福島
福島観光
首都圏からの観光客も多く観光施設が充実

尾瀬を歩くなら、パーフェクトコースと知っておくべき尾瀬ルール

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:47都道府県

2019年8月14日更新

1,072view

お気に入り

日本を代表する高地の湿原帯、尾瀬。尾瀬は気軽なハイキングコースと思われていますが、自然保護のために様々なルールがあります。そんな守るべきルールと、尾瀬を歩くために必要な装備、そして尾瀬を堪能する欲張りコースを紹介します。

この記事の目次表示

夏が来ると思い出す?

尾瀬と言えば、ほとんどの人が「夏がくれば 思い出す♪ はるかな尾瀬 遠い空♪」の歌詞が反射的に浮かぶのではないでしょうか。この超有名な曲「夏の思い出」の舞台、尾瀬は、福島県・新潟県・群馬県の3県にまたがる地域で、日本を代表する高地の湿原です。

  • 尾瀬

今回は、初めて尾瀬に行く人向けに、尾瀬で守るべきマナーと服装、そしてがっつり満喫するコースをご紹介します。

まずは知ってほしい尾瀬のルール

尾瀬は、国が定めた公園、いわゆる「国立公園」で、さらに「特別保護地区」の指定を受け、さらにさらに国際的に重要な湿地を保護するための条約である「ラムサール条約」に登録されています。尾瀬は日本でも有数の植物の宝庫であり、その自然を守るために様々なルールが設けられています。尾瀬に行く前に、まずは絶対に守るべきルールを覚えてくださいね。ちょっと長くなりますが、大事なのでしっかり読んでくださいね!

  • 朝もや流れる尾瀬

湿原には入らない

尾瀬といえば、ながーく続く木道がイメージとして浮かぶ人も多いのでは?尾瀬の湿原を保護するため、木道が設けられていますが、なんと総距離は65km!

  • 木道を行く

もし湿原に入ってしまったら、どれだけ自然にダメージを与えるかご存知ですか?たとえば湿原を5cmほど踏みつぶしてしまったとします。もとの位置まで湿原が戻るのが、なんと約70年後!湿原は1年間に約0.7mm程度しか成長しません。そのため、尾瀬の全域に木道が設けられています。

木道はキープライト

さて、尾瀬の自然を守る木道の大部分は、並行して2本設けられています。尾瀬は「右側通行」が大原則。まわりに人がいないときはこの限りではありませんが、右側通行を守るようにしましょう。

  • 右側通行

ちなみに、この「右側通行」は尾瀬ルールです。山によって左側通行のところもありますが、尾瀬は「右」です。

ちなみに、登山用のストックを使用される方もいるかもしれません。木道をストックでつくと木道自体も痛みが進むので、ストックの先にはキャップを付けるようにしましょう。

採らない・持ち込まない

尾瀬では動植物の持ち込み、持ち出しは厳禁です。違反すると、6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金ですよ!尾瀬は特別保護地区に指定されていて「自然公園法」という法律によって守られているんです。

  • 特別保護地区である尾瀬

そんなわけで、尾瀬では靴底の土にも気を使います。靴底に付着した土には尾瀬には生えない植物や小さな生き物が含まれているかもしれません。尾瀬の登山口に入る前に、靴底の土を極力落とすようにしましょう。

ゴミは持ち帰る

尾瀬に限った話ではありませんが、登山では基本ゴミは自分で持ち帰ります。当然尾瀬でも同様です。リュック内でゴミを持ちたくない!という人には、リュックの外に取り付ける防水性のある素材できたゴミ袋も売っています。液漏れの心配のあるゴミが出た時は、こうした専用ツールを使うと便利ですよ。興味がある方は「ガベッジバック」で検索してみてください。

トイレは有料

これも尾瀬に限った話ではありませんが、登山ではトイレがある場合、たいてい「チップトイレ」と言われる有料トイレです。もちろん、両替機があるわけでもないので、山に行くときは100円硬貨をもっていきましょう。チップトイレは、場所によって異なりますが100円~200円です。もちろんそれ以上払ってもOK。トイレ前に設置されている箱に硬貨を入れます。

  • 尾瀬のトイレ

というのも、街中にあるトイレのようにインフラが整っている場所にあるわけではなく、山の中にあるトイレなので私たちが考えている以上に維持費がかかるんです。山によっては処分のため人が汚物を背負って下山したり、微生物の活動によって排泄物を分解する通称「バイオトイレ」を使用したりと、私たちが普段生活で使っているトイレとは維持・管理方法が異なります。

天候に注意!

