お台場・豊洲
お台場・豊洲観光
ウォーターフロントの景色が広がりカップルやファミリーにも人気

【豊洲市場】見学者コース・飲食店・マグロのせりetc見どころ最新ガイド!

取材・写真・文:

東京在住

2018年10月17日更新

16,472view

お気に入り

2018年10月11日にオープンした【豊洲市場】。築地市場に代わり、新しい東京の中央卸売市場となる「豊洲市場」をいち早く体験♪充実した見学者コースや飲食施設、屋上緑化広場など、【豊洲市場】ならではの見どころをご紹介します!

この記事の目次表示

【豊洲市場】とは?

長年にわたり東京の台所を支えてきた「築地市場」の老朽化などにより、移転先として整備された【豊洲市場】。最寄り駅はゆりかもめの「市場前」駅で、駅に降り立った瞬間に、完成したばかりのピカピカの施設が目に飛び込んできます。

  • 出典:www.photo-ac.com「豊洲市場」全景。海に囲まれた最新の市場です!

407,000㎡の広大な敷地の中に「青果棟」「水産仲卸売場棟」「水産卸売場棟」「管理施設棟」などが建ち並び、「水産仲卸売場棟」の上には誰でも利用できる屋上緑化広場も!築地で営業していた飲食・物販店も続々と移転し、今後ますます活気あふれる市場になっていくはずです♪

  • 出典:www.photo-ac.com(写真はイメージです。見学ルートには含まれていません)

筆者は一般見学が開始された2018年10月13日(土)に、いち早く【豊洲市場】を訪問。見学者コースや飲食店舗、屋上緑化広場など、一般観光客が訪れることができる【豊洲市場】の見どころを、当日撮影した写真とともにご紹介します。

野菜や果物などの取り引きを行う「青果棟」

  • 写真:かなたあきこ

最初にご紹介するのは「青果棟」。全国から集まる野菜や果物などの取り引きを行う場所です。モダンなエントランスを入ると、開市日には一般客が自由に出入りできる「見学ギャラリー」と「見学者デッキ」を示した案内図があります(右下の写真の黄色い部分が、一般客が入れるゾーン)。

  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ

まるで美術館❤日本らしい色彩に彩られた「見学ギャラリー」

見学ギャラリーは各コーナーごとに美しい色彩で区別され、とてもモダンな雰囲気です。ぱっと見だと青果市場というより、まるで美術館のよう❤こちらのデザインコンセプトは、色彩を通じた日本の“旬”の食材のご紹介。「えんどう」「わさび」「いちご」などの野菜や果物を、1月から12月まで旬に合わせて月ごとに紹介しています。これは海外からのゲストにも受けそう!

  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ

通路を先へ進むと、写真&絵入りパネルがずらりと並ぶコーナーが。築地市場の前身である「京橋青物市場」から現在までの“市場”の変遷を、年代ごとに知ることができます。解説も詳しく、図説入りなので、とても分かりやすくて興味深い内容です。

  • 写真:かなたあきこ

ちなみにギャラリーのウィンドウからは、こんな感じで売場が見下ろせますよ。大きく取られた窓越しに、売場を隅々まで見渡すことができ、開放感があって◎。バリアフリー対応のため、小さいお子さんや車いすの方にも見やすい設計になっています。

  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ

【豊洲市場】の最新型低温倉庫が間近で見られる!

「青果棟」の見学ギャラリーでは、実際に市場で使用されている最新型の低温倉庫を見ることもできます。商品である野菜や果物の鮮度管理のため、専用パレットに載せて出し入れされ、1~3階まで3層にわたって計992棚あるそう!

土地の少ない東京23区内の市場ということで、限られたスペースを最大限に利用するため“高層スタイル”の倉庫を採用しているとのことです。こちらもパネルにて解説があります。

  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ

「見学者デッキ」は青果物の取引について学べるコーナー

  • 写真:かなたあきこ

見学ギャラリーの最奥にある「見学者デッキ」からは、青果物のせりなどを行う卸売場を一望することができます。こちらには、豊洲に集まる青果物の産地内訳や、市場で働く人のタイムスケジュールなど、豊洲市場での青果物の取引に関する知識を学べるパネルが何カ所かあり、勉強になりますよ。

  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ

「水産卸売場棟」では巨大マグロがお出迎え!

