千葉
千葉観光
東京ディズニーリゾートで有名な海に囲まれた県

千葉のおすすめ郷土料理29選!千葉名物の食べ物特集

取材・写真・文:

2023年1月25日更新

15,198view

お気に入り

この記事の目次表示

【5】勝浦タンタンメン

  • 勝浦タンタンメン

千葉県勝浦市の飲食店で提供されているご当地ラーメン。海女さんや漁師さんが、寒い時期の海仕事のあと、冷えた体を温める料理として定着していきました。

元祖は昭和29年創業のラーメン店「江ざわ」。一般的なタンタンメンで使用されるゴマは使わず、醤油ベースのスープにラー油を多く使用しています。

具材はみじん切りの玉ねぎとひき肉が一般的で、お店によってネギやニラを乗せたり、味噌ベースのものなど様々。勝浦タンタンメンを提供しているお店はこちらで確認できます。

勝浦タンタン麺のおすすめ店:ラグタイム(勝浦市)

ラグタイムはイタリア料理店ですが、勝浦タンタンメンを食べられる人気店のひとつです。その一番の魅力はオーシャンビュー!窓際の特等席で青い海を見ながら食べるのがオススメです。

ラグタイムの勝浦タンタンメンの麺は、細麺ストレート。飴色玉ねぎの甘みと、自家製ラー油の辛味が絶妙のコンビネーションですが、やはり辛いです。辛いのが苦手な方は辛さ控えめを注文しましょう。ちなみに替え玉もできます。

ラグタイム
勝浦市 / ご当地グルメ・名物料理 / ラーメン / イタリアン / ランチ / バー
住所:千葉県勝浦市部原1928-32地図で見る
電話:0470-73-8666

【6】竹岡式ラーメン(竹岡ラーメン)

  • 竹岡式ラーメン

千葉県富津市発祥のご当地ラーメン。肉(チャーシュー)のうまみが溶け込んだ醤油ダレをお湯で割ったスープは、見た目が黒っぽく濃い色をしています。そして麺は生麺ではなく乾麺をつかい、角切りした玉ねぎを加えるのも大きな特徴です。

元祖は「梅乃家」と言われていますが、「鈴屋」の方が創業が古く、こちらが元祖であるという説もあるそう。スープがシンプルであるゆえ、醤油が決め手になりますが、どちらのお店でも富津市の宮醤油店の醤油を使っています。

また「梅乃家」以外の、竹岡式ラーメンを提供するお店では生麺を使用したり、スープも鶏ガラを使うなど、お店によって趣向を凝らしています。

竹岡式ラーメンのおすすめ店:梅乃家(富津市)

竹岡式ラーメンの元祖とされている「梅乃家」。メディアでも紹介される有名店で、開店前から行列ができます。なみなみと注がれたスープは真っ黒で、チャーシューとメンマ、のり、そして竹岡式ラーメンの特徴である角切り玉ねぎがトッピング。玉ねぎは有料で追加もできます。

ラーメンのメニューはラーメンとチャーシューメンのみで、それぞれ「大」サイズもあります。個性的なラーメンのため好みは分かれますが、一度食べたらクセになる人の多いラーメンです。

梅乃家
富津市 / ご当地グルメ・名物料理 / ラーメン / ランチ
住所:千葉県富津市竹岡410地図で見る
電話:0439-67-0920

【7】性学もち

  • 出典:www.maff.go.jp性学もち(出典:農林水産省Webサイト)

もち米ではなく、うるち米でつくるお餅のこと。米どころだった千葉県香取地区で、高額なもち米の代わりにうるち米を使用することで、農民にもお餅を食べさせてあげたいと生まれた郷土食です。うるち米のため、もち米と比べてつくのに時間はかかりますが、冷めても固くなることがなくおいしく食べられます。

考案したのは江戸時代末期に活躍した農民指導者・大原幽学(おおはらゆうがく)。名前の由来は、大原幽学が教えていた独自の学問「性学」にちなんだもので、道徳と経済の調和を基本とし、人が本来もつ良心に従って助け合いながら暮らそう、という意味合いだそう。

香取市の直売所や「道の駅季楽里あさひ」、JA直売所「みどりの大地」などで販売されています。

【8】はば雑煮

  • 出典:www.maff.go.jpはば雑煮(出典:農林水産省Webサイト)

千葉県山武郡(九十九里地域)や、市原市を中心にお正月に食されている郷土料理。はば(波葉)とは、房州産の海藻「はばのり」のことで、お正月にはば雑煮を食べると「この一年はばを利かす」という縁起があり、古くから親しまれています。

作り方はシンプルで、鰹節でとった出汁に醤油を加え汁をつくります。汁のなかに、焼いたお餅と、はばのりと青のりを遠火であぶったものを加えて、さらに鰹節を乗せたら完成です。

はばのりは道の駅などでも販売していますが、実はとても高価なもの。手に入ったら、磯の香りがするお雑煮を家庭でもぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

【9】ホワイト餃子

千葉県野田市に本店をもち、全国に20店舗以上の支店をもつ「ホワイト餃子」。野田市民のソウルフードと言われ、地元では知らない人はいない餃子です。創業は1960年(昭和35年)。創業者の水谷信一氏が、満州で白(パイ)さんという中国人から餃子作りを教わったことから「ホワイト餃子」と名付けました。

コロンとした丸い形が特徴的な「ホワイト餃子」は、モチモチとした分厚い皮で餡をつつみ、たっぷりの油でパリパリに揚げ焼きして作られます。種にニンニクは入っておらず、好みで後付けしていただきます。

ホワイト餃子のおすすめ店:ホワイト餃子 野田本店(野田市)

ホワイト餃子の総本店。東武野田線「愛宕駅」から徒歩15分ほどの住宅街にあり、駐車場も25台分が用意されています。

メニューはとてもシンプルで、お持ち帰り用の餃子と、餃子(1人前8個)、つけもの、ドリンク(ビール、お酒、ジュース類)のみ。テイクアウトがメインとなっており、店内での飲食は、月・火・木・金の17時〜19時のみ可能です。

最大の特徴である、パリパリとしながらもっちりとした皮は好みが分かれるところですが、餃子好きなら一度は食べてみたい餃子です。

ホワイト餃子 野田本店
野田市 / 餃子 / ご当地グルメ・名物料理
住所:千葉県野田市中野台278地図で見る
電話:04-7124-2424
Web:https://www.white-gyouza.co.jp/branch/noda.html

【10】ゆで落花生

  • 出典:www.maff.go.jpゆで落花生(出典:農林水産省Webサイト)

千葉県は落花生の生産量が日本一!収穫時期の9月~11月下旬には、千葉県内のスーパーや直売所などに落花生が並びます。ゆで落花生は千葉県ではポピュラーな食べ方。水にたいして3%の塩を入れ、殻ごと40分〜50分ゆでます。火を止めた後はしばらくそのままにし、塩分を浸透させるのがおすすめ。道の駅などで販売されているレトルトのものは、日持ちもするのでお土産にいかがでしょうか。

【11】味噌ピーナッツ(落花生味噌)

  • 味噌ピーナッツ(落花生味噌)

さまざまな呼び方がある「味噌ピーナッツ」は、千葉県民にとってはなじみのある食べ物。小学校の給食でも出されるほどで、主にご飯のお供として食べられています。

材料は家庭によって多少違ってきますが、落花生、味噌、砂糖、白ごま、みりん、はちみつなどを使います。甘じょっぱい味が白いご飯によく合い、またピーナッツの食感も楽しめるとあって、大人から子供まで人気のグルメです。千葉県内のスーパーマーケットで販売されており気軽に購入できます。

【12】ピーナッツおこわ(落花生おこわ)

  • 落花生おこわ(ピーナッツおこわ)

テレビ番組で取り上げられ話題となった郷土料理「ピーナッツおこわ」。千葉県の特産品である落花生を甘煮にし、もち米と一緒に炊き上げたおこわです。あずきも一緒に入れる場合もあります。赤飯と同じように、好みでごま塩をかけていただきますが、ピーナッツの風味で赤飯とはまた違った味わいが楽しめます。

【13】あさりめし・あさり丼

ディズニーリゾートのイメージが強い千葉県浦安市ですが、もとは漁師町。あさりは浦安市の名産品と言われています。中でも浦安市の名物料理と言われているのが「あさりめし」や「あさり丼」です。

あさりめしは、あさりのだし汁で炊き込んだご飯。あさり丼はお店によって異なりますが、浦安市郷土博物館の1階にある「すてんぱれ」では、あさりを玉ねぎ・だし汁と一緒に煮て玉子とじし、ご飯の上にのせたものを提供しています。

あさりめし・あさり丼のおすすめ店:すてんぱれ(浦安市)

浦安市郷土博物館に併設するカフェレストラン。定食から軽食、カフェメニューなどが揃いますが、一番の人気は「あさりめし」です。数量限定なので週末は完売することも多く、お目当の方は要注意です。

そのほか、あさり丼やあさり重、あさり鍋うどん、あさり入りナポリタンなどあさりを使ったメニューが目白押し!また、お弁当も販売しているので、外の芝生でピクニックをするのもよいですね。

