ヨーロッパ

穴場にトライ!バルト三国・カフェ&伝統料理めぐり【エストニア/ラトビア/リトアニア】

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:30ヶ国

2019年11月15日更新

530view

お気に入り

この記事の目次表示

エストニア/タリンのカフェ&レストラン

エストニアはバルト海を挟んで北欧諸国に面し、歴史的にも地理的にも北欧色の強い国。お城のようなかわいい街並みが魅力的な首都タリンの旧市街はこぢんまりしていて、全部見るのにもそれほど時間はかかりません。

  • 写真:jihen2

そこでおすすめしたいのが、旧市街の東側にある商業エリアと、西側にある鉄道のタリン駅周辺。北欧系のショップもあり、旧市街だけで観光を終えてしまうのはもったいないくらい、どちらも充実したエリアです。

グスタブ・ガストロ・カフェ

  • 写真:jihen2

タリン観光とセットで訪れたいカフェが「グスタブ・ガストロ・カフェ」!旧市街東側には徒歩圏内に大きなモールが複数あり、そのひとつヴィル・ケスクスの中の書店ラーヴァ・ラーマットに併設されています。書店自体が蔦屋書店のような洗練された雰囲気で、カフェもそれに負けないおしゃれな空間です。

  • 写真:jihen2
  • 写真:jihen2カフェラテとキッシュ (6.3€/約756円)

一般的なカフェ同様のドリンクメニューに加え、手の込んだキッシュの種類が豊富なのが魅力。写真のキノコとネギのキッシュのような珍しい組み合わせもあり、どれもおいしいです。

書店併設のカフェらしく、本を読む人やPCで作業する人なども多く、地元民らしき人がゆっくり時間を過ごしています。そんな中に混じって、タリンのトレンドスポットを満喫してみてはいかがでしょうか。

グスタブ・ガストロ・カフェ
エストニア / カフェ・喫茶店
住所:Gustav Gastro Cafe, Viru väljak 4/6, 10111 Tallinn地図で見る
Web:https://virukeskus.com/kohvikud-restoranid/

バルティ・ヤーマ市場

旧市街の中にもレストランはありますが、お手頃価格で雰囲気がよく、ここでしか食べられないものにトライするなら「バルティ・ヤーマ市場」がおすすめです。鉄道駅に隣接した再開発エリアで、生鮮食品の市場、屋台風のレストラン、さらにおしゃれな雑貨フロアまである複合施設です。

  • 写真:jihen2

飲食店はスペインバル風や中華やベーカリーなど、国際色豊かなラインナップ。中でも日本人にとってとびきりインターナショナルなメニューを楽しめるお店は、1階にあるSoloha juures(ソロハ・ユーレス)。ウズベキスタン料理のお店で、伝統料理のほか、一般的なヨーロッパ風にアレンジされたメニューもあります。

  • 写真:jihen2ビーフののったプロフ(7€/約840円)
  • 写真:jihen2

ウズベキスタンの定番料理プロフ(ピラフのようなもの)など、リーズナブルでお腹いっぱいになるメニューが揃っています。店の内外にはサマルカンドなどのウズベキスタンの写真が飾られていて、異国情緒たっぷり。

他にも各ジャンルのインターナショナルフードを出すカラフルなコンテナが並び、様々な伝統料理を手軽にエンジョイできるマーケットです。

バルティ・ヤーマ市場
エストニア / 市場・朝市
住所:Kopli 1, 10412 Tallinn地図で見る
Web:https://astri.ee/bjt/

タリンは旧市街の中と外がわりとはっきり分かれているので、こうした新しいスポットへ行くとまた全然違うタリンを見られますよ!

まとめ

バルト三国の各都市はそれぞれに歴史が深く、旧市街散策が楽しい街です。それにプラスアルファで訪れる場所が、旅の充実度アップのポイントにもなります。穴場スポットを訪れてみて、ローカル感を味わいながらいっそう新しい街をエンジョイしてみてはいかが?

※値段はすべて記事執筆時点のレート(1ユーロ=120円)で計算しています

ヨーロッパの旅行予約はこちら

ヨーロッパのパッケージツアーを探す

ヨーロッパのホテルを探す

ヨーロッパの航空券を探す

ヨーロッパの現地アクティビティを探す

ヨーロッパのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年11月14日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ポルトガル】女子旅にぴったり!ポルト観光おすすめ1日コース〜あの『魔女の宅急便』のモデルになった街〜

リスボンに次ぐ第二の都市ポルト。実はここポルトも『魔女の宅急便』のモデルとなったと言われているんです。それも納得、ドロウ川沿いの丘に立ち並ぶカラフルな家々は映画...


プーさんマニアの聖地・イギリスのハートフィールドってこんなトコ!

イギリス・ロンドンから電車で1時間ほど離れた場所に「ハートフィールド」という森があるのをご存知ですか? 実はこの森、プーさんマニアなら知らない人はいないプーさん...

スウェーデンの名物料理・伝統料理15選!北欧の食文化に触れてみよう

スウェーデンには、知られざる北欧独特の食文化を反映した、素朴な名物料理・伝統料理がたくさん!スウェーデンを訪れたら挑戦したい、おすすめのスウェーデン料理をご紹介...

【トルコ・イスタンブール】塩振りおじさんが経営するレストラン「Nusr-Et」の詳細

今や世界的に有名なトルコの塩振りおじさん「ヌスレット・ギョクチェ(Nusret Gökçe)」が経営するレストラン「Nusr-Et」(ヌスレット)。テーマパーク...

【トルコ】イスタンブール名物!サバサンドの屋台船「Derya Balık Ekmek」

トルコ・イスタンブール名物グルメ、サバサンド。中でも有名な、ガラタ橋やエミノニュ広場の近くにあるサバサンドの屋台船「Derya Balık Ekmek」の詳細を...

この記事を書いたトラベルライター

プランナー 兼 トラベラー / 旅のきっかけをつくるひと
内装やイベントブース設営の仕事をしながら、世界各地へ旅に出ています。旅のキーワードはアートとデザイン、雑貨、世界遺産。
いろいろな国の文化や芸術が好きすぎて世界遺産検定1級とりました。
カナダ・トロント→なんちゃって世界一周→再び日本。

素敵な旅づくりのきっかけになるような情報と魅力を紹介していきたいと思います。
instagramでの発信に力を入れているのでぜひチェックして下さい。

かわいくて喜ばれる、ハズさない栃木みやげ5選

栃木といえばいちご、宇都宮餃子、日光東照宮、などなど。観光地らしい定番のおみやげももちろん良いですが、ときには「おっ!」「かわいい!」と言われるような、ちょっと...


【アメリカ】大人も女子も必見!ヒューストン・NASAジョンソン宇宙センター

テキサス州・ヒューストンといえばNASAのジョンソン宇宙センターが有名。でも実際なにがあるのか?どんな楽しみ方があるのか?アミューズメント施設とあなどることなか...


かわいくて喜ばれる、ハズさないカナダ土産10選

カナダといえばメープルシロップが有名で、観光地ならどこにでもあります。そんな定番をお土産にするのももちろん良いですが、せっかくなら「おっ!」「かわいい!」と言わ...

東京で感性を磨こう②!気軽に行けるデザインギャラリー5選

流行発信地・東京には、感性を磨けるようなアカデミックで魅力あるスポットがたくさんあります。「東京で感性を磨こう①!アカデミックなお出かけスポット5選」の記事に引...

【カナダ】在住者おすすめモントリオールご当地フード5選

カナダといえばメープルシロップが有名ですが、東部の都市モントリオールでエンジョイすべき食べ物はそれだけではありません!甘いおやつからこってりB級グルメまで、在住...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?