九州
九州観光
温泉と自然景勝地が豊富で、中国・韓国からの旅行客が多数

有明海観光で必ず食べたいグルメ&珍味10選!エイリアンのような生物も?

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:42都道府県

2019年5月28日更新

1,462view

お気に入り

写真:菊地早秋

佐賀、福岡、長崎、熊本の4県に挟まれた有明海には、全国的に見ても貴重な干潟が広がっています。豊かな環境には多くの生き物が生息しており、地域の食も豊かになります。本記事では、有明海観光でおすすめのグルメと珍味をご紹介します!

この記事の目次表示

有明海とは?

  • 写真:菊地早秋有明海(一面の干潟)

有明海は、佐賀福岡長崎熊本の4県で囲まれた、面積約1,700平方キロメートルの内海です。大小100を超える河川が流入しているとされます。

最大約6メートルにも達する日本一の干満差を有しています。干潮時には干潟が5~7キロ沖まで広がるそうで、平均水深は20メートルと遠浅な(遠方まで水が浅い)海です。

  • 写真:菊地早秋海苔養殖が盛ん

多くの河川から運ばれる栄養塩が流れ込み、日本一の海苔生産を誇っています。有明海を旅すると、海苔の養殖が盛んに行われている様子を見ることができます。

  • 写真:菊地早秋点々と見えるのはムツゴロウなどの生き物たち

さらに多種多様な魚介類が生息し、水産資源も豊富なため、素晴らしい伝統食が受け継がれています。

それでは以下より、有明海観光でおすすめしたいグルメ&珍味をお伝えしていきます!

【1】ワラスボ

  • ワラスボの刺身

日本では有明海にのみ生息する珍しい魚です。(スズキ目ハゼ科。)成長すると全長約40センチにもなり、ウナギのような細長いかたちになります。目とウロコは退化し、むき出しの鋭い歯も特徴です。

地元の方はお刺身としても食すそうです。白身でクセがないお味なのだとか。ちなみにワラスボは、有明海のお魚屋さんではごく普通に販売されています。

  • 写真:菊地早秋干しワラスボ(少し炙ってそのまま食べる)

筆者は「干しワラスボ」を頂きました。味は、あじの干物を硬くしたようなイメージで、違和感なく食べることができました。ただ、見た目が衝撃的ですので、口に入れるのは勇気がいります。

外見がエイリアンに似ているため、地元に漁場がある佐賀県は、ワラスボとエイリアンをかけて、観光プロモーションなども行っています。以下の映像が面白いので、ぜひご覧ください。

【2】海苔

有明海といえば、海苔が名産です。日本の生産量のうち約4割を占めるとされています。実際、有明海を望むと、海苔養殖のための柱や網がたくさん張り巡らされているのが分かります。

味は甘くて、口のなかでとろけるような食感です。ぱりっとしていて、手で切り分けもしやすく、何人かで分けて食べるときも便利です。

  • 写真:菊地早秋塩のり(850円/1袋)

筆者が現地で見つけた変わりダネの海苔をご紹介します。一つは、「塩のり」と呼ばれるもので、海苔に塩が振りかけてあるため、おむすびなどに最適です。

  • 写真:菊地早秋粉のり(150円~/1袋)

もう一つは、「粉のり」と呼ばれるもので、海苔がふわんふわんの粉になっています。卵焼きなどに混ぜて頂くと美味です。

【3】ムツゴロウ

  • 写真:菊地早秋愛らしいムツゴロウ

潮が引いた干潟のうえで生活する魚の一種です。(スズキ目ハゼ科。)日本では、有明海と八代海に生息しています。植物性で、干潟の泥に付着した藻類などを食べながら暮らしています。

成魚は15~20センチの大きさになります。体は褐色色をしていて、白か青の斑点があります。目はくりくりしており、瞳がハート形をしているなど、とても愛らしい風貌です。

  • 写真:菊地早秋ムツゴロウの煮つけ(炭火で焼いてから煮るため黒い)

有明海では古くからムツゴロウを食用として利用してきました。旬は晩春から初夏にかけてです。よくある調理法は、いったん炭火で焼いたものを、砂糖醤油で煮つける方法です。料理の見た目が黒いのはこのためです。

身は少なめですが、しっとりしたお肉で、頭から尾まで骨まで丸ごと頂けます。全くクセがなく、大変食べやすいお魚です。

【4】クツゾコ

別名クッゾコ、クチゾコなどとも呼ばれます。正式名称はコウライアカシタビラメです。瀬戸内海や有明海でたくさん揚がるヒラメです。

  • 写真:菊地早秋煮つけ

地元では、甘辛く煮つけ頂くのが一般的です。旬は冬から春にかけてだそうで、皮に厚みがあるため、煮崩れしにくく、食べやすいのが特徴です。ほどよい歯ごたえがあり、臭みも感じられず、大変美味なお魚です。

  • 写真:菊地早秋クツゾコ(500円/2匹)

お店のメニューでよく見かけるほか、道の駅などでは生でも販売されています。体長は60センチ程度です。似たようなヒラメも多いですが、味が違うそうなので、生で買う方は名前にご注意ください!

