岡山
岡山観光
桃太郎伝説の舞台として有名な、中国地方の交通拠点

岡山の定番・観光スポットならココ!18選

取材・写真・文:

2018年11月22日更新

3,392view

お気に入り

『桃太郎』にゆかりのある岡山県。吉備津神社など桃太郎伝説にまつわるスポットや、”日本三名園”のひとつ後楽園、”雲海の城”として注目をあつめる備中松山城、そして情緒のある街並みが人気の倉敷美観地区などの見どころがあります。この記事では、これらのスポットをはじめ、岡山県を旅行する際にまずは抑えておきたい定番スポットをご紹介しています。

この記事の目次表示

【1】黒島ヴィーナスロード

干潮時に浮かび上がる幻想的な一本の砂の道

”日本のエーゲ海”と呼ばれる牛窓の海に現れる幻想的な砂の道。黒島、中ノ小島、 端ノ小島の3つの島をつなぐ長さ約800mの弓なりの砂州で、潮が引くと一本の砂の道が浮かび上がり、歩いて渡ることができるというもの。

この一本道ではクラゲやヒトデなどの海の生き物を観察したり、中ノ小島にあるハート形の天然石「女神の心」を探したりしてみてくださいね。

黒島ヴィーナスロード
岡山 / 自然・景勝地 / 観光名所
住所:岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓地図で見る
電話:0869-34-5500
Web:http://www.limani.jp/venus-load/

【2】備中松山城

雲海に浮かぶ姿が幻想的な日本一高い場所に立つ天守

日本に12城しかない、江戸期以前から今日まで現存している天守閣のひとつ。その中でも最も小さく、最も高い位置に立つ天守です。

1240年、秋庭重信(あきばしげのぶ)が臥牛山(がぎゅうざん)に砦を築いたのが最初と言われています。当時は天守というものが存在していない時代で、天守や櫓はその後江戸時代になってから元々あった山城に増築されました。1873年の廃城後、安価で商家に落札されましたが、取り壊されることもなく放置状態。そのおかげで、現在まで当時の姿を残すことができました。

備中松山城は2016年の大河ドラマ『真田丸』のオープニングで使用され、”雲海の城”として注目を集めました。雲海が発生する時期は、9月下旬~4月上旬の明け方から午前8時頃。特に11月上旬~12月上旬が最も見ごろです。

備中松山城
岡山 / 建造物 / 観光名所
住所:岡山県高梁市内山下1地図で見る
電話:0866-22-1487
Web:http://www.city.takahashi.okayama.jp/soshiki/9/shi...

【3】岡山後楽園

歩きながら変化に富んだ景色を楽しめる、日本を代表する回遊式庭園

石川県の兼六園、茨城県の偕楽園と並び”日本三名園”のひとつに数えられています。広い芝生地に池や築山、水路などが配され歩きながら移り変わる景色を眺めることができるように作られた回遊式庭園で、『シュラン・グリーンガイド・ジャポン 』で三つ星を獲得したことで世界的に知られるようになりました。

岡山後楽園は、岡山藩主池田綱政が家臣に命じ1687年(貞享4年)に着工、1700年(元禄13年)に完成しました。その後も藩主により、その時々の好みで手が加えられ、また江戸時代には、許しがあれば領民も入ることができ、池田綱政自ら舞を見せたりしたそうです。昭和27年には特別名勝に指定され、歴史的文化を後世に伝えています。

岡山後楽園では期間限定でライトアップイベント「幻想庭園」が開催され、昼間とは違った妖艶な庭園の姿を楽しめます。また庭園内でビアガーデンも開かれます。

岡山後楽園
岡山市 / 公園・動植物園 / 観光名所
住所:岡山県岡山市北区後楽園1-5地図で見る
電話:086-272-1148
Web:http://okayama-korakuen.jp/

【4】岡山城

豊臣時代の面影を残す、どっしりと構える漆黒の城

豊臣秀吉の指導をうけて宇喜多秀家が築城し、慶長2年(1597年)に完成。昭和20年(1945年)の空襲で天守閣は焼失しましたが、昭和41年(1966年)に再建されました。外壁に黒漆が塗られており、太陽に照らされるとまるで烏の濡れ羽色によく似ていたため「烏城(うじょう)」とも呼ばれていました。天守閣の6階からは岡山市街を360°一望する景色が楽しめます。

岡山城の天守台は北側に大きく突き出しおり、不等辺五角形をした野面積(のづらづみ)の石垣でできています。織田信長の安土城を模して築かれたと伝えられており、全国的にも珍しい造りになっているそう。

