エストニア
エストニア観光
メルヘンの世界が広がるタリン旧市街

中欧エストニアを感じる穴場スポット!エストニア野外博物館で18世紀の村へ行こう!!

取材・写真・文:

訪問エリア:28ヶ国

2018年6月13日更新

1,253view

お気に入り

写真:Emmy

エストニアに訪れる際、タリン旧市街観光で終わってしまう人も多いはず。それだけではもったない、子供から大人まで楽しめる穴場スポットがあるんです。エストニア野外博物館は、広大な森の中に古き良き時代のエストニアの村が見事に再現されています。馬車に乗ったり、民族衣装を着たエストニア人とダンスをしたりと、体験型の博物館。ぜひエストニアの伝統と文化に触れてみませんか?

この記事の目次表示

エストニアのおすすめツアー
【6/17~ご予約の方往路座席指定無料!】*― 北欧雑貨が溢れる街『ヘルシンキ』+ 街が世界遺産に登録されているバルト2都市を周遊 ―* 《クルーズと路線バスで巡る》  ヘルシンキ&タリン&リガ  7日間 全朝食付
123,800円~307,800円
【6/17~ご予約の方往路座席指定無料!】クルーズ船でバルト海を渡る!バルト三国&フィンランド周遊♪旧市街が世界遺産の旧市街を誇る《ヴィリニュス×リガ×タリン》北欧デザインを楽しめる《ヘルシンキ》8日間
128,800円~323,800円
【6/17~ご予約の方往路座席指定無料!】*世界遺産を巡る!バルト3国+ポーランド――*【路線バスで旅する】タリン&リガ&ビリニュス&ワルシャワ 《朝食付》 7泊9日間【フィンエアー利用】
122,800円~299,800円

エストニア野外博物館とは?

  • 写真:Emmy

タリンからバスで20分ほどにあるエストニア野外博物館。ここには18世紀から20世紀初頭にかけてのエストニア各地の農家や学校、教会などの木造建築が再現されています。

エストニアは他国の支配によって、伝統的な農村が強制撤退させられた悲しい過去があります。それでも昔の建築や伝統を後世に伝えていこうと、エストニア各地からかろうじて残っていた建物を移築したり新たに建築し、一つの村を再生しました。それがこのエストニア野外博物館です。

驚くほど広大な敷地と豊かな自然

  • 写真:Emmy

入ってまず驚くのは、全貌がわからないくらいの広大な森の中だということ。都市の活気から離れ、ここではのんびりとエストニアの自然を堪能できます。

  • 写真:Emmy

面積はなんと約80万㎡。西、北、南、島々と4つのエリアに分かれており、それぞれの地域の特徴がわかるようになっています。受付でマップを1€(約130円)で購入することができ、スタッフがまわり方を説明してくれます。

受付付近では、お馬さんがお出迎え。時期によっては馬車に乗って周ることもできます。

  • 写真:Emmy

当時の家や学校を見学しよう

  • 写真:Emmy
  • 写真:Emmy

敷地内を歩いていると、当時の服装をしたスタッフと出会います。まるで本物の村に遊びに来たような感覚です。さらに歩いていくと、林に囲まれた建物が見えてきます。ぜひ入ってみましょう。

驚くのは家具や生活用品が、まるで今でも使われているかのように展示されていること。実際に、当時使われていた物も多くあります。

クイエ村の学校

1870年代に建設された学校。当時の教師は子供だけでなく、住民に近代的な知識や習慣も教える役割をしていました。

  • 写真:Emmy
  • 写真:Emmy

学校には用務員の住居も備えられていました。

  • 写真:Emmy

商店

必ず入っていただきたいのがこの商店。アンティーク好きにはたまらない物ばかりです。品揃え抜群で古いレジまであり、本当にお買い物ができるんじゃないかと思ってしまいます。

  • 写真:Emmyタイムスリップしたような気分になるリアルな店内
  • 写真:Emmy展示品だけどお買い物したい欲にかられます
  • 写真:Emmy外観もかわいい

民家

民家は当時の暮らしの様子がよくわかります。東西南北のエリアによって雰囲気が異なり、違いを発見できとても興味深いです。

  • 写真:Emmy外観からは想像もつかない、室内は明るくとても華やか
  • 写真:Emmy島にある民家の様子
  • 写真:Emmyエストニアらしいインテリア
  • 写真:Emmyエリアや時代によって全く異なる雰囲気

