青森
青森観光
自然景勝地を多く有する、日本一のりんご生産地

北の移動はフェリーで!海がキレイ・楽々・安い「シルバーフェリー」

取材・写真・文:

オーストラリア在住

2018年2月27日更新

2,800view

お気に入り

写真:mumin

旅先へのアクセスには、飛行機や新幹線、ときにはバスが主流ですよね。でも予算より高かったり、長時間すわって疲れたり、何かと悩ましいもの。できればリーズナブルに快適な旅がしたい、そんな時にオススメなのがフェリーです!今回は苫小牧と八戸をつなぐ「シルバーフェリー」をご紹介。記事の最後では、就航先のおすすめスポットも紹介しているので、ぜひご覧ください。

この記事の目次表示

シルバーフェリーとは

苫小牧港(北海道)ー八戸港(青森県)を結ぶフェリー。4つのタイプの異なるフェリーが運航し、船内にはベッドルームやレストラン、お風呂までついて、まるで1つのホテルのようです。

  • 写真:mumin

飛行機に比べるとすこし時間はかかりますが、新幹線や列車、バスよりもずっと快適に移動でき、料金も5,000円からとリーズナブルに利用できます。2018年8月には室蘭港(北海道)ー宮古港(岩手県)間もあたらしく開港する予定で、ますます便利になりますよ。

  • フェリーの詳細はこちらをご覧ください。

おすすめは、高速バスがセットになった「なかよしきっぷ」

  • 写真:mumin
  • 写真:mumin

シルバーフェリーに乗るなら、主要都市までの高速バスチケットがセットになった「なかよしきっぷ」がとってもお得。2017年8月現在は札幌ー八戸間で5,400円(片道)、札幌ー盛岡間で7,100円(片道)の2つルートが運航しています。北海道・本州間をとにかく安く移動したい方には、これ以上ないおトクな切符です。


フェリー内の見どころを楽しんで♪

デッキから望む、爽快な眺め

さあ、フェリーに乗船したら、まずは荷物を置いてデッキに出てみましょう。天気のいい日には、目の前に雄大な海原が広がり、思わず腕を広げてしまうほど爽快な眺めを堪能できます。

そんな美しい景色は昼間だけのものと思われますが、実は夜のフェリーもとっても魅力的。日が暮れると、フェリー周辺の港湾施設にぼんやりと明かりが灯り、なんとも風情ある景色が広がります。

チャーハンからお寿司まで、メニュー豊富のオートレストラン

  • 写真:mumin

フェリーからの眺めを楽しんだら、船内中央にあるオートレストランに行ってみて。レストランではチャーハンや焼きそば、パスタやお寿司、スナック類などバラエティ豊かなメニューが揃い、空いた小腹にちょうどいい軽食が食べられます。

ユラユラ揺れる、船上のお風呂

船内を散策し終えたら、なかなか体験することのない船上のお風呂にもぜひ浸かってみて。浴室は男女別で、それぞれ10名前後が浸かれるほどの大きさの浴槽があり、シャンプー・ボディソープが備えつけられています。

船が出航すると湯船がユラユラと揺れはじめ、まるで海に潜っているような不思議なお風呂が楽しめますよ。船酔いしやすい方は、出航前の入浴がおすすめです。

2段ベットや大部屋でひと休み

  • 写真:mumin

船内施設を楽しんだら、目的地までゆっくりと身体を休めましょう。船室は豪華ホテルのスィートルームような「特等室」から大人数で寝る「2等室」まで、いくつかタイプの異なる船室があります。ペットルームもあるので、大切なペット達もいっしょに旅できるのも嬉しい。

  • 写真:mumin2等室・レディースルーム

なるべく費用を抑えたい方には、2等室がおすすめ。気軽にくつろげる大部屋タイプで、個人スペースは大きくないですが、清潔で個人ロッカーとマットが付いています。格安切符の「なかよしきっぷ」を利用の方は、自動的に2等室となります。

2等室は男女同室が多いのですが、レディースルームを常設している「シルバープリンセス」をはじめ、他の船舶でもレディース専用ルームを用意していたり、男性側・女性側とうまく分けているので、女性の一人旅でも安心して利用できます。