すてんぱれ
浦安市 / 郷土料理 / カフェ・喫茶店 / ご当地グルメ・名物料理 / ランチ
住所:千葉県浦安市猫実一丁目2番7号 浦安市郷土博物館内地図で見る
電話:047-380-0330

【14】あさりグルメ

  • あさりラーメン

【13】では浦安市のあさり料理をご紹介しましたが、潮干狩りスポットがたくさんある木更津市も同じく「あさり」が名物。あさりの出汁がしみ込んだスープに、あさりが入った「あさりラーメン」や、あさりが入った中華まん「あさりまん」など、様々なあさりグルメをいただくことができます。

とくにパーキングエリア「海ほたる」には、あさりグルメを提供する飲食店が揃っており、東京湾アクアラインを利用する際には必ず立ち寄りたいスポットです。

あさりグルメのおすすめ店①:あさりらーめん 波市(木更津市)

  • 出典:tripnote.jpあさりとあおさの塩ラーメン(税込880円)

海ほたる5階のフードコート内にあるラーメン店「あさりらーめん 波市(なみいち)」の人気の一品が「あさりとあおさの塩ラーメン」。あっさりした塩ラーメンに木更津産のあさりやあおさをトッピングしており、磯の香りを楽しめます。

あさりらーめん 波市
木更津市 / ラーメン / ご当地グルメ・名物料理 / ランチ
住所:千葉県木更津市中島地先 海ほたる 5階 マリンコート内地図で見る
電話:0438-41-5841
Web:https://www.umihotaru.com/guide/food_court/nami_ic...

あさりグルメのおすすめ店②:あさりや cafe(木更津市)

  • 出典:tripnote.jpあさりまん(税込380円)

「あさりらーめん 波市」と同じく、海ほたる5階のフードコート内にある「あさりや cafe」では、あさりを使ったテイクアウトグルメやアイスクリームなどのスイーツを提供。

なかでも「あさりまん」は海ほたる名物と言われるほどの人気グルメで、売り切れてしまうこともあるほど。磯の香りが漂う、あさりをいかした中華まんで、お持ち帰り用の「あさりまん」も販売されています。

あさりや cafe
木更津市 / スイーツ / ご当地グルメ・名物料理
住所:千葉県木更津市中島地先 海ほたる 5階 マリンコート内地図で見る
電話:0438-41-5841
Web:https://www.umihotaru.com/guide/food_court/asariya...

【15】かいそう(海草)

  • 出典:www.maff.go.jpかいそう(出典:農林水産省Webサイト)

千葉県の外房地域に伝わる郷土料理「かいそう」は、コトジツノマタという海藻を煮溶かして固めたもの。とくに銚子付近ではコトジツノマタが採れ、この辺りでは海藻といえばコトジツノマタと言われるほどです。

かいそうはお正月に新年を祝う料理として食べられ、おせち料理の定番。あっさりした味わいのため、味の濃いものが多いおせち料理の中で、箸休めに重宝されています。

銚子市にはかいそうを取り扱う専門店があったり、またスーパーや道の駅では乾燥させたコトジツノマタや、パック詰のかいそうを販売しています。

【16】ふうかし

  • 出典:www.maff.go.jpふうかし(出典:農林水産省Webサイト)

千葉県船橋市に伝わる郷土料理「ふうかし」は、あさりがたっぷりと入ったお味噌汁のこと。

漁師町として栄えてきた船橋ではあさりがよく採れ、身も大きくふっくらとしていました。しかし当時は冷蔵施設がなく、あさりを蒸かしてから輸送していました。この時に蒸した汁に味噌を加えて、漁師たちのまかない料理として誕生したのが「ふうかし」です。

当時は味噌が高価だっため、加える味噌は少量。現在でも味噌は少量加えるのが特徴になっています。

【17】くじらのたれ

千葉県南房総に伝わる、くじらを使った郷土料理。ツチクジラという種類のくじらを使います。くじらの赤身肉をスライスし、醤油や塩をベースにしたタレに漬け込んだあと、天日干しにしたもの。くじらの干し肉のようなもので、血抜きをしないため見た目が真っ黒になります。

お酒のおつまみとして食べられる事が多く、軽く炙ってからいただきます。スルメのようにマヨネーズをつけて食べるのもおすすめ。南房総エリアには鯨肉を提供するお店があり、また道の駅のお土産売り場などでも販売しています。

【18】いわしのだんご汁

  • 出典:www.maff.go.jpいわしのだんご汁(出典:農林水産省Webサイト)

