小笠原諸島
小笠原諸島観光
都心から南へ約1,000Kmのところにある世界遺産の諸島

東京/「母島」で青い海と緑の山を満喫しよう!

取材・写真・文:

2018年8月3日更新

301view

お気に入り

写真:ひさし

太平洋に浮かぶ東京の離島「母島」はけして大きな島ではありませんが、青い海と緑の山が広がる自然豊かな島です。今回はそんな豊かな自然溢れる母島の「海」と「山」の魅力を紹介いたします。

この記事の目次表示

「母島」の山の風景

乳房山

母島のほぼ中央部に位置する、標高462.6mの小笠原諸島最高峰の山です。沖村集落の奥から乳房山へと昇る登山道があり、1周約5時間前後のコースとなります。母島の固有種ともいろいろと出会える登山です。安全確保の為にもガイド同行で登りましょう。

乳房山
小笠原諸島 / 自然・景勝地
住所:東京都小笠原村母島 乳房山地図で見る

桑ノ木山

  • 写真:ひさし桑の木山

山中へは木道が整備されています。木道までは誰でも入れますが、木道から先のエリアはガイドの同行が必要です。

山の中では移入植物であるアカギの除去と、固有種の保護が取り組まれています。桑ノ木山の麓を走る都道から足を踏み入れる際には、靴底を清掃してから入山しましょう。

  • 写真:ひさし桑の木山
  • 写真:ひさし桑の木山
桑の木山
小笠原諸島 / 自然・景勝地
住所:東京都小笠原村母島桑の木山地図で見る
電話:04998-3-2300

すり鉢

後術する「都道最南端」から島の最南端「小富士」へと続く歩道の途中にある景勝地です。土に含まれる鉄やアルミニウムが酸化してできた赤茶色の土が、文字通りすり鉢状に広がっています。

  • 写真:ひさしすり鉢
  • 写真:ひさしすり鉢
すり鉢
小笠原諸島 / 自然・景勝地
住所:東京都小笠原村母島 すり鉢地図で見る

小富士

  • 写真:ひさし小富士

日本一南にある故郷富士です。頂上に到達するには都道最南端から原生林の中を約1時間歩きます。途中厳しい階段やはしごなどを登りますので、足元はしっかりと準備して出掛けましょう。

  • 写真:ひさし小富士眺望
  • 写真:ひさし小富士眺望

山頂からは母島の姿が一望できる他、眼下には南崎のコバルトブルーの海を見下ろす事ができる絶景ポイントです。母島に出向いた際には是非立ち寄ってみてください。

  • 写真:ひさし小富士眺望(母島全景)
小富士
小笠原諸島 / 自然・景勝地
住所:東京都小笠原村母島 小富士地図で見る

「母島」の海の風景

北港

  • 写真:ひさし北港

母島の北にある入江です。シュノーケリングなどが楽しめ、運がよければウミガメにも出会えるポインです。

島を南北に貫く都道の最北端に位置しており、レンタルバイクなどがあれば訪れやすい港です。

  • 写真:ひさし北港
  • 写真:ひさし北港
北港
小笠原諸島 / ビーチ
住所:東京都小笠原村母島 北港地図で見る

母島漁港(東港)

  • 写真:ひさし東港

以前は捕鯨などで利用されていた港のようですが、今は人影もなくひっそりとした港です。

  • 写真:ひさし東港
  • 写真:ひさし東港
母島漁港(東港)
小笠原諸島 / 自然・景勝地
住所:東京都小笠原村母島漁港地図で見る
電話:04998-3-2300

猪熊湾・猪熊谷(ビックベイ)

都道沿いに猪熊湾を見下ろす展望所があります。青く澄んだ湾とその先に広がる太平洋の大海原を一望できるポイントです。

  • 写真:ひさしビックベイ
  • 写真:ひさしビックベイ
猪熊谷
小笠原諸島 / 自然・景勝地
住所:東京都小笠原村母島猪熊谷地図で見る
電話:04998-3-2300

新夕日ヶ丘

名前の通り、母島の夕日の絶景ポイントです。ホエールウォッチングのポイントでもあります。

  • 写真:ひさし新夕日ヶ丘
  • 写真:ひさし新夕日ヶ丘
新夕日ヶ丘
小笠原諸島
住所:東京都小笠原村母島新夕日ヶ丘地図で見る
電話:04998-3-2300

脇浜なぎさ公園

沖港内にある人工ビーチです。防波堤の中にあり波もないので、シュノーケリングや海水浴に最適です。

  • 写真:ひさし脇浜なぎさ公園
  • 写真:ひさし脇浜なぎさ公園

公園内には野外ステージや、ウミガメの産卵保護施設などもあります。

脇浜なぎさ公園
小笠原諸島
住所:東京都小笠原村脇浜地図で見る
電話:04998-3-2300
ウミガメ産卵保護施設(母島)
小笠原諸島 / 公園・動植物園
住所:脇浜なぎさ公園内地図で見る

前浜

父島からの定期船「ははじま丸」が着岸する沖港の目の前にあるビーチで、地元の子供たちの遊び場です。

  • 写真:ひさし前浜
  • 写真:ひさし前浜
前浜
小笠原諸島
住所:東京都小笠原村母島前浜元地地図で見る
電話:04998-3-2300

御幸之浜

昭和天皇が母島を訪れた時に、この場所で生物採取をされた事が名前の由来となっています。近くには休憩所と展望台があり、展望台からはホエールウォッチングもできます。

  • 写真:ひさし御幸之浜
  • 写真:ひさし御幸之浜
御幸之浜展望台
小笠原諸島 / 展望・景観
住所:東京都小笠原村母島 御幸之浜展望台地図で見る

南京浜

御幸之浜と遊歩道で繋がっている浜で、海中にサンゴ礁が広がる美しいビーチです。

  • 写真:ひさし南京浜
南京浜
小笠原諸島
住所:東京都小笠原村母島南京浜地図で見る
電話:04998-3-2300

万年青浜

都道最南端から小富士や南崎と逆の北方向へ10分程歩いた場所にある浜で、ゆっくりと時間を過ごす事ができます。

  • 写真:ひさし万年青浜
万年青浜
小笠原諸島
住所:東京都小笠原村母島地図で見る
電話:04998-3-2300

ワイビーチ

小さな白い砂浜が広がり、プライベートビーチの感覚で楽しめるのがうれしいビーチです。

  • 写真:ひさしワイビーチ
ワイビーチ
小笠原諸島 / ビーチ
住所:東京都小笠原村母島 ワイビーチ地図で見る

南崎

小富士の真下に広がる母島最南端の、サンゴ礁が広がるとても美しいビーチです。

  • 写真:ひさし南崎

都道最南端から原生林の中を約45分程歩くと到着します。

  • 写真:ひさし南崎
南崎
小笠原諸島 / 自然・景勝地
住所:東京都小笠原村母島 南崎地図で見る

「母島」の風景

北村小学校跡

戦前は沖村以外に、島の北にある北村地区にも多くの島民が生活しており、現在も石垣と門柱が残されています。

  • 写真:ひさし北村小学校
  • 写真:ひさし北村小学校
北村小学校跡
小笠原諸島 / 遺跡・史跡
住所:東京都小笠原村母島地図で見る

砲台跡&探照灯基地跡

島には太平洋戦争の爪痕も残されています。

  • 写真:ひさし砲台跡
  • 写真:ひさし探照灯基地跡
探照灯基地跡と六本指地蔵
小笠原諸島 / 遺跡・史跡
住所:東京都小笠原村母島地図で見る

鮫ヶ崎展望台

脇浜なぎさ公園から続く階段を昇った場所にある展望台で、沖港の風景を一望できる他、湾の外に広がる太平洋と周りに浮かぶ島々が臨める絶景ポイントです。

  • 写真:ひさし鮫ヶ崎展望台
  • 写真:ひさし鮫ヶ崎展望台
鮫ヶ崎展望台
小笠原諸島 / 展望・景観
住所:東京都小笠原村母島鮫ヶ崎地図で見る
電話:04998-3-2300

ロース記念館

明治時代に母島に定住し、母島の開拓に尽力したドイツ人ロルフス(通称:ロース)によって発見されたとされるロース石を使って建てられた建物で、現在では島の郷土資料館として活用されています。

また、島のタコの木からとれるタコの葉を使ったタコの葉細工体験もできます。

  • 写真:ひさしロース記念館
  • 写真:ひさしロース記念館
ロース記念館
小笠原諸島 / 博物館・美術館
住所:東京都小笠原村母島字元地 ロース記念館地図で見る
電話:04998-3-2064
Web:http://www.hahajima.com/map/midokoro/009.html

旧ヘリポート

2003年まで災害用のヘリポートとして活用されていた場所です。周りに民家などがなく夜は非常に暗くなる為、星空観察のポイントになっています。

旧ヘリポート(母島)
小笠原諸島 / その他スポット
住所:東京都小笠原村母島地図で見る
電話:04998-3-2300

都道最南端

名前の通り舗装道路の終着地点です。そこから先は南崎、小富士へと繋がる遊歩道が伸びています。

  • 写真:ひさし都道最南端
都道最南端
小笠原諸島 / その他スポット
住所:東京都小笠原村母島地図で見る
電話:04998-3-2300

最後に

東京都心から1日以上かかってたどり着く「母島」ですが、大自然の山の景色と美しい海の風景、母島でしか出会えない独特の生態系や生物に出会える魅惑の島です。

見どころ溢れる南の島「母島」に、是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

  • 写真:ひさし母島
母島
小笠原諸島 / その他スポット
住所:東京都小笠原村母島地図で見る
Web:http://www.ogasawaramura.com/

小笠原諸島の旅行予約はこちら

小笠原諸島のホテルを探す

小笠原諸島の航空券を探す

(羽田空港)

小笠原諸島のパッケージツアーを探す

小笠原諸島の現地アクティビティを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年8月3日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

自由きままな国内旅行
みなさまこんにちは!休日の時間を利用して日本国内を旅行しています。ここでは実際に行って感じた魅力を中心にメジャーな観光地から、実際に足を運んで得たローカルな情報などを発信していきますので、ぜひ国内旅行をされる際の参考にしていただければ幸いです。

長野屈指のドライブコース「ビーナスライン」の見どころ9選!

茅野市街から美ヶ原高原に続く「ビーナスライン」は、長野県で人気のドライブルートです。約80kmからなるドライブコースは、見どころも満載です。今回は素敵な自然の風...

日帰り入浴でも楽しめる、長野のおすすめの温泉❗南信州10選

数多くの温泉が湧く長野県!今回は長野県の南部にあたる南信州でぜひおすすめしたい、日帰りでも楽しめる名湯を10選、厳選してご紹介いたします。ぜひ好みの温泉を見つけ...


『もののけ姫』の舞台!世界自然遺産の島「屋久島」で手つかずの自然を体験しよう!

ユネスコの世界自然遺産に登録されている屋久島は、九州で一番標高の高い宮之浦岳(標高1,936m)を中心に島の90%が森林に覆われた自然豊かな島です。屋久島と言え...

信州の指折り紅葉スポット「横谷渓谷」に出掛けよう!

「横谷渓谷」は、奥蓼科(おくたてしな)の清流「渋川」に沿って伸びる約6kmにおよぶ渓谷で、信州屈指の紅葉スポットです。渓谷には約4kmの遊歩道が整備させており、...


ここが東京!?白砂がキラキラ輝く「新島」の絶景スポット巡り旅

東京都に属する伊豆諸島のひとつ、新島は、東京から南に約160km、太平洋に浮かぶ周囲41.6kmの美しい島です。新島は、サーフィンの国際大会も開催されることから...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?