これも尾瀬に限った話ではありませんが、標高の高い地域では、天気が結構コロコロかわります。尾瀬で特に注意すべきは雷。というもの、尾瀬は広大で平らな土地。雷って高いものに落ちますよね。平らな土地にいると、人間に落ちる可能性が高くなるんです・・・!

  • 雨の尾瀬

雷の気配がしたら、なるべく早く湿原から離れて山小屋に避難しましょう。

ボッカさんには挨拶しない

これも尾瀬に限った話ではありませんが、「歩荷(ぼっか)」ってみなさんご存知ですか?

山小屋に物資を届けるために、運搬具「背負子(しょいこ)」に食材や飲料水などが入った段ボールをうず高く積み上げて、人力で運び入れる人たちがいるんです。歩いて荷を運ぶから「歩荷」さんです。写真を見ても身長の倍くらいの高さの荷物を運ぶ姿は衝撃ですよね。

  • 歩荷さん

段ボールが崩れたらアウトですから、登山客よりも慎重に重心と体の使い方に気を使いながら歩いています。

山ではすれ違う時に「こんにちは」というのがマナーとされていますが、歩荷さんは例外。大変な気力と体力を使うお仕事なので、挨拶はしません。

次のページを読む

夏休みの格安航空券をskyticketで検索

福島の旅行予約はこちら

福島のパッケージツアーを探す

福島のホテルを探す

福島の航空券を探す

福島の現地アクティビティを探す

福島のレンタカーを探す

福島の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年8月13日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2019】日本の桜の名所43選!春の絶景に出会えるお花見スポット特集

日本にはその美しさに感動してしまう桜の名所がたくさんあります。春ならではの絶景に出会える、日本のお花見スポットをご紹介します。2019年のライトアップスケジュー...


海外からも大注目!【福島】霧幻峡の渡し船と只見線

初めて訪れるのに懐かしい。そんな日本の原風景が今も残る場所・奥会津に、夏だけ出現する霧の渓谷「霧幻峡」。緩やかに湾曲しながら流れる只見川は、雪解け水をたたえ、冷...

【福島・猪苗代湖】湖面の白鳥に逢える飛来地へ行こう!

会津磐梯山の麓に広がる、日本で4番目に広い湖の猪苗代湖(いなわしろこ)。毎年2,000羽以上の白鳥がシベリアから渡来し、10~4月にかけて猪苗代湖で羽を休めます...

日本の人気の湖沼TOP30!旅行好きが行っている全国の湖沼ランキング

白金青い池や中禅寺湖、洞爺湖に五色沼などをはじめとする日本の湖沼の中で、トリップノートの4万7千人の旅行好きトラベラー会員(2019年10月現在)が実際に行って...

福島県を代表する名峰!美しい磐梯山の眺望を楽しむ絶景スポット3選を紹介

福島県にある標高1,816mの山・磐梯山。耶麻郡猪苗代町、磐梯町、そして、北塩原村に跨るこちらの山は、福島県を代表する観光地である猪苗代湖畔や会津盆地などから眺...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...


【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...

【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

湘南を代表する観光スポット「江の島」。どメジャーな観光スポットですが、意外にもガイドブックでは紙面の都合からか、江の島の見どころを収めきれていないんです。実際に...

天下の難所・箱根旧街道をちょっとズルしてハイキング【神奈川・箱根】

箱根といえば日本でも有数の温泉地です。平日・休日問わず、多くの観光客が訪れます。日本の温泉地ランキングでは、常に上位に挙がるほど人気で定番ともいえるエリア。その...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?