スペイン
スペイン観光
ガウディの個性的な建築に代表される世界遺産

海外レシピを楽しもう!パーティーにぴったりスペイン風オムレツ【トルティージャ】の作り方

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:19ヶ国

2021年9月8日更新

12view

お気に入り

写真:まきまき

お誕生日や飲み会などホームパーティーをするときは、簡単でボリュームがあって、低コストでありながら美味しいメニューがあるとベストですね。迷ったときはスペイン料理トルティージャはいかがでしょうか。子どもから大人まで楽しめてシンプルな材料で作れます。今回はスペイン風オムレツ「トルティージャ」の作り方をご紹介します。

この記事の目次表示

スペインの定番料理トルティージャとは

  • 写真:まきまき

トルティージャはバル(飲食店のこと)や家庭でよく作られているスペインの定番メニューで、かんたんにいえばじゃがいもを具にした玉子焼きです。スペイン風オムレツと呼ばれてますが、見た目はどちらかというとキッシュに似ていて、フライパンの形を生かして焼くためケーキのように丸く仕上がるのが特徴です。

  • 写真:まきまき

中を半熟にするかしっかり火を通すか、そしてどんな具を入れるかは様々であり、バルや家庭の数だけトルティージャがあるといわれています。以下でご紹介するのは基本の作り方になりますが、ご自身で試す場合はオリジナルメニューとしてアレンジすると面白いでしょう。

基本のトルティージャの作り方

トルティージャの材料と注意点

  • 写真:まきまき
  • たまご 6個
  • じゃがいも 3個
  • 玉ねぎ 1個
  • オリーブオイル

今回は直径23cmのフライパンを使用したため、たまごを多めに使って作りました。分量に対してフライパンが大きいと、厚みが出ずに平べったくなってしまうので注意してください。15〜18cmくらいのものが使いやすく、たまご4個ほどできれいに仕上がります。それからオイルは必ずオリーブオイルを使いましょう。サラダ油だと風味が変わりスペイン風ではなくなります。

1.じゃがいもと玉ねぎを炒める

  • 写真:まきまき

まずはじゃがいもと玉ねぎをいちょう切りにします。玉ねぎはお好みで薄切りにしてもいいですが、じゃがいもはそれほど細かく切る必要はなく、厚さも5mm程度でいいでしょう。切り終えたらそれらをオリーブオイルで炒めます。

  • 写真:まきまき

炒めるといっても「煮る」に近いイメージで、オリーブオイルは多めに使ってください。ヘラやフライ返しでかるくまぜながら火を通し、じゃがいもを押してスッと割れるくらいやわらかくなったら、ザルでオイルを切ってボウルに移します。残ったオリーブオイルはたまごを焼くときに使います。

2.じゃがいもを軽くつぶし玉子と混ぜる

  • 写真:まきまき

ボウルに移したじゃがいもはヘラを使ってつぶします。マッシュポテトのようにぐちゃぐちゃにするのではなく、じゃがいもの形が残る程度に小さくしてください。つぶし終わったら溶きたまごと混ぜて塩で味付けをします。

3.オリーブオイルをひいて玉子を焼く

  • 写真:まきまき

よく熱したフライパンに先ほど使ったオリーブオイルをひき、具と混ぜ合わせたたまごを一気に流します。たまごを流したらすばやくかき混ぜ弱火にしてください。このままフタをして数分焼きます。

4.たまごをひっくり返してもう一度焼く

  • 写真:まきまき
  • 写真:まきまき

フチがかたまってきたら、次はたまごの裏面を焼きます。このとき中央部分が半熟の状態ですが、フチがかたまっていれば問題ありません。やり方はフライパンより大きなサイズのお皿をかぶせ、ひっくり返して再びフライパンに戻します。

5.形を整えながら裏面を焼く

  • 写真:まきまき
  • 写真:まきまき

ひっくり返したたまごはフタをしないで焼き、ヘラでまわりを押さえて形を整えます。フライパンをゆすってたまご動くようなら底が焼けているので、お皿に移して出来上がりです。

6.ナイフを入れて取り分ける

  • 写真:まきまき

焼きあがったトルティージャは、ケーキのようにナイフを入れて小皿に取り分けます。お好みでマヨネーズやケチャップをかけてもいいですし、バケットと一緒にいただくのもおすすめです。