  • 船舶・船室の詳細はこちらをご覧ください。
八戸港フェリーターミナル
青森 / 駅・空港・ターミナル
住所:039-1161 青森県八戸市大字河原木字海岸25地図で見る
電話:050-3821-1478
Web:http://www.silverferry.jp/
苫小牧西港フェリーターミナル
北海道 / 駅・空港・ターミナル
住所:053-0003 北海道苫小牧市入船1-2-34地図で見る
電話:050-3821-1490
Web:http://www.tomakai.com/ferry/
シルバーフェリー
青森 / 乗り物
住所:039-1161 青森県八戸市大字河原木字海岸25 八戸港フェリーターミナル地図で見る
Web:http://www.silverferry.jp/

就航先周辺のおすすめ観光スポット

フェリーが就航する苫小牧や八戸の周辺には、人気の観光スポットがたくさんありますよ。ぜひ足を運んでみてはいかが?

[北海道・札幌]サッポロビール博物館

  • 写真:mumin

日本有数のビールメーカー「サッポロビール」が運営する、ビール専門のミュージアム。今日に至るまでの日本のビール史が無料で学べ、初の国産ビール「札幌製麦酒」の復刻版と「黒ラベル」の飲み比べができるプレミアムツアー(500円)が人気を集めています。明治23年(1890年)建築のレトロな建物も見どころ。苫小牧フェリーターミナルから高速バスで約1時間30分。

  • 入場料(2017年8月現在):無料(プレミアムツアーは別途有料)

【関連記事】知ればもっとビールが美味しくなる! サッポロビール博物館

サッポロビール博物館
札幌 / 博物館・美術館
住所:北海道札幌市 東区北7条東9丁目1-1地図で見る
電話:011-748-1876
Web:http://www.sapporobeer.jp/brewery/s_museum/

[北海道・室蘭]地球岬展望台

室蘭八景のひとつに数えられる、絶景パノラマ「地球岬」。断崖に立つ白亜の灯台と、マリンブルーとのコントラストが美しい。地球岬からぐるっと太平洋をのぞめば、地球の丸さを実感する素晴らしい眺めを堪能できます。苫小牧フェリーターミナルから車で約1時間30分。

【関連記事】水平線が丸く見える!?北海道・地球岬で感じる太平洋の絶景

地球岬
北海道 / 自然・景勝地
住所:北海道室蘭市母恋南町4-77地図で見る
電話:0143-22-1111
Web:http://www.city.muroran.lg.jp/main/org6400/kanko_e...

[青森・八戸]八食センター

八戸観光の定番「八食センター」。港町ならでは、鮮度のいい魚介類や珍味がズラリとならぶ巨大市場で、その場で買って、焼いて、食べることができます。津軽なまりの威勢がいい店主とのやりとりも面白いですよ。八戸フェリーターミナルから車で約15分。

【関連記事】お土産も揃う、巨大市場!八戸観光の定番「八食センター」の見どころ10選

八食センター
青森 / 市場・朝市
住所:八戸市河原木字神才22-2地図で見る
電話:0178-28-9311
Web:http://www.849net.com/

[青森・八戸]種差海岸

リアス式海岸で知られる、三陸海岸を代表的する景勝地。天然芝生が一面にひろがる美しい海岸で、国の名勝に指定されています。海沿いに遊歩道があり、潮風に吹かれながら変化に富んだ海岸風景を楽しむことができます。八戸フェリーターミナルから車で約20分。

【関連記事】天然芝生の美しい海岸線!八戸・種差海岸の見どころ10選&楽しみ方3選

種差海岸
青森 / 自然・景勝地 / 観光名所
住所:青森県八戸市大字鮫町字棚久保地図で見る
電話:0178-51-8500(種差海岸インフォメーションセンター)

[岩手・盛岡]盛岡城跡公園(岩手公園)

  • 写真:mumin

日本百名城のひとつに数えられる、盛岡城跡を整備した都市公園。盛岡城はかつて南部氏の居城であり、東北地方では珍しい総石垣造りの城として知られます。天守はありませんが、立派な石垣が数多く残されているほか、本丸から市内を一望でき気持ちよく散策できます。八戸フェリーターミナルから高速バスで約2時間。

盛岡城跡公園
盛岡 / 公園・動植物園 / 観光名所
住所:盛岡市内丸1-55地図で見る
電話:019-639-9057
Web:http://www.city.morioka.iwate.jp/shisei/midori/koe...