なんと、この民家にあるキッチンは現在も使われているんです!観光客にランチを振る舞うのかな!?と思って見ていたら、自分のお昼を作っている様子。とてもほっこりする光景です。

  • 写真:Emmy実際に焚き火を焚き、鉄板のコンロを使用していました

おばあちゃん手作りの民芸品も、直接購入することもできます。素朴な作品が愛らしいです。

  • 写真:Emmy刺繍がかわいいテープと、ブローチにもなるお花と蝶々の飾り
  • 写真:Emmy
  • 写真:Emmy

建物には必ずスタッフが一人待機しています。当時の服装をしていてとってもかわいい。英語がわかれば、昔の生活の様子について話を聞くこともできますよ。

癒される風景

エストニア野外博物館では、どこか日本に近い、懐かしさを覚える風景にも出会えます。

  • 写真:Emmy藁ぶき屋根の農家

こちらは巨大ブランコ。思わず乗り心地を確かめてみたくなります。村の広場では集会が開かれていたようです。

  • 写真:Emmy巨大ブランコには乗ってみましょう

静かな海辺に面しており、歩いて行くと海が見えるスポットもあります。とても静かでのどかな景色に癒されます。

  • 写真:Emmy海辺に近づくと目の前に青い海が広がります

野外博物館のグルメ

お腹が空いたら、博物館内に唯一あるレストランに入りましょう。コル・クルツはタリンのタルトゥ街道沿いに建っていた1840年代の名物居酒屋。雰囲気もよく、安くておいしいエストニア料理を堪能することができます。

  • 写真:Emmy木造の建物やテーブルは温もり溢れます
  • 写真:Emmy濃厚でおいしい鶏肉のミルクシチュー煮込み お水含め約7€ (約900円)
  • 写真:Emmyかわいすぎる店内のトイレの看板
コル・クルツ
エストニア / 洋食・西洋料理
住所:Vabaõhumuuseumi tee 12, 13521 Tallinn, エストニア地図で見る
Web:http://kolu.evm.ee/

サマーシーズン限定パフォーマンス

シーズン時の週末は、楽しい催し物が開催されています。可愛らしいスカートの民族衣装を着たエストニア人と、楽しいフォークダンスがメインイベント。他にも民族舞踏やゲームなど様々な催しがあり、来る人を楽しませてくれます。大人も周りの目を気にしないで、思いっきりはしゃいでみてください。

  • 5月~9月の土日と8月全日、11時から開催(2016年時の情報)
  • 写真:Emmy

基本情報

入場料とオーディオレンタルは、タリンカード(公共交通機関や観光施設の入場無料など、特典を受けられる観光用カード)で無料になります。

サマーシーズン(4/23~9/28)

  • 開場時間:10:00~20:00
  • 入場料金:大人9€(約1,100円)子供6€(約750円)

ウィンターシーズン(9/29~4/22)

  • 開場時間:10:00~17:00 
  • 入場料金:大人7€(約900円)子供5€(約600円)

※ウィンターシーズンは閉鎖されている建物もありますのでご注意を

行き方

バス

タリンの列車駅の東側のターミナル、最も奥のバス停より、21、21B番バスに乗車。1時間に1〜2本くらいの割合で出ていて、所要時間20分ほど。Vabaohumuuseumi teeまたはRocca al Mare下車しましょう。

※巡回バスなので、同じバス停ですと帰りは40分ほどかかります。街に戻るには、少し離れたバス停をご利用下さい。

タクシー

バスよりも手っ取り早くて時間短縮で行けるのがタクシー。タリン旧市街のインフォメーションか、滞在先のホテルで呼んでもらうのが確実です。

タクシーと言っても旧市街からはたったの10分8€ (1,000円) 程度。日中であれば女性ひとりで乗っても大丈夫ですし、メーター制なので安心です。

帰りも博物館の人に呼んでもらいましょう。

おわりに

  • 写真:Emmy

いかがでしたか?

見どころ満載の野外博物館。バルト三国は自由とは言い難かった歴史がありますが、その分伝統文化の保存に力を入れ、それぞれの首都にこのような野外博物館があります。素晴らしいエストニアの伝統に触れ、色々なことを感じてみて下さい。自分の知らない世界を知る楽しさをぜひ味わって頂きたいです。

古い物が好き、歴史に興味がある、建築が好き、自然が好き、一つでも当てはまったらぜひ訪れてみて下さいね。

エストニア野外博物館
エストニア / 博物館・美術館
住所:Vabaohumuuseumi 12, Rocca al Mare 13521 Estonia地図で見る
Web:https://evm.ee

※記事内のユーロから日本円への換算は1ユーロ=約130円で計算しています。

エストニア旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばエストニアのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でエストニアのすべてのツアーをみる>>

エストニアの旅行予約はこちら

エストニアのパッケージツアーを探す

エストニアのホテルを探す

エストニアの航空券を探す

エストニアの現地アクティビティを探す

エストニアのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年6月12日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...


知る人ぞ知る美食の国!バルト三国で食べ歩くおすすめレストラン5選

バルト三国はバルト海の東側、フィンランドのすぐ南にある「エストニア、ラトビア、リトアニア」の3国。それぞれの国の面積は小さく、交通網が整備されているので観光がし...

【保存版】ヨーロッパのカフェ厳選10選!

旅するならば、ぜひ腰を下ろして待ちゆくひとを眺め、そこに流れる雰囲気を味わい、お茶の時間を楽しみたいものです。ヨーロッパにも無数にある個性的なカフェは、地元の人...

ヨーロッパの「窓」のある風景20選!

旅に出ると素敵な街並みの写真を撮ったり、散策してみたくなりますよね。「窓」から覗く風景は、窓枠が額縁のように風景が切り取られてより美しく見えたりします。また、そ...

【フィンランド・ヘルシンキ】:バルト海クルーズで優雅な休日

人生で一度は行ってみたい!海外クルーズ船旅行。地中海やエーゲ海、カリブ海など温暖な気候のエリアで運行されているイメージですが、北欧・バルト海でも楽しめることをご...

この記事を書いたトラベルライター

✿ かわいいと不思議と古いものが好き ✿
——— 2018年 “審査員特別賞“ を頂きました ———

旅が人生のモチベーション。年々好奇心だけが向上していく30代。

一人旅の魅力を知ってから、国内外問わず旅に出ています。念入りな下調べ、計画は欠かせない慎重派。宿を決めない自由旅は憧れ。

メジャーな場所より、あまり人が行かないスポットに惹かれます。

可愛い街並みはもちろんのこと、
摩訶不思議な光景、大自然、秘境、
古い建築物、遺跡、お城やお寺 etc…

訪れた国は現在28ヶ国、国内は38都道府県。
海外も好きだけど日本も好き。

主に一人旅やフリーの旅人を意識して、詳しく正確な記事を心掛けています。

【イギリス】『ハリー・ポッター』ロケ地巡り!ファン必見のロンドン近郊完全版!

本場イギリスの『ハリー・ポッター』のロケ地。フォトジェニックなファン必見の名所を、ロンドン、そしてロンドンからアクセス可能なオックスフォード、コッツウォルズから...


ロンドン土産はこれで決まり!老舗スーパーM&S(マークス&スペンサー)の可愛いオリジナル商品♡

ロンドン旅行者必見のおすすめお土産!イギリスを代表する老舗スーパーM&S(マークス&スペンサー)のオリジナル商品は、おしゃれで品質も良くロンドンっ子や女性観光客...

【ポルトガル】女子旅にぴったり!ポルト観光おすすめ1日コース〜あの『魔女の宅急便』のモデルになった街〜

リスボンに次ぐ第二の都市ポルト。実はここポルトも『魔女の宅急便』のモデルとなったと言われているんです。それも納得、ドロウ川沿いの丘に立ち並ぶカラフルな家々は映画...

バルト三国のお土産大特集!おとぎの国は可愛い手作り雑貨の宝庫♡

北欧雑貨やロシア雑貨が好きな人におすすめ!素朴で可愛い「バルト雑貨」が今大注目です。あまり馴染みのないバルト三国ですが、手作りの愛らしい民芸品や丁寧に編まれたウ...

【京都】絶品抹茶スイーツ5選!話題のとろける抹茶ティラミスも!

抹茶好き必見!インスタ映え「抹茶館」の抹茶ティラミスや絶品抹茶チーズケーキ、祇園の町家カフェのスイーツなど、抹茶好きの筆者がおすすめする、京都で味わえる5つの絶...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?