また現存する「月見櫓」や「西の丸西手櫓」は国指定重要文化財に指定されており、必ず見ておきたいスポットです。

そして見逃せないのが、期間限定で行われる岡山城のライトアップ「烏城灯源郷」。日中に見る勇ましいお城と違い、とても美しいお城へと変わります。

岡山城
岡山市 / 建造物 / 観光名所
住所:岡山県岡山市北区丸の内2-3-1地図で見る
電話:086-225-2096
Web:http://okayama-kanko.net/ujo/

【5】鬼ノ城

長さ約2.8kmの城塁がまるで万里の長城のよう!

標高約400mの鬼城山(きのじょうざん)山頂に立ち、総面積は30万㎡にもなる城。近年の調査から7世紀後半に築かれたとされていますが、日本書紀などの歴史書にも記載がなくいまだその詳細は謎と言われています。

長さ約2.8kmの城塁がまるで万里の長城のように巡っているのが大きな特徴で、東西南北4カ所ある城門のうち西門だけ復元されており、鬼ノ城のシンボルとなっています。学習広場と呼ばれる展望スペースから、復元された西門がよく見えますよ。

鬼ノ城には1.5km程度の短いものから、4.5kmの1周コースまでいくつかの散策コースがありますが、道のアップダウンはほとんどありません。遊歩道の途中では当時の遺構を見ることができるほか、総社平野を見晴らせるビューポイントもあります。

鬼ノ城
岡山 / 建造物 / 観光名所
住所:岡山県総社市奥坂地図で見る
電話:0866-92-8277(総社市商工観光課)

【6】倉敷美観地区

倉敷川と柳並木、そして白壁の町並みが美しい

倉敷は江戸時代に代官所が置かれ天領地として栄えた商業の町。その時代の面影を今にのこすのが「倉敷美観地区」です。塗屋造りの町家や白壁土蔵造りの建物が並び、まるで江戸時代にタイムスリップしたような散策が楽しめます。

現在は観光地化されており、レストランやカフェ、美術館、お土産屋さん、宿泊施設などが並び、またデニム発祥の地にちなんだ「デニムストリート」も見どころ。

美観地区に到着したら、まずは休憩スポット「倉敷物語館」で情報収集をしましょう。情報コーナーや展示室、多目的トイレなどが整備され、観光マップをもらえるほか、観光と文化の交流の場として自由に利用できます。

倉敷美観地区
倉敷 / 町・ストリート / 観光名所
住所:岡山県倉敷市 美観地区地図で見る
電話:086-426-3851

【7】吉備津神社

まっすぐに伸びる360mもの長い回廊は必見!

皆さんご存知「桃太郎」のモデルといわれる吉備津彦命を主祭神とし、”桃太郎伝説”のルーツと言われる神話が残る神社です。縁結び、夫婦円満、安産育児、長寿、金運、収入アップなど、人生を豊かにするご利益が多く、安産育児は、桃太郎伝説にあやかって、桃太郎のような丈夫な子供が授かる事ができるとのこと。

2つ並んだ大きな屋根が特徴の本殿は、比翼入母屋造(ひよくいりもやづくり)で、日本で唯一の様式のため”吉備津造”とも言われています。大きな本殿は京都、八坂神社に次ぐ大きさで、出雲大社の2倍の大きさがあるそう。

そして本殿から本宮社までをつなぐ360mもの長い回廊が大きな見どころ。回廊の途中には、えびす宮や、お釜殿などがあり、紅葉の季節はさらに趣のある景色となります。

吉備津神社
岡山市 / 社寺・教会 / 観光名所
住所:岡山県岡山市北区吉備津931地図で見る
電話:086-287-4111
Web:http://www.kibitujinja.com/

【8】吹屋

ベンガラ色で統一されたノスタルジックな美しい街並み

標高550mの山あいにある小さな町で、幕末から明治にかけて銅山と赤色塗料「ベンガラ」で栄えました。全体が赤い瓦で統一されている街並みが美しく、昭和52年には国の重要伝統的建造物群保存地区の認定を受けました。

吹屋
岡山 / 町・ストリート / 観光名所
住所:岡山県高梁市成羽町地図で見る

【9】鷲羽山

夕景もすばらしい!瀬戸内海国立公園の代表的な景勝地

鷲が羽を広げた様子に似ていることから「鷲羽山」と名付けられました。瀬戸内海国立公園の代表的な景勝地で、標高133mの山頂「鍾秀峰(しょうしゅうほう)」からは、海に点在する大小50余りの多島美と瀬戸大橋の姿を眺めることができます。

”夕日百景”に選ばれた夕景も素晴らしく、オレンジ色に染まる瀬戸内海と瀬戸大橋のシルエットのコントラストが美しい。

鷲羽山
倉敷 / 自然・景勝地 / 観光名所
住所:岡山県倉敷市下津井田ノ浦地図で見る

【10】阿智神社

眼下には美観地区をはじめとした倉敷の街並みが広がる

倉敷美観地区の奥の方、鶴形山の山頂に鎮座する神社。海の守護神と、交通交易、財宝、芸術、美の神様をお祀りしています。

200段の階段を登りきると、眼下に広がるのは美観地区をはじめとする倉敷の街並み。天然記念物の花アケボノフジが有名で「阿知の藤」として親しまれています。5月のGW頃には可憐に咲きほこる藤を見ることができますよ。

阿智神社
倉敷 / 社寺・教会 / 観光名所
住所:岡山県倉敷市本町12−1地図で見る
電話:086-425-4898
Web:http://achi.fem.jp/

次のページを読む

岡山の旅行予約はこちら

岡山のパッケージツアーを探す

岡山のホテルを探す

岡山の航空券を探す

岡山の現地アクティビティを探す

岡山のレンタカーを探す

岡山の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年1月18日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【岡山】おすそ分けしたい!倉敷美観地区で買えるお土産のお店10選

風情のある白壁の街並み・倉敷美観地区周辺の観光やグルメを楽しんだ後は、お土産を買うだけ!でも、スイーツや雑貨など、いろんなお店が集まっていてどこで買おうか迷っち...


【2019】8月の国内おすすめ旅行先20選!夏休み旅行にぴったりな観光地特集

真夏の猛暑でも出かけたくなる夏でも涼しい避暑地・観光スポットや、夏は一層美しく見える絶景スポットなど、8月のお盆休みや夏休みにおすすめの国内旅行先をご紹介します...

夏でも涼しい国内の観光スポット27選!真夏の旅行・お出かけにおすすめ

夏休みやお盆休みなど、旅行・お出かけの機会も増える夏。爽やかな高原やいつでも気温が低い鍾乳洞、高所の雲海スポットなど、暑さから逃れたいときにもぴったりな、夏でも...

【岡山県・西粟倉村】ただの田舎じゃないその魅力とは?!

かつて市町村合併が進んだ中、あえて「村」として生きる道を選んだ岡山県の「西粟倉村」。今、ここには若く発想力も豊かでエネルギッシュな人たち、ローカルベンチャーを目...

悪縁を切って良縁を引き寄せる「両参り」岡山のパワースポット最上稲荷

岡山県岡山市にある最上稲荷。正式名称は「最上稲荷山妙教寺」と言われ、神様と仏様が両方祀られている珍しいお寺です。敷地は広く、多くの見どころがありますが、中でも「...

この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

【2019】京都のおすすめお土産29選!旅ツウが選んだ京都でしか買えないお土産特集

京都らしい定番の和菓子に最新スイーツ、まだあまり知られていない隠れた名品など、旅行ツウのトラベルライターが選んだ京都でしか買えないおすすめのお土産をご紹介します...


2019春の旅行に!3月・4月・5月の国内おすすめ旅行先・観光地45選

春(3月・4月・5月)におすすめの国内旅行先を月ごとにご紹介!春休みの家族旅行や、カップルでのお出かけにぴったりな旅先を全国から厳選しました。週末の1泊旅行でも...

2019夏の旅行に!6月・7月・8月の国内おすすめ旅行先・観光地36選

夏(6月・7月・8月)の時期ならではの見どころが揃ったおすすめの国内旅行先を全国から厳選しました。夏休み、お盆休みなどの旅行にぴったりな旅先がきっと見つかります...

【関東】春のおすすめ花畑24選!3月・4月・5月に見頃を迎える花の名所ガイド

あちらこちらで花の便りが聞かれる”春”。芝桜、ポピー、チューリップなど、春の花が一面に咲く花畑を見にお出かけしませんか?3月・4月・5月に見頃を迎える、関東の花...

温泉街が楽しい温泉15選!風情のあるおすすめ温泉街特集

せっかく温泉に泊まるなら、風情のある温泉街のそぞろ歩きを楽しみたいもの。国内の有名温泉地の中から、温泉街の散策も楽しめる温泉を厳選してご紹介します。

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?