ラオス
ラオス観光
首都ヴィエンチャンと世界遺産の町ルアンプラバンはマスト

履歴書にも書けちゃう!?あなたもラオスでゾウ使いになろう!!

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:27ヶ国

2017年9月14日更新

1,610view

お気に入り

写真:sosuke

アジア最後の桃源郷といわれるラオス。日本では旅先として少しマイナーですが、実は欧米ではとてもポピュラーな旅先で、なんとあの世界的に有名な新聞社、ニューヨーク・タイムズ紙が「世界で一番行きたい国」に選出したほど魅力の詰まった国として知られています。そんなラオスで、実は「誰でも」ゾウ使いになれるって知ってましたか?本日はラオスで人気ナンバーワンの都市、ルアンパバーンで取れるゾウ使いの資格についてお伝えします!

この記事の目次表示

ラオスのおすすめツアー
<ひとり旅専用価格/日本語送迎&全朝食付>メコン川沿い!夕日鑑賞も楽しめるお手頃ホテル 『センタワン・リバーサイド(3つ星)』ヴィエンチャン 3泊5日 
69,800円~188,800円
《ひとり旅専用価格》◆◇ゲストハウス滞在プラン◇◆立地抜群!安心&清潔なゲストハウスに泊まる 『ミクセイ・パラダイス』日本語送迎&全朝食付 ヴィエンチャン 4泊6日 
68,800円~186,800円
<ひとり旅専用価格/日本語送迎&全朝食付>メコン川沿い!夕日鑑賞も楽しめるお手頃ホテル 『センタワン・リバーサイド(3つ星)』ヴィエンチャン 4泊6日 
69,800円~188,800円

まずはルアンパバーンに行こう

  • 写真:sosuke

ルアンパバーンはラオスのほぼ中央部に位置する、ラオスを代表する観光都市。街全体が世界遺産に登録されており、その美しい街並みを目当てに多くの観光客が訪れています。

そんなルアンパバーンへの直行便は現在日本からは出ておらず、ベトナムやタイを経由していくのが一般的。航空会社や出発地にもよりますが、日本からおおよそ合計7時間~8時間ほどのフライトです(乗り継ぎ時間を除く)。

ルアンパバーンは小さな街で、空港から市内までは車で15分ほど。タクシーなどもいますが、交渉や英語力に不安がある方は、予め宿泊するホテルにピックアップをお願いしておきましょう!

ゾウ使い免許取得ツアーに申し込もう!

  • 写真:sosuke

それでは早速ゾウ使いになるステップをご紹介したいと思います。

ルアンパバーン市内に到着すると、必ず通るであろう通りがサッカリン通りと呼ばれるメインストリート。こちらには多くの旅行会社やレストランがあり、朝から晩まで旅人や現地の人々で賑わいを見せています。

ゾウ使いになるためには、まず現地の旅行会社へ行き、ゾウ使い免許取得ツアーに申し込みましょう!もちろん日本の旅行会社でも事前に申し込みは可能ですので、各旅行代理店のツアーを調べてみてくださいね。

ちなみに日本から申し込む場合は、約1万円~1万5千円。現地での申し込みの場合には5千円~8千円ほどが相場のよう。基本的にはどこも値段は変わらず、朝から夕方までのランチ付きのツアーが多いようです。

サッカリン通り
ラオス / 町・ストリート
住所:Sakkaline Rd, Luang Prabang地図で見る

エレファントキャンプへ行こう!

  • 写真:sosuke

ゾウ使い免許取得ツアーに限らず、ルアンパバーンのツアーは基本的に車の送迎が付いているのが一般的です。申し込みをすると宿泊先を聞かれ、ピックアップの時間を聞かれます。そのピックアップカーに乗って、いざ!ゾウさんを目指して出発です!

ルアンパバーンにはゾウ使い免許を取得できる場所がいくつかあるのですが、今回筆者が訪れたのはAll Lao Elephant Camp & Mahout Resortという施設。メコン川沿いに建つこちらの施設は、コテージなどの宿泊施設も兼ね備えたプチリゾート施設。きれいなプールもあり、お昼休憩中には泳ぐこともできるんです。

  • 写真:sosuke

到着すると、まずはプロのゾウ使いが操るゾウの背中に乗ってのんびりお散歩。想像以上に高さがあり揺れるのですが、ゾウさんの背中から見るジャングルの景色はまた格別。

散歩をしていると、素直に言うことを聞くゾウや、文字通り道草を食ってしまうゾウまで、ゾウごとの個性が見えてきます。自分はどの子を操ることになるんだろう…と内心わくわくする時間です。

いざ!ゾウ使いトレーニング開始!

