 ベンガル」

  • 写真:熊猫「ベンガル」の外観

創業、昭和48年。秋葉原カレーの源流は、この「ベンガル」にあると言っても過言ではありません。秋葉原電気街の真ん中。フリルのついたテントが目印です。赤いテーブルクロスはまるで古い洋食屋さんのよう。それだけでもう心がワクワクしてきます。

「ベンガル」の人気ナンバーワンは柔らかビーフがごろりと入った「ビーフ角切りカレー」。

  • 写真:熊猫「ビーフ角切りカレー」

え?インドカレーにビーフ?と多くの人がお思いでしょう。いえ、北東インドに位置するベンガル地方は3分の1の住民がムスリムと言われています。ビーフカレーもありなのです。

大きめのじゃがいもと巨大なビーフの塊がひとつ。ビーフはとろとろで柔らかく、口に入れたらホロホロと溶けていきます。

  • 写真:熊猫「ビーフ角切りカレー」は大きなビーフがごろりと入る

カレーは意外にシンプルで、ガラムマサラの薫りが食欲をそそります。辛さはそれほどではありません。テーブルに備えられた3種類の添え物。特筆すべきはインドの漬物「アチャール」が用意されていること。「インドカレーにアチャール」は不可欠です。

  • 写真:熊猫カレーの添え物は3種類。左から「福神漬」、「アチャール」、「ハラペーニョ(酢漬け)」

秋葉原のインドカレーの双璧だった「ジャイヒンド」が移転し、今や秋葉原のインドカレーといえば、「ベンガル」で決まりです。

  • 「ビーフ角切りカレー」1100円/+200円でサラダとドリンクがセットになります。
  • ごはんの大盛り無料
  • 辛味の調整あり
ベンガル
秋葉原・神田・御茶ノ水 / カレー
住所:東京都千代田区外神田3丁目10−12 日加石油ビル地図で見る
Web:http://www.bengal-curry.com/
  • 「ベンガル」は、移転のため2017年8月末で上記の店舗での営業を終了し、一旦休業となります。遅くとも2017年10月には同町内にて再開する予定とのこと。

スパイスをふんだんに使った「スリランカ風カレー」

「カリカリ」

  • 写真:熊猫「カリカリ」の店舗外観

秋葉原の昭和通り口を出てから北に徒歩約10分。昭和通りを東に少し入った所にある「カリカリ」は小さな喫茶店のような落ち着いたお店です。

カレーは「ビーフカレー」をはじめ、「骨付きチキンカレー」などベーシックなものから「ひよこ豆とひき肉のカレー」といったアジアンなカレーがラインナップされ、その中でも「スリランカ風カレー」は特におすすめです。

  • 写真:熊猫「スリランカ風カレー」とラッシー

スリランカカレーの特徴といえば、コリアンダー、クミン、カルダモン、セイロンシナモン、クローブ、マスタードなど多くのスパイスを使うトゥナパハ。「カリカリ」の「スリランカ風カレー」もスパイスがふんだんに使われており、スパイシーで重厚な味が楽しめます。なにしろお店のカウンターには、スパイス辞典が置かれており、マスターの探求心がうかがえます。

ココナッツミルクが入ったルーはさらさらで辛味は強め。ピーマン、じゃがいも、鶏肉がごろごろと入っています。女性にとってはライスはやや少な目でちょうどいいくらい。無料で大盛にもできるので、男性も満足すること間違いなしです。+200円でドリンクつき。薫りのよいコーヒーもいいけど、カレーにぴったり合う、「ラッシー」がおすすめです。

  • 「スリランカ風カレー」880円(サラダ付き)/+200円でドリンク
  • ごはんの大盛り無料
  • 辛味の調整あり
カリカリ
浅草・上野・谷根千 / カレー
住所:東京都台東区台東1丁目14−11地図で見る

青い空と「グリーンカレー」

「ブルースカイ タイランド」

  • 写真:熊猫「ブルースカイタイランド」の店舗外観

秋葉原の北端、末広町の交差点から、更に北東へ5分。この界隈で知る人ぞ知るタイ料理の人気店が、「ブルースカイ タイランド」です。

ランチは主に、「グリーンカレー」、「ガパオライス」、「パッタイ」の3品。前菜の「ヤムウンセン」とドリンク、デザートが付いて、1,000円というリーズナブルさが大人気です。

  • 写真:熊猫前菜のヤムウンセン風サラダ

けれど、この店が多くの女性に支持されるのは、タイ人のマスターが作る本場の味。どれを食べてもはずれなしです。

  • 写真:熊猫「グリーンカレー」

「グリーンカレー」は、ココナッツミルクのマイルドさとパクチー、バイマックルー、レモングラス、唐辛子などが濃厚に入り混じり、コクがあります。しかも、ほどよい辛さで、パンチが効いています。この豊かで深い味わいは、アメ横で様々な食材が仕入れられるからでしょう。

ふんわりと炊かれたジャスミンライスは更に「グリーンカレー」を引き立ててくれます。食後のデザートも楽しみのひとつ。その日によって違うスイーツがお口の中をリセットしてくれますよ。ちなみにこの日はタピオカが入ったココナッツミルクでした。

  • 写真:熊猫食後のデザートとアイスコーヒー
  • 「グリーンカレー」1,000円(ヤムウンセンなどの前菜、デザート、ドリンク付き)
  • 辛味の調整はありませんが、「辛くしてください」などとオーダーすれば応じてくれます。
ブルースカイ タイランド
浅草・上野・谷根千 / アジア料理
住所:東京都台東区上野3丁目7−4 水谷ビル1F地図で見る

次のページを読む

秋葉原・神田・御茶ノ水の旅行予約はこちら

秋葉原・神田・御茶ノ水のパッケージツアーを探す

秋葉原・神田・御茶ノ水のホテルを探す

(秋葉原)

(御茶ノ水)

(神田)

秋葉原・神田・御茶ノ水の航空券を探す

(羽田空港)

秋葉原・神田・御茶ノ水の現地アクティビティを探す

秋葉原・神田・御茶ノ水のレンタカーを探す

秋葉原・神田・御茶ノ水の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年6月30日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


2020・雨の東京観光におすすめ!雨の日でも楽しめる観光スポット58選

東京には雨の日でも楽しめる観光スポットがたくさん!最新のアートスポットやショッピングスポットに、美術館・博物館・レジャースポットなど、雨を気にせず楽しめるおすす...


【東京】ひそかなブーム!都内でオススメの純喫茶8選!

扉を開けると、まるで昭和にタイムスリップ。美味しいコーヒーや、懐かしの喫茶店グルメ、レトロな雰囲気などは、おしゃれカフェとは違う趣きがあって、今若い方にも大人気...

絶品!東京都内の美味しい味噌ラーメン10選

ご存知、東京にはたくさんの美味しいお店があります。その中でもラーメン店は群雄割拠といえ、多くのハイレベルな店が存在します。23区を中心に、美味しいラーメン店をご...

東京にある台湾!?台湾式朝ごはんを味わえる【東京豆漿生活】と豆花スイーツ店【東京豆花工房】

日本のお隣・台湾。ここは、中国本土や他の東南アジアの国々と似つつも異なる食文化を持っています。今回は、東京で本格的な台湾グルメを楽しめるお店「東京豆漿(とうじゃ...

【東京】シーン別!赤ちゃん連れにオススメスポット3選

赤ちゃん連れのお出かけは、行き先に迷いますよね。折角なら赤ちゃんもパパママも、みんなが楽しめる場所にお出かけしたい!本記事では、シーン別にオススメのお出かけスポ...

この記事を書いたトラベルライター

さすらいびと
「いつか、ある人にこんなことを聞かれたことがあるんだ。たとえば、こんな星空や泣けてくるような夕日を一人で見ていたとするだろ。もし愛する人がいたら、その美しさやその時の気持ちをどんなふうにつたえるかって?」
「写真を撮るか、もし絵がうまかったらキャンバスに描いてみせるか、いややっぱり言葉で伝えたらいいのかな」
「その人はこう言ったんだ。自分が変わってゆくことだって…。その夕日を見て、感動して、自分が変わってゆくことだと思うって」 星野 道夫「旅をする木」(文春文庫)より
https://blog.goo.ne.jp/kumaneko71

140円の鉄道旅・大回り乗車で楽しむ東京〜千葉・絶品の駅そば巡り

大回り乗車をご存じでしょうか。JR各社の大都市近郊区間内の特例として、運賃上正式な乗車ルートではない路線を利用し、遠回りして目的地に行く乗車方法のことです。この...


うどんだけじゃない。高松名物「骨付鳥」は、CAも通う「蘭丸」がおすすめ

高松といえば、讃岐うどん。でも、もうひとつの名物「骨付鳥」はあまり知られていません。文字通り、鳥の骨付きもも肉を焼いたもので、スパイシーな味付けが特徴です。近年...


140円の鉄道旅「大回り乗車」で楽しむ首都圏1都3県のグルメ旅

JR各社の大都市近郊区間内の特例として、遠回りしながら目的地に行く「大回り乗車」というものがあります。初乗り料金のたった140円でぐるりと関東地方を一周すること...

階段降りたら2秒でアジア。アジア食材・調味料が揃う「アメ横センタービル・地下食品街」

今、東京でも屈指の多国籍タウンになりつつある「アメ横」。今回は、色々な国の様々なエッセンスが薫る商店街の中でも、とりわけホットなスポットとして注目を集めている「...

【福井】永平寺の修行体験 1泊2日の参籠で心を整える

旅行ガイド『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』において二つ星がつけられるなど、国内外から注目を集める永平寺。でも観光で訪れるだけとは、なんとももったいない。...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?