駅を眺めながら、ペデストリアンデッキを渡って移動

「青果棟」の見学を終えたら、「水産卸売場棟」へ移動しましょう。豊洲市場ではすべての棟がペデストリアンデッキで結ばれ、バリアフリーで見学の際の移動もとても楽です。もちろんゆりかもめ「市場前駅」も、ペデストリアンデッキ直結になっています。

  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ

「水産卸売場棟」の手前「管理棟」には飲食店街が

「水産卸売場棟」に入る前には、まず「管理棟」を通過しなければなりません。こちらには、活きのいいお寿司がいただける寿司屋をはじめ、合計13店舗の飲食店がずらり。飲食店については、後で詳しく解説します。飲食店街を抜け、広々とした連絡通路の先に「水産卸売場棟」があります。

  • 写真:かなたあきこ通路の両側に店舗が建ち並ぶ「管理棟」3Fの飲食街
  • 写真:かなたあきこ「管理棟」と「水産卸売場棟」を結ぶ連絡通路

“過去最大”のクロマグロの実物大模型

「水産卸売場棟」の目玉は、巨大なクロマグロの模型。こちらは過去に築地市場で取り引きされたマグロの中で、最も大きかったものの実物大だそう。子連れ客をはじめ、来場者が自由にクロマグロとの記念撮影を楽しめるフォトスポットです。

  • 写真:かなたあきこ

「水産卸売場棟」の見学者コースも見ごたえ十分!

  • 写真:かなたあきこ「せり」のフクザツな手の動きを図解!
  • 写真:かなたあきこ

「青果棟」同様、「水産卸売場棟」の見学者コースも展示に工夫が凝らされ、見ごたえがあります。「手やり」と呼ばれる、せりで用いられる手の動きを図示したユニークな展示など、パネルを見て回るだけでも楽しい♪

早朝には「マグロのせり」も見学可能!

築地市場で人気を博した「マグロのせり」ですが、もちろん豊洲市場でも見学が可能です。豊洲市場の「マグロのせり」は開市日の早朝5:30~6:30頃に行われます。「水産卸売場棟」の見学者通路から見下ろせるスペース(下記写真参照)で、各々の“島”に分かれてせりが開始。

少し遠めですが、解説パネルにあった「手やり」も見られますよ!2019年1月以降は、1フロア下の「見学者デッキ」もオープン予定で、こちらからはさらに間近で迫力あるせりの様子が楽しめるようです。

  • 写真:かなたあきこ

朝5時から営業!【豊洲市場】の飲食店

市場見学の楽しみは、やっぱりグルメという方も多いのでは?築地市場の場内・場外で営業していた人気店が、2018年10月11日から豊洲市場に移転し、翌々日の13日からは一般客も利用できるように。

開市日に合わせて早朝5:00~17:00の時間帯に営業しています。営業時間は各店舗により異なり、“売り切れ”次第閉店してしまうのも築地市場時代からの伝統(?)。筆者は15時過ぎに訪れましたが、大半のお店がすでに閉店していました。

  • 写真:かなたあきこ「すし処やまざき」
  • 写真:かなたあきこ「とんかつ 八千代」

豊洲市場の飲食店街は「青果棟」「水産仲卸売場棟」「管理棟」に点在しており、店舗数が一番多いのが「水産仲卸売場棟」で22店舗、次いで「管理棟」13店舗、「青果棟」3店舗です。各棟にある飲食店をジャンルごとにまとめましたので、市場を訪れる際は参考にしてみてください。

「水産仲卸売場棟」3階の飲食店ジャンル別一覧

寿司、海鮮丼(9店舗)

  • 山はら(寿司)
  • 寿司大(寿司)
  • 晶(寿司)
  • 岩佐寿司(寿司)
  • 鮨文(寿司)
  • 弁富(寿司)
  • 伊勢(寿司)
  • 大江戸(海鮮丼)
  • 磯寿司(寿司)

和食、うなぎ、とんかつ等(8店舗)

  • 仲家(和食)
  • 粋のや(和食)
  • 米花(うなぎ)
  • 福せん(うなぎ)
  • 高はし(あんこう)
  • 吉野家(牛丼)
  • 鳥藤(親子丼)
  • 小田安(とんかつ)

中華、洋食等(3店舗)

  • ふぢの(中華)
  • 中栄(インドカレー)
  • 禄明軒(洋食)

喫茶(2店舗)

  • センリ軒(コーヒー喫茶)
  • 岩田(コーヒー喫茶)

「水産仲卸売場棟」4階には海産物や玉子焼きが買えるお店も

  • 出典:www.photo-ac.com市場名物「玉子焼き」!※写真はイメージです

「水産仲卸売場棟」飲食店街のワンフロア上の4階には、昆布や鰹節などの海産物や、築地市場の名物だった“玉子焼き”が買える「豊洲市場内プロショップ 魚がし横丁」があります。築地市場の「魚がし横丁」がほぼそっくり移転したもので、築地で馴染みだったお店で引き続きお買い物ができると、人気も上々のようです。飲食のプロ向けの調理器具や調味料も購入できるので、お料理好きの人は必見です!

「管理棟」3階の飲食店ジャンル別一覧

寿司、海鮮丼(7店舗)

  • 丼匠(海鮮丼)
  • 銀座鮨正(寿司)
  • 龍寿司(寿司)
  • すし処おかめ(寿司)
  • 神楽寿司(寿司)
  • 市場すし(寿司)
  • すし処やまざき(寿司)

和食、うなぎ、とんかつ等(3店舗)

  • 八千代(とんかつ)
  • 愛養(天ぷら)
  • 茂助(だんご)

中華、洋食等(2店舗)

  • トミーナ(ピザ)
  • やじ満(中華)

喫茶(1店舗)

  • 木村家(コーヒー喫茶)
  • 写真:かなたあきこ築地市場の人気丼専門店「つきじ丼匠(どんたく)」
  • 写真:かなたあきこ人気No.1は「豪快丼」2400円。ウニ、イクラ、マグロ、アジ、キビナゴなど盛り沢山!

「青果棟」1階の飲食店ジャンル別一覧

寿司、海鮮丼(1店舗)

  • 大和寿司(寿司)

和食、うなぎ、とんかつ等(2店舗)

  • 富士見屋(日本そば)
  • 天房(てんぷら和食)

「青果棟」飲食店へ行くエレベーター&階段

「水産仲卸売場棟」「管理棟」の飲食店街は室内ですが、「青果棟」のみ外から直接店舗に入れるようになっています。ゆりかもめ「市場前」駅からペデストリアンデッキで「青果棟」へ向かう途中にある、こちらのエレベーター&階段で1Fに下りるとすぐに飲食店が見えてきますよ。

  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ「青果棟」1Fの飲食店舗群

すがすがしい「屋上緑化広場」で空中散歩!

【豊洲市場】を訪れたら、見学者コース以外にも見逃せないスポットがあります。それが「水産仲卸売場棟」の上に広がる「屋上緑化広場」!屋上の先にあるのは東京湾で、対岸の東京タワーや汐留・六本木などの高層ビル群もちっぽけに見えますよ。遮るもののない東京の空は、こんなにも広いのかと驚くほどです。

  • 写真:かなたあきこ広い広い東京の空!※写真は2018年3月のプレオープン時のもの。当日限定の「凧揚げ大会」を開催中
  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ

隣接する「豊洲ぐるり公園」へもエレベーターで行ける

この「屋上緑化広場」は、豊洲市場の見学者コースオープンに合わせ、一般にも開放されるそう。隣接する「豊洲ぐるり公園」にエレベーターで直結していますので、公園のアスレチック遊具で遊ぶこともでき、子連れ散歩にもおすすめですよ。

豊洲ぐるり公園
お台場・豊洲
住所:東京都江東区豊洲6丁目1番先地図で見る

【豊洲市場】訪問の前に必ず“開市日”をチェック!

市場見学やグルメ、ショッピングが楽しめる「豊洲市場」を訪れる前に必ずチェックしたいこと、それは市場の“開市日”です!当たり前ですが、市場は365日開いているわけではありませんので、定期的にお休みの日があります。

開市日以外の“休市日”は、飲食店や「豊洲市場内プロショップ 魚がし横丁」、屋上緑化広場などもすべて閉まってしまいますのでご注意を。基本的には日曜・祝日が休みで、他に水曜日など不定期の休みがあるようです。

豊洲市場の“休市日”:日曜・祝日、水曜日は不定
最新情報は東京都中央卸売市場公式HPカレンダーをチェック

おわりに

2018年10月11日にオープンした【豊洲市場】の見どころ紹介、いかがでしたか?最新の市場だけあって、見学者コースもオシャレで見ごたえがあり、東京観光の新しい“目玉”になることは間違いありません。お寿司や海鮮丼など、市場ならではのグルメも楽しめます♪ぜひ足を運んでみてくださいね!

  • 写真:かなたあきこ「水産仲卸売場棟」にもモダンな展示が。季節ごとの旬の魚の漢字を、グラフィカルに♪
豊洲市場
お台場・豊洲 / 工場・施設見学
住所:東京都江東区豊洲6丁目3番1号地図で見る
電話:03-5320-5720
Web:http://www.shijou.metro.tokyo.jp/

お台場・豊洲の旅行予約はこちら

お台場・豊洲のホテルを探す

お台場・豊洲の航空券を探す

(羽田空港)

お台場・豊洲のパッケージツアーを探す

お台場・豊洲の現地アクティビティを探す

お台場・豊洲のレンタカーを探す

お台場・豊洲の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年9月20日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

東京女子旅におすすめ!気分もアガる観光スポット23選

東京へ女子旅するなら、東京らしい気分のアガるスポットに行きたい!そんな東京女子旅にぴったりのおしゃれスポットやお買い物が楽しめるスポット、定番の観光スポットから...

これは外せない!豊洲市場の楽しみ方7選

「築地市場」から移転した「豊洲市場」が、2018年10月11日に一般公開されました。「豊洲市場」は、家族連れや外国人観光客などで大変賑わっています。今回は見学し...


東京デートに!カップルにおすすめのデートスポット53選

アクティブ派におすすめのワクワクするデートスポットから、のんびり自然を楽しむデートや、ロマンチックな夜景デートまで。個性さまざまな東京のおすすめデートスポットを...

東京の定番・観光スポットならココ!22選

近年は世界中から多くの旅行者が訪れ、観光都市としても注目を集める東京。じつに楽しみかたは多種多様ですが、この記事では、”東京といえばココ!”という定番の観光スポ...


チケット完売の大盛況!森ビル×チームラボのデジタルアートミュージアム【東京・お台場】

2018年6月、東京・お台場パレットタウンにオープンしたデジタルアートミュージアム「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSO...

この記事を書いたトラベルライター

フリーランスライター
◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆  トラベルライターアワード 2018年上半期
◆◆◆  「国内記事部門 アクセストップ賞」受賞しました!
◆◆    https://tripnote.jp/minna/award/2018/1
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


学生時代のダイビング、社会人からのトレッキングを経て、海も山もあらゆる旅行&アクティビティが好き。今は小学生の子どもたちと行く、国内外の自然体験がいちばんの楽しみです。過去には夫の海外勤務に帯同し、2年半ほどドイツ・ミュンヘンで暮らしたことも。どこまでも地続きであるヨーロッパの利点を活かし、休みのたびにいろいろな国や街へ強行ドライブ旅を敢行していました。(1歳・3歳の子連れで、土日でミュンヘン⇔ミラノ往復など無茶もしました・・・)ヨーロッパ各地の旅の思い出と、帰国後に行った国内外の旅行&東京近郊でのキャンプやアウトドア体験を中心に、いろいろ書き綴っていけたらなと思っています。

【上野動物園】シャンシャン観覧方法の裏ワザ❤混雑回避したい方必見!

2018年6月5日から、上野動物園の赤ちゃんパンダ【シャンシャン】の観覧方法が、整理券配布式から「並んだ順」に変更されました。連日混雑が続く中、できるだけ並ばず...

【豊洲】「チームラボ プラネッツ」徹底ガイド!お台場との違いは?

「チームラボ」のデジタルアートが体感できる【チームラボ プラネッツ】。お台場の【チームラボ ボーダレス】との違いは?チケット入手方法や展示内容、レストラン情報な...


【三崎口】夏休みも利用OK♪「みさきまぐろきっぷ」を使い倒す観光プラン2パターン!

東京・横浜方面から三崎口までの京急線往復電車代と、三浦半島周辺のレジャー&グルメがセットになった「みさきまぐろきっぷ」。割引率がとても高く、オトクな企画きっぷで...

チーズ食べ放題ランチが人気!「グッドスプーンみなとみらい店」

横浜みなとみらいにあるチーズ専門レストラン【good spoon(グッドスプーン)】。2018年3月のオープン以来、なかなか予約が取れない人気ぶり!今回は、でき...


【上野】シャンシャン観覧にも役立つ♪上野動物園への近道&エレベーターの最新位置情報

2017年6月に生まれた赤ちゃんパンダ【シャンシャン】ブームで盛り上がる、東京の恩賜上野動物園(以下、上野動物園)。連日大混雑が続いている今だからこそ、他の人よ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?