青森の旅行予約はこちら

青森のパッケージツアーを探す

青森のホテルを探す

青森の航空券を探す

(三沢空港)

(青森空港)

青森の現地アクティビティを探す

青森のレンタカーを探す

青森の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年8月30日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

2019春の旅行に!3月・4月・5月の国内おすすめ旅行先・観光地45選

春(3月・4月・5月)におすすめの国内旅行先を月ごとにご紹介!春休みの家族旅行や、カップルでのお出かけにぴったりな旅先を全国から厳選しました。週末の1泊旅行でも...

ゴールデンウィークは青森旅行!GWにおすすめの観光スポット&イベント22選

GWの青森は、弘前城の桜が開花し、奥入瀬渓流や八甲田山などで新緑が芽吹くころです。ゴールデンウィークに青森旅行するなら訪れたい、おすすめの観光スポット&イベント...


全国のおすすめ絶景スポット47選!ゴールデンウィークにお出かけしよう

国営ひたち海浜公園のネモフィラの花畑に、日本屈指の桜の名所・弘前公園、河内藤園の藤の花のトンネルなど、ゴールデンウィークに見に行きたい、全国各地の絶景スポットを...

三途の川の先の世界を疑似体験!?青森の霊場「恐山」

本州北の果て、青森県下北半島にある霊場・恐山。“三途の川”や“地獄”、“極楽”を彷彿とさせる風景が広がり、まるで死後の世界を疑似体験するようです。この記事では、...


【オーストラリア】ジブリだらけ!モデルスポットをめぐる最強の聖地巡礼リスト

オーストラリアはジブリファンにとって生唾モノのモデルスポットがいくつも点在しています!ジブリファンでなくても行きたくなってしまう、フォトジェニックなジブリの世界...

この記事を書いたトラベルライター

無計画さが玉にきず、自由気ままなトラベラー。
幼い頃からよく動き回る子どもだった私は、そのまま大人になり大の旅行好きとなりました。見知らぬ街で、はじめてみる景色や人との出会いが、冒険しているようで大好きです。国内外さまざまな場所へ行き、「旅をしながら暮らすこと」が将来の夢。自分の経験も踏まえつつ、読者の方に役立つ情報をお届けしたいと思います。

お土産も揃う、巨大市場!八戸観光の定番「八食センター」の見どころ10選

八戸観光といえばココ、「八食センター」。港町・八戸ならではの新鮮な魚介類や珍味、変わり種スイーツに八戸B級グルメモニュメントまで、ありとあらゆるものが揃う巨大市...

冬の蔵王はこう楽しむ!山形・蔵王の見どころ4選&周辺のおすすめ観光スポット4選

宮城県と山形県の県境にそびえる「蔵王連峰」。日本百名山にも選ばれた美しい山は、夏はエメラルドグリーンの神秘の湖「御釜」や、冬にはスノーモンスターと呼ばれる「樹氷...


秋田観光の穴場、「抱返り渓谷」の見どころ完全ガイド!

神秘的な碧い渓流や、紅葉の名所として知られる「抱返り渓谷」。田沢湖や角館からも程近く、秋田観光の穴場スポットです。今回は抱返り渓谷に行くならおさえておきたい見ど...

日本で一番、星空が見やすい場所!岩手「ひろのまきば天文台」

2007年度、環境省の冬期全国星空継続観察によって、日本一星空が見やすい場所に選ばれた「ひろのまきば天文台」。牧場のなかに立つ360°見渡せる天文台からは、キラ...


【岩手県】ここだけは行きたい!定番のおすすめ観光スポット5選

北海道に次いで広い面積をほこる岩手県は、世界遺産の「平泉」をはじめ、リアス式海岸で知られる「浄土ヶ浜」や「龍泉洞」など、歴史的建造物やうつくしい景勝の宝庫!日本...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?