いろいろアレンジ可能なトルティージャ

  • 写真:まきまき

上の写真はキャベツ、ピーマン、鳥ひき肉、チーズで作ったトルティージャで、このようなアレンジも可能です。肉や野菜やなどいろいろな具材を加えることによって、より豪華な一品になりそうですね。それからじゃがいもの代わりにかぼちゃを使うのもアリだと思います。

ご家族、友達同士、恋人同士など、どんなシュチュエーションにも活躍するふんわり玉子の「トルティージャ」。大切な人たちと美味しいお料理を楽しんでください。

スペインの旅行予約はこちら

スペインのパッケージツアーを探す

スペインのホテルを探す

スペインの航空券を探す

スペインの現地アクティビティを探す

スペインのWi-Fiレンタルを探す

関連するキーワード

※この記事は2021年9月7日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


スペイン行ったら、これ食べよ! バルのおすすめタパス8選

スペインのグルメ体験といえば「タパス」。タパスと言ってもいろいろあって、何を食べるか迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか?そんなあなたのために、スペイ...


【スペイン】世界遺産トレド旧市街の街歩きルート

スペインの首都マドリードから南に70kmの場所にある世界遺産の街、古都トレド。城壁に囲まれた中世の雰囲気を残す美しい旧市街を散策しながら、グルメやショッピング、...

バルセロナの台所「サン・ジョセップ市場(ラ・ボケリア)」を食べ尽くそう!

スペイン第2の都市であるバルセロナ。サグラダ・ファミリアなどのガウディ建築があまりにも有名ですが、もちろんグルメも外せません。バルセロナの台所である「サン・ジョ...

【保存版】スペインのお土産・厳選10選!

情熱の国・スペイン。地域によって言語や文化の異なるスペインは、訪れる場所ごとに独自性が溢れ、とても魅力的な国です。今回は、そんなスペインを旅するのならぜひ買って...

【バルセロナ】ゴシック地区(旧市街)を巡るお散歩コース

古き良きスペイン・バルセロナの歴史が楽しめるエリア「ゴシック地区(旧市街)」。趣のある建物と迷路のような路地の間に、美術館、教会、バルやカフェ、おしゃれなショッ...

この記事を書いたトラベルライター

トラベルフォトグラファー
カメラを片手に一人旅をしています。行ったことのある場所を再び訪れても、旅にはふたつとして同じ経験はなく、世界はミラクルの連続です。感動からハプニングまで、様々な出会いの中にたくさんの面白さがあり、出発してから帰るまですべての場所が目的地ですね。

それらを旅好きな仲間達と共有していけたらと思っています。みなさんの旅がHappyでありますように。
http://makimomo.com

スーツケースのキャスターゴムの自力でかんたん修理方法

スーツケースのキャスターを保護する表面のゴム部分。ここが取れてしまったら大ピンチです。壊れる前に対処をしなければなりませんが、修理に出したり買いかえるのはちょっ...


スーツケースDIY修理!セルフでキャスターを交換する方法

スーツケースのキャスター部分を修理に出すと、1ヶ所数千円もかかるため買い替えた方が早いです。でも部品そのものは安価であるため、自力で直せたら助かりますね。今回は...


日本三大パワースポット!長野県の分杭峠でゼロ磁場を体感しよう

長野県の分杭峠(ぶんぐいとうげ)は標高1,424mの静かな山の中に位置しています。そこはゼロ磁場と呼ばれる特殊な状態が生み出されていて、世界有数のパワースポット...

のんびり過ごせる冬の沖縄・石垣島の楽しみ方とおすすめ観光

日本を代表する南国の島といえば、沖縄県の石垣島。その素晴らしい光景は、一度訪れたことで虜になる人も多いのではないでしょうか。ただ南国といっても、活動的に過ごすだ...

【2020年】ロシア大使館とビザセンターでのビザ申請方法と注意点

2019年6月3日からロシア大使館でのビザ申請は完全予約制となりました。このような制度は急な変更が付き物ですが、東京の在日ロシア大使館とロシアビザセンターで申請...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

アプリ「Pokke」でスペインの音声ガイドを聴く

スペインの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります