南イタリアを食べ尽くせ!絶対食べたくなる絶品リストランテ♡

73

view
   2017年9月5日更新

太陽降り注ぐ真夏の南イタリア。町も人も明るくチャーミングで、訪れたらどの町もお気に入りの旅先になること間違いなし!そして透き通る真っ青な海を眺め、燦々と輝く太陽のもとで、新鮮な魚介類をお腹いっぱい食べちゃおう♡今回は南イタリアはナポリ・ソレント・カプリ島そしてアマルフィ海岸に位置するポジターノという町から、それぞれイチオシのリストランテをご紹介!

ナポリ(Napoli)

ローマ、ミラノに次ぐイタリア第三の都市にして南イタリア最大の都市でもある街です。残念ながら日本からナポリへの直行便はありませんので、ローマや周辺都市での乗継が必要です。

またローマからトレニタリア(イタリアの国内鉄道)を利用しても一時間ほどですので、車窓からの景色の移り変わりを楽しみながらの列車旅もオススメです。そんなナポリでのおすすめのリストランテがこちら。

ロカンダ デ ボルボーニ(Locanda Dei Borboni)

観光客の多い中心街から一つ裏に入った脇道にひっそり佇むこちらの店。中に入ると、天井から吊るされた可愛らしいぶどうの内装が出迎えてくれます。

ナポリの伝統料理を味わえるこのお店で、是非食べて頂きたいのが「ジェノベーゼパスタ」。ジェノベーゼと言われて思い浮かぶのは、きっとバジルソースですよね?ところがナポリには、玉ねぎのジェノベーゼなるものが存在するのです!

  • 玉ねぎのジェノベーゼ(ziti spezzati alla genovese) 8€(1,040円)

甘くとろみがつくまで炒められた玉ねぎとバジルの風味が程よく、ペンネにもよく絡んで絶妙な味わい。

  • 本日の魚のマリネ(Pesce del giorno marinato) 5.5€(715円)
  • エビとイカのフリット(Frittura di gamberi e calamari , scampi) 10€(1,300円)

サラダやフリットも、塩やオリーブオイルのシンプルな味付け。そこに南イタリアの名産、レモンを絞りかけることで、さっぱりとした酸味を与えてくれます。

平均予算:30€(3,900円)

ロカンダ デ ボルボーニ

イタリア / 洋食・西洋料理

 

ピッツェリア ディ マッテオ(Pizzeria Di Matteo)

ナポリの旧市街として世界遺産に登録されている「スパッカナポリ」にある中心の通りの一つ、トリブナーリ通りにあるお店。

トリブナーリ通りでは、頭上には洗濯物がはためき、脇道ではアパートから紐に括り付けたバケツやカゴを道に下ろしてお金と引き換えに品物を入れてもらう“バケツ下ろし”も至るところで見かけられます。二人乗りのスクーターが細い路地を何台も駆け抜けていくのもナポリの名物ですね。

そしてナポリといえばピザ発祥の地!つまりナポリに来てピザを食べずに帰るなんてありえない!中でもこちらのピッツェリア ディ マッテオ(Pizzeria Di Matteo)は地元ナポリっ子はもちろん、世界中の観光客が押し寄せる程の大人気店。いつもオープン前から開店待ちをするお客さんで通りは溢れています。

  • 水牛のモッツァレラチーズのマルゲリータ(Bufalina D.O.C.) 5€(650円)

いくつもの大会で賞を獲得されていて、メニューには“賞を受賞したピザ”という項目があるくらい!その中でも特にオススメなのが水牛のモッツァレラチーズを使ったマルゲリータ!薄めの生地なのにモチモチとした食感がしっかりあり、濃厚なチーズとトマトの酸味が最高にマッチしています♡

さらに是非チャレンジして頂きたいのが揚げピザ。こちらどんなものかと言いますと…?

  • 揚げピザ(Pizza Fritta) 5€(650円)

お皿からはみ出るほどのボリューム!フォルム的には大きな揚げ餃子のよう。こちらはカットしてみるとわかりますが、中にピザの具が入っていて、こちらもモチフワな食感を心ゆくまで楽しめます。

メニューはマルゲリータだけで十数種類、揚げピザも三種類、その他のメニューも豊富なので、なかなか決められないかも…!?

平均予算:20€(2,600円)

ソレント(Sorrento)

ナポリから南南東へ30km、ソレント半島の北海岸に位置する港町がソレントです。ナポリ湾の対岸には、遠くヴェスビオ火山を望むことが出来、イタリアでも屈指のリゾート地の一つです。

ナポリからソレントは、ローカル列車に揺られること約1時間の距離にあります。リゾート地ということもあってか治安も悪くなく、夜に出歩いていても危ないということは滅多にありません。ちなみにソレントからカプリ島へはフェリーで約40分です。

そんなソレントでおすすめのリストランテがこちら。

ダ ジジーノ(Da Gigino)

ソレントの中心街は細い裏道が四方に伸び、所狭しとリストランテやお土産ショップ、ジェラテリアが軒を連ねています。そんな中でひときわ細い裏路地にあるのがダ ジジーノ(Da Gigino)。

テラス席はいつも人気で、早い時間かタイミングが良くないと座れません。20時〜21時半頃がピークに混み合います。観光客の利用も多いので、スタッフの方も英語で話しかけてくれます!こちらのオススメは「海の幸のシャラティエッリ」。

  • 海の幸のシャラティエッリ(Scialatielli ai frutti di mare) 12€(1,560円)

「シャラティエッリ」はアマルフィ地方の郷土パスタで、四角く太い麺が特徴。まるでうどんのような食感で食べ応えも充分です。シーフードたっぷりの具材のアクセントにはトマトスープ、太い麺にシーフードとトマトのスープが染み込んで絶品の一品です!

  • タコのマリネ、ポテト添え(Polipo con patate) 9€(1,170円)

こちらのタコのマリネもビネガーが効いて柔らかく、ポテトの甘みとよく合って白ワインが進みます。

平均予算:35〜45€(4,500円〜5,800円)

ダ ジジーノ

イタリア / 洋食・西洋料理

 

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年8月23日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
TRY before THINK !

会社勤めを数年経験したのち、「やっぱり行きたい!」と逸る気持ちを抑えられず一念発起しフランス・パリにやって来ました。
食べるの大好き!飲むの大好き!美術館巡りも大好き!なワーホリライターです。
暮らしているからこそ知っている隠れスポット、オススメグルメ、話題のアクティビティなど旬な情報をお伝えしていきます。

皆さんの旅が実りあるものになることを願って!
Bon voyage !

http://misojo-giliholi.hatenablog.com/

同じテーマの記事

【トラベルライターアワード2017上半期 受賞結果発表】2017年上半期の人気記事&活躍したライターさんを発表します!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!