一通りお散歩が終わると、いよいよゾウ使いになるためのトレーニングが始まります。汚れても良いようにデニム地のユニフォーム借りて、まずは学校へ向かいます。

まずは座学から

  • 写真:sosuke

All Lao Elephant Campには、ゾウについて学べる学校が併設されています。学校といっても、開放的な東屋のような場所に机と椅子が置かれている、とてもリラックスできる場所。

ここではラオスにおけるゾウの歴史や、この施設の特徴と目的、現代のゾウの存在について…と、まじめな授業が15分ほど続きます。ちなみに授業は全て英語。なので英語が苦手な方には集中が必要な時間かもしれません。

  • 写真:sosuke

そして最後に!一番重要である、実際にゾウを操るための号令を教わります。号令はいくつかあり、ベーシックな進め・止まれ、右折・左折などの号令から、「水をかけろ!」といういつ使うのか分からない号令まで(笑)。号令を覚えたら、いざ実技のトレーニングのスタートです。

ゾウを操ってみよう

  • 写真:sosuke

座学が終わると、早速ゾウさんの背中に乗って実技トレーニングがスタート。「え?そんないきなり乗って大丈夫なの?」と心配になりますが、しっかりと訓練をされたゾウさん達は暴れることなく、号令を聞いてくれます。また訓練中のゾウに乗る場合はプロのゾウ使いが一緒に背中に乗ってくれるので安心。

実技のトレーニングと書きましたが、こちらも立派なゾウ使いのお仕事。ゾウを散歩させて、川まで連れて行き水浴びをさせるんです。自分の号令でゾウを操り、ジャングルを進む体験は格別!木々を潜り抜けたり、崖を登ったりとスリル満点です。

次のページを読む

ラオスの旅行予約はこちら

ラオスのパッケージツアーを探す

ラオスのホテルを探す

ラオスの航空券を探す

ラオスの現地アクティビティを探す

ラオスのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年9月14日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


ちょっぴりワイルドなバックパッカー旅!秘境の村ラオス・バンビエン

ラオスの首都ビエンチャンからバスで4時間ほどの所にある秘境の村バンビエン。ここでは手つかずの大自然を生かしたアクティビティーが楽しめます。世界中からバックパッカ...


世界が注目!美しき古都「ラオス」に行くならここ!

まだまだ発展途上国のラオスは、自然豊かでとっても田舎な国です!首都ですら、日本で言う地方の県庁所在地くらいの雰囲気ではないでしょうか。そんなラオスに、なぜ世界が...

◇バンコク発◇1泊2日でいける東南アジアの街3選

東南アジアには11の国がありますが、日本から直行便で行けない都市がたくさんあります。バンコクに滞在する予定の方、少し足を伸ばして日本から行きにくい近隣の街に行っ...

【ラオス】満足度世界一!!世界遺産の街ルアンパバーンのおすすめスポット4選

ラオスの北部に位置する、古都ルアンパバーン。街全体が世界遺産に登録されているという観光地として名高い場所で、世界中のメディアにおいても、満足度の高い旅行先として...

★ラオス・ルアンパバーン&近郊★フォトスポット7選

ラオスは、『ニューヨーク・タイムズ』で「世界で一番行きたい国」に選出され、さらにイギリスの旅行雑誌の『ワンダーラスト』で「満足度の高い観光地一位」に選ばれた、今...

この記事を書いたトラベルライター

旅するファッションマーケター
兵庫県生まれ/ニューヨーク・千葉育ち/旅するウェブマーケター兼時々フォトグラファー
都内でファッションECのマーケターをしながら、年に4~5回海外旅行、時々出張をし、現在25カ国以上を制覇。
バックパッカースタイルも、ちょっと贅沢なラグジュアリー旅行もどちらも好き。

旅の醍醐味は食べること、歩くこと、人と会うこと。
世界中に"お気に入りの場所"と"会いに行ける友人"を持つことがよろこび。
夢は198カ国、全世界制覇!
普通のガイドブックでは得られない情報を皆さんとシェアできればと思います。

本当は教えたくない...台湾リピーターの筆者が厳選する台北の必食グルメ5選!

美食の国台湾!日本からもほど近く、行かれたことがある方も多いはず。そんな台湾の首都台北には、ガイドブックには載っていないものの何度でもリピートしたくなる絶品のお...


現役アパレルマンの筆者が教える、ロンドンで必訪な古着屋3選!

世界でも有数のファッション都市として知られているロンドン。東京やニューヨークなどと並んで流行の発信地としても名高い場所ですが、実はロンドンは他のファッション先進...

【決定版】お土産にも最適!現地人も太鼓判のタイのソープ&シャンプーブランド3選!!

タイの土産といえば、皆さん何を想像しますか?ドライマンゴーやタイパンツなどタイならではのお土産はたくさんありますが、実はソープやシャンプーを買って帰られる方も多...

リピーター続出!秩父の大自然を体感できる巴川オートキャンプ場へ行こう!

いよいよキャンプシーズンが到来!道具を揃えたのはいいけれども、実際どこのキャンプ場がいいんだろう?とお思いの方はきっと多いはず。キャンプに行くなら、BBQやキャ...

まるで映画の中の世界!?香港一のインスタ映えスポットをご紹介!

人気の旅先の一つである香港。中国に属していながらも行政区が異なり、独特の文化が育まれ、世界から多くの観光客を集めている観光都市です。そんな香港の国土面積は札幌市...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?