アイルランド
アイルランド観光
アイリッシュウイスキーやギネスビールで知られる国

アイルランドの紅茶文化: アフタヌーンティー5選

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:35ヶ国

2018年9月5日更新

3,776view

お気に入り

この記事の目次表示

アイルランドのおすすめツアー
━♪壮大な自然とケルト文化の国アイルランドへ♪━市内中心部で観光地に近い!スタイリッシュな4つ星ホテルにご宿泊!伝統の街並みとアイリッシュパブが魅力の【ダブリン】7日間【羽田深夜発/カタール航空利用】
89,800円~215,800円
【成田発/ブリティッシュエアウェイズ利用】━♪壮大な自然とケルト文化の国アイルランドへ♪━1000年以上の歴史を誇る伝統ある街並み散策やアイリッシュパブ&バーめぐりが楽しい【ダブリン】5日間 
141,800円~247,800円
―*スコットランド×アイルランドをめぐる!*―市内中心部&駅チカのモダンな4&3つ星ホテルにご宿泊!荘厳な街並みがフォトジェニックな古都【エジンバラ】×伝統の街並みとアイリッシュパブが魅力の【ダブリン】周遊7日間\祝!創立100周年/【成田発/KLMオランダ航空利用】
143,800円~371,800円

4. InterContinental Hotel Dublin:芸術品のように美しく時代の先を行くティー

各国大使館が立ち並ぶ閑静な住宅地にある5つ星ホテル・InterContinental Hotel(インターコンチネンタルホテル)のアフタヌーン・ティーは、光の差し込む明るいラウンジで楽しむことができます。

  • 写真:aka-regionいつも季節の華やかな花で迎えてくれるInterContinental Hotelロビー

こちらのアフタヌーン・ティーセットは1人36ユーロからで、モダンなプレゼンテーションとなっています。白を基調とした2段の箱型のショーケースには手間暇かけられた繊細なセイボリーとスイーツが並んでいます。

開放的な空間には花がきれいに生けられており、ほどよい花の香りが雰囲気をより引き立ててくれます。

  • 写真:aka-region5つ星ホテル・InterContinental Hotel Dublin

イカ墨の練りこまれたコーンの上にスモークサーモンとサワークリームがのっているセイボリーや、海藻の混ぜられたサンドイッチなど、食の相性にこだわった個性的なものが出てきます。

スイーツも1品1品豪華で、イチゴやレモン、チョコなど王道の味を、飽きさせないほど良い甘さでつくりあげられています。

インターコンチネンタルホテル
アイルランド / ホテル
住所:Simmonscourt Road, Ballsbridge, Dublin 4, Ireland地図で見る
電話:+353 1 665 4000
Web:http://www.intercontinentaldublin.ie/

5. Queens of Tarts:カジュアルで家庭的な雰囲気の中でティータイム

ダブリン市内に2店舗(いずれもいつも賑やかなTemple Bar地区)を構える人気カフェQueens of Tarts(クイーン・オブ・タルツ)。毎日営業、しかも日曜の朝から開店している数少ないカフェ。

  • 写真:aka-regionQueen of TartsのCork Hill店

店内は「格式」よりも家庭的な雰囲気で、アイルランドの家でお母さんがオーブンで焼くような定番スイーツを数多く味わうことができます。ここでは数種類のスイーツをいくつか頼んで仲間と味見し合うのがオススメ。

定番の各種スコーンやサクサクした食感の大きな焼きメレンゲ、ヴィクトリアン・スポンジ(スポンジケーキの間にイチゴジャムとクリームがサンドしてある)はぜひトライして頂きたいものです。

  • 写真:aka-regionQueen of Tartsでは山積みになったスイーツから好きなものを1個から注文可能。

また、チョコ生地にアーモンドと梨を埋め込んで焼いたタルトにクリームたっぷりのレモンタルト、濃厚なクリームチーズを使ったチーズケーキもオススメです。

ポットにたっぷりとサーブされる紅茶や香り高いコーヒーとよく合います。上記で紹介した1~4のスポットほどは洗練されていないけれど、アイルランドの素朴な家庭の「アフタヌーン・ティー」文化に触れるのにはもってこいのカフェです。

  • 写真:aka-regionQueen of TartsのCows Lane店
クイーン・オブ・タルツ コーク・ヒル店
アイルランド / カフェ・喫茶店
住所:Cork Hill, Dame Street, Dublin 2, Ireland地図で見る
電話:+353(01) 670 7499
Web:http://www.queenoftarts.ie/
クイーン・オブ・タルツ カウズ・レーン店
アイルランド / カフェ・喫茶店
住所:Cows Lane, Dame Street, Dublin 2, Ireland地図で見る
電話:+353(01) 633 4681
Web:http://www.queenoftarts.ie/

アイルランド旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばアイルランドのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でアイルランドのすべてのツアーをみる>>

アイルランドの旅行予約はこちら

アイルランドのパッケージツアーを探す

アイルランドのホテルを探す

アイルランドの航空券を探す

アイルランドの現地アクティビティを探す

アイルランドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年7月25日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【保存版】ヨーロッパのカフェ厳選10選!

旅するならば、ぜひ腰を下ろして待ちゆくひとを眺め、そこに流れる雰囲気を味わい、お茶の時間を楽しみたいものです。ヨーロッパにも無数にある個性的なカフェは、地元の人...


【アイルランド・ダブリン】ローカル電車DARTで巡る沿線の個性光る街12選

DART(ダート)は、アイルランドの首都ダブリンの南北をダブリン湾に沿って走るローカル電車です。美しい車窓からの風景だけでなく、沿線には個性的で素敵な街が並んで...

【アイルランド】ダブリンのカフェ厳選5選!

アフタヌーンティ文化が根付くアイルランド。今回は、地元ダブリンっ子にも人気の紅茶やコーヒーだけでなく、軽食もおいしいおしゃれな首都ダブリンのカフェをご紹介します...

食も雑貨もクラフトも!ヨーロッパの屋内マーケット厳選8選!

旅する最大の魅力の一つは、やはり現地の食文化や生活に触れることではないでしょうか?民族も言語も、日々の暮らしから生まれた食文化や生活習慣も異なるヨーロッパの国々...

ヨーロッパの「窓」のある風景20選!

旅に出ると素敵な街並みの写真を撮ったり、散策してみたくなりますよね。「窓」から覗く風景は、窓枠が額縁のように風景が切り取られてより美しく見えたりします。また、そ...

この記事を書いたトラベルライター

暮らすように旅をする
aka-regionです☘
計4年間、ヨーロッパ(フィンランド、アイルランド)で住んでいる間に見聞きしたこと、経験したことを紹介します。旅のテーマは、「暮らすように旅をする」。旅のある暮らし方、ライフスタイル、文化に関する情報を発信していきます!

♬Countries & Areas: Europe (アイルランド、フィンランド他),日本(島根、山陰地方、東京他)
♬Hobbies: アイリッシュフィドル、水泳
♬Speciality: 島好きです!
http://akaregion.blogspot.jp/

【保存版】フィンランドのお土産厳選10選!

北欧デザインにサンタクロース、森の中でのウォーキングにサウナ。こんなキーワードを聞くだけで、ほのぼのとしたおとぎ話の世界が思い浮かぶフィンランド。日本から直行便...


【保存版】ポルトガルのお土産・厳選10選!

ポルトガルはヨーロッパの西端に位置し、地中海性気候の穏やかな気候で過ごしやすく、食もおいしく古い街並みが美しい国です。カステラやカルタ、天ぷらなどポルトガルと日...

【保存版】オランダのお土産・厳選10選!

ヨーロッパ北西部にあるオランダ王国は、チューリップ畑に水車といった田園風景や運河沿いの家々の街並みが代名詞的存在の牧歌的な国です。また画家レンブラントやフェルメ...

【保存版】デンマークのお土産・厳選10選!

北欧にあるデンマークはデザイン大国として有名で、近年日本でも注目度がアップしている国の一つです。丁寧な暮らしをするデンマークの人たちが生んだ、人が使いやすい機能...

【保存版】アイルランドのお土産・厳選10選

イギリスの西に位置する小さな島国アイルランド。日本よりも北にありますが暖流の影響で1年を通して温暖な気候の過ごしやすい国です。伝統とモダンカルチャーが共存する首...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?