イタリア
イタリア
南北にブーツのような形をした国は世界遺産の宝庫

スイーツは別腹っ!満腹でも食べれちゃうイタリアンジェラート5選

2018年4月24日更新

331view

お気に入り

旅行先に行って楽しみなことのひとつはやっぱりご当地スイーツを食べることですよね?美味しいご飯を食べてお腹がいっぱい、なのにスイーツと聞くと食べたくなってしまうのが旅の恐ろしさでもあり醍醐味。そしてせっかく食べるならご飯同様、デザートも美味しくなくてはいけません!イタリアにもスイーツの種類は数あれど、代表格としてジェラートは外せません。今回はそんなイタリアの、オススメジェラテリアをご紹介。

ナポリ(Napoli)

イル・ジェラート・メネッラ(Il Gelato Mennella)

ナポリでも有名な観光地、サンカルロ歌劇場(Teatro di San Carlo)のすぐ近くに位置するジェラテリア。クリームは100%天然の新鮮で高品質なミルクから作られ、ジェラートに欠かせない濃厚なコクはいなご豆を使用することで生み出されています。また、使われる素材は全てイタリアで収穫された国内産の素材ばかりと、素材選びからも強いこだわりを感じられます。

午前10時の開店から、ほぼ絶えず行列が作られるほどの超人気店!入り口にある整理券を取り、店内左側にあるレジでお会計をしましょう。会計の際は何種類にするのか、コーンかカップかさえ選んでいればどの味にしようか決めていなくてOK!

お会計が済んだ後は整理券に書いてる番号が表示されるまで、二十種類以上あるジェラートからどれにするか、じっくり選びましょう♪人気のピスタチオやレモンも勿論オススメですが、ナポリからもほど近いヴェスビオ産のアプリコットも、ご当地テイストとしてぜひ試して頂きたい味です。

  • コーン、カップいずれも一種1€(約130円)、ダブル2.5€(約330円)
イル・ジェラート・メネッラ
イタリア / スイーツ
住所:Piazza Trieste E Trento, 57, 80132 Napoli

ソレント(Sorrento)

ラキ(Raki)

ソレントのジェラテリアで一番高い人気を誇る有名店。リストランテやお土産屋さんが軒を連ねるサン・チェザーリオ通りを歩くと、白いテントが可愛いジェラテリアが現れます。店内の壁も白く、壁にかかったタイルに書かれた手書きのメニューも、何だか愛らしいです。

カウンターにはイラスト付きの金額表示があるので、観光客にもわかりやすく、言葉が通じなくても困ることはありません。

職人たちにより厳選された一切妥協のない食材と、「私たちのジェラートを食べて恋に落ちてもらうことが野望!」と言うくらい情熱を注がれたこのジェラート。確かに口にすれば、その濃厚なフルーツの味と程よい甘みに胸が高鳴ります!

  • コーン、カップいずれも一種2€(約260円)
ラキ
イタリア / スイーツ
住所:Via S. Cesareo, 48, 80067 Sorrento
Web:https://rakisorrento.com/

モミ(momi)

Rakiから通りを一本南に下ったコルソ・イタリアにあるのがこのmomi。こちらもRakiに負けず劣らずの人気ジェラテリアです。大通り沿いにあるので観光客が訪れやすいのもポイントが高いですね。

店内に座席はないので外のテーブルで食べるか大通りをふらりと散策しながらの食べ歩きも楽しいです。こちらの一番人気はピスタチオ!濃厚なピスタチオの風味が食べた瞬間に口の中に広がります。

  • コーン、カップいずれも一種2€(約260円)

お店の前には、このようにジェラート以外のメニューも書いてあるのでわかりやすい!

モミ
イタリア / スイーツ
住所:Corso Italia, 127, 80067 Sorrento

ローマ(Rome)

ジェラテリア・デル・テアトロ(Gelateria del Teatro)

サンタンジェロ城や四大河の噴水などの観光地からも程近い、コロナーリ通りにあるジェラテリア。こちらは現地のメディアでも度々取り上げられ、何と日本のテレビでも紹介されたことがあるという人気店。

季節ごとに入れ替えられるメニューは何と年間200種類!コーンもオリーブオイルを使用した自家製で、厳選された旬のフルーツを取り入れ、それぞれ素材に適した方法で加工するというこだわり様。おすすめはローマ伝統の味、サビーナ地方原産のカッテージチーズ。

  • コーン、カップいずれも一種2.5€(約330円)

番外編 :ポジターノ(Positano)

屋台のグラニータ(店名なし)

アマルフィ海岸にある高級リゾート地ポジターノ。こちらにも数多くのリストランテやバールでジェラートを食べることができますが、圧倒的に人気のスイーツは意外にも屋台で売られているグラニータ!

グラニータとはコーヒーやレモンシロップ等を凍らせて砕いたイタリア版かき氷のようなスイーツなのですが、こちらの屋台で販売されているのは、アマルフィの名産であるレモンのみ。キンと冷えたグラニータを、カップになみなみと注いでもらえます。

日差しも厳しく、日本と同じように湿気もあるイタリアの夏にピッタリの爽やかな味。最後の方は思わずカップに口をつけて、ぐいっと飲んでしまう人続出です!

  • グラニータ 2€(約260円)
屋台のグラニータ(店名なし)
イタリア / スイーツ
住所:Via dei Mulini, 30 Positano SA イタリア

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年8月20日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

行かなきゃ損!食べなきゃ損!なシチリア島の絶景&絶品グルメ

地中海最大の島、イタリア・シチリア島。島の東側にあるカターニア空港から車で約1時間半、セレブの観光地として有名なタオルミーナとそこから北へ5kmの距離にある小さ...

今、隠れた魅力に溢れた南イタリアのプーリアを訪れるべき5つの理由

プーリアはブーツのかたちをしたイタリアのかかとの部分にある州です。同じ南イタリアでもつま先の部分のナポリ辺りに訪れる人は多いですが、プーリアはあまり知られていま...

南イタリア・ナポリの名物スイーツご紹介!絶対食べたいローカルグルメ

「イタリアは南に行くほど、食事が安く、美味しくなる」といわれます。ナポリもその例にもれず、美味しいグルメが盛り沢山。ポンペイ遺跡やカプリ島の青の洞窟に行く際にナ...

【イタリア】工場見学やチョコホテルも!チョコレートの街ペルージャ

イタリアのお土産の定番といえば、バーチチョコ。一口サイズのかわいいチョコを一度は目にしたことがある人も多いはず。このバーチチョコが生まれたイタリア中部に位置する...

【ミラノ】イタリアといえばジェラート!ミラネーゼが選ぶジェラテリア

映画『ローマの休日』のワンシーンに代表されるように、イタリアといえばジェラートではないでしょうか。ミラノの街中にもジェラテリアがたくさん並んでいてどこでも気軽に...



この記事を書いたトラベルライター

TRY before THINK !
会社勤めを数年経験したのち、「やっぱり行きたい!」と逸る気持ちを抑えられず一念発起しフランス・パリにやって来ました。
食べるの大好き!飲むの大好き!美術館巡りも大好き!なワーホリライターです。
暮らしているからこそ知っている隠れスポット、オススメグルメ、話題のアクティビティなど旬な情報をお伝えしていきます。

皆さんの旅が実りあるものになることを願って!
Bon voyage !
http://misojo-giliholi.hatenablog.com/

パリから電車で一時間!ノルマンディー地方、ルーアンを旅して

旧ノルマンディー公国の首都だったルーアン。パリと同じく町の中心にはセーヌ川が流れ、水運の拠点として栄えた町は今でも随所に当時の姿を留めています。また百年戦争で活...

日曜日だって楽しめる!【フランス・パリ】マレ地区の魅力!

ほとんどのお店が閉まってしまう日曜日のパリ。滞在期間中に日曜日が重なってしまってどうしよう・・・なんて方も大丈夫!パリ市内でも特に観光客の多いマレ地区では、日曜...

本当は内緒にしておきたい!パリのバー&レストラン6選

パリといえば街中に溢れるオシャレなカフェやレストランに目が行きがち。せっかく訪れるのだから有名店や贅沢フレンチを楽しみたくなるのも当然です。勿論それもオススメの...

実は激戦区!パリのイマドキラーメン屋事情

パリと聞いて「ラーメン屋?」と思う方も多いはず。そうなんです、パリではここ数年でラーメン屋が急増中。特にアジア系のレストランが軒を連ねるオペラ・ピラミッド周辺で...

掘出し物は宝物♡パリ・クリニャンクール蚤の市オススメエリア4選!

クリニャンクールの蚤の市ってご存知ですか?モントルイユ、ヴァンヴと並んでパリ三大蚤の市と言われる中で、もっとも規模が大きいのがこのクリニャンクール蚤の市!超有名...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でイタリアの音声ガイドを聴く

イタリアの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?