ラオス
ラオス観光
首都ヴィエンチャンと世界遺産の町ルアンプラバンはマスト

【ラオス】のどかさに乾杯!ルアンパバーンでおすすめの過ごし方4選

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:13ヶ国

2018年3月5日更新

1,126view

お気に入り

写真:菊地早秋

「最近忙しいな~。」こんな風に思うことありませんか?そこでおすすめの旅先が、日々の忙しなさをすっぱり忘れさせてくれるラオスの都市ルアンパバーン。ここでは緩やかに時間が流れ、贅沢なときを過ごすことができます。1995年世界文化遺産に登録されました。タイ、ミャンマー、中国、ベトナム、カンボジアと国境が接しており、他国と合わせて訪問することも可能です。ルアンパバーンでは滞在中、どんなことをして楽しめるのでしょうか?さっそくご紹介していきます!

この記事の目次表示

【1】タート・クアンシーの滝で大自然を満喫!

ラオスは東南アジアで唯一の内陸国で、海がありません。国土面積は日本の本州とほぼ同じ約23.7万キロ平方メートルです。国土の80パーセント以上は標高500~2,000メートルの山地で占められています。

自然が豊かな環境ですので、ネイチャー体験はおすすめの過ごし方です。特にルアンパバーン市内からトゥクトゥクで1時間程度の場所にある、タート・クアンシーの滝は見ごたえがあります!

  • 写真:菊地早秋

敷地内に行くと早速見えてくる水の流れ。遊歩道が木の板で整備されているので歩きやすいです。途中撮影スポットにはベンチも用意されています。

  • 写真:菊地早秋

滝つぼに溜まった水が大きな川となって流れていく様子は圧巻の景色です。ロープが木に巻き付いている箇所もあり、遊泳も可能です。

  • 写真:菊地早秋
タート・クアンシーの滝
ラオス / 自然・景勝地 / 滝
住所:tat kuangsi地図で見る

【2】プーシーから町の景色を一望する!

プーシーとは高さ150メートルの小高い山のことです。ルアンパバーンのほぼ中心部に位置しておりアクセスも良いです。

  • 写真:菊地早秋

海抜700メートルもあるため、頂上へたどり着くまでには約350段の階段を登り切る必要があります。途中の道は整備されているので安心です。ただ、登り道が多いので、歩きやすい靴で行くこと、水分は持参することをおすすめします。

  • 写真:菊地早秋

プーシーの頂上からは、メコン川とナムカーン川の間に広がるルアンパバーンの町が一望できます。美しい山々に囲まれた生活にうっとりしてしまう瞬間です。

  • 写真:菊地早秋
プーシーの丘
ラオス / 自然・景勝地
住所:Luang Prabang, Laos地図で見る

【3】早起きして托鉢(たくはつ)を見る!

托鉢とは何でしょうか?ラオス全土で行われている、僧侶が鉢を持って食糧などを求めて町を歩くことを言います。ルアンパバーンはその規模が最も大きく、毎朝5:30~6:30頃にその風景を見ることができます。

  • 写真:菊地早秋

オレンジ色の袈裟に身を包んだ人々が一列になって、通りを練り歩きます。特に寺院が集中しているサッカリン通りでは、その風景が盛んに見られます。

町の人々は膝をついて僧侶の持っている鉢のなかへ少しづつ食糧を入れていきます。早朝に行われていますので、早起きが必要になりますが、ラオス文化の貴重な一面を垣間見ることができます。

  • 写真:菊地早秋

托鉢は、現地の僧侶や住民の大切なライフサイクルのため、見学は遠くから、静かに行いましょう!

サッカリン通り
ラオス / 町・ストリート
住所:Sakkaline Rd, Luang Prabang地図で見る

【4】ナイトマーケットでお買い物三昧!

ルアンパバーン名物、ナイトマーケットは必見です。毎日17:00~22:00頃までシーサワンウォン通りは歩行者天国となり、道いっぱいにマーケットが広がります。

  • 写真:菊地早秋

シートやテントを広げ、様々なお店が所狭しと並んでいます。アクセサリー、タイパンツ、スリッパ、絵画、ポーチ等々挙げればきりがありません。暖色系のライトで照らされたその空間はとても穏やかで、ついつい時間を忘れてしまいます。

  • 写真:菊地早秋

値段交渉も可能ですが、おばあちゃんが一人で手縫いをした雑貨を販売しているようなお店もありますので、様子を見て対応を考えるようにするといいかもしれません。

  • 写真:菊地早秋
ルアンパバーン・ナイトマーケット
ラオス / 市場・朝市
住所:Sisavangvong Road, Luang Prabang, Laos地図で見る

まとめ

この記事ではご紹介しきれなかった見どころがまだまだあるルアンパバーン。寺院見学やカフェ、マッサージなども充実しています。ぜひ現地でみなさんの楽しみ方を見つけてみて下さい!

ラオスの旅行予約はこちら

ラオスのパッケージツアーを探す

ラオスのホテルを探す

ラオスの航空券を探す

ラオスの現地アクティビティを探す

ラオスのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年2月16日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


ちょっぴりワイルドなバックパッカー旅!秘境の村ラオス・バンビエン

ラオスの首都ビエンチャンからバスで4時間ほどの所にある秘境の村バンビエン。ここでは手つかずの大自然を生かしたアクティビティーが楽しめます。世界中からバックパッカ...


絶景とおしゃれなカフェで癒される!ラオスの古都・ルアンパバーン

ラオス人民民主共和国(通称:ラオス)北部にある古都・ルアンパバーン。かつてラーンサーン王国(1353年-1975年)の王都として栄えた都市で、カーン川とメコン川...

【ラオス】ゆるやかわいいお土産はナイトマーケットで!オススメ10選

ラオスはニューヨーク・タイムズ紙で「世界で一番行きたい国」に選ばれています。タイや中国などアジア大国の狭間にあっても、なんともゆるやかな空気が流れる味わい深さが...

世界が注目!美しき古都「ラオス」に行くならここ!

まだまだ発展途上国のラオスは、自然豊かでとっても田舎な国です!首都ですら、日本で言う地方の県庁所在地くらいの雰囲気ではないでしょうか。そんなラオスに、なぜ世界が...

抱腹絶倒!?ラオス首都・ヴィエンチャン郊外“聖地”ブッダパーク

人の手があまり入っていない大自然、素朴な人々と街並みが魅力的なラオス。東南アジア通の中でも、お気に入りの国としてあげる人が多いのではないでしょうか? そんなラオ...

この記事を書いたトラベルライター

大自然に魅せられて
ライターの菊地早秋(きくちさき)と申します。1990年生まれ。広い海に囲まれた故郷で育ち、いくつになっても自然を求めて三千里。これまで国内44県、海外はアジア中心に13か国を訪れました。沢山の写真を盛り込んだ作品をお届けします。

【よくある執筆ネタ】
・湧き水/ネイチャースポット
・食文化/地域で頑張る飲食店
・茨城県

【tripnote外の活動】
・H29.07- 足立区浴場組合フリペ「銭湯といえば足立」連載
・H31.03 「人と地球を守るオルタナフード株式会社NoblesseOblige」コラム提供
・R01.06 森林インストラクター「森のシンガーソングライター山田証」歌詞提供
・R02.01- Website「古民家移住の教科書」開設・更新

【Awards】
・H30.10 環境保全茨城県民会議主催「いばらき自然環境フォトコンテスト」部門賞
・H31.01 羽田空港主催「私の旅する日本語2018」大塚製薬賞
・R01.08 tripnote主催「トラベルライターアワード2019年上半期」審査員特別賞
https://linktr.ee/skikuchee

【静岡】本当は広めたくない!柿田川湧水公園の神聖な見どころ5選

富士山に降った雨や雪が数十年の旅を経て、地上に現れる。それが静岡県清水町にある、柿田川湧水公園内の湧き水の正体です。こんこんと湧き出る、透明度の高い洗練された水...


【島根】1日で全部回れる!松江市のおすすめ観光スポット15選&ざっくりタイムスケジュール

島根県松江市街地のおすすめ観光スポットをご紹介します。宍道湖(しんじこ)を中心に栄えている町の魅力がたっぷり!朝から夜まで丸一日かけて、充実の松江観光を楽しんで...


【茨城】陶芸の町!笠間市でおすすめの観光スポット6選

茨城県中部に位置する笠間市。陶芸や陶器の町として知られています。自然に囲まれた環境のなか、思う存分に芸術と触れ合うことができるエリアです。観光には欠かせない食も...

【茨城】100円でサツマイモ詰め放題!蔵出し焼き芋かいつか・かすみがうら本店工場直売所の魅力に迫る

まるでスイートポテトのような、クリーミー感とジューシー感。こんな焼き芋があったんだ!と、一口食べれば誰もが感じる焼き芋を販売しているお店、それが「かいつか」です...

タオルがいっぱい!今治タオル本店でお気に入りの一枚を見つけよう!

皆さんは今治タオルを使ったことはありますか?「今治タオル」とは、愛媛県今治市に集まっている、様々なタオル会社で作られたタオルの「総称ブランド」のこと。今治市は1...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?