【5】アカメ

正式名称はメナダです。(ボラ科。)ボラによく似ていますが、全長1メートルにまで達する点が異なり、大型の魚です。九州では有明海にしかいないとされるそうです。

  • 写真:菊地早秋アカメのお刺身

出世魚のため名前が順次変わっていきます。エビナゴ→エビナ→アカメ→ヤスミ→ナヨシになるのだとか。旬は梅雨から夏にかけてです。

  • 写真:菊地早秋アカメのサク売り(250円/1パック)

筆者はお刺身で頂きましたが、白身魚で歯ごたえはしこしこしています。淡泊なお味で、クセがありません。地元の道の駅などでは、サクでも購入可能です。

次のページを読む

九州の旅行予約はこちら

九州のパッケージツアーを探す

九州のホテルを探す

九州の航空券を探す

九州の現地アクティビティを探す

九州のレンタカーを探す

九州の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年5月28日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


並ばずに食べられる!行列ができる人気店のお取り寄せグルメ18選

行列ができるほど評判のお店のグルメなら、一度は食べてみたいもの。でも並ぶのはちょっと…という方のために、全国各地の行列ができる人気店のお取り寄せグルメを一挙にご...


行った気分でお取り寄せ!全国の人気ご当地グルメ&おすすめ銘菓36選

旅行に行けない時でも旅行気分を味わいたい!そんな方におすすめなのが、ご当地グルメやご当地スイーツのお取り寄せです。全国の数あるご当地グルメのなかでも特に人気のグ...

歯が折れるほど硬い!北九州銘菓「くろがね堅パン」3種類を食べ比べてみた

食べ物で「危ない」と思ったのは、これが初めてだったー。福岡県北九州市の銘菓「くろがね堅パン」は、鉄のように硬いお菓子として有名です。その強度たるや、商品に「たい...

【福岡】3大うどんチェーン店の「ごぼう天うどん」

福岡といえばラーメンを思い浮かべる人が多いと思いますが、実は「うどん」も福岡のソウルフード。そして、県内どこのうどん屋さんにもあるのが「ごぼう天うどん」。福岡の...

【福岡】インスタ映え抜群!糸島のおすすめ観光スポット6選

福岡県の最西部に位置する糸島市。福岡市の中心部から車で約40分という距離にありながら、玄界灘に面した糸島半島は、美しい海岸線と豊かな自然が広がっています。そんな...

この記事を書いたトラベルライター

大自然に魅せられて
ライターの菊地早秋(きくちさき)と申します。1990年生まれ。広い海に囲まれた故郷で育ち、いくつになっても自然を求めて三千里。これまで国内42都道府県、海外はアジア中心に12か国を訪れました。沢山の写真を盛り込んだ作品をお届けします。

【よくある執筆ネタ】
・湧き水/ネイチャースポット
・食文化/地域で頑張る飲食店
・茨城県

【tripnote外の活動】
・H29.07- 足立区浴場組合フリペ「銭湯といえば足立」連載
・H31.03 「人と地球を守るオルタナフード株式会社NoblesseOblige」コラム提供
・R01.06 森林インストラクター「森のシンガーソングライター山田証」歌詞提供
・R02.01- Website「古民家移住の教科書」開設・更新

【Awards】
・H30.10 環境保全茨城県民会議主催「いばらき自然環境フォトコンテスト」部門賞
・H31.01 羽田空港主催「私の旅する日本語2018」大塚製薬賞
・R01.08 tripnote主催「トラベルライターアワード2019年上半期」審査員特別賞
https://note.com/skikuchee

【静岡】本当は広めたくない!柿田川湧水公園の神聖な見どころ5選

富士山に降った雨や雪が数十年の旅を経て、地上に現れる。それが静岡県清水町にある、柿田川湧水公園内の湧き水の正体です。こんこんと湧き出る、透明度の高い洗練された水...


【島根】1日で全部回れる!松江市のおすすめ観光スポット15選&ざっくりタイムスケジュール

島根県松江市街地のおすすめ観光スポットをご紹介します。宍道湖(しんじこ)を中心に栄えている町の魅力がたっぷり!朝から夜まで丸一日かけて、充実の松江観光を楽しんで...


タオルがいっぱい!今治タオル本店でお気に入りの一枚を見つけよう!

皆さんは今治タオルを使ったことはありますか?「今治タオル」とは、愛媛県今治市に集まっている、様々なタオル会社で作られたタオルの「総称ブランド」のこと。今治市は1...

【茨城】100円でサツマイモ詰め放題!蔵出し焼き芋かいつか・かすみがうら本店工場直売所の魅力に迫る

まるでスイートポテトのような、クリーミー感とジューシー感。こんな焼き芋があったんだ!と一口食べれば、誰もが感じる焼き芋を販売しているお店、それが「かいつか」です...

台南に行ったら絶対ゲットしたい!人気の帆布カバン屋さん3選

皆さんは普段カバンを使いますか?台南では、帆布カバンが人気で、お土産にも購入する人が増えています。 帆布カバンとは、使いやすさ、シンプルなデザイン、丈夫さ、そし...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?