いわしのだんご汁は、九十九里に伝わる郷土料理。九十九里の海はいわしが住むのに適した環境で、江戸時代からいわしがよく獲れました。現在でもいわしの町と言われ、日本一のいわしの漁場があります。

いわしは足が早いため、冷蔵施設がない時代に少しでも長く保存をするためにすり身にし、そこから「いわしのだんご汁」が生まれたとされています。手軽に作れることから、現在でも家庭で受け継がれている郷土料理です。

【19】いわしの卯の花漬け

  • 出典:www.maff.go.jpいわしの卯の花漬け(出典:農林水産省Webサイト)

いわしの町と言われている九十九里の郷土料理。11月〜3月頃に獲れる、新鮮なせぐろいわしや大いわしを酢漬けにし、さらに卯の花(おから)で漬け込んだ料理です。家庭で作られているほか、九十九里地域の直売所などで販売しており、この地域では気軽に購入することができます。

【20】せぐろいわしのごま漬け

  • せぐろいわしのごま漬け

【18】【19】で紹介したように、九十九里にはいわしを使った郷土料理が多くありますが、「せぐろいわしのごま漬け」もその一つ。豊富に獲れるいわしを長く保存するために生まれた料理です。

頭や内臓を綺麗に取ったいわしを塩で漬け込み、ごま、赤唐辛子、ゆず、生姜とともに2〜3日酢漬けにして仕上げます。おかずやお酒のおつまみとして日常的に食べられているほか、九十九里エリアの道の駅ではお土産品としても販売されています。

次のページを読む

千葉の旅行予約はこちら


千葉のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

千葉のホテルを探す

千葉の航空券を探す

(成田空港)

千葉の現地アクティビティを探す

千葉のレンタカーを探す

千葉の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


食べ歩きが楽しい!関東のグルメな観光スポット16選

昔ながらの個人商店が多い「谷中銀座商店街」や、ご当地色豊かな食べ歩きメニューが揃う「長瀞商店街」、開放的な空間も魅力の「渋谷横丁」など、食べ歩きするのが楽しい、...


全国の人気ご当地グルメ47選!お取り寄せもできる都道府県別の名物グルメ特集

旅行の楽しみの一つ「ご当地グルメ」。この記事では全国47都道府県ごとに、人気の名物グルメを厳選してご紹介します。いずれのご当地グルメもお取り寄せもできますよ。

【ディズニーシー大人デート】お勧めレストラン4選をプラン例と共に紹介!

大人の方が、東京ディズニーシーでデートをする場合に、どのレストランを利用したらいいのでしょうか?この記事では、筆者が考える「ディズニーシーデートで絶対外さないお...

食べ歩きが楽しい!関東のおすすめ海鮮市場10選

観光できる海鮮市場としても有名な「豊洲市場」や、新鮮な海の幸を味わうことができると人気の「那珂湊おさかな市場」、三崎まぐろが味わえる「みさき魚市場」など、食べ歩...

水郷の町・佐原のおすすめ観光スポット12選!小江戸情緒を味わおう

かつて川越市、栃木市と並んで関東三大小江戸に数えられた「佐原市(現・香取市)」。街を流れる小野川にはゆらゆらサッパ舟が浮かび、川沿いには江戸風情を感じる建物が軒...

この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

【2024】京都でしか買えないお土産人気ランキングTOP33!

お団子を瓶に詰めた「果朋だんご」や、マスカルポーネチーズを挟んだもなか「あんぽーね」などの京都でしか買えないお土産を、トリップノートでのアクセス数を元に人気ラン...


東京女子旅のおすすめ観光スポット22選!最新の話題スポットやおしゃれスポットまとめ

東京へ女子旅するなら、東京らしいおしゃれなスポットや話題のスポットに行きたい!そんな東京女子旅にぴったりの観光スポットや、最新の人気エリア・ショップをご紹介しま...


仙台で買うべきお土産22選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

牛タン、笹かまなど定番のご当地グルメから大人気のスイーツまで、旅行経験豊富なトリップノートのトラベルライターが選んだ仙台の厳選のお土産をご紹介します。仙台のお土...

北海道で買うべきお土産54選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

大人気スイーツから海鮮、チーズやヨーグルトといった北海道らしいグルメに、旅の記念になる雑貨まで、旅行ツウのトラベルライターが選んだ、北海道でしか買えないおすすめ...

【東京】カップル旅行で行きたいおすすめデートスポット45選!

おしゃれな街・清澄白河や蔵前、渋谷スカイなどの注目スポットから、旧古河庭園にサントリー武蔵野ブルワリーなどの穴場スポットまで、カップル旅行で行きたい東京のおすす...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります