中南米

カリブの島はどこがいい?陽気レゲエでちょっぴり危険な「バルバドス」どこまでも静かな「アンティグア」

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:183ヶ国

2019年9月4日更新

19,889view

お気に入り

この記事の目次表示

アンティグア島の西側・ジョリー・ハーバー(Jolly Harbour)

今回は、数あるビーチの中から、島の西側にあるジョリー・ハーバーへ行ってみることにします。

  • 写真:toshel

ウエスト・バス・ステーションからバスに乗り、曲がりくねった道に揺られること20分。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

バスを降りてジョリー・ハーバーへ向かう入口を抜けると、これまでのプランテーション畑の景色がガラリと変わります。

  • 写真:toshel

マリーナ

ジョリー・ハーバーのマリーナに、数々の自家用クルーザーが整然と停泊しています。ここでも人を見ませんが、たまに歩いているのは欧米人ばかり。所有者は地元の人ではなさそうです。

  • 写真:toshel

高級住宅街とホテル

マリーナのそばには高級住宅が立ち並びます。ここだけ見ていると、まるで欧米にある閑静な住宅街という感じですね。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

ここに来るまでにバスから見えた家々とは明らかに雰囲気が違います。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

運河に面した家では、各家庭からすぐに乗れる場所にクルーザーがあり、いつでも海にでることができます。

  • 写真:toshel

ちょっとしたお買い物はカートで。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

ジョリー・ビーチ(Jolly Beach)

ジョリー・ハーバーにあるジョリー・ビーチは、島の西側の海に面した静かなビーチです。

  • 写真:toshel

夕方になると夕陽を見に来る人がチラホラいるものの、昼間はほとんど人がおらず、穏やかでゆっくりとした時が流れます。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

波もほとんどないため、サーフィンなどのマリンスポーツをする人もおらず、ただただ静かな波音だけが聴こえる落ち着いたビーチ。優雅ですね。これぞバカンスと感じられる素敵な雰囲気です。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

マリーナモール

マリーナの手前には、小規模のモールがあります。コンビニやレストラン、セレクトショップ、小さな企業事務所が並んでいます。

  • 写真:toshel

タックスヘイブン(租税回避地)

いっとき、世界に衝撃を与えた「パナマ文書」に見るタックスヘイブン(租税回避地)は、パナマだけにあるわけではありません。カリブの島々は、ほとんどがタックスヘイブンです。パナマの場合、とある法律事務所管理の企業や個人の情報が、ハッキングされたのか、故意によるものなのか漏洩(ろうえい)してしまい、その存在が世界中に知られるところとなりました。

この時は、パナマ文書に名前の載った複数の国の大統領さえ辞任に追い込まれるなど、世界中がパニックとなりました。しかし、本来であればそれらの情報が世に出ることは、まずありません。

  • 写真:toshel

タックスヘイブンの国は、あえて税金を下げることで世界各国から企業を集めます。カジノやゴルフコースまであるこちらのジョリー・ハーバーは、まさに欧米人のために作られた地域のようです。このモール内に、ちょっと驚くものが!ペーパーカンパニー(実態のない会社)用ポストです。管理する代行業者が、それぞれの会社へ届く手紙などを確認するため、一定時間ごとに全てのポストを開けて回っていました。

  • 写真:toshel

タックスヘイブンに会社を持つことは、法律に反しているわけではありません。自国で正しく納税していれば、問題はないです。しかし、お金の流れが不透明となり、脱税やマネーロンダリングの温床になることが少なくありません。

パナマは中米地域では最も大きな国ですので、この国で起業するのはまだ分かるのですが、プランテーションや観光以外に目立った産業もないようなこれらのカリブの島で、これほど多くの企業が起業して何かをするというのもおかしな話で、ほぼ間違いなく、租税回避目的と思ってよいでしょう。

  • 写真:toshel

島に点在するマリーナ周りは、どこもこのような感じで高級ホテル、高級住宅街にペーパーカンパニーを管理する会社がセットで存在し、その周辺は富裕層の欧米人ばかりが集っています。特にアンティグアは、外国人投資家の金銭的貢献により市民権を得られる「経済的市民権プログラム」を2013年より発行していますので、彼らはここへ居を構え優雅に暮らしているようです。思わぬ場所で、思わぬ社会見学をしてしまいましたが、筆者もいつか、お世話になることがあるといいなぁと願っております。

ジョリー・ハーバー
アンティグア・バーブーダ / その他スポット
住所:ジョリーハーバー アンティグア島地図で見る
アンティグア島
アンティグア・バーブーダ / 町・ストリート
住所:アンティグア島地図で見る

カリブ海のお土産

メキシコに限らず、ホットソースはカリブの島々でもかなりの種類が作られ販売されています。極辛のチリソースは、ほんのちょっと舐めただけで全身から汗の噴出する、この世の物とは思えない痛さですが、話題作りにはいいかも?

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

日本からバルバドス・アンティグアへの行き方

空から

日本からの直行便はなく、欧米各都市を経由していきます。

  • 写真:toshel

海から

両国共、カリブ海クルーズの寄港地となっていますので、ツアーにて直接フェリーで入国できます。

小アンティル諸島各国間の移動

フライト

カリブの島間を結ぶフライトは、カリブ各国のナショナルフラッグおよび、カリブ海全般をカバーした航空会社が運航しています。

  • 写真:toshelアンティグア島の国際空港外観
  • 写真:toshelアンティグア島の国際空港内部

もし、アイランドホッピングされる場合は、カリビアン航空や、LIAT航空を使うと便利です。

  • 写真:toshel

何れもよく遅れますので、アイランドホッピングされる方は時間に相当の余裕をもってスケジューリングされると良いと思います。

クルーズ

バルバドスとアンティグア含めた小アンティル諸島の島々は、米国フロリダや大アンティル諸島から出発する大きなクルーズ船で回ることもできます。時間がかかりますが、美しい海を眺めながらのんびり回るのも良いと思います。

ここまで違う二国の雰囲気

両国、いかがでしたでしょうか。バルバドスとアンティグアは人種も宗教も歴史背景も同じですが、どこまでも陽気でちょっぴりクレイジーなバルバドスと、どこまでも静かでちょっと影のあるアンティグアと、極端に島民の雰囲気は違います。

今回は小アンティル諸島より、両極にあると思われる二国を選びましたが、カリブ海には他にも特長のある島々が多く点在していますので、お好みの島を探訪するのも良いかもしれませんね!

  • 写真:toshel

中南米の旅行予約はこちら

中南米のパッケージツアーを探す

(北米・中米)

(南米)

中南米のホテルを探す

(中米)

(南米)

(中米)

(南米)

中南米の航空券を探す

中南米の現地アクティビティを探す

中南米のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年9月3日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


世界屈指の犯罪都市~ホンジュラスの首都テグシガルパ~

世界の治安が悪い国ランキングなどを見ると、毎年必ず上位になってしまうホンジュラス。しかし、手つかずの美しい自然が多く、世界遺産に登録されたマヤ文明のコパン遺跡を...


世界の危険都市上位?南米ベネズエラの首都カラカス

世界屈指の産油国にしてハイパーインフレーションに陥った南米の国ベネズエラ。かつて、スペイン植民地から独立へと導いた英雄「シモン・ボリバル」の生まれ育った街でもあ...

ブラジルのおすすめ観光スポット10選!ブラジル旅行で外せない観光地特集

アマゾン川やイグアスの滝をはじめとする大自然から、コロニアルな建築が残る街並、絶景が楽しめるスポットまで、リオデジャネイロを中心に、ブラジルを旅行するなら外せな...

【チリ】イースター島の絶対訪れたい観光スポット厳選8選

イースター島といえばモアイ像が有名な謎多き魅惑の島!世界遺産にも指定されており、一度は行ってみたいと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。太平洋に浮かぶト...

ペルーの人気観光スポットTOP10!旅行好きが行っている観光地ランキング

マチュピチュやナスカの地上絵をはじめとする、ペルーの数ある観光スポットの中で、トリップノートの3万8千人を超える旅行好きのトラベラー会員(2019年6月現在)が...

この記事を書いたトラベルライター

行ったことのない国へ行きます
行ったことのない国を中心にひとり旅しています。他国の歴史、文化、宗教、遺跡、そしてそこに住む人々の考え方に興味があります。車の運転が好きなので、海外ではドライブ旅を楽しんでます。普段は会社員です。これまで訪ねた183ヵ国およそ400都市の街の美しい景色、壮大な自然の風景、出会う人々との会話など、真の地元を皆様とシェアできればと思います。皆様もご一緒にそこへ旅したように感じてもらえると嬉しいです。

あと一年余りで、世界のすべての国を網羅できそうです。

世界屈指の犯罪都市~ホンジュラスの首都テグシガルパ~

世界の治安が悪い国ランキングなどを見ると、毎年必ず上位になってしまうホンジュラス。しかし、手つかずの美しい自然が多く、世界遺産に登録されたマヤ文明のコパン遺跡を...


レバノン観光と言えばここ!ベイルート・ビブロス・バールベックの見どころと国の背景

遠い昔、世界の中心が地中海にあった時代、レバノンは東西貿易の交差点となる重要な位置にあり、繁栄の極みにありました。古くから数多くの王様や将軍が、この土地を挙って...


ついに観光ビザ解禁!閉ざされていた王国サウジアラビアの珍しい文化と各都市の見どころ

観光での入国が困難だったサウジアラビアが、2019年9月27日に突然、ツーリストビザの発給開始を発表しました。今回は、サウジアラビアに古くからある慣習と文化、そ...

世界の危険都市上位?南米ベネズエラの首都カラカス

世界屈指の産油国にしてハイパーインフレーションに陥った南米の国ベネズエラ。かつて、スペイン植民地から独立へと導いた英雄「シモン・ボリバル」の生まれ育った街でもあ...

未承認国家ってどんな国?日本も承認していないコーカサス山奥の独立国アルツァフ共和国(ナゴルノ・カラバフ)

世界には、国際政治的な諸事情で国家として承認されていない地域がいくつか存在します。「未承認国家」といわれるこれらの国は、国家としての機能(政府や外交能力)を満た...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります